« サンライズ・マイアミ | トップページ | 神秘のマチュピチュ »

ブルジョワ・リマ

リマ行きの飛行機、1時間の遅延。
どうにかこうにか遠い遠い南米に辿り着きました。

南米(ペルー&ボリビア)情報。

★高山病
どこもかしこも、富士山より標高が高いような高地。
調べたり、聞いたりした所、高山病には確率の問題でなる様子。
吐き気、頭痛の症状がでちゃうと、やはり旅の楽しさは半減。
一応、自分は大丈夫だろうと思ってはいても、対処はしておこうと。
一番有名な処方薬は、「ダイヤモックス」
これを日本で買うと、処方箋も必要な上、高価。
なので、俺は現地リマ空港で買いました。値段は半額以下。処方箋いらず。
現地の高山病薬はコスパ的にはもっと安かったけど、そんなに数がいらないので、
8錠入りのダイヤモックスに。きっと空港以外だともっと安いはず。

★コカ茶・コカ飴
コカインの原料になるとかの理由で、日米には持ち帰れない現地の品。
どちらも至る所に売ってあって、珍しく値段もお手頃で凄くお土産にいいんやけど、
密輸してまでの物ではない。
どちらも味は、普通の飴であり、日本茶のようなお茶である。
これも高山病対策になるらしく、ホテルなどでは無料サービス。旅のお供でした。

★インカコーラ
南米にしか売っていない。南米ではコカコーラよりも人気。そんな黄色いコーラ。
これも飲み物である事や重さ的に土産には向かない。
なので、現地でなるたけ飲みました。
いわゆるオロナミンCみたいな炭酸飲料で、最も近いのはライフガード。

本当なら、リマ空港隣接のエアポートホテル泊の予定が、
1日飛んでいるので、時間を取り戻すため、深夜便でクスコ移動の日程に変更。
ホテル着が深夜0時半。
この旅、初めてのガイドから、今後の予定、変更箇所など説明を聞き、
ルームキーを渡されるも、集合時間は深夜2時。
部屋滞在時間、おおよそ1時間。
チェックイン、チェックアウトする事すら、もはやあほらしい。
ツアー代金には、このホテル宿泊費も含まれている訳で、ブルジョワ無駄使い。
シャワーだけ浴びて、フロントへ戻る。
そんな訳で、確かにバスルームは使ったけど、ベッドなんてそのままの状態。
枕銭は置きませんでした。

さて、ペルーのソルへ両替して、また飛行機でクスコへ飛ぶ!(続く)


ガンバはやっとホームで勝ちました。
勝利は一安心。内容はまだまだ心配。万博帰りのお客さんも概ね、そういう感想。
とりあえず、勝利によって上向く事もあるはず。一歩ずつ。

今夜はJリーグ。

|

« サンライズ・マイアミ | トップページ | 神秘のマチュピチュ »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/65428926

この記事へのトラックバック一覧です: ブルジョワ・リマ:

« サンライズ・マイアミ | トップページ | 神秘のマチュピチュ »