« 出ても出なくても | トップページ | 春は揚げもの2019 »

ガンバイズム

2019年、ガンバ大阪、無事に開幕しました。
ひとつの白星は、ひとまずサポにとってもクラブにとっても大きな安心感となりました。

試合の方は、前節の反省を生かした遅攻な序盤。
こちらがボールを回し、時折かっさわれて逆襲を浴びる展開。
その逆襲の中の1つが、相手の先制点に。
ゲームを支配はしていても、清水の方が決定機は多かったし、
ありゃまって感じではあったけど、こちらも今度は完璧な崩しで前半の内に同点。

ビューティフルゴール小野瀬。

このまま後半も支配しながらかと思ったら、何故か後半は清水めさ強い。
やばいよやばいよと思って見てたら、今度は速攻でウィジョとアデの2人で崩して逆転弾。
こういう前後半でって意味では無く、試合の中でって意味だったと思われるけど、
速攻と遅攻の使い分けが課題って言ってたのは、図らずも実戦で実演に成功。

3点目のアデ弾が入った頃には、勝利を確信。
後はもう一人のエースに今季初ゴールが生まれたらいいなと思ってたら、
それも実現して圧勝。

現状6得点5失点と言う、ガンバらしい得失点差になってるのも、なんだか嬉しい。
そう思えば、開幕2戦目にして、スローガンも実践できているのか。
なんか、いいね。

|

« 出ても出なくても | トップページ | 春は揚げもの2019 »

ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンバイズム:

« 出ても出なくても | トップページ | 春は揚げもの2019 »