« 犬の名はアルマス | トップページ | 人間は考えるウロスである »

天才スピヴェット

5月21日(土)
○16:00 J1 『広島×G大阪』 LIVE!
※フードは17時からの販売となります。
※ご予約頂けると助かります。

5月映画鑑賞8本(1回目)

ゲス・フー 招かれざる恋人 5点
名作の『招かれざる客』を、男女の人種を入れ替えて、コメディにした作品。
多分、前作にあったであろう人種差別問題的は皆無で、
単純なラブコメになっていると思われるけど、それはそれで現代風。

パパVS新しいパパ 6点

機内で見た日本未公開コメディ。
バイクのくだり、大工のくだりと、笑えたけど、日本ではコメディは客入らないんやなー。

デッドプール 7点
マーベルヒーローの異色作。
このまま、アベンジャーズにも、X-MENにも基本、関わらずにいて欲しい。
それにしても能力が不死身ってのはあかん気がする。

ガンズ&ゴールド 4点
オーストラリア産の犯罪物で、脚本には起伏があるのに、
なぜか映画では盛り上がりがゼロ。たんたんとどんでん返しが起きる始末。

大統領の執事の涙 7点
黒人の歴史版『フォレスト・ガンプ』って趣。
なので、ざっくりと黒人差別の歴史の勉強になる。落ちは真実だけに凄い。

ストーン・カウンシル 3点
2大女優を使ってる割に、なんだかオカルトな火サス。
まさか続ける気?って終り方もいまいち。

グランドピアノ 狙われた黒鍵 4点
一音でも間違えたら殺される。その緊張感だけで、突っ走る潔さは面白い。
またピアニストの早業が神。だけど、こんな方法を取らなくても・・・と気づくと冷める♪

天才スピヴェット 7点
監督の独特の世界観は相変わらず出ていて楽しい。
個人的には最後の方、感動側にぶれず、軽い感じでいく方が好み。
でも個性的で、楽しい。

|

« 犬の名はアルマス | トップページ | 人間は考えるウロスである »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/65528489

この記事へのトラックバック一覧です: 天才スピヴェット:

« 犬の名はアルマス | トップページ | 人間は考えるウロスである »