« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

ホットドッグ

最終日は、お土産購入とレイキャビク街歩き。

まずはお目当てのホットドッグを購入。450円。安い!そんな錯覚に陥る♪
ケチャップでは無くて、ハニーマスタードみたいなソースと、玉葱チップが絶妙で確かに旨い!
宇宙一かどうかは定かでは無いけど、
自分の過去食べたホットドッグの中では、一番美味しかったような気がする。
(そないホットドッグを食べた経験は無いけど・・・)

続いて、下調べを元に、てくてくと最初の観光地まで歩く。
ホテルで貰った地図を見ると、そこは最も遠く、歩ける距離感なんかな?とか思いつつも、
15分ぐらいで到着。ここでレイキャビクの街の狭さを知る。

最初の目的地は、地味に今回一番の思い出話になった「ペニス博物館」
アイスランドに生息する全200種類以上のペニスがホルマリン漬けで展示されてある。
民族博物館など、その他にも様々な博物館がある中、
特にアイスランドの歴史や、ヴァイキング文化に興味がある訳でも無いので、
かといって、ペニスに興味がある訳では決して無いけれど、話のネタに訪れてみた。

小さい店内ながら、入った瞬間に迎えてくれる鯨のペニス(約190cm)に圧倒される。
その他、アザラシから馬、羊、果ては人間のまであらゆるペニスがあり、ややきしょい。
でも、トレイのドアノブまでもがペニスになっている徹底ぶりは拍手だし、
案外、女性客がキャッキャ言うてて、それなりの盛況ぶり。

またいつぞやの五輪で銀メダルを取った
ハンドボール代表アイスランドチーム全員のペニスが型取りされて展示されていた。
これは結構、キツイぞ!

日本のサッカー代表で言えば、本田や長友のが並んでいるって事。
1本ずつ、名前が書かれている訳では無いので、どれが誰のかは分からないとは言え、
これが嫌で代表辞退もあり得るのでは?とか思ったりもした♪

そうして展示場を出ると、土産物屋さんへ。
ここもあらゆる日常品のペニスグッズがぎっしり!
持つとこがペニスの形をした傘とか、どんなTPOで使うねん!とか、そんな品々。

そんなこんな、今回の旅日記はホットドッグの話だけになっちゃいました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトルプリンス 星の王子さまと私

今夜は代表戦
19:25 親善『日本×ガーナ』 LIVE!

映画鑑賞5本

リトルプリンス 星の王子さまと私 7点
星の王子さまも、カレーの王子さまも聞いた事はあるけど、よく考えれば知らない。
そんな星の王子さまをストップモーションアニメで表現し、
現実世界の方を通常アニメで描いた、なかなかよく出来た一挙両得作品。

メアリー&マックス 6点
豪州の大人向けアニメ。
友達のいない少女と、アスペルガー症候群の中年男性との文通の物語。
心に染みる話だとは思えど、大人向け過ぎるのと、アニメも独特。

ぼくたちの奉仕活動 5点
下ネタと感動とがある、ごく一般的な米国コメディ。

ダーク・プレイス 4点
『ゴーン・ガール』が傑作だったので、その作者の作品って事で期待したけど、
だいぶ、そうでも無かったサスペンス。

THE WAVE ウェイヴ 7点
ドイツはナチスの反省をし続けている事がよく分かる。
「独裁」をテーマに授業をした所、あれよあれよと1つの思想の集団になっていく
大衆の怖さ。ま、流石にここまで簡単にはならんだろうけども・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝啓、文春様

欧州CLを遅ればせながら見た。
決勝が醸し出す緊張感は試合を面白くするな~と改めて。
怪我での退場、凡ミス、皆、必死!だから涙も熱い。

一方、代表はと言うと、今回のW杯ほど日本代表に面白みが無いのは初めて。
結果に関しては、西野監督も名将の一人だと思うので、
もしかするとやってくれるかもと、そんなマイアミの奇蹟みたいな期待値はある。
ただ、全敗だった場合、優勝しちゃった場合、何故そうなったかの検証は不可能。
なんだかな~。

そして、もう1つ。
W杯前の一番の醍醐味は23人の発表。
これまでも、カズ、秋田、川口、矢野貴章などなど、サプライズや意外な人選があった。

ハリルのままだったら、ある意味予想は難しかったと思う。
本当にあの3人は呼ばないのか?結局、誰かは呼んでいたのか?
試合に出ていない井手口はやっぱ外されていたのか?
はたまた突然の中島、これまで呼ばれた事のない堂安、
そういう事はあったのか?

でも、西野監督では、なんだか既定路線感がありあり。
なので、誰かハリルにどんな23人の予定だったかを聞いて欲しい。
そう思うこの頃。

30日(水)
19:25 親善『日本×ガーナ』LIVE!ご予約承り中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目の夜

今夜の放送
CL決勝 『レアル・マドリード×リバプール』

30日(水)の放送
19:25 親善 『日本×ガーナ』 LIVE!


14時間のツアーだったので、レイキャビクに戻ってきたのは22時頃。
軽い晩ごはんをと、看板を見て狙っていたホテル近所のアイスランド料理専門店へ。
ところが、店内でメニューを見ると、記憶していた商品が何も無い・・・。
あれ?

とりあえず、塩鱈とロブスター(手長エビ)を注文し、ビールで乾杯。
途中、喫煙の為に外に出ると、狙ってた店は隣だった事に気付く。
ここで、店を間違えたズレが、この後、のちのち響く事になるとは、この時はまだ知らず・・・。

結局、その後、もう1杯ずつと、ムール貝を注文した結果、
軽食のはずが、この日も13000円。

食後、改めて隣の店の看板を見ると、
鯨、パフィン、鱒、ラムの4品で4000円ぐらいのアイスランドセットがあり、
更に23時以降、ビール半額なんてキャンペーンも行っていて、ガチで悔やむ。

明日は最終日にして、初の自由行動。
毎週末はフリマがあり、そこで鮫(ハウカットル)を試食可との有益な情報などを得て、
カレンダーを見ると、丁度、明日は土曜日。
それならフリマに行こう!
スーパーでも物価の高さで、お土産購入に苦労していたので、これは神の思し召しかも♪

また、例のバス停4の隣にある「宇宙一のホットドッグ屋さん」は朝10時開店と知り、
ホテルの朝食は毎日全く同じで飽きていたので、それを朝食にする!
などなど、翌日のスケジュールを決める。

そんな訳で、初めて翌朝がそない早くない事から、0時を過ぎてから就寝。
空港に着いた初日以来、2回目の夜を見た。
レイキャビク滞在中、夜を見たのが、実はこの2回だけって、やっぱ不思議な経験。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キグナス

旅4日目、残り2日。
この日もオプショナルツアーをスケジュールで、南海岸へ。
ただ、これまでと違って、終日の14時間のロング日程。

3日連続でバスストップ4でピックアップ。
永遠とバスはひた走る。
アイスランドの景色は綺麗で飽きないと聞いていたけど、飽きる。

ただ、プチ白夜と共に感動したアイスランドのもう1つは天気。
5分に1度、天候が変わるってのは大袈裟では無い!
晴れ、雪、あられ、雨、これらが5分毎で、本当に傘はいらない。
朝起きて、窓から覗くと物凄い雪で、あー今日は大変かもとか思うも、
外に出ると晴れてるとか日常茶飯事。
だからバスからの車窓も天気の変化は面白い。

まず最初は滝2本の1本目、スコゥガフォスの滝。
幅広の滝ながら、箕面の滝と比べて、レベル20倍程度。

また、バスはメインの目的地に向けて走る。
道中、パーキングエリアで昼食。
フィッシュ&チップスが2100円。慣れてきてるけど、信じられない。

片道7時間かけて到着したのは、ヨークルスアゥルロゥン氷河。
凄い吹雪。寒い。そんな中、水陸両用車に乗り込み、氷河湖クルーズへ。

素直な感想としては、氷河は確かに美しいし、神秘的やけど、所詮は氷やなって面も。
ここに、アザラシでもひょっこりさんしてくれたら嬉しかったけど、それも無く、
氷の海をクルージングは、感動より寒さの方が勝った感じ。

帰り道、もう1本の滝に寄り道。セリャラントスフォス滝。
こちらは箕面の滝15倍レベルと、見る滝ごとにしょぼくなってきているものの、
滝の裏側を歩ける冒険が出来て、楽しかった♪

そうこうして、バスストップ4に戻ってきたのは、まだまだ明るい夜22時。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉祭り

旅3日目の夜は、メインの夜。
旅中、1度ぐらい高級店に行ってみたい。
そんな希望で、向った店はグリルマルカズリンって言うステーキハウス。

ただでさえ物価の高いアイスランドで、高級店って事でビビリすぎた面も。
本当は、トナカイのステーキ1万円ってものを食べてみたかったんやけど、躊躇。
結果、トナカイ、バフィン、鯨の3種盛りミニバーガーを。

トナカイは北欧地方は食べるみたいで、これは凄く美味しかった。
バフィンは、アイスランドのアイドルな海鳥で、ぬいぐるみが沢山売ってた。味はキモ系。
日本と同じく捕鯨国でシーシェパードとバトってる鯨は、知ってると言えば知ってる味。
ただ、どれもこれもミニバーガーに挟まれているだけで、深く味わう程の量は無かった。

また、ビビったと言えば、酒のオーダー。
前日の同価格のビールはそれなりの量だったので、ここでも1200円のビール小を注文。
あほみたいな小さなグラスで出てきて、一瞬で消え失せた。
なので、結局ビール大1600円を再注文するはめに。

メインは、これまたお得っぽいラム、鴨、牛のステーキセット。
こちらは量もあり、納得のお味。

結果、皿2種、ビール小2杯、ビール大1杯、グラスワイン1杯で、16500円。
勿論かなり高いけど、重厚なドア、紳士淑女なスタッフ、暗めの店内、
更には充分に生活できる広さのトイレに、ビビりまくった結果のお値段なので、どうなんでしょう?

なんにせよ3日目の夜も部屋飲みをし、まだまだ明るい夜23時頃に就寝。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球割り

旅3日目は、ブルーラグーンと並んで、
アイスランド初心者は必ず訪れるゴールデンサークルへの日帰りプラン。

観光地3ヶ所の内、なんといってもメインは地球の割れ目ギャウ。
ユーラシアプレートと北米プレートの大地の裂け目が海溝では無く、
地上に出ている場所は珍しいとの事で、きっとド迫力に違いない!

オプショナル・ツアーの出発点は毎朝バスストップ4。朝食後、昨日と同じ場所へ。
ところが折角、日本語音声ガイドがあるツアーを申し込んでいたのに、
イヤホンを部屋に忘れるケアレスミス・・・しゃーない。
それにしても、そのサービスがあり、GW特別価格だったから、
日本人だらけかと想像してたら、他には誰もおらず、白人種だらけで意外でした。

バスの揺れで仮眠を取り、起きると一面、雪景色。
トイレ休憩かな?とか思いつつ、高台から綺麗な雪の風景をぼんやり眺め、
降りた場所と違うとこに止まっているバスまで、てくてくと雪道を歩きました。

次に訪れたのは、ゲイシール間欠泉。
5分から10分間隔で噴き上がる間欠泉は、カスや当たりの差は大きいものの、
当たりの時は、一歩後ろに下がってしまう程の噴き上がり!
また、ここに併設されてたカフェでスープの昼食。
当店で売ってる豚汁380円みたいな代物が、ここの国では1700円。

そして、黄金の滝グトルフォスへ。
夫婦岩を見に行くぐらいの距離を歩いて、滝近くまでやってくると、
あらゆる場所から合流する滝を間近に見れて、過去の滝の中では一番の水量と轟音。
箕面の滝と比べて、約100倍レベル。
ただ、ここは虹の発生率が高いらしいけど、それは現れず。
正直、アイスランドって国は滝を見るツアーが多く、
明日も滝を2本見る予定になっていたので、そない期待しておらず、興奮しました♪

この後、ゴールデンサークル+乗馬、+シークレットラグーンに参加している
ツアー客を送迎しつつ、バスは走る。
アイスランドのバスは基本無料Wi-Fiがついているので、
グーグルマップを開いてみると、あれ?どうやらレイキャビクに戻ってる様子。

・・・ギャウは?
もしかして朝に行った雪道がギャウだったようで、割れ目を歩いてたみたい。
全然、よく分かってなかったし、アラレちゃんの地球割りとかもせず。
大陸プレートの割れ目、地球規模過ぎてた・・・。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オデッセイ

映画鑑賞7本

サバイバー 4点
テンポの良い巻き込まれ型アクション映画。
ビアース・ブロスナンが悪役で意外。軽い作品。

お!バカんす家族 4点
これも軽い家族旅行コメディ。予告編以上の事は無い。

完全なるチェックメイト 6点
実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの伝記。
チェスとは言え、米ソの代理戦争の側面も。
今だと将棋の藤井君と少し重なる?
それと、少しアイスランドが出てきて、自分的に旬でした。

ランペイジ 巨獣大乱闘 5点
「ジュマンジ」に続き、今年2本目のドゥエイン・ジョンソンの大作を劇場にて。
ゴリラとの交流を軸に、悪徳企業が生み出した巨大化する動物を描く!
ただ、最後の方はキングコングっぽくて、新鮮味が薄かった。

オデッセイ 8点
火星でサバイバルするリアルなフィクション。
これが実話かと思えるぐらいよく出来ている。
でも、本当は人類は火星に降り立った事はないらしい。

帰ってきたヒトラー 7点
想像とは違って、かなり現在のドイツ(移民問題など)の社会風刺な映画で、
もっとコメディ色が強い作りかと思ってたら、ドキュメンタリータッチでした。
でも、根本はヒトラーが現在に現れたら、最初はそっくりの芸人かと思ってた人々も、
その演説に魅了されていくと言うシュールな面は考えさせられる気がした。

ザ・ガンマン 4点
主人公が病気だったのは意味があったんだろうか?
そこが引っ掛かるし、盛り上がりにも欠けたように思うショーン・ペンのアクション映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔のエンゲル係数

アイスランド人の給料はどうなってるんだろう?
ラグーン敷地内のカフェで、サンドイッチとスキールの昼飯、1人1700円。
物価はマジで高い!

因みに、このスキールって食べ物は、ヨーグルトとチーズの間の様な物で、
日本では基本まだ売られてないらしく、旅中、様々な味を試してみたけど、どれも美味。

そして、その日の夜はホテル裏側のタパス・バリンって小皿料理店へ。
仔馬のステーキ、ガーリックロブスター、鮭の炭火焼きの3皿を注文。

アイスランドロブスターってのが名物ながら曲者で、
想像する物とは違って、手長エビの事を指すらしく、普通に日本の海老サイズ。
そういいつつも、お味は最高!仔馬もすげー柔らかくてジューシー。
で、この3皿に、ビール小2杯とグラスワイン1杯で、12000円のお会計・・・チーン!
旅行なんやし、ケチってもしゃーないって気持ちはあっても、どうしても心は小さくなりがち。

食事を終えても、まだ19時頃。
本来ならBARに寄って、もう少し飲みたい所も、
だいたいビール1杯が1200円から、1500円ぐらいなので我慢。

またこの国では酒屋は18時閉店。
スーパーで売ってる酒は、アルコール度数2%以下と、酒類の販売の規制が厳しめ。
それに、何よりも消費税が25.5%。
そういった理由で、アイスランド人も空港の免税店で買うのは常識との話らしい。
だったらと、空港でビール12本と缶飲料6本を事前購入していました。
それを部屋飲み。

ただ、疲れていたのか、まだまだ明るい21時頃には寝落ちしてました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアへ1名確定

今年に関しては、ナショナルダービーとは言えない位置取りも、
GK対決と言う見所はあった。

しかし、今後のガンバはどうなるだろう?
監督解任するなら、W杯前だとは思うけど、
お客さんと喋ってると、続投するだろうな~って意見が多いかな。
後、補強はあるのだろうか?
外国籍選手を既にオーバーで持っているので、これもなかなか難しそう。
とりあえず、後半は今野が完全復活するとすれば、そこは戦力UP。

ロシアへ東口がほぼ確定なのは、良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーラグーン

今夜は浦和戦録画と、「勝手にアフターゲームショー」生中継。

新商品情報
焼きそば道場9品目 坦々焼きそば 680円

再発売&新情報
焼鳥タレセット 280円 塩セット 280円
合鴨ねぎつくね 150円


蛇口をひねると、お湯側は温泉が出てくる入浴剤要らずの国。
なので、ホットコーヒーを飲みたいと思えば、水側の水を沸かす必要がある。
シルバー製品とかは、硫黄でダメになる可能性がある。

ただ、宿泊ホテルは小さいシャワールームのみ・・・。
この事実を先に知っていれば、バスタブ付きのホテルを探してたはずで、ミステイク。
なんにせよ、日常的に家で温泉に入れるってのは画期的だとは思う。

そんな温泉大国の旅2日目は、世界で一番広い露天風呂へ!
バスで苔だらけの景色を走っていると、
突如、目前に湯気が立ち上るのが見える感動、これが最初のブルーラグーン体験。
ですが正直、色々と侮れません!

入浴料が安い方(コンフォート)で7000円。高い方(プレミアム)は1万円。
最近のスーパー銭湯とか、1000円を超えてきたりしてるとは言え、
それを遥かに凌ぐ強気の値段設定!

それでも、それを許せる高級な雰囲気はあり。
ラウンジからしてセレブ感がある。ロッカー室も妙に最先端システムな気がする。
そして、水着を着て外に出ると、広がるブルーラグーン。

何より広い!
1周歩くと、丁度のぼせる一歩手前、ゆうに30分はかかる。

そんなお湯の温度はぬくあつ。
全体的にややぬるめも、時々熱い所があり、そこで立ち止まるのがベストな温泉散歩。

刺青OK。
海外だから、かなり刺青の人がいて、これまた地味に日本の温泉には無い風景。

入浴料にシリカ泥パックとドリンク1杯が付いてる。
風呂の中にBARがあるので、風呂に入りながらビールやスムージーを楽しめる。

他にもサウナや打たせ湯もあったりする。
つまり、ここはアイスランドに来たならば、1度は行きたいスポットと言う事になるでしょう。

ただ思うに、ここもいわゆる日帰り温泉施設であって、
他にもシークレットラグーンなど数か所、温泉はあるようなものの、
どこも温泉宿は無いように思う。
日本の温泉旅館をアレンジして持っていけば、商機な気がしました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぇ、ムーミン

今夜の放送
19:00 J2 『岡山×東京V』 LIVE!


ヘルシンキ空港で、ムーミンショップを見て初めての北欧に浸る。
乗り継ぎのコペンハーゲンは、小さい箱で喫煙しただけの記憶。
そうこうして、やっとこさレイキャビク!
到着しました!アイスランド!

まず最初の感想としては、寒い!3度前後。
そして、夜22時を過ぎているのに、空が明るくてヒャッハー!
日本で言う夕暮れ時程度か、それよりやや明るめ。

1日中、陽が沈まない訳では無いので、厳密には白夜では無いんやろうけど、
それでもこの日光配分は、アンビリーバボー。
時期によっては、夜行性動物の天下な、1日中夜の極夜って頃もあるらしい。
地球って不思議。

とにかく、この空港からレイキャビクまでバスで1時間ほどの距離。
そして空港バスは、町の大型バス停まで行くのと、
それぞれのホテルまで送迎してくれるのと2パターン。
勿論、ホテルまで行く方が割高。

個人的には、バス停までで良いような気がしてたけど、
バス停からホテルまでの体感がかなり遠くて、ケチらなくて良かったと感じた初日。
(ただ、5日間過ごした結果、慣れていれば歩ける距離感。徒歩で約20分)

ホテルに着いた夜も0時頃になると、辺りはそれなりの暗さ。
宿泊はセンターホテル・プラザで、立地が抜群!
隣にスーパー、各種飲食店の真ん中、ツアーで使う4番バス停すぐ、
週末フリマ&宇宙一のホットドッグ屋も近所。
メインの教会も、首相官邸も、インフォメーションセンターも、港側も徒歩圏内。
(レイキャビクって町がどこも徒歩圏内ではあったけど)
要は街の中心地って場所。

そんなこんなで、晩飯を食ってなかったので、
目の前のサンドイッチ屋でラム照り焼きサンドを購入。
これが1760円!(1590クローナ)
連日連夜、物価の高さと戦い、笑い、慣れ、諦める日々のスタート。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷だらけの突破

主力組で連携を取り続けて、チームが良くなっていくのを待つ、
そういうスタイルでクルピはチームを作っていってるんだと思うんやけど、
ここまで来て、その手法は功を奏していない。
むしろ連戦による疲労などで、負の側面すらある。

そして、そこに割って入ろうかと言う期待の若手(中村と食野)も、
かなり重宝して使われているにも関わらず、なかなか結果が出ず、
希望の光としては、まだ薄暗い。

ところが、U23だけで挑むと、それなりに躍動。
じゃあ、宮本監督に引き継がしたらいいかと言うと、これはこれで大問題。
そういうスクランブルな就任は、ガンバとしても、サポとしても希望していない面がある。

つまらない長谷川監督から、攻撃のガンバを取り戻そうとクルピ招集だった訳で、
ここで、残留を目標とした守備的な監督を持ってくるのは、いかがなものか?
そんな側面もある。

要するにベストは、W杯中断前にクルピを切り、
更に攻撃的ガンバを復活させつつ、残留も果たす監督で、宮本以外。
誰か該当者はいるのだろうか?

今夜はEL決勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンルーム

今夜
19:00より、L杯G大阪戦
21:00より、ACL鹿島戦

焼きそば道場2
あっさりポン酢焼きそば
焼きそばナポリタン
2商品追加

映画鑑賞5本

未来を花束にして 6点
100年ほど前、英国で女性に選挙権を!って戦った人々の伝記映画。
今ではサウジでも女性に選挙権できたんやっけ?感慨深いお話。

グランドフィナーレ 6点
アート系。映像は凝ってる。だから見入る。
物語自体は栄光を掴んだ人々の人生の終わらせ方。

エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方 4点
米国で今一番人気者の女性コメディアンのラブコメらしい。
ま、それだけ。

雨の日は会えない、晴れた日には君を想う 6点
詩的な邦題らしく、詩的な映画ではある。
ただ、この邦題で数分間ミスリードされてしまった・・・。
とにかく、最近どれを見ても平均点を超えているジェイク・ギレンホール主演で安心。

グリーンルーム 6点
楽屋の事をグリーンルームと呼ぶとは知らなんだ。
PUNXが楽屋で殺人事件を目撃、スキンズに囲まれ、そこから脱出するサスペンス。
結構、細かい部分まで気が効いてる印象。
残念な事に20代で亡くなったアントン・イェルチンの遺作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンベル、マムートと検討

出発10日前程になり、旅行会社から連絡が入る。
・・・嫌な予感。

案の定、今年もトラブル発生。
当初、関空からヘルシンキ、そしてアイスランドってフライト予定だったのが、
このヘルシンキ→アイスランド便が直前欠航。
なので、ヘルシンキ→コペンハーゲン→ケフラビークに変更との連絡。

いわゆる、ヘルシンキまで約10時間、そこからアイスランドまで約3時間との予定が、
コペンハーゲンまで1時間半、そこからアイスランドまでは約3時間と、
乗り継ぎ時間も含めると、ほんと単なる遠回り。
夕方17時着予定が、(時差計算は無視して)夜21時着に変更。
初日、レイキャビクで何かしら晩飯を食べようと思っていたのは、これにて消滅。
とは言え、小さなトラブルで良かった。最近これぐらいは慣れっこ。

その他、スニーカーではあかんみたいなツアーも予約していたので、
米国製メレル社の本格的トレッキングシューズ購入。
(その新靴はスーツケースに入れて、往復は結局、カメックス)
約20年ぶりぐらいに靴を買いました♪

また目星を付けた数件のレストランの英語メニューを日本語訳してプリントアウト。
食事のネーミングって、直訳だと全然違ったりはあるものの、これが結構使える書類。
そんなこんなで今度こそ、準備万端!

しかし、あれやね・・・。
年1回の海外旅行も今年で10年目ぐらい。
良くない事とは思いつつも、出発前のワクワク感は年々、減ってる気がする。
きっと、こういう恒例行事化な油断が、事故の元。気を引き締める。

今時の関空。
インバウンドで中国、韓国だらけの混雑風景。
時代は変わったものだ。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

策士だったのか?

策士の匂いがした。
そんなスタメン。
相手の布陣を見て、手を打ってきた。
これまで、そんな作戦的な事は微塵も無かったので、
期待と不安を持って試合開始を待った。

まさか、サンドバック状態で引き分けにするのがやっとの試合を見せられるとは・・・。

この結果をどう受け止めるべきなんだろうか?
降格圏内の中、現実的に最悪でも勝点1と言う守備的布陣だったのか?
それとも、本来ならこれがハマって、ファンタジーな攻撃サッカーが見れる予定が
計算外に終わってしまったのか?

どちらにしろ、スタートのシステムの失敗よりも、
選手交代による変化の無さが象徴的だったかも。
最後の方、全く得点が入る気配は無かった。
藤本のロングシュートが見れた事、それだけが見所。

まだまだ試練は続く。はぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火と氷の国アイスランド

今夜の放送
19:00 J1 『横浜M×G大阪』 LIVE!
ご来店お待ちしております。


「オーロラを見に行くんですか?」
行き先を告げると、だいたいそう聞かれたけど、それは時期的に無理。
そもそもGWに旅行している限り、地球上のオーロラとは縁遠いと思われる。
それは分かっていた事なので、別段ショック的な思いは無し。

では、アイスランドには何があるのか?
火と氷の国ってキャッチフレーズ通り、火山国で温泉があり、氷河やフィヨルドがある様子。
その中でも特に目を引いたのが、「インサイド・ザ・ボルケーノ」
なんと火山の火口の中に入れちゃう世界唯一のアトラクション!
これは凄い!でも値段がブットビ!うーん、迷う!
折角、行くんやし、飛び込んじゃえ!
そう決断して、よくよく見ると、そのツアーは5月10日からとの事。
おいおい!自然が相手なので仕方ないとは思うけど、日本のGWに合わせてくれや!
数日ぐらいなんとかなるんちゃうんかい!とは思うものの、ダメな物はダメ。

一方、氷の洞窟に行くアトラクションが人気。
こちらは冬場のスポットで、これまたGWは無理。
要するに、アイスランドはGW、いわゆる春は特別な物は全部×。
一応、通年行ける人工の氷の洞窟もそれなりの人気みたいやったけど、
人工ってのがどうもひっかかって、余り乗り気せず。

とにかく、レイキャビクに5連泊取っていたので、
そこから日帰りで行けるその他の人気王道ツアーを数件予約。
準備万端!後は出発日を待つばかし!

ところが、毎年恒例のハプニング勃発!(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧

昨年が腹痛のインドで、建造物や史跡を見て周ったので、
今年は自然系に行きたいと言うのは、早い段階での決定事項でした。

その中で目を付けていたのが、漫才コンビみたいなウガンダ・ルワンダ。
ただ、これは実際には予算的にも厳しくて、やや夢見がち案件。

そうこうしてると、ここで誰にも嘆く事のできない嘆きが発生。
同行者が4月30日のGW真っ最中に親族の結婚式と言う冠婚葬祭スケジュールがイン!
年に1回の楽しみの海外旅行。え!?マジですか?

なんで、そんなとこに結婚式をぶちこんでくるかな~とか心の中では思うものの、
誰も悪く無いし、逆に幸せな話な訳で、仕事帰りに酒場で一人愚痴をこぼす日々。
これで、連休が短くなったので、物理的にも遠方は不可能。

ところが、店や相方と調整などを行った結果、7日間は取れる事に。
そうすると今ではどうやって決まったのか憶えてないほど、
天のお導きのように、候補地が降りてきて、
調べて見ると自分で航空券を押さえると安い事が判明!

自然系やし、初めての地域やし、まさに昨年の真逆で奇麗な国やし、
なによりも、この値段なら、めっちゃええやん♪と、一気に視界良好、
瞬時に押さえてしまって、結局は例年のように年末辺りには予約。

旅行会社のツアーを使わず行くのは、ほぼほぼ初の経験ではあったけど、
世界で最も治安の良い国って情報もあり、万事問題無し!

そんな訳で行き先が初北欧のアイスランドに決定!(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U23パワー

試合前に画面が映らなくなるなんて、ハプニングにも見舞われながら、
どうにかこうにか復旧。
試合も2失点からのU23パワーでの逆転勝ち。
壁に当たってる中村がやや心配も、食野にもゴールが生まれたし、
L杯に関してはいい調子。

現在、恒例の今だけのサービスも行ってます。
今夜はCL準決勝とか、クラシコとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメンバー・ミー

本日より通常営業です。
そして、いきなりのガンバ戦ライブ!
19:00 L杯 『広島×G大阪』 LIVE!
ご来店お待ちしております。

このGW休暇中にガンバの試合が2試合あり、1勝1敗でした。
結果と文字での内容しか知らないですが、
クルピ監督は攻撃できる選手(パサー、ドリブラー)が好きだなとの印象と、
頑なに連携重視で、ターンオーバー的な事は好まないとの認識。
それの善し悪しは監督の思考として、
とりあえず後ろからボランチまでの布陣は今野復帰で固まった事は良かったなと。
ただ、それより前の布陣は、余るぐらいいる選手層の割に、連携重視の割に、
未だにベストを見つけれてない気がする。
現状は、そういう認識かな。

映画鑑賞11本

恋するポルノ・グラフティ 5点
全米大ヒット!のコメディだけに、下ネタ全快。
長年の友達同士の男女が金欠で、ポルノを製作して金を稼ごうとするも、
いざポルノを製作すると男女の恋愛関係が芽生えると言うあほなラブコメ。

フランティック 5点
サスペンスな割に、余りサスペンスが得れなかった巨匠ロマン・ポランスキー作品。

オールウェイズ 5点
スピルバーグ監督の『ゴースト』風映画でそれなりの感動。
オードリー・ヘプバーンの遺作との事。

エンバー 失われた光の物語 6点
自分は子供用ファンタジーとして、なかなか面白かったけど、世間の評価はせちがらい。

ボーダーライン 9点
メキシコの麻薬組織を潰す為に送り込まれた女捜査官の強烈サスペンス!
ベニチオ・デル・トロがいい!ジョシュ・ブローリンがいい!
そして、物語の展開も『ゼロ・ダーク・サーティ』系かと思いきや・・・。

リメンバー・ミー 9点
ディズニー・ピクサーはやっぱ凄い!本領発揮!
メキシコの文化を巧みに使って、泣かせる。音楽も相変わらず素晴らしい。
日本人的にもお盆の文化があるので、そない違和感無く見れると思う。

ピーターラビット 6点
最近の英国アニメの安定度って感じ。

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー 3点
レゴアニメ鑑賞は2本目やけど、やっぱ二番煎じ感ありなのと、
中国と日本がごっちゃが気にくわない。忍者は日本っしょ!
ジャッキー・チェンの安売りもどうよ!

トロールズ 5点
北欧旅行ってんで、機内で見たアニメ5作品の1本で、北欧文化のトロールを。
ちょっと、もやもやが残った終わり方やったけど、もしかしたら見逃しただけかも・・・。

ターボ 4点
スピードに憧れるカタツムリって着眼点だけかな。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 7点
2択なのが、どうかな?とは思うけれど、不変の問いに対して、
ずっと会議室から現場までサスペンフル!なのは映画としては上出来。
アラン・リックマンの遺作との事。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »