【重要】だぞーん!

昨年末から皆様にご心配頂き、最も多く質問を頂いたのが、Jダゾーン問題。
「どうするの?」
「なんとかします」
そういう会話をよくしていた。

正直、秋頃は二次利用の権利ぐらいはスカパーがGETできて、
録画放送やハイライト番組はするのかな~とか思っていたものの、その願いは届かず、
ここにきて、本当になんとかするしか方法は無くなった。
これで、J1は『Jリーグタイム』があるものの、
J2やJ3までカバーするようなハイライト番組が世の中から消滅決定!
これは地味に痛い!と思ってはいる。

また、こんな提案も頂いたりもしていた。
当店にご来店頂いた上で、
それぞれが自分のスマホやタブレットで観戦すると言う新たな観戦スタイル♪
流石にそれは店として虫が良すぎるよね~。

そんなこんなで、結論から言って、勿論、開幕までには対応します。
ガンバ戦はもとより、各欧州リーグや代表戦なども通常通り行っていきます!

そんな中、「お客様は神様です」と言った言葉があるように、
たまたまお客様にその関係のお仕事の方がいましたので、
親切にして頂きまして、今週末ダゾーン工事入ります。
しかも、その方には休日返上までして頂き、感謝の言葉しかありません。
藤原鎌足・・・いや、優しさのかたまりでございます。

とは言え、なんせ当店の入居ビルが古いので、
想像以上にネット環境を整えるのが難しい様子ですので、
まだまだ不安な点はあるのですが・・・。
なんせ、まだダゾーンを体験してないので、口コミとかによると、やや心配。

では、本題の告知。

「お知らせ」
21日(土)ランチの営業は工事の為、休業いたします。
夜営業は通常通り、17時より行います。
宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君が生きた証

映画鑑賞4本

君が生きた証 8点
冒頭に感じた違和感。なるほど!はいはい。
そこは読み通りだったものの、それが全てでは無くて、
更に上を行く続きがあって、感動した。

ロボコップ 5点
カルト的な過去作のリメイクは、単に普通にアクション映画。
ただ、スタイリッシュなデザインなのと、中国製なのが今風。

殺し屋チャーリーと6人の悪党 5点
程良い。夜中に見て楽しいレベルと時間。
ただ1つだけ不満が!パッケージに書いてある宣伝文句が嘘なのは頂けない。

あと1センチの恋 7点
幼馴染の男女が両思いなのに、後1歩がもどかしい!
そんでもって、確実に最後はくっつくんやけど、そこに至るまでがなかなかで、
ちょっと大丈夫か?って思える程の残り時間で、素敵なラブコメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバの11番

昨日のブログで、FWを取る気が無いんでは?と書いたけど、
背番号を改めて見てみると、11番が空いている事を発見。
と、同時にパトの背番号が決まっていない事も発見。

つまり、誰か補強できれば、その人が11で、パトは21。
誰も補強できなければ、パトが11かな。
後、訂正として小川は退団だったんですね・・・。

そんな事を踏まえて、今年のトップの陣容を。

GKは東口で安泰。2番手争いが田尻と鈴木。藤ヶ谷がその壁役。
東口がおれば、ここは問題無し。

センターバックは丹羽、金、ファビオの中から2人。三浦が絡めるか?
来年は昌子を加入させるとして、とりあえず今年はこの面子で。
(ジュニアユースも戻ってくる流れを作ろう!)
右はジェソク本命に、米倉と三浦。
左は藤春本命で、初瀬とジェソク。
まぁまぁじゃないかな。
個人的には安田理とか戻ってきてくれてもいいけど、それはあくまで俺の趣味。

問題は中盤。
井手口と今野で、守りまくり走りまくり、遠藤が後方からパス配給のピルロ。
これはこれで夢と希望があるけど、控えがいない。
多分、井手口と今野が死亡。
ポリバレントの妹尾と嫁坂と言う訳にもいかなそうで、唯一、どこでも任せれるのが倉田。
だとしても、倉田も普段は前目で出てもらう訳で、死亡。
後はファビオ。そうなるとセンターバックが薄い気がする。
市丸の成長にかかるか?

一方、2列目は倉田、泉澤がいて、藤本、堂安、井出もいて、
呉屋、アデもこちらでもありやし、米倉や藤春も面白そう。
また1トップは、アデが軸かとは思うけど、長沢やパト、呉屋、一美にも期待。

そうなると、ボランチで田口が取れなかったのは痛かったな~。
中盤もできて、1トップも任せれてとなると、もう本田圭佑しかいない。
そんな話を客人としたりして、盛り上がった♪
なので、11番は本田で!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新体制発表2017

今年は特別感、違和感がある。
長谷川監督の退任と、遂に宮本監督の誕生!
この2つが、クラブの最大目標な気がする。
ここまで、あからさまでいいのだろうか?

わざわざ、トップとセカンドを分けての記者会見。

そしてまた、セカンド率いる宮本監督の方が、受け答えも見栄えもいい。
どちらが主役かわからない状態。

しかも、与えた戦力も、ややセカンドの方がいいような気がすると言う矛盾。
そして、シンプル過ぎるスローガンの「勝」、
長谷川監督からすれば、「勝て!」との脅しにしか見えない♪
そうで無い方が良いんやけど、FWはクラブが探してくれてる的な事を言ってたけど、
それは長谷川監督がお願いしてると言う意味であって、
この感じを見ていると、クラブ側に探してる感じがしない・・・。

ま、それは別として、宮本監督が思惑通りトップの監督に就任してくれれば、
それはそれで楽しみではある。
そして、可能なら良い監督、いわゆるジダンなレジェンド監督となり、
顔、頭脳、運、更には監督力まで持ち合わせる完璧な姿を拝見したい。
決して、小倉だけにはなって欲しくない。

ただ、長谷川監督としてみれば、プライドがあるはずで、
ガンバの成績の善し悪しはそこにかかってる気がする。
JでもACLでも優勝しちゃったりすれば、流石に続投にせざるを得ないかも。
これはこれで、嬉しい話ではあるものの、宮本監督の誕生は遅れるな~。

なんやかんやと、色々と楽しみではあるシーズンのスタート会見でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

充実の2017年ガンバ新陣容

今年、優勝を狙える面子が補強によって揃いました。

GKは、東京Vから新加入の鈴木と、林。それからユースの谷。
GKは関係ないとは言え、田尻は年齢的にはオーバーエイジになるので、
藤ヶ谷を追い越す1年に。

センターバックは野田を中心に、新加入の韓国籍選手ペ・スンヨン。
サイドバックは清水の三浦と、期待の初瀬。
そこに、本職ではないながらも、サイドバックを主戦場にした平尾。
また、ポリパレントの2人、妹尾と嫁坂でやりくり。
ただ、DF陣はトップも狙える選手もいる事を考えると層が薄く、
ユースの選手を使わざるを得ないかも。
そこは昨年まで、ユース監督で、自身もDF出身の宮本監督の手腕に期待。

ボランチはまずは市丸を軸に、市船の高。
そして、ここでも使い勝手の良い妹尾と嫁坂♪
プラス、MFは札幌から来た中原と、名古屋の森、東福岡の高江。
中原はユース時代にガンバ相手にハットを決めたらしく、やられた敵を獲得。
更に千葉の井出や、堂安などトップにいるべき選手もアンダー年代。
また食野や小川も、中盤前目OK。
昨年、セカンドで使われていた梅津や山下も勿論、レベルアップを目指して。

トップと同じく、こちらも4-3-3にするとすれば、FWは1トップ。
やはり一美と高木が切磋琢磨。それから東京Vからの郡。

宮本監督の新生ガンバ、ユースと移籍組の融合で、J3初優勝へ!
そんなわけで、23歳以下は充実してるんやけど・・・。
今年は新体制発表も、U23の方が本丸ぽいし、
スローガンは昨年の流れから考えると、「無謀」と予想。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯48案賛成

そりゃ、出場国を増やした方が、過去出れてなかった国々、
アジアで言うと、中国やウズベキ、ヨルダン、カタール、タイなどにとっては朗報だし、
FIFAにとっても、それらの国から熱狂と金を回収できる。
ただ、32ヶ国でも多いと思ってる。
狭き門である方が、強豪国が予選で落ちるようなドラマが生まれる確率が高い。

この2つの矛盾を解決する良案は1つ。

まず、32→48に増えるとなると、各大陸の枠はどうなるか?
適当に増やすと、南米6、欧州20、北中米6、アフリカ8、アジア8
だいたい、こんなイメージ。
これをこの前のW杯予選にあてはめてみて、独自案を採用すると以下のようになる。

W杯A
南米:ブラジル、アルゼンチン、コロンビア
欧州:ベルギー、イタリア、ドイツ、オランダ、スイス、
ロシア、ボスニア、イングランド、スペイン、フランス

北中米:アメリカ、コスタリカ、ホンジュラス
アフリカ:コートジボワール、ナイジェリア、カメルーン、ガーナ、
アジア:イラン、日本、韓国、オーストラリア
W杯B
南米:チリ、エクアドル、ウルグアイ
欧州:クロアチア、デンマーク、スウェーデン、ルーマニア、アイスランド、
ポルトガル、ギリシャ、ウクライナ、フランス、ノルウェー
北中米:メキシコ、パナマ、ジャマイカ
アフリカ:アルジェリア、エジプト、セネガル、ブルキナファソ
アジア:ウズベキスタン、ヨルダン、ニュージーランド、カタール

つまり、W杯を2つに分ける!
すると、W杯Aに出れない強国も出てくるし、過去W杯に出てない国もW杯Bには出れる。
出場国は増えるのに、W杯Aのレベルも価値も上がる。一石二鳥。
開催国は同大陸からとすれば、あまり時差もなく2つのW杯を同時期に楽しめる。
例えば、W杯Aはブラジル、W杯Bはウルグアイとか、そんな感じ。

48と言えばAKB48。
つまり、チームAは選抜、チームBはそこを狙う組。
ここに、FWC48を誕生させました。
FIFAの重役がこのブログを見てる事を祈って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーズン前の気持ち

もうすぐ新体制発表。
戦力、足りないと思える初のシーズン。

思えば、2年前は選手層が完璧で、誰にも不満のでない陣容。
若手、中堅、ベテランの比率も黄金比率。

一転、昨年はACLもJも!と野望を持った結果だと思うけど、溢れる人数。
しかも、ACL早期敗退で不満がくすぶる危険な状態。

そして今年、いや~戦力が足りない!不満分子が流出。
正直、こんなシーズン前の状況、ガンバサポになって初体験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

映画鑑賞19本

ハリウッドランド 5点
初代スーパーマン役の俳優の自殺とされている謎の死について、
ミステリー仕立てで解釈した映画。
当然、真実は闇の中なので、はっきりとした結末がないのは、もやもや。

真夜中のカーボーイ 7点
ジョン・ヴォイトとダスティン・ホフマンの若かりし頃の名優スタートを感じれる傑作。
ただ、ゲイやら虐待やらとR指定なのと、余韻なラストまではやや冗長な気も。

猿の惑星 8点
今やパッケージに自由の女神が映ってしまってる程の超逆転結末の名作SF。
なので、勿論その結末は知ってはいるものの、当時知らずに見たとすれば・・・!

アイス・エイジ2 4点
今作では地球温暖化とマンモスの恋がメインで、やや退屈。

アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの 4点
一気に絶滅した恐竜を復活させての荒業で、テンポは良くも強引すぎる?

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険 5点
サーベルタイガーのディエゴにもやっと恋人ができたのが良かったな、と。

ボヴァリー夫人とパン屋 7点
あるパン屋のおっさんの文芸な妄想が、おかしな結末に繋がって心地よし。
物語自体はさほど起伏はないものの、妙なエロとスリルがあり、おフランス風。
しかし、ボヴァリー夫人も観た事あるけど、
単にエロかった記憶しか残って無い自分の記憶力が残念。

あの日のように抱きしめて 5点
この結末は観客委ね系でいいとしても、ただ道中の肝心な肝として、
妻が顔違ったとしても、どこかで気付くやろ?と言う疑問点が付きまとった・・・。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました 8点
驚くほどサクセス。でも料理、音楽、豪華な脇役と映画ならではな愉しみ。

続 猿の惑星 4点
ちゃんと1作目からの続編なのは好感。
ただ、助けに来た仲間の少なさや、地底人のミュータント化などトンデモSF。
それよりも、これはこれで衝撃の結末!

新・猿の惑星 5点
あの結末から、またしてもちゃんと続けた3作目。
一転、猿側を主人公にした1作目の反対版。過去に戻ると言う荒業で再スタート。

猿の惑星 征服 4点
今、劇場公開している『猿の惑星』シリーズは、
1作目の前日譚としての新作かと思っていたら、この4作目のリメイクだった事に衝撃!
シーザーが繋がった瞬間でもある。
ただ、ここらへんで気付いたのは、惑星と冠してるけど、ずっと規模は村レベル。

最後の猿の惑星 4点
一応、ハッピーエンドと取れるのか?旧5部作の完結編。
どれもこれもちゃんと繋がってたのは、知らなかったので妙に感心できた猿物語でした。

靴職人と魔法のミシン 5点
落ちが読めまくりでした。そして、まさにその通りでした。

マンハッタン 6点
洒落たNY、白黒の画、粋な音楽、知的な会話、そして素敵な恋愛映画。
ただ、ウディ・アレン監督が主演を兼ねてて、そんなアレンがモテモテなのが共感無理。
最近は主役を役者に任せてる事が多いので、その方が見良い。

ドライブ・ハード 2点
でてくるキャラが全員、あほすぎてまるでギャグ?

人魚姫 7点
今年、劇場で見た映画館初めの作品。
テーマは重過ぎるような気もしたけど、それ以外はいつも通りチャウ・シンチー♪
新喜劇を見るように、安心できる笑いと、ディズニーとは違う人魚姫。

インファナル・ディール 野蛮な正義 4点
邦題も「インファナル」と付けば、潜入捜査物。で、米国版Vシネな乗り。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 9点
昔、『バットマン』を演じたマイケル・キートンが、
自分の本当の役者キャリアと重なるような役で、中年俳優を演じてるメタ構造。
そのキートン以外の役者陣も、皆そんな感じがある。
また全編1カットに見える撮影もお見事。
ただ、あの落ちが同じような映画のあれに似てる気がして、どうかな?
どちらにしても、映画好きじゃないと、ここまで面白くないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月気分

『おせち串2017』

①黒豆
②栗の甘露煮
③お餅
④にしんの昆布巻き
⑤三色テリーヌ
⑥里芋の牛肉巻き
⑦数の子
⑧いか明太子

◎おせち串フルコース
おせち串8本+年明けうどんハーフ(コース版)+1ドリンク 2017円

『紅白幸福』
年明けうどんフル(エビ天、のり天、お餅、おろし、梅干し、かまぼこ) 880円
年明けうどんハーフ(お餅、おろし、梅干し、かまぼこ) 680円

『季節の新商品』
いちご大福の串カツ 380円

そんなこんなで、年始の新商品、多数開始しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放牧宣言

初日にして、酒限界点オーバー。
みなさま、おおきにでした。
あー、放牧されたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«謹賀新年2017