« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

芸能最新情報

最近、ますだおかだに驚く事2つ。他1つ。

まず、スベリ芸でおかだはテレビでよく見る。
全国ネットも出ている気がする。

一方、おかだは正直、余り見ない気がする・・・と、思ってたら、
最近、スポーツ内閣でよく見かける。
実は、ますだと違って、おかだは面白いって事を知った♪
M1取ってるし、そりゃ相方もスベリ芸だったら、無理かもやけど、再認識。

そして、そんなおかだの方は娘もちょこちょこ見る。
息子も芸能人だった事は知らなかったけれど、ま、これはそれほど。
しかし、嫁があの女漫才師の-4℃だったとは!
同じ松竹やし、ありえるけど、えーそうやったんや!とかなり驚いた。
懐かしい。

後、新聞に書いてあったけど、越前屋俵太が復活してる事も知った。
これまた懐かしい。

そんな事はどうでも良くて、今夜はコンフェデの準決勝のもう1試合。『ドイツ×メキシコ』
それから、土曜日の仙台戦のご予約もお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニ・ワールド

丹羽が移籍した。
明るくポジティブで好きな選手の1人。

特に印象に残ってるのは、浦和戦での「ニ・ワールド」の発動。
自殺点かと、時を止めたけど、次に動き出した時には、ガンバにゴールが生まれてた♪

丹羽って選手は若手の頃、ガンバでは試合に出れないまま徳島移籍、
大宮挟んだかどうか曖昧やけど、福岡で完全ブレークなイメージ。
レンタル選手にも関わらず、キャプテンを務めると言う偉業達成。

そうこうして長旅からガンバに戻ってきての、3冠達成。
なんだか浮き沈みある気がするけど、ポジティブなんで本人は気付いてないでしょう。

そして知らぬ間に、その穴に西野復帰。

今夜はコンフェデ準決勝!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマデウス

今夜はスル銀プレーオフ、ライブ放送!

映画鑑賞6本

アメリカン・ピーチパイ 4点
『アメリカン・パイ』シリーズを見ようと思って、間違えてレンタルした作品。
女子が男装してサッカー部に入って、
同室の男子に恋し、マドンナに恋される三角関係なティーンなアイドルラブコメ。

ギャングスターズ 明日へのタッチダウン 7点
少年院の子達をアメフトで更生させた実話が元だけに、熱い感動が待っている。

フラッシュダンス 6点
物語自体はただの夢追い青春物ながら、音楽とダンスで、それを補っていて、
想像よりは面白かった。

男たちの挽歌 8点
「香港ノワール」ってジャンルを作り出し、現代に二丁拳銃を蘇らせた価値ある1本。
安っぽいギャグも入っているけれど、それを超える男の友情。

未来世紀ブラジル 6点
80年代に管理社会の風刺を描いたナイスセンス。
またテリー・ギリアムな世界観も唯一無二。落ちも斬新。
ただ、その独特の世界観と、訳わからん展開についていけるかどうか?
こちらも安っぽいギャグ入りでした。

アマデウス 9点
モーツァルトの伝記でありながら、凡人から見た天才って仕掛けでミステリー要素あり。
だから180分の割には体感時間は短め。
何より、モーツァルトってこんな人生だったんだって言う、偉人らしくなさにびっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は☆付き

今夜はコンフェデ杯『チリ×オーストラリア』他放送!

週末はこちら!
○7月1日(土)19:00 J1 『仙台×G大阪』 LIVE!

もう底の摩擦がゼロで、滑って怖かったし、
底の薄さも限界で、押しピンを踏んだら、刺さっていたしで、
年がら年中、カメックスで生活してる身として、2017年バージョンを購入。

今まで履いていたのがブルーだったので、色は変えたかったけど、
サイズ的に青と紫しかなくて、それなら青かなと、2年連続同色。
だけど、今年のは☆マークが入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂安ラスト

なかなか勝てないな~。
今年、まだ生観戦で勝てていない。
負けてもないけど・・・4試合見て全ドロー。
そこが、まずは課題。

後、地味に新スタになって、初のゴール裏での観戦。
はしっこで見てたので応援関連は語るほどの事は無いけど、、
ゴール裏でも見やすい良い箱だとは、改めての感想。

とりあえず、堂安のラストゲームって事で、
良い入りだったとは思うけど、10分を過ぎた辺りから互角の展開に。
そんな中、堂安も違いは生み出していたし、彼の雄姿は焼きつけれた前半。

そして勝負の後半。
なんかピンボールみたく相手にゴールが生まれてしまった・・・。

きっと、イエローを1枚貰ってるジェソクに変えて、
初瀬って交代からじわっと動くかと思ったら、新旧スターを一気に2枚代え。
その入った藤本とアデが躍動♪
交代直後、一気に、こちらのペースな時間帯になった。
PK判定はともかく、なんか相手の気が一瞬緩んだ隙に、
スローイン、クロス、長沢の一連の流れは超気持ちよし♪

ただ、そっからは藤本もパス疎通が合わないとか、
倉田やアデもちょっとドリブル突破までは行かないとか、余りグッと来るまでは無い展開。
最後の1枚、赤崎も・・・。ファン・ウィジョ待ちで試合終了。

スタジアムに行けるのが限られるので楽しんだけど、勝利の楽しみも見たい!
そんなこんなの久々観戦でした。

この週末、仙台戦予約開始します。
宜しくお願いします。
○7月1日(土)19:00 J1 『仙台×G大阪』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローニンゲンへ

もう昨日は、堂安で持ちきり。
井手口と堂安は、いつの日か、とは思うけど、せちがらいよな~。

海外に行くからには、頑張って貰うとして、
問題は堂安の抜けたガンバ。
アデミウソンにかかる期待はでかい!
それと今季の隠し玉要因としては、米倉。

それからフローニンゲンって場所は、地図で見るとオランダの北部。
なんか行きにくそうな感じ。わからんけど・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑貨屋さん

そこそこの値段したのに、まぁまぁすぐ壊れて、
ガムテで修復しながら、騙し騙し使ってたたけど、遂に立て看板が崩壊。
そこで、今度はネットで購入。

特に図ったりせずに注文したのもあるけど、思ったより小さい看板が配送されてきた。
なので、今、当店の玄関部分は、
小さな女子が営んでる雑貨屋みたいな看板が立ってます。

今夜もコンフェデ2巡目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦への一歩

天皇杯2回戦が終わった。
今年も各地で、それなりのジャイキリが行われたし、
NHKは、またしてもそれを引き当てる予知に長けていた。

ガンバも、なかなか苦労しつつも、順調な結果。
丹羽、井出、市丸、呉屋となかなか思うようにいかなかったサブ組もいたようやけど、
結果だけ見れば3-0で上々。

さて、こっから先、下位クラブのホームでやる事に決まったらしいけど、
これは兼ねてより賛成。
後、ずっと希望してるのはオープンドロー。
この改革もサッカー界の大御所さん、良い決断を。

今夜はまたコンフェデに戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォックスキャッチャー

今夜は、天皇杯を何かしら放送しますが、
残念ながらガンバ戦は放送が無いので、できません。
物凄く、無念!

映画鑑賞9本

300 帝国の進撃 6点
1作目のインパクトには遠く及ばないものの、出来る事はやったんでは。
ただ、既に300人ですら無いけど・・・。

モール・コップ 6点
『ダイ・ハード』のコメディ版であり、ショッピングモール版で、当たりの1本!
ただ、主演が無名なのが辛い。

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて 5点
『テッド』で成功後のこの作品で、ラズベリー賞にノミネートされてたから、
大失敗したのかと思いきや、まぁそこそこ大丈夫な西部劇コメディ。
ただ相変わらず下ネタのオンパレードで下品ではある。
それと途中、あの映画が出てきたのは、最高でした♪

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター 5点
今や、マーベルも、スター・ウォーズも、怪獣も彼がいなけりゃ始まらない超売れっ子、
サミュエル・L・ジャクソンが遂に米国大統領役。
短い尺で、子供も楽しめるお気楽なアクション映画。

フォックスキャッチャー 8点
「何故、大富豪は金メダリストを殺したのか?」
このコピーが日本人には効いてるけど、米国人にしてみれば知ってる話なので、
きっと見方は違うんでしょう。
そんな事を思いつつ、静かに静かに結末に向かっていく緊迫感。
それと、評価された主演はもとより、チャニング・テイタムがイメージ一新。

ザ・トライブ 6点
台詞無し、字幕無し、音楽無し。だけどサイレントでは無くて音はある。
全編、本物の聾唖者を使っての手話。
なので、正直眠たかった・・・。
映画自体は、言ってしまえばセックス&バイオレンス。
ただ、この試みに対して、評価。

白い沈黙 5点
どうなるんだろう?と途中はめさ楽しい、だけど結末を知るとうーむ、凡作。

タラデガ・ナイト オーバルの狼 6点
日本ではコメディは上映されないのよね~。
実写版『カーズ』で、そこそこ笑えて、OKラインのコメディ映画。

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 5点

ディカプリオが『アビエイター』で演じてたハワード・ヒューズって大富豪の自伝を、
勝手に書いちゃった詐欺師の実話。
面識も無く、しかもまだ生きているのに、これがいいとこまで騙せちゃうから凄い。
でも、映画はぼちぼちかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクレ

だんだん暑くなってきました。
そこで、食べたくなるのがアイス系食品。
自分はシャーベット派やけど、
この前、緊急アンケートを取った所、
どうやら世の中の主流はシャーベット派よりも、アイス派が多数の様子。

中でも、一番のお勧めはサクレ。
上にレモンが乗った可愛いヤツ。
食べにくさはあるけど、どうにかこうにか、
あのレモンを最後まで残して、ラストに食べるのが最高♪

と、どうでもいい話でしたが、今夜はコンフェデの『ポルトガル×メキシコ』の後半から。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤とは違う道へ

連敗しないって事は素晴らしい。

そんな中、気になるのはアデミウソン。
放出決定のパトがスタメンで、アデは出番無し。
これは何か、歪みが出ているような気もして、心配。

後、米倉ってどないなってんの?
そこらへんは気になるけど、天皇杯の放送は無い模様。

なんか、超簡単な感想になってしまったけど、
とにかく今夜はJ3と、コンフェデ開幕を、お楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱいせん

今夜は神戸戦。

見所は3点。
まず、堂安×大森。
ある意味では、大森を追い出したのは堂安な訳で、ここできっちり引導を渡せるか?

次に長谷川監督の修正力。
一応、大敗後の修正には定評があるものの、結構あれから日が経っているのが心配。

最後に阪神ダービー。
ま、そこはどっちゃでもいいけど、とりあえず。

スタジアムに行かず、一緒に見てくれる方、募集です。
○19:00 J1 『神戸×G大阪』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめました。

冷やし中華はじめました。880円

一応、言ってくださると、昨年までやっていた和風サラダ麺、
要するに、冷やし中華の台がうどんの商品も隠れメニューとして提供できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実味

韓国は残り1枠を、ウズベキスタンと争う構図。
現在、韓国13、ウズベキ12。

次の試合がまた微妙。
韓国はホームで、イランと激突。
最強の敵ではあるものの、W杯を決めた後の消化試合なイランでもある。
どちらにせよ、この試合、勝つ以外は道が厳しいものに変わる。

何故ならウズベキは、この時、アウェイとは言え、最下位の中国戦。

そして、最終節はウズベキ×韓国。ヤバすぎる!
監督更迭に踏み切った韓国、どうなる?

一方、日本。残り2枠を三つ巴で争う状態。
日本としてみれば、残り2試合で1勝すればOK。
ただ、残すがオーストラリアとサウジで、両方共に直接対決。
簡単ではない。
それでも、より簡単な方は、ホームで戦えるオージー戦。
もしこれを引き分けたりしてしまえば、アウェイのサウジに勝つというミッションに変わる。

ややこしいのは2引き分けだった場合、
サウジがUAEに、オージーがタイに勝つと抜かれちゃう所。
なんせ、どちらかで勝つしかない。

つまり、結構な確率でW杯の切符を賭けたプレーオフで、日韓戦がありえる。
想像するだけで、楽しすぎる♪

でも、そこを仮に超えても、米国か、パナマか、ホンジュラスが多分、待ってる。
ここで米国だったら、またまた楽しすぎる~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート・ドーナツ

映画鑑賞7本

メガマインド 6点
悪役を主人公に添えた、一風変わったヒーローアニメ。
なかなか凝ってて、よーでけてる。
それにしても、米国ってヒーロー好きやな~。

マップ・トゥ・ザ・スターズ 5点
クローネンバーグ作品だけに、評価が難しい。
ハリウッドの内幕はありきたりなものの、鬼才な展開も一応、見せる。

スペース・ステーション76 4点
壮大な宇宙を舞台にはしてるけど、単なる人間ドラマ。
そこがきっとミソなんだろうけど、余りにもどうってことない話。

ナイトクローラー 8点
ジェイク・ギレンホールが激痩せ狂気演技。
着地点は想像できるものの、後味の悪いサクセスに終始ドキドキ。

ゾンビーバー 5点
低予算にも程がある。ゾンビのビーバー、ただのぬいぐるみ。
だから怖くない。だけどホラー映画の定石は踏まえてて、誰が生き残るのか?
胸を見せた女性はすぐ死ぬのか?なんて、楽しみ方は王道。

ヴィンセントが教えてくれたこと 7点
ありがちな不良じじいと少年の友情物語。
ありがちとは言え、そのありがちに普通に感動できる安心な作品。

チョコレート・ドーナツ 8点
ダウン症の少年、ゲイカップル
マイノリティ達の愛溢れるなんとも言えない悔しい物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めっちゃ違和感

今夜
21:25 W杯予選 『イラク×日本』 LIVE!
皆様のご来店、お待ちしております。


ところで、超違和感。
上野動物園のパンダ騒動。
街頭インタビューやらで喜んでる東京の人々。
正直、あほにしか見えない。

毎回、このニュースの時に思うけど、東京人は和歌山を知らないの?
それとも無視してるの?
何匹、パンダ生まれてると思ってるねん!
だから、ニュースにもならない。
簡単に生まれるから。

なのに、上野は1匹生まれたら大騒動。
中国に繁殖方法を聞きに行ったりもしてた。
まず和歌山に来い!
なんぼでも教えたる!

とにかく、同じ日本なのに、これだけスルーって、ほんまに不思議な東京マスメディア。
そんなこんなで、今夜はパンダと同じ白黒のボールを蹴るゲームを皆で見ましょう!

倉田、今野、井手口、出場なるか!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルゾン

★告知★
13日(火) 21:25 W杯予選『イラク×日本』 LIVE!

代表ウィークの為、J1休憩中。
でも、今年のJ2は混戦で面白い。
1位の福岡から、6位の東京Vまでが勝点4差。
また、首位から10差以内になると、14位千葉まで入っている。
本命なきバトル・ロワイヤル。

「J1昇格」「福岡」「湘南」「withB」
毎週、違うチーム名で、ブルゾンちえみwithBごっこができちゃいます♪

でも今夜は各国W杯予選の放送です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ大阪に乾杯

麒麟・一番搾り「大阪に乾杯」限定発売中!500円

それから、今夜で家系ラーメン終了予定です。

また、来週は代表戦あります。
13日(火) 21:25 W杯予選『イラク×日本』 LIVE!

今夜はJ3ライブ予定。
宜しくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーとさよならするまでの記録2

入国が混雑で、空港に入った時には、既に搭乗開始時間。
汗だくになりながら、トイレに駆け込んだり、
なんとか両親や親族の土産を買ったりとバタバタ。
空港やからしゃーないとは言え、めっさ高かった・・・。

そして、帰路も勿論、エア・インディア。
機内食がカレーだと喜んでいたのも今は昔。
パスさせて頂きました。寝てました。

なんか色々とあったけど、やっぱ腹をくだしたのが、旅イメージをそこねたな~。
でも、ガンジス川はめっちゃインドで、行くべき所!
タージマハールも、素直に感動!
きっと、カレーだって、体調さえ良ければ最後まで楽しめたような気もする。
旅先に来てた女子3人組は、10回目のインドだって言うてた。
ハマる人はハマる国なのも、事実なんでしょう。
そう思えば、インドも良い国でした。
俺はもう行かないだろうけど♪

ミナミに戻ってきて、日本食が恋しくて、帰宅前にうどん屋へ。
暫くカレーはいらない。
今は純粋に日本食が食べたい。
あったかいうどんは涙が出るほど美味しかった。

そうこうして、うどんをすすっていると、そこにサラリーマンが入って来て、注文。
「カレーうどん、ください!」
(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加齢臭のおっさん急接近!

・・・想像と違う。
本当はもっと雑貨とかあるのかと思ってたのに、
迷路過ぎてそういう場所があるのかどうかも不明のまま、歩き回る。
ちょっと危険な香りが確かにするので、余り入り組んだ場所に行くのも、気がひける。

そうして辿り着いたのは、日本橋の裏手のような電気屋街。
ここで扇風機や目覚まし時計、スマホは買わない。
はたまた船場のような服屋街。
これまた日常の服や鞄、靴で何も欲しい物が見当たらない。

更にまたもやトイレも無い。
マクドに入ってみたけど、そこにも無い。
もう見慣れてきているとは言え、細い暗い汚い路地、
残飯だらけの道を裸足で歩くインド人が未だに信じられない。

豆情報として、インドのマクドは当然、牛肉はNG。
一応、豚と鶏はあるらしいけど、ベジタリアン用の豆腐バーガー風なものが主流らしい。
で、マックスパイシーと言うインド限定のカレー味のハンバーガーがあるとの事で、
マクド好としては、機会があれば食べようと事前に調べててたものの、
もうカレーがダメな体になっていたので、食わずじまい。ちょっと心残り。

さておき、あてどもなく歩いていると、街角で後ろからおっさんが急接近!
なんやねんな!と思って、振り返ると、俺の鞄の中から財布をすろうとしてた!
慌てて離れる。ヤバ!安全の為、鞄は前に持ってくる。

暫くすると、また後ろからおっさんが急接近!
また振り返ると、さっきと同じおっさんが、今度はケツポケのスマホをペチろうとしてた!
その行為よりも、さっきと同じ奴と言う事が恐ろしくて、
これはターゲットにされてると思って、対面の道路へ逃げた。

・・・結局何も買えずのまま、自由行動はおしまい。
グっちゃんの待ってる所へ戻って、いつもながらのチャイ休憩。

後は晩飯を食って、帰国するだけ。
あ~ほんまに何も買ってないけど、どうしよう・・・。
最悪、両親や親族には何か買っておきたいよな~。
空港でなんか買えるかな~。

因みに晩飯も、ほぼ何も食べれないまま、空港へ。(後1回続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イコライザー

今夜は代表戦!
○19:25 親善 『日本×シリア』 LIVE!

映画鑑賞6本

ポルターガイスト 6点
当時、このシリーズの出演者がどんどん死んでゆくと話題になったホラー。
ホラーと言えど、時代が古く、SFX部分が今見るとしょぼいので、怖くない。
ただ、リメイク版は怖いとの噂も。

イコライザー 8点
デンゼル・ワシントンが影から弱き人を守る男で、格好良すぎる!
しかも強すぎる。だけど、そこがいい。
また、クロエちゃんがちょい役とは言え、娼婦役なのもいい♪

天使が消えた街 3点
映画の中で、映画を撮ろうとする男の物語で、
こういうメタ構造の映画で、面白いのに出会った試がない。

WISH I WAS HERE 僕らのいる場所 5点
やや宗教チックな面が、なじまないけれど、家族再生の物語としてほのぼの。

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 7点
全編、重苦しいのは覚悟。
クリーンに事業を拡大してきた男が、治安の最悪だった1981年NYで、
その志を貫けるのか?濃密な物語。

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア 5点
ニュージーランド映画って、地味に始めてかも。
ヴァンパイアあるあるな低予算映画で、面白いっちゅーたら面白いかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーだけでなく、ナンすら飽きてきた

明日7日(水)
19:25 親善 『日本×シリア』 LIVE!

昨夜は京都戦ライブをしたので、今夜の放送がCL決勝予定。
どちらも宜しくお願いします。

(旅日記の続き)

旅最終日も世界遺産を中心とした観光で、盛り沢山。

クトゥブ・ミナールは、いわゆる昔の塔。
もう1つ、もっと高いタワーを建てようとして、途中で止めちゃったのもあった。
後、錆びない鉄なんてものも見た。本当なんだろうか?

そして、フユマーン廟。
ここはタージマハールの元となった建物って事で、
既にタージを見てる側からすれば、パチモンみたいなもの。
後、インド門を車窓から眺めたりもした。

そして、もうお決まりのナンをカレーに浸すだけの昼食。
ただ、毎日ナンを中心に食べてるから、ナンすら飽きてきて、口にするものが無い・・・。
ここまでは奇麗なニューデリーエリア散策。

午後は希望していたオールドデリー方面へ。
このツアー、当初はこのオールドデリーは組み込まれてなかった。
有名な世界遺産もあるのに、なんでだろう?
想像になるけど、治安が余り宜しくないから、省かれているのかな?と思われる。
現に、こちらは今まで旅してきたインドの汚さが一気に戻ってきた懐かしさがあった♪

で、有名なラール・キラーへ。通称、赤い城(レッドフォート)。
もう、ここは別に外観だけでいいよと。だいたいアグラ城とよく似た感じらしいし。
だけど、外観だけでも、威風堂々とした建物で感動。

このエリア、本来の目的はチャンドニー・チョウクと呼ばれるローカルな大衆市場。
スーパーに連れていってくれないグっちゃんへの腹いせに、
ここは自分達だけで回りたいと自由行動を熱望。
グっちゃんおったら、通訳となって便利な面も多々あるけど、
やっぱ自由に歩き回るのに気遣いもせなあかんし、
お土産に安い現地の物を買いたいしで、遂に離脱。

「ここはスリが多いし、気を付けて!」との言葉を貰って、いざ出発!(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスタートの契機

先制、追加、ダメ押し。まさに完敗。

開幕前、それほど期待値が高かった訳ではないのに、
ここまでリーグ戦が順調で、A代表も若手も大量に選ばれたりして、
ちょっと調子に乗ってた所で、ブレイクもあって、
しかも俊輔&川又が戻ってきた磐田。

試合後に思えば、負ける要素が数多くあった気がする。

ここで、1回締め直せたので、楽な相手なんていないと再確認して、
ややこしそうな6月を乗りきらないと、ずるずる行くのは一番あかん!
次は大事な試合になる!

今夜はCL決勝を中心に放送予定。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏開き

夏フェス・冷やしうどん

①やまかけうどん 680
②明太マヨうどん 680
③梅おろしうどん 780
④キムラ君うどん 780
⑤ゴマだれ豚しゃぶうどん 880
⑥天ざるうどん 980

※①~⑤+100で温玉乗せれます。

夏のメニュー第1弾スタートしました。
今夜はJ2ライブ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本場のインスタントカレーを買いたかった!

きっと、向こうの方が気を遣うだろうし、もっとしんどいとは思うけれど、
知らんおっさんと8日間、ずっと一緒ってのは、こっちも結構疲れる。
ここが、専用ガイドの善し悪し。

「僕の一番の幸せは、お客様が満足して帰国してくださる事です」と口癖のグッちゃん。
確かに、異常に親切。仕事熱心。気配りも満載。100点。
だけど、残念ながらその満点を失うマイナス面ってのがあって、
それが、この旅を少し嫌なものにしてしまった・・・。

まず、腹痛で死んでる時、何故か俺にだけ薬のサービス無し!
相方には薬とポカリスエットを買ってきて、優しい言葉をかけたりしてるのに、
俺は完全にアウト・オブ・眼中。
これは、まぁいい。-1点ぐらいの出来事。

最大の不満は、スーパーマーケットに絶対に立ち寄ってくれなかった事。
自分の知り合いの紅茶店など、多分マージンが発生するような店へ積極的に行き、
スーパーで買えそうな安い物を欲しいと言うと、それは勝手に買ってくる。
決して、俺たちを向こうの物価が判明する場所には連れていかない。
これによって、正直、土産は何も買えなかった。
高い骨董品とかいらんし!高いシルクとかもいらんし!
こんなけカレーがダメになったとしても、お土産としてはカレーを買いたかった。
帰国後、ちょっとここだけアンケートに書いといてやった♪

そんな事があった最終日、まずはホテルを後にして、最後の観光地デリーへ。
車がデリーに入って、凄く驚いた。
厳密には旅初日にデリーに泊まっているので、初めて訪れた訳ではないけれど、
あの時は夜中だったし、翌朝は早朝だったし、気付いてなかった。

ここはこれまで見てきたインドではない。
特にニューデリーと呼ばれる所は大阪とさほど変わりない。
まず道に牛が1匹もいない。これが最大の驚き。
他にもバイクの人は全員ヘルメット着用。
信号機がある。(デリー以外では1つも見ずだったと記憶)
民族衣装では無く、普通の服を着た女性が町を歩いていたり、車を運転していたり。
高層ビルもちらほら。
クラクションは相変わらず、鳴り響いてはいたけど、それでもなんだかマナーを感じる。
現に、国会議事堂、病院の周りには「クラクション禁止」の標識があり、
そこでは鳴っていなかった。やれば、できるんやん、インド人!(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でカレーにはしゃぐ仲間たち

祭りの為、象タクシーは乗れませんと聞いてたけど、
「あれ、1ヶ月間違えてました。象には乗れます!」とグっちゃん。
なんじゃ、そのええかげんな話。ま、乗れるにこした事は無い。

「象に乗ってると、物売りが近づいてきたりするので、買わないように。
また勝手に写真を撮られて、後で売ってきたりするので、カメラの方を向かないように。」
そんな注意を受けながら、象に乗ってアンベール城を登っていく。
すると、岩肌に無数のカメラマンが・・・。
カメラの方を向かないでって言われても、一面カメラなんですけど・・・。

この日の昼食はこの旅、一番の高級店、
アンベール場内にあるレストラン「1135Ad」って店でのターリー料理。
案の定、ナンをカレーで浸すだけで終了。
俺も飲食店なんで、殆ど残して返却するのは、ものすご~くものすご~く
申し訳ない気持ちでいっぱいやけど、もうカレーは無理なんです。
そして、何よりも体調が悪くて食欲が無いんです。
ほんと、すみません。

午後は天文台、シティパレス、風の宮殿なんぞを見学。
それなりに感動、それよりも暑い。

そして本来なら、その後、インド人の一般家庭を訪問とかあったけど、
どんなん?って聞いたら、チャイを頂くだけって答えだったので、これはパス。
こういう我がままが通るのは、流石、専用車・専用ガイドの醍醐味。

それから晩飯タイム。
ほんと、すみません。

時間を持て余し気味も、夜の「アンベール城・光と音のショー」は、
おもんないとは聞いていたものの、これは折角だし一応、見学。
言葉が分からないので、物語は不明。正直、城が地味に光るだけで、面白くなかった。
ショーの途中でホテルへ帰宅。(ホテルまで遠いし・・・)

なんだか、観光地もそれなり。体調は最悪。
もう帰国してもいい気分になってきた。
でも明日は、最後の日。土産も買わなあかんし、楽しみましょう!

「インド旅終了まで後2日(5月5日)」

この宮殿ホテルは、ロビー部分がフリーWi-Fiだったので、久々に接続。
すると数名のガンバ仲間がインスタやフェイスブックに写真をあげていた。
万博公園で行われてるカレーフェスの写真。
数種類のカレーの写真と、はしゃいでる呟き。
嘘でしょ、なんや、このタイミング!(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »