« 絶望的 | トップページ | ハルカス »

彦八祭り

ここ7、8年、毎年毎年、気になってはいたものの1度も行った事が無かった彦八祭り。
9月の第1週の土日に毎年行われている落語の祭典。

やっと行ってきました。
と言っても、生國魂神社なので、そうキバらずに行ける距離間なんやけど・・・。
要は行っても面白いのか?って疑問が、なかなか足が向かずだったと言う理由。

落語は嫌いでは無いけど、
正直、上方の落語家で顔まで分かる人は数名。
桂文枝、桂文珍、笑福亭釣瓶、月亭八方、桂ざこば、桂小枝、桂坊枝、桂雀々
桂三度、月亭八光、月亭方正、ざっと思い浮かべるとこんなもんでは無いかな・・・。

誰か会えるかな?と思ってたら、1人だけ会えました。
桂きん枝。来年に小文枝を襲名するらしい。
本名の名字が立入やから、きん枝になったらしいから、ちょっと残念。

さておき、彦八祭りは落語家さんの屋台がぎょーさん出てたし、
想像よりも大勢の人出で、ぼちぼち楽しめました。
特に朝の早めに行って、午前の部の落語の当日券も買え、落語も6席聴けたのも良し。
4番目に出てきた上方落語界の宝と紹介されていた桂雀太が一番の出来。
一方で、大ベテランっぽい東京の三遊亭なんちゃらは糞面白く無かった・・・。
別に大阪東京って贔屓では無くて、こいつはつまらなかった♪
後、過去に数席聴いた限りでは古典より新作の方がタイプかなと思っていたけど、
今回に関して言えば、古典の方が良かったので、
結局は落語家の腕や話の内容なんやなと思った次第。

最終的な結論としては、今回の落語会は座敷で足が痛かったので、
落語を楽しみに行くなら繁盛亭、それ以外も楽しむなら彦八祭りって感想かな。

今夜は北海道震災で、代表選が中止になったので、
いつも通り何かしらのサッカー放送をします。

|

« 絶望的 | トップページ | ハルカス »

テレビ・芸能・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012294/74167141

この記事へのトラックバック一覧です: 彦八祭り:

« 絶望的 | トップページ | ハルカス »