« 朝日の夕刊 | トップページ | 久々ックス »

ゲット・アウト

映画鑑賞

ゲット・アウト 8点
ネタバレせずに超楽しみにしていた作品。
低予算作品なので、この年最も稼いだ映画らしい。
とにかく、ネタバレを知らずに見ると楽しいし、
アカデミーにも絡んでいるので、娯楽作ながら黒人差別なメタファーも沢山。

フラットライナーズ 4点
ジュリア・ロバーツやケビン・ベーコンが若かりし頃に出ていたホラーのリメイク。
青春ホラーとしてはそれなりの水準に思えるけど、まぁそれなり。
この中から将来のスターは誕生するんだろうか?

ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた 7点
あのボストンマラソンのテロで両足を失った普通の青年の物語。
このタイトル通り、ダメな男って所がミソで、だからこそ共感できる。
とりあえず、こういう実話系は感動しちゃうから、卑怯な気もするけど…。

ホース・ソルジャー 5点
9.11同時多発テロの翌日に米国が行った秘密の軍事作戦を描いた作品。
ベースは実話なんだろうけど、主役がヒーロー過ぎるのと、米国万歳感が鼻につく。

西遊記2 妖怪の逆襲 4点
前作は、え!これがどうあの西遊記に繋がるの?って言う
驚きに満ちた素晴らしい映画だったけど、この続編は単なる孫悟空。
チャウ・シンチーが監督から降りた事が痛い。

レゴ(R)バットマン ザ・ムービー 6点
オープニングからブラックジョーク満載で、ストーリーも練られてて、
更にヒーローもヴィランも総出演!他作品の悪役もワーナー作品を中心にオールキャスト。
ただ、個人的にこのレゴの世界観のアニメが肌に合わなくなってきた。

|

« 朝日の夕刊 | トップページ | 久々ックス »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日の夕刊 | トップページ | 久々ックス »