« 火と氷の国アイスランド | トップページ | モンベル、マムートと検討 »

策士だったのか?

策士の匂いがした。
そんなスタメン。
相手の布陣を見て、手を打ってきた。
これまで、そんな作戦的な事は微塵も無かったので、
期待と不安を持って試合開始を待った。

まさか、サンドバック状態で引き分けにするのがやっとの試合を見せられるとは・・・。

この結果をどう受け止めるべきなんだろうか?
降格圏内の中、現実的に最悪でも勝点1と言う守備的布陣だったのか?
それとも、本来ならこれがハマって、ファンタジーな攻撃サッカーが見れる予定が
計算外に終わってしまったのか?

どちらにしろ、スタートのシステムの失敗よりも、
選手交代による変化の無さが象徴的だったかも。
最後の方、全く得点が入る気配は無かった。
藤本のロングシュートが見れた事、それだけが見所。

まだまだ試練は続く。はぁ~。

|

« 火と氷の国アイスランド | トップページ | モンベル、マムートと検討 »

ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/73481213

この記事へのトラックバック一覧です: 策士だったのか?:

« 火と氷の国アイスランド | トップページ | モンベル、マムートと検討 »