« 死亡するまで | トップページ | サンライズ・マイアミ »

そして、死亡するも、チーズバーガーで生きる

マイアミ行き、2時間の遅延。
案の定、マイアミに到着して、次のリマ行きのゲートに行くとアウト!
茫然とはこの事。・・・立ち尽くす。
右も左も分からない空港で、周りの職員にテンパってチケットを見せたりしてみる。
ニュアンスだけを頼りに、どこどこへ行けと言うてるようで、そこへ向かう。
すると、そこには人の山。 その人だかりの列に並ぶ。
こんなに人が溢れかえっていると言うのに対応職員は1人。
定刻なのか仕事を終え、さっさと帰るもう1人の職員、日本では考えられないと憤る。

・・・南米に行けない。これって旅日程はどうなる?
そもそも、ここに並んではいるけど、ここで合ってるのかさえ不明。
精神的に限界。イライラの頂点。ブルー。大金払ってるのに。
色んなマイナスの感情が押し寄せる。
そうこうして、3時間程度並び、結論として、翌日の同じ時間のフライトに変更が決まる。
夜中のフライトで行けたりできれば、とか言う淡い期待も空しく、
翌日の夕方までマイアミ滞在確定。
これは運悪し、とかのレベルじゃ済まない。
本当なら、明日はクスコ観光して、マチュピチュ村に行く予定。丸一日全部パー。

そんな不幸な思いを胸に、まだまだやらなあかん事が目白押し。
スーツケースはどうなってる?これも英語分からんのに、またあほほど並んで聞く。
どうやら、今すぐには探せないとの話。明日来いと。

そして、次は旅行会社に連絡。これ、どうなるの?
すると、マチュピチュ泊が飛び、マチュピチュ日帰りに変更すると。
クスコ観光は中止。
ただ、リマからクスコの飛行機の取り直し、マチュピチュへの電車の取り直しで、
4万ほど新たにかかると。しかし、選択肢はそれしか無い訳で、もうどうにでもなれ!

次は、今夜の宿問題。
これまたWi-Fiを契約しておらず、空港で30分だけ無料で使えるWi-Fiで、
ここまで来たらマイアミビーチの安宿を取ろうと、マイアミ中心部で検索して、予約。
余分にこのホテル代もかかる訳で、タクシーでは無くシャトルバスで宿へ行く事に。
またシャトルバスの乗り場が遠い。精神に続き、肉体も限界オーバー。
気の良さそうな黒人の職員にホテル名を言うと、バスで13ストリートで降りろと。

バスがなかなか来ない。叫びたい心境。
今日、チーズバーガーしか食ってない。既に22時頃。
どうにかこうにか13ストリートで降りて、土産物屋とかに宿がどこかを聞くも、
I DON'T KNOW。

街中だとWi-Fi無いから地図は見せれないし、いろんな人にホテル名を連呼。
すると、めっさここから遠いよとの返事。え~!
何が何だか分からん。あの気の良さそうな黒人は何を俺に教えたんだ!?
もう分からんから、タクシーに乗る。30分以上走る。到着。ここはどこ?
ビーチ中心部のつもりが、マイアミ市中心部の宿だった・・・。
0時回ってる・・・。チーズバーガーしか食ってない。
てか、チーズバーガー食ってて良かった。

このマイアミ市ってのは、よく分からんけど、淀屋橋とか本町みたいなとこで、
どの店も既に閉店ガラガラ。
怪しそうなバーに入ってフードあるか聞いても無いとの返事。
もう、ええや。ビール飲んで寝る。結局、チーズバーガーしか食ってない。
旅、初日、死亡しました。(続く)

今夜はCL準決勝2試合一気!

|

« 死亡するまで | トップページ | サンライズ・マイアミ »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/65412439

この記事へのトラックバック一覧です: そして、死亡するも、チーズバーガーで生きる:

« 死亡するまで | トップページ | サンライズ・マイアミ »