« GWのお知らせ2010 | トップページ | ユッキーナ、FUJIWARAよりFUTAGAWAでどう? »

河南、タイタン、鹿島

今日のブログは得モリ!

まず、ACL河南建業戦、感想。
宇佐美の至宝ゴール、ヤバすぎ!大塚はいいパスが来たら、シュートを打つカタチなんか?
星原はまだ俺は疑心暗鬼。でも何故か横谷を甘い目で見てる俺もいる。
平井の阿波踊りも待たれるし、寺田、倉田、丹羽には大きくなって帰ってきて欲しい。
菅沼、内田のDF陣はポジション取り難しいけど、期待してるんやで!
豚長・・・ドアホ!
ユースに心躍る試合でした。

後、当たり前やけど、普通にガンバを応援して見ていたんやけど、
ロスタイム失点後、お客さんに「これで、城南戦のアウェイで儲けれますね?」と言われ、
あ!っと思った試合でもありました。引き分けで当店はおいしかった♪

5月11日(火) 『城南一和×ガンバ大阪』 超生! ご予約承り中!


続きまして、4月後期8本+1本の映画感想

『サスペクト・ゼロ』★★
『セブン』『羊たちの沈黙』の雰囲気だけど、微妙に惜しい。

『レディ・キラーズ』★★☆
コーエン兄弟の作品の中でも、かなり軽めでブラックに笑えた。

『ヴェニスの商人』★★★
名優アル・パチーノの本領発揮な演技を見るだけでも、全然元を取れる。
物語は少し分かりやすくアレンジを加えた、シェークスピアの古典そのまんま。

『コーラス』★★★
世間一般評価はもう少し高いかもな、感動作品。

『マインドハンター』★★
クリスチャン・スレイター好きなので借りたら、びっくりしたB級サスペンス。

『愛についてのキンゼイ・レポート』★★
人間のSEXを研究し続けたキンゼイ博士の実話な伝記。

『マイ・ボディガード』★★☆
序盤の展開から、復讐劇へ変わるON/OFFが効いてる大作も、後味悪し。

『ポーラー・エクスプレス』★★★
クリスマスに見たい良質の御伽噺。信じる心が大事やね!

『タイタンの戦い』(劇場)★★☆
小1の時、俺が親に連れられて初めて見た洋画が『タイタンの戦い』でした。
つまり想い出の1本。だからリメイクのこれはとにかく劇場で見たかった。
ストーリーとかは全く記憶に無く、蛇頭のメデューサの印象だけではあったんやけど、
それが技術が発達してCGになるとどうなるのか?とか、肝心のストーリーは?とか、
色んな思いを持って楽しく見ました。
ただ、余りにも駆け足過ぎる終盤や、思い入れの強さには勝てないって事も判明。
旧作を今、見たらどう思うのかってのが気になってる今日この頃素。


最後に鹿島戦展望。
鹿島の強さって何だろう?俺は攻撃力じゃないかと。
守備力は、他クラブで守備の強いとこと、そない大差無いんちゃうかな?
横浜Mとか、清水とか・・・。
鹿島は、そんな守備力がある上で、中盤の構成力(小笠原のやらしさ含む)や、
FWの決定力(マルキの速さ含む)が、恐怖の元凶になっている気がする。

だとすると、3バック(5バック)で入ると、先日の東京戦と同じように
オリヴェイラ監督が、弱点の両サイドの裏を執拗についてきよった場合、少し不安・・・。

ただ、こちらも遠藤、ルーカスが戻って来て、最初から起点も複数ある中での戦い。
想像するだけで、よだれが出そうな一戦になりそう。
俺の予想では、かなり互角も、今回は勝てる!
鹿島に行かれる皆様、勝利を見てきてください!

そんな訳で、GW明け、笑顔でまたお会いしましょう。

|

« GWのお知らせ2010 | トップページ | ユッキーナ、FUJIWARAよりFUTAGAWAでどう? »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河南、タイタン、鹿島:

« GWのお知らせ2010 | トップページ | ユッキーナ、FUJIWARAよりFUTAGAWAでどう? »