« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

サッカー界に衝撃。ご冥福をお祈りします。
またCSは、地上波放送のある唯一のコンテンツ、知恵を絞って良い形で残せたらなと。

映画鑑賞6本

荒野の七人 7点
やや期待値が高すぎたキライも。
未見のオリジナル『七人の侍』の評価が驚異的に高くて、
その西部劇版のこちらも歴史に残る名作との評。
確かに面白いけど、極みとまでは・・・。
こうなると、侍がすげー気になるけど、邦画は見ない事にしてるのでNG。
ただ、年始上映のリメイク版は見に行っても良いかなと迷い中。

激突! 7点
あのスピルバーグ、デビュー作。
運転手の見えないトラックが追いかけてくるだけの90分で、
起伏あり、緊張感もハンパ無し。
スピルバーグは若くして天才だったんだなと改めて思える秀作。

40歳の童貞男 4点
いわゆるアメリカの笑いに満ちた映画。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 8点
新ハリポタがファンタビと名を変えて、始まった5部作の1本目。
余りにも魔法が万能過ぎるとこは、首を傾げたけど、それも含めファンタジー。
魔法動物も奇想天外で、オリジナル脚本だけに新鮮で、
それでも完全にハリポタな世界観で、そんな幕開けに、敬意を表して。
しかし脇役がほぼ主役だったけど、これからどうするんだろう?

シェルブールの雨傘 6点
悲恋の名作と言われているも、実はそない悲恋に感じなかった♪
ただ、全編を通して歌で紡ぐ方式は当時、斬新だった?
なんにせよ、カトリーヌ・ドヌーブが綺麗過ぎる映画。

ウエスト・サイド物語 7点
歴史に残る冒頭から、名曲の数々、社会風刺もほんのり、
当時のアメリカのエンタメなパワーに圧倒される。
だけど、ストーリーが『ロミオ&ジュリエット』なのが、もう飽きちゃった感覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらがましか

天皇杯で、川崎が浦和を倒してくれたので、3冠が消えた。
なので、今年頑張ったご褒美と年間優勝のご褒美で、順位通り浦和でも良いし、
前期だけで、後は適当に過ごし、一発勝負であわよくばを目論む鹿島な下剋上でも良い。
要はどっちゃでも良い。

ただ、どっちゃにしても浦和か鹿島に国内3タイトルの星の数が増える。
浦和が勝って、今年2つ増やしてもまだうちが多かったかな、確か。
でも迫ってくるのは嫌だな。
それなら唯一遠い存在の鹿島が星を増やし、
いつかは!的な追いかける立場の方が夢があっていいかも。

ただ、その場合、もしも天皇杯準決勝で鹿島に敗れ、
決勝が鹿島×川崎以外だった場合、ACLに出る為には鹿島を応援せざるを得ない。
これは凄く癪。ま、自力で天皇杯を取ればいいだけやけど。

そんなこんな、今夜はCSの1戦。
19:25 鹿島×浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きびだんご

ルールの中とは言え、確かに松本は辛い。
そして、こうなったからと言って、来年の昇格保証がある訳でも無い。
と言うか、想像するに、来年はもっと厳しいんでは?とか思ってしまう。
悔しさはバネにするんだろうけど、

試合後の監督コメントを読むと、これ以上強いチームは作れないとかどうとか、
これも真実な気もする。
(スーパーな外国籍選手とか加入すれば、別だろうけど)

一方、京都はふがいない!
3位の松本が息切れ気味で、岡山は奇跡に賭けてる中、
この準決勝を突破すれば、久々のJ1が見えてくる状態の中、ゴールを奪えないとは!
ただ、最後に1発だけパンチを繰り出した。
なんと言うか、次の仲間に託した1発だったような気がする。

つまり、岡山は岡山県民、岡山サポの為に戦う訳ではない!
散っていった松本、京都の思い、
全J2クラブの思い、
昨年の福岡からたすきを受けとった思い、
はてはJ1の18クラブ、J3の15クラブの思い、
そのJ全クラブの思いを込めて、戦わなければ!
俺たちは、きびだんごを受け取った!

今夜の放送
②19:00 J2・J3入替戦 『栃木×金沢』
③21:00 J1昇格PO 『松本×岡山』
他1試合

明日の放送
○19:25 Jチャンピオンシップ 『鹿島×浦和』





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユナイテッドはもういらない

地域リーグ決勝大会って方が良かった。
シンプルやった。
地域サッカーチャンピオンズリーグって、
欧州CL、ACLみたいで、大袈裟すぎるような・・・。

ともかく、いつの間にやら既に決勝ラウンド突入中!
とりあえず、現状通り、
昇格はほぼ豚と同等の力を持つヴィアティン三重と、
岡ちゃんのFC今治で良いかな。

しかし、ちょっと見ぬ内にクラブ名を悪変してるとこが多くて、いまいち。
江戸川乱歩なランポーレは、アンリミテッドって陣内の旧コンビ名みたいになってるし、
アイゴッソって高知密着感あったのに、これまた統合してユナイテッドに。
鹿児島もせっかく、火山なヴォルカで渋かったのにユナイテッド。
福島にもユナイテッド。
Jの中では、ユナイテッドは千葉の商標登録にして他は禁止したらええのに。
安易すぎる。
ま、その千葉だって、JRイーストと古河の統合やから、
名付けとしては理念に反してる気はするけど、それでも早いもん勝ちな面はある。

今夜は何かしらのサッカー放送を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はなんだか鍋気分

急に寒くなってきました!
そこで冬の大人気定番の鍋を投下!

豚やさい鍋 630円
鶏やさい鍋 630円
牛やさい鍋 780円
牡蠣やさい鍋 780円

ポン酢→ゴマだれチェンジ 20円
〆まで美味しい後入れうどんorごはん 200円

今夜もCLとCL速報!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大脱走

今夜はCSの準決勝。
やっぱり、そうなったのか~って試合とCLを。

映画鑑賞9本

きっと、星のせいじゃない 8点
正直、卑怯にも程がある。これは号泣必至。
余命の無い18歳ほどの男女が恋をして、死を迎える話。
ただ、その中にアキレスと亀、アンネの日記、トロッコ問題など、難解な謎解きもあり、
母の行動もストンと落ちて、ただのお涙頂戴以上の細部がある。

96時間 レクイエム 4点
『ダイ・ハード』と同じで、この3作目からシリーズの約束事は無くなって
単なるアクション映画に。しかも母を殺すのは、やっちゃ行けなかった気がする。
そもそも、高評価の1作目から個人的にはハマった作品では無かっただけに、低評価。

LUCY ルーシー 4点
人間の脳が40%に覚醒するぐらいまでは、面白い。
ただの女性が強くなっていくカタルシスに溢れる。
ただ、100%近くなると、神ってしまって残念。

森のリトル・ギャング 4点
動物世界のアニメ。冬眠から覚めたら開発されて森が小さくなってた!
そこから人間とのバトルになるものの、そもそも小さくなった森はどうなるのか?
何一つ解決していない気もするハッピーエンド。

ステップ・アップ 5点
ただひたすらにチャニング・テイタムが二枚目なだけの青春映画。
ただストリートダンスと、バレエの融合はいいかも。

大脱走 10点
ここ最近、過去の名作も見ていく事にしてるんやけど、凄いの一言。
単純に、大脱走してひゃっほーな娯楽映画かと思っていたら、全然違って実話だった。
250人の大脱走の為の男達の役割分担から始まり、
(偽造屋も、調達屋も凄いけど、仕立屋の技術凄い!あ~測量屋)
ドイツ兵をあざむくアイデアがあり、アウトローが仲間になり、
そしてスリルある大脱走があって、まだ1時間残ってる?あれ?
まだまだ逃げてからもドラマがあり、バイクの疾走あり、
決してハッピーエンドとは言えないのに、
キャッチボールで笑顔になれる、まさにあっという間の3時間。

アメイジング・グレイス 6点
名曲にそんな意味があったのか!
英国で奴隷解放に死力を尽くした政治家の物語。

オーメン 6点
2006年6月6日、この100年に1度しか訪れない「666」の日に、
全世界同時公開された完全リメイク。
完全リメイクなので、昔の作品と基本一緒らしく、
初めて見たバージョンがこっちなので、自分は楽しめたけど、
オリジナルに思い入れのある人からすれば、やはりオリジナルの方が上な様子。

マーシャルの奇跡 6点
マンUを連想させるアメリカの大学フットボールの悲劇が題材。
チームを乗せた飛行機が墜落。街を大学を悲しみから復興させるため、
新コーチを迎え、飛行機に乗らなかった4人の選手から、アメフト部の復活を描く実話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J3順位予想解答編2016

チーム数も増えてきて、難解度が増したJ3。
当たったかな?

●1:大分(4位、+3)
●2:栃木(6位、+4)
△3:長野(2位、-1)
●4:秋田(11位、+7)
●5:鹿児島(8位、+3)
△6:富山(5位、-1)
●7:藤枝(14位、+7)
●8:琉球(13位、+5)
●9:G大23(1位、-8)
△10:F東23(9位、-1)
●11:相模原(3位、-8)
●12:C大23(16位、+4)
●13:盛岡(10位、-3)
△14:福島(12位、-2)
●15:鳥取(7位、-8)
△16:Y横浜(15位、+1)

誤差2以内を△にした所、0勝5分11敗でした。
残念ながら的中無し!

感想
松本のライバル、長野が今年も上がれず・・・。
それを阻んだのは元J2勢の2強。
一方、富山はぼちぼちも、鳥取は元J2の面影が薄れていく結果。
逆に昇格の鹿児島は昨年の山口に続き健闘。

大きく外したとこで言えば、秋田、藤枝、琉球は舐めてた。
相模原は新監督のせい。
またG大阪は堂安のいるいないで違い過ぎ。

今夜はミラノダービーとマドリードダービーとブンデスも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無風だ!

J2とJ3の最終節があった。
金沢と北九州が順位を変えたものの驚くほど無風で、
ドラマティックな事は起きず。

松本はここまで自動昇格圏内で走ってきて、
一時は首位を肉薄するとこまで追いつめながら、
大枠からもっと凄いスピードで上がってくる清水に抜かれるという
これ以上ないほど最悪な3位。
しかも最終戦も一縷の望みに賭け逆転勝ちと言う、必死な結果の出し方。
これはしんどい。
まだ2試合、走りきれるだろうか?

その点、4位のチームの方が最後、気楽に過ごした分、余力があるように思う。
戦力も復帰した主力とかもおるらしい。
ただ、ここは大小関係なく、トーナメントやリーグ戦で
決して首位にはならないと言う呪いがかけられている。
J2最高資金と、それを元にした選手層、このハサミを使えるかが疑問。

一方、京都。多分、強くない。いや、多分、本気出せば強い。
そんな訳で、ほんとに意味不明。
相手が強ければ、強い時がある気がする。
そういう意味では、相手は強いので、もしかすると5位から突破も!

岡山はどう贔屓目に見ても厳しいような気がする。
唯一、J1経験の無いクラブだけに初昇格をして貰いたい気はするものの、
引き分けならできても、2試合共勝つのはしんどいかな~。

今夜はそんなJ日曜速報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルバスタイルで

昨日から絶賛発売で、
規定本数が売り切れたので、再仕入れしました!

A:フルール・ド・ニナ ボジョーレ・ヌーヴォ 380円
B:ボジョーレ・ヌーヴォ 480円
C:生ハムとモッツアレラチーズのブリスケッタ 380円

A+C 680円
B+C 780円

今夜はお昼間に試合した、ユースの決勝を中心に放送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綱取り

日本人とか、モンゴル人とか、エジプト人とか、
相撲ほど外国人を意識しないスポーツは無いように思う。
それは、しこ名が漢字で、顔も殆どがアジア人で、服装も浴衣で、
更には他のスポーツのように、通訳とかおらず日本語を話すのが大きいと思う。
ここまで、日本に馴染ませるのは国技ならではな気がする。

ガンバで言うなら、
アデミウソンが大阪太郎と名乗り、寮で日本食を食べ、
日本語でインタビューを受けてるイメージ。(なんか、ピントがずれてるかな?)

ともかく、そんな訳で、自分の知ってる歴代の横綱で好きなのは、
1位が千代の富士、2位に朝青龍、3位は迷う所も白鵬かな、
要は結構、国籍関係なく個人的には応援してるし、
逆に貴乃花とか好きでは無かった。

だけど、周りの声や、報道などでは「日本人横綱!」と熱望してる気がするし、
モンゴル人ばっかになって見なくなったなんて声すら聞く。

そんな前置きはどうでも良くて、豪栄道は純粋に応援してる。
それはあくまで大阪出身であるからであって、日本人横綱だからでは無い。
現に稀勢の里は全く応援してなかったし、同じ理由で勢は応援中。

更に凄いのは、豪栄道のフルネームが、豪栄道豪太郎!!!!!
空条承太郎以来の衝撃!

本日はあれが解禁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱0

今週の情熱大陸のゲストを聞いた。
当然ながら、全く関心が無かった。
でも、一応、来てくれた皆に教えてみた。
誰もが無言だった。
視聴率0%やなって話に落ち着いた。

今朝、新聞にピンクの紙が挟んであった。
気ぃ、悪かった。
プレーオフの大本命とあった。
いや、大本命は3位のクラブでしょうと思った。
そして、情熱大陸の男が、生涯ここにいるとコメントしてた。
本当だろうか?

今夜は錦織です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレファント・ソング

久々に負けるとヤバいかもってなW杯予選。
俺、全く見れないほどの超満員御礼、おおきにでした。
でも次の予選は3月?

映画鑑賞7本

リピーテッド 3点
目覚めると、昨日の記憶が無くなっていると言う設定のサスペンス。
毎朝、隣に寝てる夫は?自分の病気を心配してくれている医者は?
記憶が無いので、どれが真実だかわからない。
結果、小さなサプライズと、無理のあるミス・ディレクションで、ダメなサスペンスに。

エレファント・ソング 7点
医者失踪のミステリー風でありつつ、実はそれは本道では無く、
主人公の意外な策略が・・・。
やや地味ではあるものの、味わい深い1本。

アイ・フランケンシュタイン 4点
ドラキュラと狼男を現代に蘇らせてた原作者のフランケンシュタイン版。
そのフランケンのキャストがアーロン・エーカットで、これはバッチシ!
映画自体は、その『アンダーワールド』クラスではあるけど、個人的には好きな世界観。
ただ、まもなく始まると噂のモンスターユニバースの方が気になる。

真夜中のゆりかご 6点
深い。またしても深い。北欧のスサンネ・ビア監督作品の深い人間ドラマ。
一見、悪いことをしていないのに(してるんやけど)、
どんどん深みにはまっていくサスペンスな展開と、2人の母親の母性。

ムーミン 南の海で楽しいバカンス 5点
勿論、知ってはいるけど、初めて見た。
板尾創路みたく、シュール過ぎたけど、昔からそうだったんだろうか?
後、小保方が壁に書いてたニョロニョロが出てこなかったのが残念。

パレードへようこそ 7点
実話映画には必ずある最後のその後の説明文と、パレード風景、
そこでだいぶ、感動が増長された気もするけど、
ゲイと炭鉱夫達の水と油な良い友情実話でした。

最高の人生のつくり方 5点
いがみあってる2人が、徐々に仲良くなる老人版。
なので、孫の存在もいっちょかむ。
このパターンは普遍的な良さがあって、安心して楽しめる映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポン酢効果

ポン酢効果が出てきた。
ポン酢、女性が好きと言う理由で、串カツソースにポン酢を追加して数日。
昨夜は女性客が多かった。
それだけのエピソード。

今夜 19:35 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスメン

予定では今年、最後の生観戦。
到着したのは、キックオフ直後。
また折角なので何かスタジアムで食べたいなと思って、
うろちょろしてみたり、喫煙してみたりで、
きっちりと着席したのは試合開始15分ぐらい。

改めて面子を確認してみると、セカンドチームのベスメン。
なので、勝てなかったのは秋田が粘りのある良いチームだったと思う試合。
でもスゲー面白かったので行って正解でした!

セカンドチーム選手感想
GK:田尻と林。田尻はもう5年目ぐらい、どっかで修業を積むのもありかも。
案外、藤ヶ谷の壁が厚いので、このままだと木村になっちゃうよ。
林はまだまだこれから。てか、GKはよく分からない。
ポジションが1つしか無いので、特殊。

DF:西野は来年はオーバーエイジ。
丹羽が30歳を超えてくる中、来季はトップで出場機会を増やしていきたい所。
野田は山口智なイメージ。初瀬は藤春超えを徐々に。
平尾も適正ポジションでは無いとは言え、今やもうSBの人。目指すは米倉。

MF:岡崎は大怪我、大丈夫?ただ、ごめんやけど厳しく見てる1人。
妹尾と嫁阪は未だに2個1扱いのポリバレント。来季もセカンドで飛躍を!
内田は将来は橋本2世と願ってるけど、どうだか・・・世間の声は厳しい。
市丸はポスト遠藤なので、18年後半からレギュラークラスになる予定。我慢の日々。
堂安はもはや二川を超えたので、次世代の10番として頑張ってもらわな困る。
小椋はいいんやけど、今のガンバでは余剰戦力なのは否めない。
食野は、浪速のメッシになって欲しいけど、現状はセカンドのポスト堂安って所かな。

FW:呉屋はトップのエースへ!小川はどうだろう?なんとも言えない。
一美と高木は良きライバルっぽい。ただ一美の方が成長を感じるとの声。

今夜はW杯予選からリヒテンシュタイン×イタリアを中心に。

明日は代表戦、宜しくお願いします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

代表戦、その前に

代表戦、親善試合にも関わらず満員御礼おおきにでした。
秘密兵器の井手口を隠す事にも成功!
これはサウジ戦に期待!

15日(火)
①19:30 W杯 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

さておき、ガンバはセカンドチームが週末にホーム最終戦。
久々に行こうと考え中。
遠藤、今野のオーバーエイジはあるのか?
1万人動員されるのか?
最終戦セレモニーはあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ2016ベストイレブン

今年のベスト11を考えてみた。

GK:東口
今年のパフォーマンスは例年よりはいまいちなものの文句なしの正GK!
ただセカンドキーパーとして藤ヶ谷も自らの役目を全う。

DF:米倉、丹羽、金、藤春
米倉とジェソクの争い、今季は米倉に分。

丹羽は5番の後継者として奮闘も、ややガンバでは遅咲きなので、
もっと西野の突き上げが欲しい。

そしてシーズン前には思いもよらなかった金のファーストチョイス。
岩下が怪我でダメだった事もあるとは言え、一番のサプライズ。

左SBは藤春で安定。ただ関係ないけど、五輪のイメージがあるのはある。

MF:遠藤、今野、倉田、井手口、大森
外野が騒がしくはなっても遠藤は34試合全てに出場。未だに名実共にガンバの核。
個人的には2018年W杯までは不動のレギュラー予定。(かすかな経験招集に賭けて)
ただ今年のJアワードでベスト11に選ばれるかは、かなり微妙かも・・・。

一方、次世代のガンバの中心の倉田も、34試合フル出場。
ポリバレントでもあり、秋から春への敵も季節も飛び越えるスルーパスもあり、貴重な存在。年齢的にもまさに今が秋穫祭。

そして今野もまだまだ必要不可欠な33試合出場。

そこに一気に絡んできたのが井手口。後半戦からのイメージではあるものの、
五輪にA代表、それよりも最難関の遠藤と今野のポジションを奪った事、
迷うことなく今季のベスト11。後何年、ガンバで見られるのか?それだけが心配。
もし海外移籍ってものが無ければ、今後10年はボランチ安泰だと思えば辛いけど、
間違いなく近々、巣立つでしょう。

最後、評価が別れるのがここ。今季に限って言えば、阿部よりは僅かにリードだと思う。
ただ、長沢を押す声もあり、そこはかなり迷い所も個人的には大森。
ずっと日向が宇佐美で、日影が大森だったと思われるので、
こういうパターンは引退する時には、逆転していたりする事もあり得るのでは?
てか、既に逆転してる?とにかくそういうハングリー精神もあるはずで、
移籍の噂が気になる所も、更なる活躍を期待。

FW:アデミウソン
パトリックがあれで、宇佐美があれで、呉屋もまだまだで、長沢は凄いけど
総合的に見てアデミウソン。

因みにMVPは金と井手口で迷うところも、新人王を飛び越えて井手口で。

今夜は代表戦!
11日(金) 19:20 親善 『日本×オマーン』 LIVE!
15日(火) 19:35 W杯予選 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバもトランプも

どうにかこうにか4回戦突破。
ただ、呉屋が退場し、キーパーが藤ヶ谷。
そう聞いた時、もしPKになっても勝ったなとは思いました。

詳しくは今夜、見ます。

今夜の放送
○19:00 天皇杯 『G大阪×清水』
○21:00 天皇杯 『大宮×横浜F』

こちらも宜しくです。
11日(金) 19:20 親善 『日本×オマーン』 LIVE!
15日(火) 19:35 W杯予選 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密

映画鑑賞7本

ノア 約束の舟 4点
題材的にノアの箱舟の話、全生物が対になって船に乗るとか、
そない面白い気がしないけど、大作として作ってきた。
ノア自身に焦点を当て葛藤を描いてて、ラッセル・クロウ熱演。
しかし、舟の殆どを作ってるのが泥の巨人ってのは、あれでいいのか?

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 9点
解読不能とされるドイツの暗号機エニグマの謎に迫りつつ、
アラン・チューリングの謎にも迫る、渾身の一撃!
クロスワードパズルの天才がチームに加わるけど、映画自体がクロスワードの様。

十二人の怒れる男 8点
1957年と言うかなり古い映画で名作の一つ。
この映画自体は初見だったものの、ロシア版も三谷版も見ていて、新鮮味は薄め。
ただ、やはりよーでけてる。
12人それぞれの個性が見てる内にちゃんと分かるし、合点がいくラスト、余韻もいい。
ただ陪審員の12人が、白人男性だけなのが時代を感じる。

雪の轍 8点
196分、長い!そしてこれといって特に何もない。
トルコのカッパドキアの冬の暇のホテルでの少人数の人間模様。
日常的に話さないような台詞じみた会話もあったけど、それはきっとチェーホフ風味。
とにかく、時間を忘れて見れた3時間ちょい。

ラスト5イヤーズ 3点
こちらは90分程の映画なのに、「雪の轍」よりも長く感じるミュージカル。
男女が出会って、恋して、結婚して、別れる5年間。
ストーリーはこれだけで、なんせ何の事件も起きない。

ギヴァー 記憶を注ぐ者 3点
管理社会なSF。差別とか無くなったのは良いけど、感動や愛もなくなってる社会。
それに反乱を起こす主人公。やっぱ愛が大切って言う単純な結末は好きではない。
でも、メリル・ストリープとか、ジェフ・ブリッジスとか大物も脇役で出演。

しあわせはどこにある 6点
しあわせってなんだっけ?その答えはポン酢しょうゆがある家なんやけど、
この主人公は幸せが何かを求め旅に出る。
結果、こちらもやっぱ愛が大切って事に気付くという単純な結末ながら、道中は楽しい。

今夜は残念ながらガンバの天皇杯はライブ放送無し。
なので、ライブはホンダ戦のジャイキリ期待になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ担当主審ランキング2016

リーグ戦を終えたので、最新の主審ランキングを。
※リーグ戦のみ集計
※5試合以上担当した主審対象

→1位(1位):井上知大 6試合5勝1敗 勝率83% 無敗率83%

↑2位(3位):東城譲 23試合15勝4分4敗 勝率65% 無敗率82%

↓3位(2位):廣瀬格 14試合9勝2分3敗 勝率64% 無敗率78%

↑4位(5位):岡部拓人 10試合6勝2分2敗 勝率60% 無敗率80%

↑5位(6位):西村雄一 27試合16勝7分4敗 勝率59% 無敗率85%

↑6位(11位):木村博之 13試合7勝1分5敗 勝率53% 無敗率61%

→7位(7位):吉田寿光 34試合18勝7分9敗 勝率52% 無敗率73%

↓8位(4位):今村義朗 8試合4勝3分1敗 勝率50% 無敗率87%

→9位(9位):家本政明 38試合19勝10分9敗 勝率50% 無敗率76%

↓10位(8位):松尾一 23試合11勝7分5敗 勝率47% 無敗率78%

↑11位(12位):村上伸次 18試合8勝7分3敗 勝率44% 無敗率83%

↓12位(10位):飯田淳平 9試合4勝1分4敗 勝率44% 無敗率55%

★13位(圏外):榎本一慶 5試合2勝1分2敗 勝率40% 無敗率60%

↑14位(15位):佐藤隆治 21試合7勝9分5敗 勝率33% 無敗率76%

↓15位(13位):扇谷健司 21試合7勝6分8敗 勝率33% 無敗率61%

↓16位(14位):高山啓義 21試合7勝5分9敗 勝率33% 無敗率57%

↓17位(16位):山本雄大 8試合2勝4分2敗 勝率25% 無敗率75%

↓18位(17位):前田拓哉 8試合2勝2分4敗 勝率25% 無敗率50%

その他、池内さん、上田さん、福島さんが今年は笛を吹きました。
また福島さんは現在4試合担当ですので、来年はランキング入りする予定。
それから今年は吉田寿さん、前田さんは担当が無かったです。

告知
11日(金) 19:20 親善 『日本×オマーン』 LIVE!
15日(火) 19:35 W杯予選 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻めの姿勢は崩しません!

今年は定番と業界初と2種類!

冬の串カツ2016(定番)

①ミルキー
②厚揚げ生姜乗せ(ポン酢がオススメ)
③じゃがバター
④アボガドの牛肉巻き
⑤紅茶鴨ロース
⑥牡蠣タルタル
⑦ホタテ
⑧カニ爪
⑨チキンラーメン(スープ付き)
冬串9本フルコース 1680円

冬の串カツ2016・ホワイト

○クリームシチューソース
①厚揚げ
②じゃがいも
③人参
④インゲン
⑤ソーセージ
⑥アボガドの牛肉巻き
⑦牡蠣
⑧ホタテ
⑨カニ爪
冬串9本フルコース・ホワイト 1680円

今夜の放送はJ日曜速報とセリエA

そして、こちらも!
11日(金) 19:20 親善 『日本×オマーン』 LIVE!
15日(火) 19:35 W杯予選 『日本×サウジアラビア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステップアップ

今夜は週末なのに、Jがない。
ユースはあるけど、もう1個勝ってくれないと放送はない。

で、そんなユースと言えば、宮本監督が
来季はステップアップしてセカンドの監督就任との話。
着々と。

力量はわからないけど、なんとなく小倉にはならない気がする。
そんな訳で、今夜はCLやELを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月3日ドキュメント

半年ほど前、コンサートのチケット購入。
J終盤戦、セカンドステージ優勝がちらついてくる。
もしも優勝がかかる試合なら、日帰りで等々力に行くぞ!と考える。
暫くして、コンサートの日と重なってる事を知る。
J最終戦と同じ日のチケットを買っていたなんて・・・そんな事したんかな~と嘆く。
そして、浦和に大敗。

11月3日
試合を見る。瞬く間に2失点。TVを消し、シンフォニーホールへ出かける。
携帯の電源を切らされて、ドラクエの音楽に浸る、痺れる!
休憩時間、速報を見る。
え~あんな前半やったのに、ガンバ、まさか逆転で勝ってる。
同時に浦和、1位か~と思う。
あれ、4位になってる。大宮、負けた?え?鹿島とも1P差?
名古屋、降格!
レベル85のすぎやまこういち先生に拍手。
千葉圧勝!
なんか、結果的に素晴らしい1日やったな。

そんな訳で、今夜はJ祝日速報とガンバ戦。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽がいっぱい

映画鑑賞7本

殺人ゲームへの招待 3点
とある有名なボードゲーム「クルー」を、映画化した挑戦的な作品。
ある意味、それは成功してる。よく出来てる。ただマルチエンディングを含め、
ボードゲームはボードゲームのままでいいと思う。

スノーマン 5点
大人も楽しめる絵本だけあって、いい話。
だけど25分の作品の評価を、2時間前後の他の作品と同列には・・・。

テネイシャスD 運命のピックをさがせ! 6点
あほらしすぎる中、冒頭のつまらない小ネタも最後に効いてたし、笑えるメタル映画。

ハサミを持って突っ走る 5点
無意味に凄いキャスト、どこに向かうのかよく分からないストーリー、
しいて分類すれば青春ドラマのような気がする。
何故か、最後まで飽きずには見れた。

エクスプロラーズ 3点
イーサン・ホークが子役出とは知らなんだ。
感動的なSF映画、「E.T.」とかにも通じるもんはあるけど、
こういうSFは映像で時代を凄く感じる。
仕方ないのは分かりつつも、それは辛い。宇宙人が出てくるまでは夢があった。

太陽がいっぱい 9点
親に結末まで聞いてはいても、名作!と思えた名作!
実は原作はリメイクの「リプリー」の方が忠実らしいけど、
やっぱり、この映画はアラン・ドロンの魅力あってこそ!
1960年の作品でも、面白いものは面白い。

ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち 4点
コレラとか、中国とか、設定は色々あれど、また結末も意味深なシーンもあれど、
言っちゃえば単なるメロドラマ。

今夜はCL。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一目瞭然

まずはメニューでは無く、店内の備品を改革!

5つのポイント
①一番、多かった女性の要望にこたえました。
②性能も向上しました。
③透明になりました。
④キャップ付きになりました。
⑤イメージチェンジに成功しました。

今夜は日曜速報とセリエA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »