ジブった

九份老街バス停まで約75分。
到着しての驚きは、その人混み。
人気とは聞いてはいたけど、これほどまでとは!
だけど、狭いエリアなので、小一時間もあれば見て回れる。

本当は名物のぜんざいや、草餅、魚丸などを食したかったけど、
この後、メインの夜市食べ歩きを残しているので、
厳選して、落花生クレープアイスだけをチョイスして、他は苦渋の我慢。

それから噂の千と千尋の景色な撮影スポットは、
カオナシが通る隙間も無いぐらいの人だかり。
後10分程待っていれば、夜の提灯が灯る景色を見れただろうけど、
一歩だけ早く、夕暮れ時の鑑賞となっちゃいました。

固定料金で安心とあったので、タクシーで瑞芳駅まで行き、
そこから電車に乗ってホテルのある松山駅へ。
これが小さなミスやったかな。
電車が混雑で座れなかったのと、各駅停車にしか乗れず、疲れた。
素直に帰りもバスで帰っても良かったかな。

ホテルは笑かしてくれた♪
外観、ただの雑居ビル。全くホテルに見えない。
スポーツジムがあったり、どこぞの事務所があったりするビルの6階がホテルとして営業。
くちこみで元ラブホを改装しただけ的なのを見ていたけど、なるほど、合点。
また何より驚いたのは、7階は違うホテルが営業してたこと♪
とは言え、ロケーションは満足。
夜市まで徒歩2分、近所にコンビニ、駅近、朝食屋の目の前。
寝るだけとしては、何の文句も無し。
ホテル名通り、ベストホテル。

さて、いよいよ旅の総決算、夜市へGO!(つづく)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

足裏全滅

今回の旅は、予定通り。ほぼ完璧。それも含め、楽しかった。

まず、ここ最近の旅では飛行機の遅延尽くしだったのに、今回は幸先良く定刻離陸。
台北桃園空港着後、最近できたMRT(地下鉄)に乗って、市内へ。
ここで役立つのが悠遊カードなるチャージ式の万能切符。これ必須!

そして予定よりは30分遅れほどで、最初の観光地、龍山寺へ。
皆、必死に神頼みしてはった。
ここで、名店の「福州元祖胡椒餅」で、胡椒餅の買い食い。めさうま!(混雑無しの幸運)

次に中正記念堂へ移動した時には、遅れは取り戻してて、衛兵交代式を軽く見学。
微動だにしない衛兵に感動。
昼ご飯は、記念堂真裏にある「杭州小籠湯包」で小籠包の昼食。(30分程度の待ち時間)
へちまと海老のやつと、蟹みそのやつ、めさうま!
とある記事で、観光客は取らないけど、
地元の台湾人は小采とか言う陳列されている小鉢を食べるとあったので、
それも見習って、熟練者ぽくしてみた♪

行列や迷子などで予定がずれこむ事も想定していたけど、完璧すぎる展開で、
次の目的地、忠孝復興駅へ。
ここは九份へのバス停がある場所やけど、やはり千と千尋風な景色を見るためには、
九份は夕方以降の方が雰囲気がいいって事なので、ここで足の疲れをほぐすことに。

駅前にある足裏マッサージ―の店「皇家巴黎健康養生會館(ロイヤル・パリ)」へ。
予約してなかったのに、ここも一切待ち時間なくすぐさま治療開始。
悶絶!正直、どこもかしこもめさくそ痛かった。我慢できない。
痛い!痛い!と叫び続け、はたまた痛くない箇所はこしょばい!と叫び続け、
左足が終わった頃には、冷や汗だくだく、
これが右足も同じだけ今から行われると思うと、超ブルー。
そんなこんなで、なんとか40分の足裏マッサージが終了。
やっと終わって立ち上がると、他3人ほども後ろの席でマッサージ中。
なのに、誰も叫んでない。
・・・なんや、俺だけか?痛かったのは?

とにかく、ほぐれたのか、逆に肩凝ったのかよーわからん状態やったけど、
ひとつの経験となりました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメ男に復讐する方法

映画鑑賞3本

フラッシュ・ゴードン 2点
「フラッシュ!あ~あ」この曲と、金ぴかなセットで、
糞な画がなんだかカルト風な趣になってはいる。

ダメ男に復讐する方法 6点
キャメロン・ディアスの女子会コメディ。結構、笑える。

ドローン・オブ・ウォー 6点
今の時代の戦争って、地上からドローンを操縦して爆破。
なので、こちらは殺される心配無し。
だけど、無関係な巻き添えは殺さんとあかんし、殺した死体は数えなあかんしで、
結局、心は病んでいく。テーマは先の『アメリカン・スナイパー』と同じ。
映画自体は余り盛り上がる箇所がなく、やや退屈。


ここ最近のサッカー放送は、北中米のゴールドカップとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前置き3つ

前置き1

インド旅行前に、インド料理店を攻め続け失敗したはずなのに、
今回も同じ轍を踏む作戦。
とは言え、これはいつもの恒例行事。
旅前の食事から、既に旅を楽しもう。そう思ってるから仕方なし。
それに、インドに関しては、食のバリエーションが皆無だった
あの国が悪かったのであって、今回は安心、食文化の国、台湾!
台北本店はババ混みだと言う一番有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)の高島屋店と、
近所の紅爐餐廳(ホンルーサンテン)などで舌鼓。
予習完璧。

前置き2

2連休、どっかに行こうと調べたら、本当に今や海外の方が安い。
仙台以外の東北、北海道を本命で調べたけど、
どうしても連休となると1泊2日、旅費だけで10万近くする。
それに比べ台湾だと3万。
(釜山の時もそうだったけど、ほんと今や時代はこうなってるんだな~と)
海外旅行は年1回の楽しみと思ってはいても、この価格差を出されると、
どちらが国内旅行なのか分からないぐらい。
ホテルも5000円ほどの所を押さえたら、全くもって許容範囲。
ただ、なんやかんやと旅先で使ってしまったけど・・・。

前置き3

昨年の11月頃、ガンバ仲間が台湾へ。
そこから何故か、社員旅行で行かれた方、
親戚のおばちゃん、知人、そして今月末またお客さん。
なんか皆こぞって台湾に行きまくり。
たまたまやけど、ちょっとしたブームな雰囲気が醸し出されてて、
俺も行きたくなってきたのもある。

そんな訳で1泊2日、実質24時間も滞在しない台湾を強行軍で攻めてきた。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半戦総括

今夜は勝手にアフターゲームショーを当店より生中継!
前半戦総括SP!
だいたい22時から2時間ぐらいのスケジュールのはずです。

その前には、ガンバセカンドを放送予定。
たっぷり土曜を楽しめる夜となってます。
ご来店のほど、宜しくお願いします。

で、俺も勝手に前半戦総括。
ズバリ、40点。

一見、悪くないように思うけど、よく考えると、さほど良くもないなと。
ダービーは敵地で追い付いてドロー。
川崎はホームで追い付いてドロー。
浦和にはホームで追い付かれてドロー。
鹿島にはホームで敗戦。
現状の上位陣には基本、勝ててないし、内3つがホームゲーム。

唯一勝った柏は、当たった時期に恵まれた感じ。
逆に同じように当たった時期が最悪だったのは磐田かな。
この2つでちょんちょん。

またその他、マリノスや鳥栖など難敵を下してるのは評価できるけど、
今年で考えると、ザコな広島や清水に敗戦は痛い。
それに最後の最後に連敗したのが、なんせ痛い。

そもそもACLもあかんかったし。
巻き返しには大型連勝して貰わないと!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎ去りし時を求めて

なんやかんやと毎年、ゲームを2本ぐらいは買ってる。
あまり周りの大人は買って無い気がするので、多いのかな?

今年は、なんてたってメインはドラクエ11。
今回は記念回らしく、初期のロトシリーズらしい。
ただ実はさほど思い入れのあるタイトルでも無くて、ロトがなんなのかよく知らない。
でも3と10以外はとりあえずやった経験があるので、
これは楽しみ。

初回特典があるのを知ったので、予約しちゃいました。
今年のお盆休みは、ゲーム三昧になりそう。

今夜は天皇杯の鹿島戦など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨機応変

まずは、満員御礼おおきにでした。
良い雰囲気でガンバの3回戦突破を後押しできた気がしました♪

そんな訳で、お陰さまで俺は見れてませんが、
いつ見ても攻められてたし、なんか向こうの決定機の雑さに助けられてるような、
また逆にこっちは枠内シュート2本で2点て、効率良すぎ。

今、チーム状態が悪いのは差し引いたとしても、戦い方がださい。
互角の相手や、攻撃力のある強豪には、
鉄壁の守備とナイフのようなカウンターで良いとは思うけど、
昨夜みたいなJ2クラブ相手とかの時は、こちらが支配して逆にカウンターを気にするような
戦い方ができんもんかな。

いつもどこでも、数少ないチャンスを決める試合を見せられてると飽きてくる。
そこが長谷川監督の一番の問題点。
要は試合がつまらない!

とりあえずサマーブレイク前に、1つ勝てて良かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカン・スナイパー

今夜、残2席になりました。
宜しくお願いします。

19:00 天皇杯 『千葉×G大阪』 LIVE!

映画鑑賞7本

イット・フォローズ 5点
新しいタイプの青春ホラー。単純に音響や物陰からわっ!ってのでは無くて、
またエグすぎるとかでも無くて、どことなくシャマラン風。
ただ、最後のプールの攻防が、少し疑問点?あれってこちら大丈夫なん?

ペンギンズFROMマダガスカル ザ・ムービー 4点
ミニオン達は、下手したら主人公より人気あるから、スピンオフ分かるけど、
マダガスカルのスピンオフは特にいらない。
けど、スピード感は抜群のアニメではあった。

彼は秘密の女ともだち 7点
フランソワ・オゾン監督で、ここ最近では一番でした。
死んだ親友の旦那が女装好きって事が判明して・・・
そこからの展開もフランス映画らしさがあって、ラストもグー♪

ミュータント・タートルズ 4点
10代の突然変異の忍者の亀に思い入れがどうしても沸かない。
雪山アクションとか見応えもあるけど、何故、亀?

夏をゆく人々 6点
カンヌを獲った作品の良さって難しい。
一人の少女の成長と心の揺れ動きを静かに描写。
月日が経ったラストシーンの余韻は分かるけど、難しい。

マッド・ガンズ 4点
荒れた近未来って事で、『マッドマックス』風な邦題を付けられたSFドラマ。
こちらも少年の心を綴った静かな作風で、決してマッドではない。

アメリカン・スナイパー 8点
鉄板のクリント・イーストウッド監督作。
導入部からドラマ部、そして戦地へと引き込み力も完璧。
だけど、今回のはテーマ的には真新しさは無いかな。実話ベース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば…

今年も始めました。

冷製パスタ(明太マヨ味) 680円

後、こんなんもあります。

かにかま史上最大のどデカイかにかま天 280円

千葉戦は明日!後、数席余ってます。
宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまんないお化けが出そう

今年一番、個人的には楽しくなかった試合、清水戦。

期待されて使われてる呉屋が、決定機を決めまくって逆転したりしてたら、
今季最高!みたいな試合だったんだろうけど、
全くもって、ここんとこ仲間内で一番ディスられてる呉屋のまま、
終わってしまったから、後味悪し。

なんか采配が、ここ数試合いまいち。
最近は交代策で、何か余り変化がない。
てか、藤春を投入して1枚使うなら、スタメンでいいような気がする。

とりあえず、今ベストな布陣、システムが定まって無い気がするので、
ここで一度、中断。見極めて欲しい所。
なんてったって次は・・・。

とりあえず、ここに来ての連敗で、後期勝点35だとか、
もしかしたら優勝できるかもなんて幻想は、急激にしぼんでしまったけれど、
それはそれで、やっぱ戦いは続くし、1つでも上に!って目標は変わらない。

長谷川監督の修正力に期待。

今週水曜日は、天皇杯。
本日より一般予約受け付けます。
お電話ないし、メール下さいませ。
後、数席残ってます。

7月12日(水)
19:00 天皇杯 『千葉×G大阪』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«見所