« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

炎のランナー

今夜は19:30より浦和のACL。

映画鑑賞7本

アイドルとデートする方法 4点
ティーン向けラブコメで、適当に見てても分かる筋書きながら、
お後はよろしかったようで。

ポイント45 3点
登場人物がカメラに向かって1人称で喋るパターンの映画って、
だいたい面白くない気がする。

輝く夜明けに向かって 6点
アパルトヘイトが題材で、重苦しい映画かと思ったら、単なる社会派サスペンスの乗り。
ところがラスト、マンデラさんが出てきて、実話だった事を知る。

セックス・アンド・マネー 4点
いわゆる中年夫婦たちのあるあるなのかな。
それを、ぺちゃくちゃ喋ってるだけながらも、それぞれなんとなくハッピーエンド。

CITY OF DOGS 2点
今をときめくロバート・ダウニー・Jrに、シャイア・ラブーフ、チャニング・テイタムと、
豪華俳優陣ながらも、中年になった主人公の過去の思い出集だけの物語。

炎のランナー 7点
数年前、客人が最高傑作と言ってたアカデミー受賞作。
ユダヤ人ランナーと、クリスチャンランナー、異文化で分かりにくい感情の部分もあるものの、
冒頭の海岸ランニングシーンなど、初めて見る映画なのに知ってるシーンがあるのは、
流石、名作の1本。ただ、実話って付加価値が無いと地味な映画かも・・・。

くもりときどきミートボール 6点
やや自業自得感が気になったものの、
後は発想から、最後のアクションシーンまで見応えありのアニメーション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーより、まだナンの方がまし

折角、宮殿ホテル内の洒落たテラスでのディナーだって言うのに、
下痢で食欲も無く、そもそも、もうカレーには辟易。

正直、高級店でも、路地裏でもメニューは一緒。
カレー数種類(豆、チキン、野菜、ほうれん草の中から3種類ぐらい)と、
ヨーグルト、ナン、ライスのセット。
大皿の中で小皿を使って小分けしてあるタリー料理と呼ばれるタイプ、
数種類のカレーをシェアするタイプと提供のされ方に違いはあれど、中身は全く同じもの!
しかも案外バリエーションも少ない。
牛と豚は0。かろうじて魚は1回。
どうやら、グっちゃんもやけど、インド人はベジタリアンが多いらしく、肉系は鶏オンリー。

この旅を、もし、逆にインド人が日本に来たと仮定してみた。
連日連夜、お寿司、時々ちょっとアレンジしてご飯と刺身。
きっと、こんな感じ。
最初は、寿司だ!と喜んでたって、多分、最後はガリだけを食べるようになる。

つまりは、こちらもだんだんとカレーは浸す程度で、ナンだけを食べてた・・・。
この時期、一番聞きたくなかった曲は、筋肉少女帯の「日本印度化計画」

「インド旅終了まで後3日(5月4日)」

飲み物はどうかと言うと、一番飲んだのは熱いチャイ。
いわゆるミルクティーと何が違うんだか?ってのはあるものの、美味しい。
そして、インドと言えばラッシー。
時々、食事時に注文。甘いのと、甘くないのがあり、どちらも安定の美味しさ。
それから、ライムソーダ。
これはペットボトル飲料水(リムカ)だったり、レストランに置いてあったりで、
塩味が新鮮なさっぱり味。日本に無いっちゅーたら無いかな?
後、珍しいのでは、バターミルクと呼ばれる物。
事前調べによると、かなり不味いとあった飲み物。
これが、この宮殿ホテルの朝食ビュッフェにあったので、恐る恐る試飲。
ま、ここが高級ホテルってのもあるかもやけど、普通にラッシー的な味。
やや心持ちすっぱいかな?程度で、そない不味くは無かった記憶。
もうちょっと、ちゃんと不味いバターミルクを経験してみたかった・・・。

さて、この日はまたジャイプールに出向いての観光の1日。
同時に、引き続き下痢との過酷な戦いの1日でもある。(続く)

今夜の放送
○17:00 U20W杯 『ベネズエラ×日本』 LIVE!
19:00より、日本戦リピート放送又はACL。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンドダービー2年目

順位はもとより、ここ最近の調子で見ても劣勢。
こういうのってダービーには関係無いとは言え、
そもそも外様が多いのが弱点。
なんぼダービーって煽っても、幼少期から叩き込んだアンチ・ピンクではない。

厳しい試合になるだろうなと思いつつも、
やっぱり、いつものうなだれる豚を生で見たい。
そう思ってスタジアムへ。
行きの道中、何気にスタメンを見てみると、ジョンヤ、呉屋、パト、食野の文字が・・・。
テンションUP♪勝利確信♪

ところが、やや優勢も結果はスコアレスドロー。
オーバーエイジ使いながら、これかよ!おもんな!
しいて面白かった点を探して言えば、
多分、宮本監督は監督としてダービー無敗継続と、
昨年から始まったセカンド対決の無敗継続。
後、試合後、神戸へ必死に走る豚サポ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーでピーピーなマハラジャ

10歳ぐらいの女の子が、赤ちゃんを抱っこして、餓死するからお金を恵んで。
恐ろしくてガン見できなかったけど、ほぼ指のないおじさんが近づいてきて、お金を恵んで。
ぼろぼろの老婆が車の窓にへばりついてきて、お金を恵んで。
そんな、バクシーシな風景にも、幾度か出会った旅も後半。

次の観光はアグラ城。
タージ・マハルのおまけみたいなものかと思ってたら、案外、壮大な要塞で見応えあり。

この日は、後はもうジャイプールへの移動のみで、6時間ドライブ。
道中、一か所、チャンドバオリの階段井戸って所を見学。
これまた、おったまげ!幾何学模様の奇妙な遺跡。
できれば井戸として水が張っている姿が見れたらいいのにな~。

そんなこんな、相方共にお腹の調子が悪いので、車移動中はそっとしてる大事な時間。
なんだかグッちゃんも心配してくれてた。

でも、そんな彼の心配事はもう1つ。
日本では殆どニュースになっていなかったみたいも、インドでは大事件発生!
インドとパキスタンはカシミール地方の国境付近では喧嘩状態が継続中、
そこでインド人の警官2人が、パキスタンの兵士に殺され、
しかも首を切られ、それを持ち帰られる、えげつない事件があったらしく、
「これは戦争になるかも」なんて、ポツリと。
事情はよく分からないけど、旅中に変な事にならんどいてや、とは思ったり・・・。

そうこうして、車はジャイプールへ。
ちょっとだけ、今までの町よりは都会かな?

それよりも、この日から2日間、宮殿ホテルに連泊。
旅行会社の手違いで、最高級の宮殿に変更とあって、テンションUPだったものの、
これに関しては、当初の宮殿ホテルの方が実は良かったかも・・・。
と言うのも、このサモード・パレスって宿のある立地が山奥過ぎ。
ジャイプールから車で1時間。
峠道を永遠と走ってやっとこさ到着する場所。
つまり、観光はホテル拠点となる訳で、そう思えばアクセスが非常に悪く、時間が無駄。

ただ、不満を言いつつも到着すれば、わぁ~って声が出た。
当たり前ながら、そのもの宮殿♪
部屋もやたら広いし、まさに気分はマハラジャ。
ま、でもこれも善し悪しで、古いだけにエレベーターとかも無くて、不便な面も。
結局、無理して泊まるかどうかは、気分の問題なんやろね。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたってカレー

今夜はU20日本戦、リクエストにより2試合連続放送!
日本、GL突破なるか!?

※食事中のブログ観覧はご遠慮ください。
相応しくない表現が含まれています。

「インド旅終了まで後4日(5月3日)」

インドに行けば、腹くだす。
とてもよく耳にするエピソード。
だけど昨年、高地でも高山病にならなかったし、自分は大丈夫、
元々、そないお腹の調子は良い訳では無いのに、根拠無しの自信で気楽に考えてた。

そして旅2日目の夜、トイレに入ったら、過去5年ぐらいで一番の快便が出た♪
個室で「ざまぁみろ!インド!」と吠えた。

ところが旅3日目、徐々にお腹の調子はいつも通りに・・・。
で、もうこの日は限界に達してきていた。
だけど、問題はインドのトイレ事情。到底、日本人が対応できるシステムでは無い。
和式な便器はまだ良いとして、紙は無く、手で拭くという荒業、
しかも最後にその手を、置いてある水桶で洗うという過酷な拷問。
(結局、インド式では用を足してないので、細部は不明)
なので、お腹をこわそうが、どこでもトイレに行ける訳ではない。
ホテルもしくは、レストラン、つまり外国人客のための場所でしか、
洋式水洗の自由は与えられない。

今から思えば、原因は11時間ドライブ時のローカル・レストランか?
因みに相方は俺よりもまだ酷い状態になっていた様子。

さておき、この日はメインのタージ・マハル観光。
流石、一番有名な観光名所だけあって、日本人観光客もちらほら、白人系もちらほら、
要するに世界中から観光客が来ている場所。
そして、自身もここは素直に感動。
白い大理石で建てられた宮殿は立派でお見事!
本当なら対岸に黒いタージ・マハルを建築予定だったと聞き、
それが完成していれば、どんだけ豪華だったんだろうと思うと、残念。

そうこうして、お昼時。
この日の昼食は俺が最も忌み嫌うサービス。「ここで嬉しい中華料理」
俺は毎度毎度、訴えてるけど、その国ではその国の物が食べたい!
長期滞在するのならともかく、僅か数日間の旅の最中、
大事な1回の食事を和食や中華なんぞ食べたくない。
もっと、その国にどっぷり浸りたい!
いつも、そう訴えている。
だけど、今回ばかしは、例外。
もう、カレーはいらない。

でも、連れていかれた店は、インド料理店。
どうやら、この象の置物のあるインドな雰囲気100点の店で中華料理との事らしい。
・・・うーむ。
肉団子カレーソースじゃない?
チキンはスパイシーな味じゃない?
これは春巻きでは無くてサモサじゃない?
唯一、米自体はタイ米も焼飯は焼飯の味で美味しく嬉しかったものの、
結局は、インドカレーな味でした。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗に飛びおり可能なエクスプレス

インドの電車って、TVで見た記憶だと、レッツ異文化体験!
だから、本来は寝台列車で移動するような旅も探しだして検討していた。
ただ、トータルで捉えて、今回は2時間半の列車移動付きと言う、
プチ体験だけのツアーになったんやけど、これは結果、助かった気がする。

ジャンシー駅に着くと、またしてもインドの雑踏。
多数のオートリクシャーが客待ち、そして人だかり、当然の如く、牛。
駅構内も、凄い人の数。
兵隊さんから、荷物運びの人まで、ここでまた1億人ぐらい見た気がする♪

更に、電車が入ってくると、まだ止まってないのに飛び降りる乗客がいたり、
なんと線路内に牛が居座っていたりと、到底、日本では見れない光景。
(牛は電車が入ってきたら自分でどくらしい)

自分たちの乗る車両は2等冷房付きの指定席。
いわゆるグリーン車のようなものだと思われるけど、日本基準なら自由席以下。
まず通路のトイレの匂いが車内にまで入ってきているのが難。
それでも軽食まで出てくるサービス付きで、高い席には違いないんだろうけど、
周りは全て韓国人ツアーの方々ってのもあり、優雅度ゼロ。
(晩飯付いてるから、これは食べず。グッちゃんは幸せそうに食べてた。)
しかし、ここより下の自由席の人々は一体、どういう状況なんだろう?
冷房無しで、ギュウギュウなのかと想像すると、地獄絵図・・・。

とにかく、ビュンビュン走ってる電車から、
映画のようにいつでも飛び降りれる仕様の、
内側から開錠できるドアなどに驚いていると、アグラ到着。
アグラ駅は、寝台列車が止まる駅だからなのか、
足の踏み場が無いほど、人と犬が駅ホームの地べたに寝ていた。

またグッちゃん曰く、インドの電車は時刻表通りには行かず、
場合によっては12時間遅れとかあるとの事。
1分でも遅れると大変な日本の新幹線とかを基準に考えると、おおらかMAX。

一転、ホテルは超高級。
これまでのホテルも充分、高級だったけど、ここJPパレスがパッと見、最高級。
エントランスを入ると、サリーを着た美しいインド人女性が待っていて、
額になんか塗ってくれて、レイまでかけてくれた。
すげー!って喜んでいたら、晩飯のビールが小瓶で500ルピー(1000円)、
今までで一番高かった。分相応の宿の方が、いいのかもね。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッド・ライ いちばん優しい嘘

映画鑑賞6本

メイズ・ランナー 5点
最近のハリウッドのヒット作は、日本ではヒットしない。
『ハンガー・ゲーム』の二番煎じなこれもその1つ。
ただ、初期設定が低いのもあって、想像よりは楽しめた。
いまいち、なんでこうなったか?その説明には納得できないけど、それなりにハラハラ。

しあわせへのまわり道 6点
もうインド旅から帰宅して、数日。
だから、これはインド押し期間の為に見た訳では無いけれど、
たまたまシク教のおっさんが主人公。そういう意味では懐かしかった。
異文化のおっさんと接して、本当の幸せを知る的な、いい物語。

22ジャンプストリート 5点
高校生として潜入捜査した21の続編で、今度は大学に潜入。
楽しいバディ・ムービーの1本。
おまけとして、これを見れば続編を一気見できるエンディングが何よりもオススメ♪

フューリー 7点
結構、グロい。地味にブラピは脇役ながら、恰好良い。
そして、戦車も恰好良い。

グッド・ライ いちばん優しい嘘 7点
地味ながら、心に染みる映画。
スーダンから逃げてきた難民が、米国で直面する色々を笑いと感動で包む。
今回、脇役のリース・ウィザースプーンが、その純粋な心に触れて、助けていくのもいいし、
結末もタイトルから察っせれるとは言え、いい。
主役の黒人たちは本当に難民出身だったり、その子孫だったりするらしい。

誘拐の掟 6点
これは、最近のリーアム・ニーソンがアクション親父になってるせいで、損してる気もした。
なんせ近年はめっさ強い。スティーヴン・セーガルぐらい強い。
ところがこれは普通にハードボイルドな映画で、演技派な面もある。
だけど、見てるこっちとしては、めっさ強い親父を期待してるから、そこに違和感・・・。
ま、これも結構、グロい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛の彫刻とカレーの昼食

「インド旅終了まで後5日(5月2日)」

世界遺産のマークは、
インド人の挨拶「ナマステ」をしている手の形と、また嘘を教えられる♪

そんな訳で本日まずは、最初の世界遺産カジュラホ遺跡。
本当なら東西を2日間に渡っての観光予定も、陸路移動のしわ寄せで、
朝の内に一気見するスケジュールに変更。
ただ、それに関しては、逆に2日間あったとしたなら、
それはかなり余裕を持たせた時間配分だったんだなと。

それから、他社インド王道ツアーだと、ファティープル・シークリーって言う世界遺産が
組み込まれている事が多く、ここは余り入っていない。
逆にそちらには行けていないので、比較はできないけれど、
このカジュラホは地味に良かった。

愛の彫刻の数々。
もっと単純に訳すと、エロ彫刻。
正常位、バック、69、動物とやってるのまで、卑猥な彫刻が残っている奇跡。
昔の人も、当然ながら、一緒の事をしていた事が分かる♪
またガイドによる説明によると、日本の体位は48手、中国は72手、インドはなんと84手。
この差が人口の差かもね、なんてジョークも笑えた。
マイナス面は、日本語で話しかけてくる詐欺師がうようよ出没する事。
グっちゃんが付いているので安心も、個人で来たとしたら、対応はきっと面倒くさい。

なんにせよ、人生初の日射病になりかけた程、暑い。
40度を超えてると言うのに、毎度ながら観光を終えると熱いチャイ休憩が待っている。
案外、いけるとは言え、できれば冷たい飲み物の方が欲しい。
そしてお決まりのカレーの昼食を堪能。こちらはちょっと飽きてきたかも・・・。

そうこうして午後はツアー外、内緒の世界遺産オルチャ村へ。
まだ観光地化していない北の静かなスポット。
シャハンギール・マハルなどを見学したけど、暑くて歩くのがもう無理。
昔の建物がそのまま残っているので、当たり前ながら階段しか無くて、
登ったり降りたり、くたくた。
ま、金はかかったけど、まだ余り人は訪れていないと言う希少価値はあるみたいだし、
良かったと言う事にしておこう。

その後は、衝撃の列車体験。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気付けば首位

首位浮上。
鳥栖戦も、まぁ危なげなく勝った印象。
若手4人を送り出し、呉屋も復帰と明るいニュースしか無い。

そんなU20W杯の放送予定など。
今週も宜しくお願いします。

今夜
○19:00 U20W杯 『南アフリカ×日本』
○21:00 J3 『沼津×G大23』 

23日(火)
○21:00 ACL 『広州恒大×鹿島』 LIVE!

24日(水)
○19:00 ルヴァン杯 『カード未定』 LIVE!
○21:00 ACL 『済州×浦和』

25日(木)
○19:00 U20W杯 『ウルグアイ×日本』

27日
○20:00 U20W杯 『日本×イタリア』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカル・レストランでもカレー体験

現インドの総理大臣モディさん。
ヴァラナシの出身らしく、余りにも汚い故郷を清掃中。
だから俺が見た町は、アレでも昔よりはマシになっているらしい。
また、阿部首相と仲良しで、まずは西インドに新幹線が開通されるとの事。

そんな話を聞きながら、永遠と車はインドの田舎町を走る。
道は2車線、前の車を追い越し、対向車を避け、案の定クラクションは常時鳴りっぱなし。
勿論、そこらへんに牛もいる。

時折、チャイ・タイム休憩。
ところが、ドライブ・インなのにトイレは無く、青空トイレ。
店の奥、トイレと紹介された鉄製の扉を開けると、草原が広がってる光景は意味不明。

こんなドライブなので、お昼に立ち寄ったレストラン。
一応、トイレがあるか確認して貰うと、なんと、ここも無し。
男子はまだ良いとして、女子にはハードル高すぎっしょ!
そもそも、インド人の女性はどうしてんだ?
ガイドは気を使って、なんとかトイレ完備のローカル・レストランを探しだしてきた。

地元の汚い店で、地元民と共に、地元の子供達を眺めながら、
カレーを頂くのって、なんか旅してる感じがして、妙に嬉しい。
折角なので、インド人を見習って手で食べてみようかと挑戦するも、やっぱ難しい♪

気付けば、車窓は夕日。
今朝、朝日を見たはずなのに、もう陽が沈んで1日が終わっていく。
でこぼこ道があったりして、のろのろ運転。
結局、かれこれ11時間の長時間ドライブで、お宿へ到着した頃には、辺りは真っ暗。
それでも相方はインドなエステ、アーユルヴェーダ体験をしてた。

それから、明日はグっちゃんからの提案で、
旅行会社に内緒で、もう1つ世界遺産に連れて行ってあげると。
ま、そんな美味しい話は無くて、これはいわゆるグっちゃんのお小遣い稼ぎ。
2000ルピー(4000円)。
これまたきっと、想像以上にボラれてるとは思うので、迷ったものの、
世界遺産って言葉に弱いのと、もう来る事も無いしってのとで、承諾。

ホテル内レストランで晩飯食って、就寝。
しかし、旅3日目は朝の内にちょこっと観光しただけで、
後は車に乗ってるだけの1日で、なんか何もしてないのに疲れた。
ところが・・・信じられない事に、運転手はなんと今来た11時間の道をとんぼ帰り。
これは可哀そう過ぎた。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビュッフェもカレー取り放題

物価が日本とはまるで違う。
多分、一ヶ月3~4万で、普通の生活ができるぐらいだと思われる。
ただ、連れていかれる場所は、外国人専用のホテルやレストラン、
もしくは、ぼったな土産物屋で、本物の物価は分からずじまい。

旅2日目のハイライトは日没後の儀式、アールティ。
高台の有料観覧席で見るなら、1人200ルピー(400円)と、グッちゃん。
それぐらいならと、優雅に観覧しよう!
ところが、ちょっとした瞬間に見えてしまった真相の看板、本当は50ルピー。
ぼっとるやないかい!
ムカつくけれど、これからも道中、長い付き合い。
実際、日本人からすれば、少額でもある。

さておき、このアールティは幻想的でした。
12億人のインド人、内2億人ぐらいは集まってるんでは?そんな観光客でごった返す中、
生歌と共に、火を捧げる様子は、単調ながら神々しい。

この日は、この後にも、まだ驚きの出来事が!
普通、日本の観光地にある人力車のサービスだと、
大抵、バイトは若くて元気な兄ちゃん。
しかし、インドでサイクルリキシャーを転がしてるのは、
今にも道端に倒れそうな服ボロボロ骨ガリガリの老人。
こんなん、申し訳なくて、乗ってられないんですけど・・・。
ただ、ツアーの中にこれも付いていたので、乗っけて頂いたものの、
その老人、一切、自転車には跨がず、ただ自転車を押すだけ。
歩いてるより、遅いんですけど・・・。

観光初日から、おったまげなインド。
夕食はビュッフェで、ナンや様々なカレーを取ってきて、この旅、初のビールでチアーズ。
明日もまた早朝5時起き。お疲れ様でした。

「インド旅終了まで後6日(5月1日)」

ガンジス川の沐浴風景と朝日観賞。
物乞いだらけなのは、玉に瑕も、雄大なガンジス川の清々しさと、
ボートを漕ぐ少年、朝日の美しさ、沐浴をする人々、洗濯する人々、
火葬場の煙、そんな景色が360度。
通常、絶景と言う所は綺麗、美しいが条件かと思っていたけど、それは間違いでした。
汚いのに絶景、そんな不思議な場所。

その後、相も変わらず、牛とゴミだらけの路地を歩き、ヴィシュワナート寺院見学。
ここは、通称ゴールデン・テンプルと呼ばれる要は金閣寺チックな建物。
だけど、肉を食べる外国人は中に入る事は許されず、隙間から覗くだけ。
そんなこんな、本日はこれから10時間ドライブにて、次の目的地への移動。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーの国は強烈スパイス!

インドには神様があほほどいる。
多分、日本の八百万の神みたいな事。
なので、象の顔のガネーシャを筆頭に有名なのも、数名。
中でも、以下の3名がクリーンナップ。
世界を創った創造神のブラフマー。
世界を保った維持神のビシュヌ。
世界を壊した破壊神のシヴァ。
Generate(創造)、Operate(維持)、Destroy(破壊)
この頭文字でGOD!
※この話を聞いた時は、OH!MY GOD!と思ったけど、どうやら、後付けの様子。

まずは最初の観光地サールナート。
仏陀が初めて説法をした所。
巨大なダメークストゥーパ、壁の壁画、考古学博物館などを見学したけど、
40度超えの暑さと、まだ残ってる旅の疲れと、
いまいち理解不能な仏教の話で、あまり記憶無し♪

それよりも、強烈な記憶として残っているのは、インドの町の風景!
牛、牛、牛の糞。乞食、乞食、牛、犬、牛の糞、乞食、犬、ラクダ、象、リス、猿、ヤギ。
道路には、ごみ、ごみ、残飯、ごみ、ごみ、牛の糞。
ヒンドゥー教の人、イスラム教の人、シク教の人(ターバンの人)、
サンダルの人、裸足の人、瞑想の人、寝ている人、寝ている犬、寝ている牛。
車、バイク、車、車、バイク、牛、牛の糞、バイク、サイクルリキシャー、オートリキシャー。
バイクは1人乗りは禁止かと思うぐらい複数乗車で、ノーヘル。
ガイドによると、ヘルメット着用は義務との話も、それは絶対に嘘。
また何よりも驚きが、クラクションが鳴っていない時間がインドには1秒たりとも無い。

更に、この糞暑さの中、熱いチャイを飲む文化。
かき氷、コーラなど冷たい物は見当たらず、
いついかなる時も太陽の下、熱いチャイで休憩。そして何故か長袖。
基本、アルコールは飲まないみたいで、ビールは街中にはほぼ無し。
昼食でタンドリー料理を頂いたレストランでさえ、
やっとこさ冷えたビールを飲むつもりが、売っておらず・・・。
しかも食後のデザート、アイスかと思ったら、あったかい饅頭のシロップ漬け。
頼むから、何か冷たいものをくれ~!

汚い、うるさい、暑い。
はまる人ははまり、ダメな人はダメってよく聞く国、インド。
凄い国に来てしまった♪(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エール!

映画鑑賞6本

あの日の声を探して 7点
両親を殺され、ショックで声を無くした少年の物語と、
普通の青年が入隊し、殺人鬼に育てられていく物語、
この2つの物語が同時進行。・・・ただ、さほど関連性は無い。
チェチェンを舞台にしてて、特に後者の物語がリアルで怖い。

マレフィセント 4点
よく考えたら『眠れる森の美女』を、殆ど知らない。
とは言え、これはアンジェリーナ・ジョリーを見るための映画だった。

おさるのジョージ 4点
完成度高いとは言え、幼児対象やからね~。

スプリット 3点
シャマラン復活を信じ、『シックス・センス』以来の衝撃に期待し、
誰にも喋ってはいけない結末を早く見ようと劇場へ。
復活はした。衝撃の結末もあった。だけど、俺が望んでいたものではなかった。
そこが好きな部分でもあるけど、期待を裏切るシャマランだった♪
『シックス・センス』以来と言うよりは、『アンブレイカブル』以来、そういう類。

かけがえのない人 4点
金持ちの家の娘とヤクザな家の息子の恋。
青春時代のキラキラした恋愛、そして約20年後の再開。真面目なラブストーリー。
しかし、着地点が余りにもダサい気がする。

エール! 9点
ろうあ者の家族(父、母、弟)で、唯一喋れる長女。
なので、普段は家族の通訳。それがコーラス部に入り、
家を離れパリの音楽学校に進学できる可能性が出てくるから大騒動。
家族を取るのか、夢を追いかけるのか?
多分、クライマックスはこうだろう?と想像してると、
まず違うパターンで来てからの、それだったのが、なんかクライマックス2度感あって感動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機内でカレーの幸福感

「インド旅終了まで後8日(4月29日)」

関空で最後の日本食として、ラーメンを食べ、いよいよテイクオフ!
・・・フライト遅延で、約2時間半ほど出発が遅れる昨年に引き続き定番の出足。

航空会社はエア・インディア!
なんと機内食からカレー、機内で既にインド気分が味わえる贅沢♪

その他、エア・インディアの特徴として、ライター、マッチなど火器の持ち込みが全NG。
なので、当然デリーの空港にある喫煙所では、誰一人として火を持っていない。
喫煙所の壁にシガーライター完備なのは目新しかった。

また、今回の旅ではこんな珍事にも遭遇。
「お客様の中に、お医者様はいらっしゃいませんか?」
初めて生で、この台詞を聞いた。
どうやら、機内に倒れている人がいる様子。
医者が現れたのか?患者は無事だったのか?
はっきりした事は不明も、なんとなく空気感によると、助かった雰囲気。

経由地(香港)での待機時間含め、約10時間半のフライトでデリーへ到着。
隣の男性が降りる気配無く、もっと人がすいてから俺も降りようとぼーっとしてたら、
あれ?なんかおかしいかも?
おっとっと!この便、ムンバイまで行くやんけ!
香港経由、デリー経由、ムンバイ行きやった!ふー、危ない危ない。

そして、遅延の影響で、到着はそのままずれての深夜0時頃、
お釈迦様の手が壁から生えてる画期的なデザインの空港でガイドと合流。
ガイドの名はグプタさん。愛称、グッちゃん。
これから帰国するまで、ずっとお世話になるのっぽのインド人。

諸々の挨拶、説明、両替を済ませ、ホテルインが深夜2時過ぎ。
翌朝の出発が早朝5時。
なんとこの初日のタージ・パレス・ホテル、阿部首相も泊まったと言う高級宿。
しかし、滞在は3時間ぽっきり。
シャワー、仮眠90分でおしまい。勿体ないランド。

「インド旅終了まで後7日(4月30日)」

朝一、インドのLCCな飛行機での国内線移動。
これまた1時間の遅延も、疲れて寝てたし、なんだかもう慣れっこ。
そうして、ガンジス川のあるヴァラナシに到着。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地突破

着実な勝点3。

それにしても、持ち駒を上手にやりくりしてると思う。
て言うか、選手を皆、横一線に見ているなと感心する。

聖域の遠藤をベンチから出さなかった試合がある事で、
もう今後はあれがサプライズでは無くなるのは、地味に凄い采配。
遠藤システムを採用するほど、遠藤中心だったのに、
なんというか、いつか来る日が、思ったよりも早かったなと。
もっと我慢すると思ってた。

また外国籍選手以外の外様に対して、俺はどうも厳しい感情があるんやけど、
今ちょっと調子は下降線かもな長沢も大事な所でゴールを奪ってきてるし、
昨年ボロクソに思ってた藤本、今年最も懐疑的な補強だった泉澤、
この2人で勝った札幌戦。おみそれしました。

それでも、ACL勝てていないとか、
宇佐美をもっとゴールハンターとして成長させれなかったか?とか、
市丸は本当にまだ使えないのか?とか、もある事はあるけど。

一方、最下位に負けた宮本監督はいよいよG大阪に要望を出してきた。
トップと練習する機会が欲しいとな。

どうなる?来年の政権争い?

今夜はG大阪戦、2試合放送!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドカレーは大好物

「2017年GWまで1か月(4月頃)」

インドはビザ申請が、超ややこしかった。
適当な国なイメージも、過去体験の中、最も審査が厳密。
やれ、写真の背景は白オンリー、パスポートは郵送又は持参せよ、
持参時は朝9時半から10時半限定、受け取りは4時半から5時半限定、
なんせ細かくて、面倒くさい。
ネットでチャチャチャと取れたりしない。あーだこーだとなんとかビザ所得。

また、よくよく自分の行くツアーのパンフを眺めてみると、「専用車、専用ガイド」とある。
これってツアーなのに、自分達だけの専属ガイド?
他のお客様もおるし、そんな事ありえないよね?
一応、確認してみると、まさかのその通りとの返事。
うわ~すげー!初めてお高いツアーで行くから、これはかなり豪勢かも♪

そうこうしてると、担当者からメール。
現地での国内線の時刻が変更になったので、順路を逆回りにします。
結果、ガンジス川で見るアールティって儀式観賞並びに、サールナートの観光が消滅、
代わりに、博物館にお連れします。これでもOKですか?との質問が届く。
・・・いやいや、OKも何も、もうキャンセル料かかる時期に入ってるけど?
それに今から他なんて探せねぇよ!

なので、もう取り止めなんて選択肢は無かったけど、
キャンセル料はどうなるのか?って質問と、博物館なんて行きたくないから、
それなら、当初の予定には含まれていないオールドデリーに行きたい!と要望を送ると、
こちらの都合なのでキャンセル料は頂きませんとの解答と、
ご希望のオールドデリーにお連れしますとの返信。
ま、それでもだいぶ残念感はあったけど、妥協してOK。

数日後、またメールが届く。
象に乗る箇所ですが、現地で祭りが開催されている為、車でのご案内に変更との知らせ。
おいおい!メールが来るたびにマイナス要素が増量なんやけど・・・。

更に、三度目のメール。
もう、嫌な予感しかしない。
現地での国内線が飛ばない事が確定しましたので、
飛行機で1時間の所を、陸路(車)での10時間の移動に変更しまして、
更に1度逆回りにした順路を元に戻させてください。
もう、ヤダ!

ところが、改めて見返すと実はこれによって、1度消滅した観光地が復活。
しかも、こちらが希望したオールドデリーは組み込まれたまま。
更に、確約だった宮殿ホテルが、このいざこざの間に予約できなくなったので、
もう1ランク上の最高クラスの宮殿ホテルに差額無しで変更と来た。
陸路移動はきつそうやけど、案外、結果的には良くなってるんちゃうの♪
ま、象は仕方ない。タイで1回乗った事あるし、諦めよう。

日本風のいわゆるカレーライスよりも、
インド料理なカレーの方が好きで、日常、普通にインド料理店に行く事もあるんやけど、
とにかくテンションUPを兼ねて、出発前に2度インド料理を堪能。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストアルバム風串カツ

企画物の5月~6月の限定串カツメニュー。
今回は数名のお客様から、うちの串カツで好きな1本をヒアリング。
結果、紆余曲折あり、こんなベストアルバム的なメニューができました。
※解説付き

常連様の至高の1本×9

①NEW 香ばしとうもろこし 100円
(ベストアルバムには必ず入る新曲。そんな意味合いの新商品)

②Eの1本 カマンベールチーズ 100円
(特に誰かと重なる事も無く、何の議論も無く選ばれた定番の乳製品)

③Gの1本 蓮根 100円
(全体のバランスを見て、最常連様、Kさんを蹴落とし、本当に最後の最後に
選ばれた野菜系の串。その迷いの元は常連様とまで言えないって所♪)

④Hの1本 牛ロース 180円
(串カツの王道。これはベストアルバムには入るでしょう!
プリプリで言う所の『ダイヤモンド』なニュアンス。やけど、Hさんのみご推薦でした。)

⑤Aの1本 NEW 高菜の牛肉巻き 180円
(昔、松本串として採用されてて好きだったと。・・・しかし、それは高菜では無く野沢菜。
なんと至高の1本なのに、新商品を選んできたと言う離れ業な串)

⑥Sの1本 キス 180円
(これは獲得票が多かった人気串。プリプリで例えると『M』。だけど選んだのはS)

⑦Tの1本 チキンタルタ 180円
(新串過ぎて、こちらが忘れてた1本。チキンカツにたるたるを乗せた事あったっけ?
そう一瞬、考えた末、某大手の時にあったな~。他にない鶏系なのも決め手)

⑧Pの1本 アスパラベーコン 280円
(アスパラは最大得票。中でも、うちのアスパラを絶賛してくれた過去があるPさんを、
選択しました。だけどベーコンを巻いてのアレンジ版となってます。いわゆる新録。)

⑨Nの1本 大海老 280円
(こちらも定番串。それをこの期間だけアップグレードで、大海老としてご提供!
とにかく、聞き取りをしたのに採用されなかった方々、すみませんでした。)

◎常連様の至高9本フルコース 1480円
コースですと、肉系、海鮮系、野菜系とバランス良く食べれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェンス

映画鑑賞8本

SEXテープ 5点
キャメロン・ディアスが全裸で、文字通り体を張ったコメディ。
『メリーに首ったけ』以来の本領発揮で、最後の最後まで笑える軽い1本。

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス 4点
全米では何故、これが熱狂なのか?
正直、次の最終話への繋ぎであって、特に何も事件は起きない。
ただ、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作ではある。

ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度 3点
リチャード・ギアが乞食役に挑戦も、小奇麗な男なので似合わない。
また、映画自体も最後の3分ほどまでは、本当に何もない。

スポンジ・ボブ スクエアパンツ 3点
これは米国の子供なら楽しいだろうなって独特なアニメ。
日本で例えるなら『ウゴウゴルーガ』風って所。だから味はある。

SING シング 7点
機内で最初に飛びついた新作アニメ。
既存のヒット曲(きゃりーぱみゅぱみゅまで)が多数で、ウキウキできるし、
物語も各キャラにエピソードがきっちりしてて、面白いけど、
志は、ディズニーの毎回新曲を落としてくる方が高い気もした。

フェンス 8点
アカデミー各賞ノミネート、女優賞獲得も、到底信じがたくも、なんと日本未公開確定。
個人の趣味やけど『PとJK』するなら、こちらを流せ!
さておき、元々が舞台って事で、正直台詞だけの作品で、
つまり、デンゼル・ワシントンとヴィオラ・ディヴィスの演技を堪能するだけなものの、
やはり上手い。ま、物語よりそこだけって点もあるんやけど・・・。

スパイ・レジェンド 6点
ピアース・ブロスナンがまだ007をやりたかったんでは?そんなスパイ物。
結構、本格的で、サスペンス要素も盛りだくさん。なかなか良作。

コードネーム:プリンス 2
久々にちゃんとした駄作を見た♪
それなりの役者が出てるけど、まぁ酷い出来。
無口な殺人者の主人公が、途中で女子大生にベラベラ喋るとか、無いわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも、また来年も出ましょう。

アキラ100%、見ていないので、スタメン、交代すらぼんやりですが、
感想を聞くと、4点取ろうと出発し、そこで取れなかったのが全て。
もう後半はいまいちだったみたいも、
そりゃある程度、心も折れたし、消化試合になったら、しゃーない面もあるのかな。

ただ、ここ最近のACL、グループリーグを突破してない率が高い。
これは酷く、受け入れがたい・・・。
トーナメントは得意な気もするので、ここを突破できさえすれば!ってのもあるけど、残念。
なんにせよ、もう海外遠征も無くなったし、賢くダゾーンマネーを狙おう。

お集まり頂いた皆さま、おおきにでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーとさよならするまでの記録

今夜は奇跡の大逆転突破へ!
19:00 ACL 『済州×G大阪』 LIVE!
ご来店、お待ちしております。

「2017年GWまで後1年」

年1度の最大娯楽、海外旅行。
南米で散財した後になるので、次は必然的に予算縮小。
多分、アジアのどこかになるかなと想像。

「2017年GWまで半年(11月頃)」

なんと!予算範囲内のエジプト旅行を大発見!即決!
過去最速でGW旅行を予約したと思う。
予想するに、治安の不安定差で観光客が激減しているエジプト政府がテコ入れ。
日本からエジプトまでチャーター機、ピラミッドビューなホテル、5つ星クルーズ。
遺跡あり、ショーあり、船旅あり、付加価値もあって、まるでジャパネット♪
コスパも最高~♪スバラ!

「2017年GWまで3~4ヶ月(正月らへん)」

エジプトをネットなどで、少しずつお勉強。

「2017年GWまで2か月(3月上旬)」

旅行会社からエジプト旅行中止の電話。
エジプト航空が、急遽4月頭でチャーター機を飛ばすのを中止と発表。
理由は不明との事。決して治安の問題では無いらしい。(本当か?)
代案として、チャーター機では無く、エミレーツで行くエジプト旅行を勧められ、
まだキャンセル料はかからないし、心はもはやピラミッドだったので、それを仮予約。
しかし、殆どツアー内容は同じながら、こちらは当初の物より10万も高い。

冷静に考えよう。・・・待てよ!あかんぞ、これは。
そもそもここで無理して予算オーバーしてまで行くのは、老後に響くのでは?
キャンセル確定。まだガイドブックを買ってなかったのは救い。

「2017年GWまで2か月(3月中旬)」

慌てて他を探す日々。
上位候補のベトナムとアンコールワットは既に満席。ベトナム周遊も満席。
コモドドラゴンを見てみたい気もするけど、グッと来ない。
中国も九寨溝、万里の長城、兵馬俑と色々あるものの、パッとしない。
とは言え、行ってみたいスペインなどは予算オーバー。
そんな中、ネパール旅行で良いのを発見。
エベレスト遊覧飛行、象サファリ、そして神社仏閣、起伏に飛んだ旅日程♪
問い合わせるも、NG。
どうしよう?インドはどうだろう?
インドを調べると、想像よりお安く巡るツアーが沢山。
比較検討をしていると、てるみクラブ倒産のニュースなんかもあったりで、
あまり安いのは危なかったりする?なんて、頭をよぎったり。
で、当初のエジプトよりも、ちょっと安い価格で高級ツアーがあったので、
こんな贅沢なインドならいいかも!と、大手の日本旅行さんでお世話になる事に。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事

本日より営業再開!
今夜はGW中のガンバ戦を一挙放送!
そして明日は、ガンバLIVE!
注意点としまして、ナイトゲームライブは、男子1500円、女子1000円保証となってます。
宜しくお願いします。
そして、ご来店お待ちしております。

9日(火)
19:00 ACL 『済州×G大阪』 LIVE!

そんなこんな、明日から旅日記を長々と始めます。
お付き合い又はそっとスルーください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »