« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

ガンバ10大ニュース2018・後編

2018ブログファイナル!
本年もありがとうございました。
本日のご来店もお待ちしております。

年末は本日夜の部で営業終了。
年始は7日(月)からになります。

年越しにしんそば、年越し天ぷらそばもご用意しております。

では、いよいよベスト3の発表!
・・・その前に。

20位:OB会発足
いまいち意味不明なんですが、とにかくOB会ができました。

19位:セカンドU21化発表
いまいちどうなるか分かってませんが、来年はそうするそうです。

18位:初瀬アジア大会出場
これはおめでたい事だったんですが、来年は神戸に移籍しちゃいました。

17位:實好セカンド監督就任
たらい回し感もある實好さんですが、
ホーム勝率が好調など、名将の気配も。
だけど、来年は京都のコーチに移っちゃいました。

16位:サウスショップ閉店
一時代を築いたサウスショップが閉店の運びとなりました。
個人的にはスタジアム内よりも多く活用していただけに残念。

15位:松波強化部長
松波さんが強化部長に就任。
オフを見てる限り、結果はまだまだハテナなんですが、
途中に連れてきた小野瀬、渡辺はナイス補強。
ただ、これに松波さんがどう関わってるかは不明。

14位:二度拒否
なんと豚の8番を強奪しようと試みる噂が!
しかもシーズン前とシーズン中の二度も!
更に、両方振られると言う惨事。
しかし、そのお陰か、お隣は8番を残して監督含め他は脱走。

13位:誉れ
強化部とは別に、実は企画部は頑張ってた印象。
ジャイキリとのコラボとか、夏祭りとか、結構新企画を打ち出してました。
ここは、誉れと言う意味でランキングに入れときたいと。

12位:井手口海外移籍
彼の移籍がボランチに穴を開けた面も。
最後の最後でW杯代表から漏れるなど、向こうでなかなか結果が出ず、
この移籍の賛否は将来にならないと分からないですが、頑張れ!と言う事です。

11位:USA
本当はここまで上の順位では無いとは思うものの、
まさに旬であった事と、この試合の結末が劇的だった事を踏まえて、
またダ・パンプ復活に対しておめでとうとの感謝の意味も込めての選出。

それでは、3位から1位までをズバッと!

3位:遠藤J1で600試合達成!
前人未到。GKでも難しい記録をMFでやってのけてますし、
一度J2の時もあったし、代表でもキャップ数歴代1位との事で、
もう一体全体、何試合出てるのか凄すぎる!
正直、これが上でも良いとは思ったものの、迷った末、2位はこちら。

2位:宮本監督就任
火中の栗を拾う形で、レジェンドにオファー。
恒様と共に、J2で3年ぐらいかけて強さを取り戻すイメージも充分覚悟しました。
だけど、驚異の修正力で、終わってみれば選手として、監督として、9連勝を達成!
ベンチにいる姿が神。ファッションはツネコレ、スピーチはまとまってる、
ポストにも愛され、なんや、この男は!
しかし、真価が問われるのは2019年。名将として君臨できるのか!?期待大!

1位:串カツ屋11年目
皆様のお陰で、東心斎橋でガンバを応援して11年。
今年はインタビューも受けさせて貰えたし、
正真正銘、東心斎橋はガンバのテリトリーと言えるんではと自負してます♪
とにかく、来年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ10大ニュース2018・前編

今年も最後はこれで締めくくりたいと思います。
※記憶だけに頼っているので、抜け等はご了承を。

年末年始は30日(日)臨時営業まで労働!
※30日はランチ営業はありません。
年始は7日(月)からになります。

年越しにしんそば 880円 
年越し天ぷらそば 980円

それでは、発表します。

10位:ウィジョ覚醒!
アジア大会でも大活躍で、ガンバのみならず韓国代表でも今が旬の虎に!
彼の移籍話が出ないか心配になるほど、ウィジョゾーンからのゴールは鮮烈!
兵役も無事に回避して、危険水域な時期に代表に貸して良かった。
6年間在籍のオ・ジェソクも良い兄貴分として、サポートしてくれてそう。

9位:東口・三浦・堂安、森保JAPANに選出
W杯後の新生JAPAN、守護神として継続の東口、今後の成長が見込まれる三浦、
更には東京五輪も含め、今後の日本を背負う堂安と、
ガンバ戦士達が代表で躍動!また蛇足ながらM氏も代表で見かける機会多し。

8位:天皇杯、まさかの関学に敗れる。
アメフト事件後だったから、危険なチャージはできなかったとは言え、
初戦で大学生に敗れるという赤っ恥。
しかも、こちらはほぼベスメンと言うおまけ付き。
未来永劫、こういう過ちはダメ!絶対ダメ!

7位:ダービーダブル
常勝期は勿論、低迷期であろうが、好不調関係なくどんな時でも、
プライドを持って戦ってくれるからか、ダービーに関しては圧倒的勝利数。
大阪の覇権争い、もはや勝負あり!

6位:今野様・三浦様
今野が戦線復帰してから、9連勝。
福田、市丸、マテウス、高、高江など、定まらなかったボランチの一角に
今野と言う男が必要不可欠である事が判明。
それと、三浦のコイントス不敗伝説。こちらも数学上ありえないような確率で勝利。
最後の追いこみはこの2人の力は大きかった!

5位:苦ぴー
クルピ招聘が今思えば失敗の元凶でした。
言ったか言わずか「苦ぴ~」なんて笑えないジョークも話題に。
期待して使われた中村、食野など成長が足りなかった面はあるとしても、
開幕連敗から立て直せず、負の連鎖。挙句、豚のスパイ呼ばわりされました。
強化部も責任を取らされました。

4位:西野監督・東口・宇佐美W杯へ
ベルギーを追い詰めた日本代表。
日本列島が盛り上がる中、東口は出番無し、宇佐美は持ち味出せずと、
決して良い事ばかりでは無かったけれど、西野采配でGL突破はスバラ。

ベスト3は明日の後編で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の2018年

印象に残ってるのは、まずは旅色々。
愛知県の日間賀島や香川県の豊島など、なんか島に行く事が多かった。
初の北欧アイスランドとか、冬の東北とか寒いのにも行った。
遠征ついでに国会議事堂とかも地味に楽しかった。

ガンバ関連での一番の思い出は新スタ3年目にしても、
未だに生観戦ホーム戦で勝利を見ていないと言う意味不明な呪い。
因みにアウェイでは豚にも浦和にも勝利した2018年シーズン。

店に関しては、昨年から今年にかけて、凄くお客さんに幸せな事が起きたかな。
そのおかげで足が遠のいちゃった方もおるけど、
でもうちも皆に愛されてご来店頂いてる事は感謝しかない。
だから、ここは特に毎年一緒の感想。

後、つまらない事ながら、自分の中で印象深いのは、M1の3連単ズバリ当て。
すげーつまらないけど、すげー嬉しかった。

それから大きな変化としてはダイエット生活。
初めて現在3か月ちょっとでで8キロ痩せ。
ただ、70日間で7キロ痩せ、残り30日間で1キロ痩せと、
現在全く痩せない状況が続いてて、へこたれそうな所ではある。
ただ、これに関連して、焼き肉屋で白飯を頼まなかった時に、
意識高い系だと褒められたのはダイエッターにとっては嬉しいお言葉でした。

本日含め後3日。
明日は勝手にアフターゲームショーも生中継します。
本日より年越しそばも始めます。
宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャット&チョコレート

このカードゲームを遊んでみた。
他人が動画で遊んでるのを見ても、ルールを読んでみても、

正直、面白さってのはあんまり伝わってこないんやけど、
やってみたら、さぞ面白かった。

トラブルカードがあって、
それを自分の持っているアイテムカード3枚の中から選んで、
回避できたら成功みたいな感じのゲーム。

きちんと回避をOKとするのは勿論、大喜利的に一本みたいなのもありかなと。
ま、なんせ笑いの起こるカードゲームだとの感想。

しいて言えば、カードの種類が少ないので、何度もやれば飽きるかもかな。
ま、この正月に家族などでお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリエッタ

映画鑑賞5本

王様のためのホログラム 4点
想像と違ってた。コメディとしても、そない面白いと思わず、ストーリーもよくわからん。
一応、主人公の人生再生物なのかな。

バイオハザード ザ・ファイナル 3点
やっと終わった。
原点に戻ろうが、どうしようが、もう取り返しのつかない所まで来てしまってた印象。
1作目の興奮をピークに落ちていった映画でした。

ジュリエッタ 5点
突然、姿を消した娘への想いを募らせる母ジュリエッタの人生。
淡々と若き日と今とが綴られるけど、想像をさせるラストは妙味。

ハードコア 5点
これは単に趣味による。
ゲームの様な1人称視点で、バイオレンスも満載で、アクションも凄いけど、
この斬新なタイプの映像より、普通な方が好み。

旅するジーンズと16歳の夏 5点
16歳の女子4人組の青春物。ティーンな物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森秋田の旅

今年、最後の旅は東北、青森、秋田、五能線の旅を。
今年、最後の連休も終わって、本日より30日(日)まで、営業致します。

年末年始の告知。
12月29日(土)まで通常営業。30日(日)17時より臨時営業(ランチ休み)
1月7日(月)より、2019年営業開始します。
宜しくお願いいたします。

飛行機で青森へ。
青森って町は小さな町ながら、コンパクトに見所がギュッとつまった美味しいリンゴの様。
津軽海峡冬景色歌碑の前に立ち、フルコーラスで石川さゆりの歌を聴き、
その横にある思い出の海峡連絡船八甲田丸を見ながら歩き、
アップルストアのA-FACTORYをぶらり、ねぶた展示施設のワ・ラッセをぶらり、
アプサムでは津軽三味線の生演奏を。
徒歩15分圏内で、青森でやりたい事、見たい事がほぼ網羅。
昼飯でも、青菜センターでのっけ丼。
自分の好きな海鮮食材をのっけまくって大満足。
更に駅前のほたて小屋で、ほたて釣りにも挑戦。

約2時間の青森観光を終えて、観光列車リゾートしらかみに乗車。
五所川原駅では、期間限定の観光列車ストーブ列車に乗り換えて、
するめを焼いて貰い、日本酒と共に。

そして宿はどうしても行きたかった黄金崎不老不死温泉。
到着は夜だったので、海沿いの温泉には入れずも、翌朝にイン。
少し都合があり、短時間ではあったけど、荒れる波、朝日な露天風呂を経験。

そして五能線の旅を続けて秋田へ。
まずは秋田グルメを。きりたんぽ鍋、ハタハタ寿司、比内地鶏、いぶりがっこ、稲庭うどん。
ただ秋田に関しては、青森と違って、見所が少なし。
とりあえず、JR東日本・大人の休日のCMでお馴染みの県立美術館へ。
ここは藤田嗣治の強大な絵、安藤忠雄の建築物って事で良かったけど、観光は以上。
お目当ての秋田犬は留守で、なまはげも男鹿に行かないとおらず、かまくらも無し。
秋田美人は個人の主観も含まれるのでノーコメント。
全部事を済ませれた青森市と比べると、秋田市はサービス面で不足。
暇潰しにドトールコーヒーで茶をしばいて、大阪へのフライトで帰宅。

それでも1泊2日ながら、満足の見える旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ大阪ベストイレブン2018

自分の考えだけでベストイレブンを。

GK 
東口順昭(5年連続5回目)
DF 
藤春廣輝(4年連続6回目)
オ・ジェソク(2年連続3回目)
三浦弦太(2年連続2回目)
ファビオ(2年連続2回目)
MF
遠藤保仁(18年連続18回目)
今野泰幸(7年連続7回目)
倉田秋(4年連続6回目)
小野瀬康介(初)
FW
アデミウソン(2回目)
ファン・ウィジョ(初)

あくまで自分の中でではあるけど、
こうやって見ると、遠藤は凄いけど、
どこかで誰かが抜かなあかんよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご挨拶はどっち?

もう今年もほんま後少し。
良いお年をってお客様もぼちぼち出てきました。

とりあえず、その前にメリークリスマスって事で、
25日まで、クリスマスパックやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最短で2年後

昨日は、ツイッターとか見てると豚祭りの雰囲気でした。
これで一歩、うちのセカンドと隣のトップが公式戦で戦う日が近づいたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンチェスター・バイ・ザ・シー

映画鑑賞

マンチェスター・バイ・ザ・シー 9点
ケイシー・アフレック陰陽使い分けで納得のアカデミー主演男優賞受賞!
その他の芸達者な俳優達も良かった。
物語自体、謎を秘めた展開からの決してハッピーエンドとは言えないながらも、
どことなく良い終わり方も良い余韻。

20センチュリー・ウーマン 5点
15歳の少年がエキセントリックな女性3人に成長させられると言う一時の物語。
これはこれで面白いんやけど、単に芸術的なカメラとか、そういうのが好きではない。
多分、この監督とは合わない。

ドクター・ストレンジ 6点
これは映画館で見るべき作品でした。映像が凄すぎる!
そして、新ヒーローのストレンジのキャラは、ベネディクト・カンバーバッチうってつけ!
真面目な顔して、ジョークを言う所とか、愉快。
ただ、元も子もないけど、魔法とかなんでもありのヒーローか~ってのと、
ストレンジ1作目って事で、序章感あり。

ウォー・ドッグス 7点
日本未公開ながら当たりの社会派コメディ。
ジョナ・ヒルがあんな欲をかかなければ!とは思うけど、
一応、実話ベースだしなって所。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 5点
トム・クルーズ主演のMIシリーズとは違う方。
安心安全の面白さ。良いアクション映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアム新登場

今年もやってきました。

★クリスマス限定ロゼ
クエルチオーリ・レッジアーノ・ランプルスコ・ドルチェ(伊) 特別価格400円

★CURVAのクリスマスパック 1580円

(内容)
生野菜スティックX’masヴァージョン
玉子と鶏つくねのおでん
チキンカツ和風おろしと鶏ささみ梅しそ巻き
若鶏の唐揚げ

★CURVAのクリスマスパック プレミアム 
コース注文の場合のみ、お一人様200円+で限定ロゼを付けれます。

今夜はアウォーズ放送です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ担当主審ランキング2018

※リーグ戦のみ集計
※5試合以上担当した主審対象

→1位(1位)井上知大 6試合5勝1敗 勝率83% 無敗率83%
※今季、担当無し

→2位(2位)廣瀬格 17試合10勝4分3敗 勝率59% 無敗率82%
※今季3試合1勝2分

↑3位(5位)西村雄一 33試合19勝8分6敗 勝率58% 無敗率82%
※今季3試合2勝1敗

↓4位(3位)岡部拓人 14試合8勝3分3敗 勝率57% 無敗率79%
※今季3試合1勝1分1敗

↓5位(4位)東城穫 28試合15勝5分8敗 勝率54% 無敗率71%
※今季2試合2敗

↑6位(9位)松尾一 27試合14勝8分5敗 勝率52% 無敗率82%
※今季2試合2勝

↑7位(8位)家本明彦 42試合21勝12分9敗 勝率50% 無敗率79%
※今季1試合1勝

↓8位(7位)今村義朗 8試合4勝3分1敗 勝率50% 無敗率88%
※今季、担当無し

★9位(初)上田益也 6試合3勝1分2敗 勝率50% 無敗率67%
※今季2試合1勝1敗

→10位(10位)村上伸次 21試合10勝7分4敗 勝率48% 無敗率81%
※今季2試合1勝1敗

↑11位(14位)飯田淳平 16試合7勝2分7敗 勝率44% 無敗率56%
※今季3試合2勝1敗

→12位(12位)福島孝一郎 7試合3勝2分2敗 勝率43% 無敗率71%
※今季、担当無し

↓13位(11位)木村博之 19試合8勝2分9敗 勝率42% 無敗率53%
※今季1試合1敗

↓14位(13位)榎本一慶 5試合2勝1分2敗 勝率40% 無敗率60%
※今季、担当無し

→15位(15位)佐藤隆治 22試合8勝9分5敗 勝率36% 無敗率77%
※今季、担当無し

↑16位(17位)高山啓義 21試合7勝5分9敗 勝率33% 無敗率57%
※今季、担当無し

↑17位(18位)山本雄大 11試合2勝4分5敗 勝率18% 無敗率55%
※今季2試合2敗

その他、今季、笛を吹いて5試合に満たない主審たちとしては下記。
荒木友輔1勝1分、山岡良介1敗、柿沼了1分1敗、
小屋幸栄2勝1分、窪田陽輔1敗、上村篤史1敗

また昨年まで6位だった吉田寿光(34試合18勝7分9敗、勝率53% 無敗率74%
16位だった扇谷健司(21試合7勝6分8敗 勝率33% 無敗率62%)
この2人が引退らしく、ランキング外になりました。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい!

長い事、店やってると、再開がある。
当時、結構な頻度で来てくれていたグループが久々のご来店をしてくれた。、
7年ぶりぐらい。
あ、憶えてくれてたんや!って嬉しさ。
これって、ほんま長い事してて良かったなと思う。
もう皆さま、結婚されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬サッカー

Jが終わっても、欧州CLがあり、CWCが始まりと案外とサッカー三昧。
また以外にCWC開幕戦も白熱した試合で面白かった。

で、今シーズンのCLの勝ち抜けはと言うと、
スペイン3、イングランド4、ドイツ3、フランス2、イタリア2、ポルトガル1、オランダ1
至極、順当な結果。

でも、今年はスペイン勢の優勝ではなさそう。
マンUとユーベが戦った大会では、必ずどちらかが優勝するらしいので、
順当に思えばユーベでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

163円

1か月定期4900円のプール代金。
30日連続勤務で、1日平均163円にした。
なんて安い運動なんだ!

とは言え、寒くなってきて、だいぶ億劫。

サッカーの方はCWCも始まって、案外オフも放送カードびっちし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来よ こんにちは

映画鑑賞

ペット 5点
飼い主が仕事に行って留守の間、ペット達は何をしているのか?
もうちょいリアル路線の方が好み。
あそこまで無茶苦茶してるのは、想像の範囲外。
ただ、本当はクラシックよりもパンク好きの犬は良かった♪

オー!マイ・ゴースト 5点
最後の展開はおお!っとなったけど、
ウィットに飛んだ普通レベルのコメディ。

スキップ・トレース 3点
最近のジャッキー・チェンは良くないな~。
予告編で見たとこが一番面白いし、捻った展開も特におお!とならない。
年、取ったって事なんかな。

セブン・シスターズ 6点
雑ではあるけど、近未来SFとして、七つ子を演じたノオミ・ラパスも七色だったし、
アクションシーンもストーリーも、なかなか目新しい面白さはあった。

おとなの恋の測り方 5点
136センチの男を主人公にしたラブコメと言う斬新な発想と、
それを演じたアカデミー俳優のコミカル差は良いけど、
結局、主役の男は背は低いとは言えスマートでモテ男やし、
ラストの展開はやや強引で違うな~って感覚。

未来よ こんにちは 7点
ほんまこれといって何も起きない。
旦那と熟年離婚、子供達は巣立ち、親は亡くなり、出版してた本は打ち切り。
親身にしてた元生徒には辛辣な事を言われ、気づけばひとりぼっち。
ここに粗筋を書いたけど、映画としては以上。でも、なんかセンスある。
そんなこんなで今週も、イザベル・ユペールの作品が1位でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1順位予想解答編2018

誤差2は△

△1:川崎(+2)

●2:広島(+12)
△3:鹿島(+1)
●4:札幌(+11)
△5:浦和(+2)
〇6:東京
●7:C大阪(+11)
●8:清水(+5)
●9:G大阪(-8)
●10:神戸(+6)
●11:仙台(-3)
〇12:横浜M
△13:湘南(-2)
●14:鳥栖(-4)
●15:名古屋(-6)
●16:磐田(-11)
●17:柏(-15)
△18:長崎(-1)

感想
柏は基本優勝予想にしてて、降格とか、
札幌や広島の上位、または磐田をどうやら上位予想してたとか、
J1は毎年大きく外してるけど、なのに今年は2つズバリ。
△も5個と、思ったより近いとこもあった。
難しいわな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も忘年会で紅が歌われた。
俺より家も遠いし、断然、朝早いのにお疲れ様。

天皇杯も終わったらしいので、今夜はそれかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちかな?

磐田と東京V。
本来の実力的には磐田、勢いだと東京V、そんな構図の今回の入替戦。

もしかすると、中村俊輔がJ2でやるかもと思うと、
東京Vが上がってくる方がいいかな。
・・・やらないかな。

今夜はその録画を中心に放送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2順位予想解答編2018

誤差2以内は△

●1:松本(+4)

●2:大分(+4)
●3:横浜F(+7)
●4:町田(+14)
△5:大宮(-1)
△6:東京V(+1)
●7:福岡(+4)
●8:山口(+9)
●9:甲府(-8)
●10:水戸(+10)
●11:徳島(-9)
●12:山形(-4)
△13:金沢(+1)
●14:千葉(-11)
△15:岡山(-2)
●16:新潟(-7)
●17:栃木(-5)
●18:愛媛(+3)
●19:京都(-3)
△20:岐阜(-1)
●21:熊本(-6)
〇22:讃岐

感想
ちょこちょこ僅差もあるけど、ズバリ当ては讃岐だけ。
町田、山口、水戸の躍進は大外れ。
またお客様に遠慮したであろう徳島と千葉も大外れ。
でも以外に京都は下の方に予想してたみたい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J3順位予想解答編2008

誤差2以内を△

●1:琉球(+7)
〇2:鹿児島
●3:鳥取(+12)
●4:沼津(+7)
△5:群馬(-1)
●6:G大23(-5)
●7:C大23(+10)
●8:秋田(-5)
●9:相模原(+5)
●10:長野(-5)
●11:富山(-5)
●12:福島(-5)
●13:盛岡(+3)
△14:F東23(-2)
△15:YS横浜(-2)
●16:藤枝(-6)
●17:北九州(-8)

感想
鹿児島2位をズバリ!
だけど北九州の最下位とか、鳥取の躍進とか、こんなん当てれる訳ない。
なんにせよ、ガンバセカンドも今年はAクラスで終われたし、
来年は熊本、讃岐に、八戸も加わって、また激しい戦いが繰り広げられるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エル ELLE

映画鑑賞5本

評決 7点
ポール・ニューマンが信念に敗れ、落ちぶれた弁護士から、
正義に目覚めるまでを熱演した法廷物の傑作。
謎の女の存在感も良いアクセント。ただ、ラストもっと熱弁して欲しかった。

ウォー・ゲーム 7点
この当時の映画として、このネット社会をテーマにしてるのは凄い。
また、軽めのタッチで描いてるのも、単なる娯楽作に徹してる感が潔い。
今、見れば古いけど、それはそれとしてなかなかでした。

星の王子さま 6点
原作にほぼ忠実。

ある決闘 セントヘレナの掟 4点
ウディ・ハレルソンの役の位置付けが不明瞭。
なのに妻が取り込まれるとか、納得がいかない。そんな西部劇。

エル ELLE 8点
大女優イザベル・ユペールが体張ってる!
物語もレイプ犯を探すミステリーだけで終わらず、
ポール・ヴァーホーベン監督らしい癖のある展開。
想像とは違ったけど、見入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮した!

初めてM1の3連単をズバリ当てた!
こんなしょーもない事なのに、異様に嬉しかった。

大まかな感想として、今年は概ね自分の評価と近かった。
トム・ブラウンがそない面白かったか?と感じたぐらい。
優勝に関しても和牛って意見が多いみたいで、それもわかるけど、
昨年のとろサーモンの時は俺もそう思ったけど、霜降りは面白かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかな~な終わり方

最後はトップもセカンドもありゃま。
今年はでも1年を通して、ありゃまって感想でした。

クルピ就任で、若手の有望株を沢山獲ってきて、
思惑通り、若手たちが躍動するサッカーになれば良かったんだろうけど、
全くそうはならず、挙句には柿谷を取るとかの話にまでなるほど、
大金をほかしたクルピ頼みになる寸前まで。

そこから宮本監督、レジェンド就任で、これは下手したら、
J2行きを覚悟して、宮本監督と共に時間はかかっても再建も覚悟と思ったら、
今度は破竹の9連勝と。想像を超える勝利で残留は早々に当確。

でも、浮き沈みのあった1年だけに、終わってみれば9位と言う微妙な位置。
やっぱ、ありゃまでしょう。

さて、来年はどうなる事やら。
とりあえず、最初から宮本監督なので、そこは戦力を整えてあげるとこから
クラブには期待したい。

柏戦、セカンドダービーお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も最終節

今年もいよいよ最終節。
10連勝はかかってるけど、気楽に見れる試合になりました。
ある意味ではお互い。

・・・やけど、家の方のパソコンが壊れてて、
買い換えたものが本日試合中に届くので、俺は生観戦できません。
なので、店での録画放送します!

そんな訳で、ガンバ戦を含む色んな最終戦を放送するので
ご来店の程、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »