« 郷に入れば郷に従え! | トップページ | ジェイさん »

トリガーを引く

4月30日(土)
敷地の9割は3万匹の野鳥に割り当てられているミコマスケイ。
人はと言えば、珊瑚礁を傷つけないよう小船に乗り換え、
その他の1割の区間に、毎日100人程の限定数のみが許されて、そっと上陸。
そんな小さな自然保護の島なので、
半日中ここで出来る事はシュノーケルオンリー。(OPでダイビング可)

だけど珊瑚礁だらけの海を眺めてると、そこは異世界、海の森。
海ガメ、ナポレオンフィッシュ、ニモなど有名所とは遭遇できずも、全く飽きず。
ま、うにょうにょと若干の気色悪さもあるんやけど♪
そしてこのクルーズ、陽気な日本人スタッフ、シャンパンサービス、
食事の質、キャプテンの生演奏と、おまけもなかなかでお奨めでした。

そうして日焼けした夜の楽しみは、ディナー!
オーカーレストランにて、オージーフード三種の神器ゲームプラッターを頂く。
クロコダイルは鶏肉の味。エミューは牛肉の味。カンガルーはカンガルーの味。
絶品!マジ行ける。単にオージー力ある料理だけで無く美味しかった♪

5月1日(日)
ケアンズ中日は、朝から晩まで出ずっぱりの欲張りツアーを慣行!
まずは早朝から牧場に出かけて乗馬。
国内で出来る乗馬と言えば、係員に手綱を引かれ
1週5分程を回るのみだったりするけど、そこはオセアニア大陸、寛容さが違う。
山あり谷あり水路ありの、長時間2時間を1人で調教された馬に乗ってパカパカとお散歩。
余りにも長すぎて、最後の方は馬の背で寝てしまいそうになってはいたけど、
こんな経験は海外でしか出来ないと思えば満足♪

それに乗馬には、ウォーク(並足)、トロット(早足)、
キャンター(駆け足)、ギャロップ(早駆け)と4種類の乗り方があるらしく、
その中でトロットを少しだけ経験させて貰えるサービスも。
これも日本では訓練がいるので素人にさせる事は無いとの説明でした。

そして俺にあてがわれた鹿毛の馬は「トリガー」と言う名で、
大きさ、凛々しさ、顔つき含め、断然に他馬より格好良かった事が更に気分上々♪
牧場ではラオウが乗るような黒馬を見てはいたけど、そいつの名はボブ。だせ~!

ただこのトリガーは大食いらしく、
「すぐ道草を食うので、引っ張って食べさせないようにして下さい」との係員の注意あり。
これを頑張って忠実に守っていると、
道中「そこまで食べさせずにいる方は珍しいです」と、手綱捌きを誉められて得意顔。
カウボーイハットや、ピザカッターの付いたブーツでも買っちゃおうかな♪(続く)

今夜の放送
①19:00 ACL 『山東魯能2位通過応援番組』 超生!
②21:00 ガンバTV~青と黒
③21:15 ACL 『鹿島アントラーズ×シドニーFC』 ほぼ生! 

|

« 郷に入れば郷に従え! | トップページ | ジェイさん »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリガーを引く:

« 郷に入れば郷に従え! | トップページ | ジェイさん »