« 泣きのもう1回 | トップページ | 最後の夜は更けて »

国境を越えて

5月3日(木)10時~15時(ケニア時間)

「BIG5」

誰もがゲームドライブで見たいのが、このBIG5!
象、バッファロー、ライオン、サイ、ヒョウ。
これは昔のハンティング時代の名残であって、
今のゲームドライブだと、チーターをここに加えるべきだ!なんて論調もあるけども、
とにかく、通常BIG5を全部見れたかどうか、
これがサファリの成功を意味する。

これまでも、事あるごとに、「NOライノ!NOレオパード!」とは訴えてはいたけど、
正真正銘、最後のゲームドライブでは、
サイとヒョウを見せて欲しい!とアレックスにはっきりと伝えた。
「ベリーベリーレア!ベリーディフィカルト!」とのお決まりの解答ではあったけど、
例え見れなくても、挑戦する事に意義がある。
もう安心コースじゃ無くていい!
ついでに、チップは明日、空港送迎の時に渡すと、金もぶらさげた♪

思いを伝えた後は、昼飯。
この日は、ロンドンから30人ほどの団体ツアーの客人が到着するって事で、
アシュニルに宿泊して、初めてビュッフェ形式のランチ。
本当はこれが通常のシステムらしい。
ただ、宿泊客が10人以下の場合は、それでは割が合わないので、
ずっとここまでは、コース料理の形式で頂いていた。

コースもブルジョア感あって、良かったけど、
ロッジの味が重たくなってきていた頃だったので、
ビュッフェ形式で、メイン、フルーツと好きに取れるのはいい。
結局、取り過ぎてしまうんやけど・・・♪

5月3日(木)16時~24時(ケニア時間)

さーて、気合を入れて最後のゲームドライブ!
車の前に行くと、助っ人がいる。
朝のアランとサンボは、単なるアレックスの友達って趣きだったけど、
今回、助手席に乗るのは、プロフェッサーのように動物探しに特化したプロの空気感。
名前はジョイナス。眼ヂカラがえらい事になってる!
仁王様を黒人にしたような顔立ち。
何の捻りも無く、彼を「眼力王」と呼ぶ事にした。

準備は万全!後はサイとヒョウと出会えるかどうか?!
空港方面、動物のいないエリアを出没ゾーンに向かって、淡々と車は行く。
そして、サイ生息ゾーンへ!詮索開始!

俺も目をこらして周りを見渡すも、永遠に続くサバンナ。
アレックスが双眼鏡を取り出す。ここにはサイはいないと思う♪
眼力王が双眼鏡を取り出す。来たか?いっそ、トリケラトプスぐらい見つけてまえ!
・・・しかし、こちらも空振り。
2時間ぐらい、様々なエリアを警察のローラー作戦のように探すも、発見できず。
ま、仕方ない。やれるだけの事はした。

絶対数が少ない為、難しいサイとは違い、
一方、ヒョウは日中、木の上で生活をするので、見つけにくいとの事。
なので、木を見る度に上を眺めていたけど、こちらも姿を見せず。

しいて言えば、スーニと言う小型のアンテロープ類を草むらで発見した。
こちらも朝のアードウルフと同じく、レア物らしい。
それにしても、こんなマルチーズ程の大きさの動物がウシ科だなんて、牛も奥が深い!

徐々に日も暮れ、ゲームドライブの時間もおしまい。
最後の観光スポットは動物ではなく、ケニアとタンザニアの国境線。
そこには国境を表すオブジェ。
そして俺も、全ての人々が必ず国境に立つとするであろう例のポーズでチーズ♪
右足タンザニア、左足ケニア。
でも動物達にとっては、そんな線引きは知らん顔。
(人間も、パスポート無く移動できると言っていたけど)
これはこれで、最後の余韻も手伝って、良き思い出となりました。

最後のサファリで見た動物と石碑
スーニ、草食動物達、キリン(タンザニア側)、ケニア・タンザニア国境の石碑

それにしても眼力王も役立たずの双眼鏡だったとは・・・(続く)

今夜の放送
①17:00 J2 『東京ヴェルディ×大分トリニータ』 LIVE!
②19:00 親善 『イタリア×ロシア』 ギリ生!
③21:00 J土曜速報

来週の放送予定
4日(月)
①19:00 W杯予選 『日本×オマーン』 Battle for 2014 BRAZIL
②21:00 W杯予選 『アルゼンチン×エクアドル』 Battle for 2014 BRAZIL

 
5日(火)
①19:00 アジアフットサル選手権 『日本×タイ』 FINAL!
②21:00 ガンバTV~青と黒

6日(水)
①19:00 ナビスコ杯 『カード未定』 LIVE!

7日(木)
①19:00 J2 『ロアッソ熊本×水戸ホーリーホック』 LIVE!

8日(金)
①18:00 W杯予選 『日本×ヨルダン』 LIVE!ご予約歓迎!
②20:00 EURO2012開幕直前スペシャル

|

« 泣きのもう1回 | トップページ | 最後の夜は更けて »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国境を越えて:

« 泣きのもう1回 | トップページ | 最後の夜は更けて »