« ブララパス | トップページ | 長旅 »

ギリギリキリキリ&ミ・テレフェリコ

(G大阪プチ感想)
良い状態が持続しなかった・・・。
先週、逆襲の夢を感じた広島戦を見ての今週だけに、失望感が大きめ。
鬼門とかは信じてないので、それは置いといて、
特に選手交代で流れを変えれなかった、もしくは止めた印象。
ひとまず、代表で宇佐美の活躍を期待するとして、
またもう一度、追い風を吹かすとこからのやり直し。

今夜はその試合の反省放送と、日曜速報。


(旅日記続き)
14時半頃にはホテルに戻っておかなければならなかった。
目的はホテル目の前が停留所の15時発の真っ赤な観光バス。
これに何故、乗りたかったかと言うと、
日本語のイヤホンガイドがある事と、何よりもこれが絶叫系である事。

ラパスの街並は今しがた、徒歩で見てきた所が主要観光地なので、
基本的にバスでも同じ個所を巡るツアーなんやけど、俺が見たいものは上空。
(陸側でもラパスのスタジアムを見れたのは、感慨深し)
このバスが2階建てで、しかもオープンなのがミソで、
ちょっとでも立ち上がると、即死レベル。
と言うのも、ラパスの電線がえぐい!(お暇な方は「ラパス 電線」でどうぞ)
また木の枝なんて座っていても頭を叩いてくるので、普通に痛い。

このギリギリ感の中、最大の山場はキリキリ展望台。
展望台って事は高地。つまり治安が悪い。でもラパスの街の美しさは高地からの眺め。
6000m級の山に囲まれたすり鉢は本当にスバラ。
この矛盾を取り払って安心に連れていってくれるのが嬉しい点。

後、面白かったのがイヤホンガイドが教えてくれたラパスのもう1つの矛盾。
ラパスの人口で最も多い層が0歳~14歳で約40%。15歳~64歳までが約56%。
つまり、65歳以上の人は僅か4%。なのに、法律で定年が65歳と決定したらしい・・・。
死ぬまで働かされる国♪

約90分のバス観光の後は、最新の観光スポット「ミ・テレフェリコ」
旅直前に発売になった「地球の歩き方」には載っていたけど、
俺の買った本にはまだ掲載されていなかったぐらいの新しさと悔しさ。
直訳で「私のケーブルカー」、要は庶民の足。
土地の形状的に、電車よりケーブルカーの方が便利なのと、
しかも、この方が安価に建設できるとの事。
更に深刻な交通渋滞の緩和にも期待。
大統領はこの一石二鳥以上の成功に気をよくして、
現在の3路線を、これからバンバン増設していく方向らしい♪

そして何より、こちら観光客側からの魅力は、庶民の足なので安い運賃。
(観光バスは60ボリビアーノやけど、これは3ボリビアーノ)
で、先ほどと同じ理由で、ラパスの街を安全に治安の悪い高台から見れる利点も。
本当は御堂筋線と同じメインのレッドラインに乗ろうと考えていたけど、
この日は赤線のてっぺんで泥棒市が開催されていて、事前混雑情報あり。
ホテルから徒歩圏内のイエローラインを往復。
更にたっぷりラパスの街を上空から眺めてきました。

その泥棒市もそうやし、他にもおばプロ、ペーニャ、自転車デスロードなどなど、
見所は盛りだくさんありそうで、ほんのさわりだけやったけど、
排ガスとクラクションと喧騒、やみつきになるラパス終日自由観光でした。(続く)

|

« ブララパス | トップページ | 長旅 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/65719797

この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリキリキリ&ミ・テレフェリコ:

« ブララパス | トップページ | 長旅 »