« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

M1グランプリ2018予想

今年はレベル高そう。
とりあえず、スーパーマラドーナとジャルジャルがラストイヤー。
初出場組では、トム・ブラウンを名前すら全く知らない。
ギャロップは出演自体がなんか嬉しい。
霜降り明星と見取り図も初出場じゃないかな。
その他、2巻を狙うかまいたち、
優勝候補筆頭の和牛、
女性枠のゆにばーすな面々。
それと、敗者復活ではアキナを応援。
一応、ミキか、さらば青春の光かってとこもあるかな。

昨年から順番が事前に分からなくなったので、難易度は上がったけど、
そんなこんなで予想。

10位 ギャロップ(ハゲネタはトレンディエンジェルで懲りた反動)
9位 見取り図(名前しか知らないから)
8位 トム・ブラウン(名前すら知らないから不気味度で最下位ではない)
7位 ゆにばーす(面白いんやけど、Bクラスの上位辺りが限界)
6位 アキナ(敗者復活の勢いも、今年は上位が強い)
5位 スーパーマラドーナ(最終年も気合倒れ。相方やる気無し♪)
4位 かまいたち(まだ最終年ではない)

で、上位3組
3位 ジャルジャル(1位突破で決勝でこける雰囲気。2本独特は厳しい)
2位 和牛(優勝してもいいけど、ここまで来たら常連として笑い飯の後釜に)
1位 霜降り明星(今年はニューカマーで来るでしょう。セ・セ・セイヤがはまる)

予想は希望も入るけど、お笑い審査系では、M1だけ毎年見てるので、楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巣箱

30日(金)のBSプレミアムで、
BARBEE BOYSが8年ぶりにTV出演&演奏。

男女2ボーカルで、高い声の男と、低い声の女、
男女の恋愛、時にはエロを歌いながらも、
それぞれがサックスを吹いたり、踊り狂ったりして、
一切目を合わせない2人。
それと、今では年を重ねてしまってるけど、
二枚目な男ボーカルKONTAの相方として存在する杏子姉さんの微妙な顔立ちがベスト。
あれが、アイドルのような可愛らしさを持ってると違うと思う。
だからといって、歌が上手いだけの残念なフェイスでも違うと思う。
このバランスもよーできてると昔から思ってた。
勿論、楽器隊もそれぞれ個性的で素晴らしい。

そんなこんなで楽しみではある。
ただ、新曲だしたり、ライブしてほしいよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死霊のはらわた

映画鑑賞5本

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 7点
今、世間を賑わせてる『ボヘミアン・ラプソディ』と同じく、(見てないけど)
音楽映画に外れ無し。ビヨンセも出てた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 6点
この展開は『X-MEN』と重なる・・・。
また、そんな事を言えば身も蓋も無いけど、魔法が何でもあり過ぎる。
それでも、ハリポタ世界は素晴らしい♪
結論、1作目とは違って、ダークになりつつある作風が胃もたれする2作目。
今後に期待。

ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛 3点
このメロドラマは話も漂いもいまいち。
結局、キーラ・ナイトレイが出てるから見ただけってなりました。

グロリア 6点
ジーナ・ローランズがカッコいい!『レオン』の元とも言われてる。
そこは確かに素晴らしいけど、
敵のしょぼさとホラーのようにどこでも現れる脚本は残念な面。

死霊のはらわた 8点
スプラッターのはしりらしい。いや~怖かった。
低予算をアイデアで賄ってるし、今見たらできの悪い描写も味あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

75日目

まだ終わってないのに、着々と補強の話が出てきているガンバ。
韓国人DFも、熊本の人もよく知らないけれど、ここ2年ぐらいの補強話よりは
なんとなく感覚的に期待値が高い。楽しいオフになりそう。

はて、ダイエット生活75日目。
体重の減りが停滞中。
少しでも落ちていってくれてると、やりがいがあるけど、停滞されるとだるい・・・。
ま、食事制限はしてないし、こんなもんだとも思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

適正順位

この週末のJ話題は、清水×神戸に全部持ってかれた所もあるけど、
その裏でこっそり9連勝と、宮本監督の心得たスピーチ術がありました。
結果、今季最終戦はモチベーション的に10連勝を狙って戦えるのは良かった。

しかし、終盤に来てガンバ以外の方が、客観的には熱い。
まず、残留争い。
磐田は川崎で敗戦濃厚も、引き分けなら確実、仮に負けても残る可能性あり。
有利か不利か難しい所。
一方、現在16位の鳥栖も相手は鹿島で厳しい試合になりそう。
ただ、今争ってる4クラブの中では一番勢い的には上り調子な雰囲気。
で、鍵を握るのが直接対決の湘南と名古屋。
お互いドローでもまぁまぁ良しの可能性もある中、どうするんだろう?
と、なんせ最後まで混戦のJ下位争い。

J2は東京Vが一歩前進。
J3は鹿児島が昇格して、熊本が降格。

なんにせよ、一番いいたいのは、J1もJ3もガンバは適正順位になったと言う事でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪万博決定!

正直、1970年の頃とは時代が違って、そこまで盛り上がるとは思えない。
だけど、大阪万博決定は嬉しいニュースでした。
これで、インフラ整備もされて、カジノ誘致なんかも加速しそう。

さておき、本日は長崎戦。
ホーム最終戦でもあって、9連勝もかかってる。
皆様、こぞってスタジアムに足を運んでると思いますので、
試合後もこぞってご来店くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単ながら

パソコンが壊れてて、日々ブログを書くの忘れてた。
とにかく、今夜は今週1回目の週末。
宜しくお願いします。

明日は休みですが、明後日は営業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェイソン・ボーン

映画鑑賞5本

ヘイル・シーザー! 5点
コーエン兄弟らしく、一定以上のまとまりを見せる器用な作品。
なので、上手いな~と思いながら見れるし、キャストも豪華。

クリミナル 2人の記憶を持つ男 5点
ケヴィン・コスナーが感情の無い犯罪者で、そこに正義のCIAスパイの記憶をイン。
自分の脳と葛藤しながら正義の為に戦うSFアクション映画。
ただ、このパターンを同じライアン・レイノルズで最近見た気がする。
こちらもキャストはやたら豪華。

ある天文学者の恋文 4点
凝った物語だとは思うし、最初はどうなるのか?と見てたけど、
途中からオルガ・キュレンコのひとりよがりな雰囲気に腹立たしさを憶えて飽きた。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督としても、もひとつ。

ジェイソン・ボーン 6点
3部作で終わってれば良かったと思う。スピンオフもこれも蛇足。
ただ、今回のはアリシア・ヴィカンデルが良い味。

愛の伝道師 ラブ・グル 2点
余りにも低評価で恐る恐る見たけど、要は95%ぐらいくだらない下ネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿命ラムダッシュ

ここ数カ月、電気シェーバーのラムダッシュの調子が悪い。
充電が上手くいかず、もう買い替え時なんだな~と。
10年以上使ってるし、でも今度はパナソニックに拘らず、もっと安いやつでもいいかなと。

一昨日、プールで泳いでると、水泳キャップからどうも毛がはみ出してる。
あ!破れてる!

昨日、銀行のキャッシュカードが割れている事が判明。

昨夜、パソコンが潰れた。

パソコンは必需品やから、これから買い替えなしゃーないよな~。
辛い日々。

今夜は代表戦です。宜しくお願いします。
19:20 親善 『日本×キルギス』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな展開

J2が閉幕した。
どこの会場も動きが少なかったし、
結局、ドラマが起きたのは福岡だけ。
また、終了間際のゴールで劇的な順位変動が起きる事もなかった。
見入ったのは確かやけど、静かな最終節でした。

しかし、今年はプレーオフに勝っても即昇格では無いのは厳しいな~。
三ツ沢に行った事が無いから、とりあえずは横浜FC応援かな。

20日(火)
19:20 親善 『日本×キルギス』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2最終節2018

最終節前の順位表
松本 76 +20
大分 75 +25
町田 75 +18
横浜F 73 +18
東京V 70 +15
福岡 69 +16
大宮 68 +16

勝利必須の大宮はアウェイで岡山と。
アウェイって言うのは若干、嫌な感じはするけど、
ここは大宮順当勝ちで上位の結果待ちかな。

福岡もアウェイで岐阜。
岐阜は調子は悪くなさそうで厄介ではあるけど、必死度でここも福岡勝利。

問題は直接対決の東京クラシック。
町田ホームで、町田の負けが一番考えにくいと思う。ドロー決着。

横浜FCもラストは敵地での甲府戦。
対戦相手としては、かなり嫌な相手。ただ上位勢の中で今一番強いのが多分横浜FC。
それでもアウェイって事で甲府の維持でドロー。

大分もアウェイで山形。
大分には何かご褒美が待ってそうな予感がするので、勝利。

直接対決以外で唯一ホームで徳島を迎え撃つ松本。
今の徳島の状況を考えると勝利濃厚もNHKが放送するってのがひっかかる。
アディッショナルタイムに何か起きそうな予感が・・・。
だとすると、最後に追い付かれての引き分けかな。

以上の予想を踏まえたら、こうなりました。
大分 78
松本 77
町田 76
横浜F 74
福岡 72
大宮 71
東京V 71

そうなると、昇格プレーオフは
まず、福岡×大宮。難しい戦い。引き分けかな。
でも、どちらにしても勢い的に、横浜FCが行きそうな気がする。

なんせ楽しみ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

コスパお得です。

今年も解禁!
早速、お得に楽しんで頂きました。

ボジョーレ・ヌーヴォ 380円
ボジョーレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 480円

勿論、インスタ映えもします。

今夜は代表戦!宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督の得意技

そういえば、っと思いだしたんやけど、
サイドを変更しての勝利って言えば、
宮本監督はアジアカップのPK戦でやっていたな!と。
得意技なんだ!と思いだした。

今週はベネズエラ戦もあります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セールスマン

映画鑑賞6本

セールスマン 8点
ミステリーで、その真相にたどり着くにも関わらず、胸にスッと落ちないもどかしさ。
劇中劇の「セールスマンの死」との関連は不明も、イラン独特のお国柄もあって、
欧米系のミステリーとは違う雰囲気が新鮮味。

愛を綴る女 6点
核心部分にだいぶと疑問符は付いたけども、
要は愛するより愛される幸せ的なメロドラマとして、ありかな。

ズーランダー NO.2 3点
とにかく豪華なゲスト達のカメオ出演と、あほほどのバカらしさは、面白い。
でも評価点はこれぐらいで良いような気がした。

素晴らしきかな、人生 7点
ウィル・スミスってこんな映画好きやな~っと思ったのが1つと、
感動の押し売りがどうかと思う所もあるけど、素直に感動できた面もあるし、
良いクリスマスムービーだったと思う。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 6点
この原作はティム・バートンの世界観にばっちし。
案外、ペレグリンがさほど活躍せずも、バートン好きなら大丈夫。
ただ、この前の『ダーク・シャドウ』と少しかぶる気もした。

スーサイド・スクワッド 5点
大ヒットと酷評。話題の作品を見た。
確かに極悪人達が悪と戦うと言う割に、肝心の極悪人が小悪党過ぎるのと、
ウィル・スミスのネームバリューが邪魔をしてるのと、敵が既視感ありしょぼい。
監督から考えて、もっと熱いドラマが見れると思っていた!そういう評価はごもっとも。
ただ、それを超えるハーレイ・クインの素晴らしさもごもっとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

600

昨夜、ガンバTVを見てると改めて遠藤の600試合って凄いなと。
あれってJ1だけやんね?多分。って事はJ2を含めると既に楢崎を超えてる。
しかも日本代表も歴代最多出場って事は、もう一体、何試合出てるねんと。

そう思えば、ガンバの調子が悪い時って、
俺も含めサポ達は口々に遠藤が衰えたとか言うてた気がする。
つまり、ガンバ=遠藤、それぐらいの図式が当てはまりそう。

国民栄誉賞とかあげてもいいぐらい。
それは無理っぽいから、隣の人間国宝ぐらいは少なくともあげて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順位表の上半分

17本も前半に打たれながらも、そこを耐えしのぎ、
後半になるとサポーターの後押しで燃える宮本ガンバの通常運転と、
ウィジョの通常ゴールで8連勝。
どうやら9連勝まではあるらしいので、新記録の10連勝締めで終わりたい2018年。
後、前人未到の600試合の遠藤も素晴らしいの一言。

で、気になるのは10連勝した場合の最終順位。
目標を低い順に考えると、豚超え、浦和超え、ACLに行けるかもの4位、
こういう順番だと思われる。

札幌51 ー2 
東京50 8
浦和48 12
清水47 8
豚 47 3
G大阪 45 -4

最大で51まで勝点は詰めるものの、得失点差のー4が重くのしかかる。
2連敗が必須の札幌は、磐田と広島。最後の広島が怪しい。

同じく得失点差を考えると2連敗を願う東京の残りは、川崎と浦和。
ここで浦和があるのが、ややこしい。川崎に大敗しての浦和ドロー。

そして浦和は1勝してしまうと51になる上に現在得失点差が最も有利。
残りは湘南と東京。浦和のラスト2は2ドローで50フィニッシュ。

清水と豚は1勝して貰ってもOKで、清水は神戸と長崎、豚は柏と横浜M。
どこかに頑張って貰いましょう。

そしてG大阪は、長崎と柏。3点差で2試合連勝しても、+2にしかならないのは厳しい。
どっちかで5-0とか6-0ぐらいの爆勝が必要な様子。

ま、なるたけ上の方の順位で終わりたいですね。
と、こうやって上の順位を見れるなんて思わなかった少し前を想うと、めでたい話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希望

湘南戦後のご来店、歓迎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛

もう20日間ぐらい、右腕、右肩が筋肉痛。
筋肉痛ってこない長く持続するものなんだろうか?
少し心配になりながらも、プールに通う日々。
ただ、泳いでる時はさほど痛みは感じないのよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっこりはん

冬の串カツ2018

いちご練乳 100
厚揚げon the生姜 100
里芋 100
アボガドの牛肉巻き 180
鴨ネギ 180
牡蠣orほたて 280
カニ爪orあんこう 380
チキンラーメン(スープ付) 380

冬串8本フルコース 1580円

今年は店内のどこかに、ほっこりはんがいます。
探してみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグニフィセント・セブン

映画鑑賞5本

マグニフィセント・セブン 6点
名作『荒野の七人』のリメイク。
現代らしく、七人の中には黒人からアジア人まで幅広い人選。

物語は至ってシンプル、弱気を助けるヒーロー物なので、爽快。
特にエンディングに流れる『荒野の七人』のテーマが心地よい。

メン・イン・キャット 4点
仕事一筋、家族を顧みない父親が、突然、猫になってしまって、
家族のありがたみを知ると言う平凡な物語。
同じ感じのだと、アラン・リックマンが犬になる奴の方が上かな・・・。

ジャッキー ファーストレディ最後の使命 6点
ナタリー・ポートマンがケネディの妻になりきるのは熱いけど、
このジャッキーと言う女性って、日本人的には伝記映画にするほどでは無いのと、
起伏も少なめなので、さほどって感もある。内面重視な作品。

フェリシーと夢のトウシューズ 6点

孤児院育ちのダンサーを夢見る女の子のアニメーション。
ディズニーに通ずるような安心感。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ  6点
麻薬から抜け出せないストリートミュージシャンの再出発の物語で実話。
主役は俳優が演じてるけど、脇役の猫は本物が演じてると言うのが凄い!
誰もが感動できる良い物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツ

勝利後の宴、利便性を考え、新宿駅前の肉バルを予約済み。
8割キャベツの横に細切れ肉がついた、牛ステーキ。
8割キャベツの横にローストビーフ?がついた、ローストビーフ。
9割キャベツの上にアボガドの欠片が乗った、アボガドサラダ。
つまりはキャベツバル。
立地もあって、こんなんでも入れ食い状態だから、そうなるんだろうけど、酷過ぎる。
2次会の居酒屋。お茶漬けを頼んだら・・・酷過ぎる。
大阪では考えられない気がする。

翌朝、国会議事堂を観光。
テレビで良く観る会議場、廊下、外観と無料で見応えあり。

そして月島でもんじゃランチして、帰宅。
(もんじゃも正直、8割以上キャベツではあったけど、
これは最初からこういうものだと思っているし、何より美味しかったから良し)

5年ぶりぐらいの東京、20年ぶりぐらいの知人との再会、
新宿の街ではえらい目にあったけど、総じて楽しい遠征でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉遠征

組織的な守備を、小野瀬の閃光一撃。
独走後にゾーンへウィジョ弾。
一日の長を感じる崩しからのアデミウソン。

どれもこれも、どうしようもない物や、分かっていても止められない物、
それだけではなく、きっちり崩し切っての仕留めも。満腹。
今年一番の圧倒劇だった気がする。

生GK不在と言うハンデも、1失点はしたものの、
終始、林は落ち着いているように思えたし、最後は若手を試す余裕もあるなんて、
静まり返る赤い壁は壮観。

後期日程が発表された時、これを行かないと1試合も見れない事が分かったので、
行く事にした埼玉。(実際はダービーも行けたけど)
今年のマイ生観戦、最後として相応しいフィナーレをありがとう。
これで、さいスタはトータル、8-1です♪

そして、ここまで来ると、目標は10連勝フィニッシュ。
もし、そんなんしちゃったら、宮本監督、紅白とか格付けチェックとか出れちゃうかもね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬開始

新商品続々!

〆まで美味しい一人鍋シリーズ!

豚やさい鍋 630円
鶏やさい鍋 630円
牛やさい鍋 780円
牡蠣やさい鍋 780円

ポン酢→ごまだれ変更 20円
後入れうどん又はごはん(雑炊) 200円

冬の定番
牡蠣フライ 680円
牡蠣とほうれん草のバター炒め 780円


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠藤と今野

まだシーズン終わってないけど、
なんやかんやと今年って結局はヤットと今野のチームだった気がする。

前からヤットに関しては、今年が区切りの可能性は高いかと思ってた。
W杯ベテラン枠での選出とか夢見てたはずやし、そこが終わった後は、
ガンバとしても世代交代必要やし、ヤットとしても故郷のクラブに戻るなどがあるかなと。
だけど、こういう現状なら、必然的に契約延長やろうね。

とは言え、いつまでもヤットではあかん時期には来てると思うので、
今年の冬はボランチの補強、ヤットをベンチに追いやるぐらいの補強がいると思う。

ここから数年は倉田のチームにしないとあかんよな~と思う秋の終わりでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »