« D287 | トップページ | 遠い先を見据えると次節はいわゆる首位攻防戦 »

旅バラ

群馬県だったか、どこかで太川さん蛭子さんのロケに偶然出くわして知った2人の旅番組。
その縁で、路線バスの旅をフールで一気見。
面白い!
蛭子さんが高齢で歩けないって事になり、メンバーを変えて今もZとしてやってるけど、
そちらは面白みが分からないので見ず。

ところが、他の視聴者も俺と同意見が多いらしく、太川蛭子コンビで毎週番組として再開!
これは見ないと!って事で毎週録画で楽しんでる日々。
やっぱ、蛭子さんの無茶苦茶具合を太川さんが叱りたしなめるって構図が魅力だから、
この2人がゴールデンコンビなんだと思う。

で、現番組は3つの旅で構成されてる。
一つは3泊4日から縮小して1泊2日での路線バスの旅。
縮小した分、ややスケール感には欠けるけど、まま安心の面白さ。
ただ、ゲストがマドンナ1人(もしくは男性でも良いけど1人)だけでいいような気はする。
なんか無意味に大物ゲストが加わったりするのは、特にいらない。
鉄道の方でも同じ意見。

それと蛭子さんの1人でできるかな?的なやつ。
これは蛭子さんが10万持って、ゴールに向かい余ったら残りを貰えるって企画。
だけど次から次へその蛭子さんの金にたかって来るゲストが現れる。
これは色んなゲストがいる事が逆に良い。
一応、2人の名前が付く番組なので太川さんはナレーションで参加してる。
3企画の中では一番面白みに欠ける気はするけど、よく練られたシステムだとは思う。

最後にローカル鉄道の旅。
これがバス旅に慣れてた人からすると、名所をクリアできたかどうかの正解がスタッフの判断による面が多く、
いまいち感ありありのルールだった。
ところが、昨日の放送から、予め決められた名所と言うシンプルなルールになり、改善!

そんなこんなで楽しく見てます。以上。


|

« D287 | トップページ | 遠い先を見据えると次節はいわゆる首位攻防戦 »

テレビ・芸能・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« D287 | トップページ | 遠い先を見据えると次節はいわゆる首位攻防戦 »