« ガンバ大阪ベストイレブン2018 | トップページ | ジュリエッタ »

青森秋田の旅

今年、最後の旅は東北、青森、秋田、五能線の旅を。
今年、最後の連休も終わって、本日より30日(日)まで、営業致します。

年末年始の告知。
12月29日(土)まで通常営業。30日(日)17時より臨時営業(ランチ休み)
1月7日(月)より、2019年営業開始します。
宜しくお願いいたします。

飛行機で青森へ。
青森って町は小さな町ながら、コンパクトに見所がギュッとつまった美味しいリンゴの様。
津軽海峡冬景色歌碑の前に立ち、フルコーラスで石川さゆりの歌を聴き、
その横にある思い出の海峡連絡船八甲田丸を見ながら歩き、
アップルストアのA-FACTORYをぶらり、ねぶた展示施設のワ・ラッセをぶらり、
アプサムでは津軽三味線の生演奏を。
徒歩15分圏内で、青森でやりたい事、見たい事がほぼ網羅。
昼飯でも、青菜センターでのっけ丼。
自分の好きな海鮮食材をのっけまくって大満足。
更に駅前のほたて小屋で、ほたて釣りにも挑戦。

約2時間の青森観光を終えて、観光列車リゾートしらかみに乗車。
五所川原駅では、期間限定の観光列車ストーブ列車に乗り換えて、
するめを焼いて貰い、日本酒と共に。

そして宿はどうしても行きたかった黄金崎不老不死温泉。
到着は夜だったので、海沿いの温泉には入れずも、翌朝にイン。
少し都合があり、短時間ではあったけど、荒れる波、朝日な露天風呂を経験。

そして五能線の旅を続けて秋田へ。
まずは秋田グルメを。きりたんぽ鍋、ハタハタ寿司、比内地鶏、いぶりがっこ、稲庭うどん。
ただ秋田に関しては、青森と違って、見所が少なし。
とりあえず、JR東日本・大人の休日のCMでお馴染みの県立美術館へ。
ここは藤田嗣治の強大な絵、安藤忠雄の建築物って事で良かったけど、観光は以上。
お目当ての秋田犬は留守で、なまはげも男鹿に行かないとおらず、かまくらも無し。
秋田美人は個人の主観も含まれるのでノーコメント。
全部事を済ませれた青森市と比べると、秋田市はサービス面で不足。
暇潰しにドトールコーヒーで茶をしばいて、大阪へのフライトで帰宅。

それでも1泊2日ながら、満足の見える旅でした。

|

« ガンバ大阪ベストイレブン2018 | トップページ | ジュリエッタ »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森秋田の旅:

« ガンバ大阪ベストイレブン2018 | トップページ | ジュリエッタ »