« マーシュランド | トップページ | 新規格 18年目のJ2 上位編 »

新企画 24年目のJ1

過去J1在籍クラブは全部で29クラブ。
それを平均順位と在籍年数で紐解いて順位にしてみた。
※優勝ではなく、あくまで年間順位で計算。なので、今年の首位は浦和、鹿島は3位
※この意図は、平均順位と在籍年数の関係は、なんか楽しいと思う暇つぶし。
※太字が今年のJ1クラブ

→1:鹿島 3.96位 24年(現10年連続首位な上、圧倒でまだ10年は安泰!)
→2:横浜M 5.83位 24年(案外平均すると2位。流石、落ちた経験のないオリ10)
→3:川崎 5.85位 13年(上り調子!近年は上位固定で、来季は2位浮上も?)
↑4:浦和 6.43位 23年(今年の首位で、ランクアップ。しかし鹿島の背中は遠い)
↓5:G大阪 6.52位 23年(浦和に抜かれ、1ランクダウン。悔しい!)
↓6:磐田 6.95位 21年(02年から06年まではJ首位も、近年降下気味)
→7:名古屋 7.33位 24年(ここでJ1平均順位も在籍年数も一度ストップ)
→8:清水 7.83位 23年(今年はいなかったけど、来季復活)
→9:広島 8.00位 22年(ぴったり平均8位。でも3度も優勝してる割に・・・)
↑10: 8.55位 20年(古参の柏はこれぐらいの位置)
→11:横浜F 8.57位 7年(フリューゲルスも含んでます。長い間、止まったまま)
↑12:東京 8.63位 16年(首都の割には・・・なので、もうちょい上に行きたい)
↓13:鳥栖 8.80位 5年(平均で一桁順位をキープ。新参の中では上位)
→14:東京V 9.21位 14年(あの栄光は?いつの日か復活あるのか?)
→15:千葉 9.71位 17年(近年、ここもJ1ではデータが止まったまま。)
→16:C大阪 10.19位 16年(来季は最下位で平均順位を下げたい所)
→17:仙台 11.22位 9年(来季はJ1で10年目の節目のシーズン)
→18:新潟 11.54位 13年(川崎と同じ年数をJ1で過ごしながら、やや辛い)
→19:湘南 12.10位 10年(チーム数が少ない時代にいたチームは平均で有利)
→20:大分 12.38位 8年(楽しかったJ1の思い出は覚えてるでしょうか?)
↑21:大宮 12.55位 11年(これから順位を上げていくかもなクラブその1)
↓22:神戸 12.67位 18年(同上その2。しかし18年在籍は素晴らしい)
→23:京都 13.82位 11年(暫く遠ざかってるクラブ)
→24:甲府 14.71位 7年(地方クラブで7年J1。ある意味凄い)
→25:札幌 15.40位 5年(来季は久々のJ1。平均順位を上げれるか?)
→26:福岡 15.78位 9位(この平均順位で9年はなかなか奇跡な気も)
→27:山形 16.00位 4年(ここも足かけ4年の在籍。頑張れ!東北!)
→28:松本 16.00位 1年(1度のJ1経験は16位でした)
→29:徳島 18.00位 1年(また上がってこない事には、最下位固定)

今夜はレアル登場

|

« マーシュランド | トップページ | 新規格 18年目のJ2 上位編 »

国内サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新企画 24年目のJ1:

« マーシュランド | トップページ | 新規格 18年目のJ2 上位編 »