« 超ハワイイ!! | トップページ | ジェソクと田中の流出について »

gifted ギフテッド

映画鑑賞

バトル・オブ・ザ・セクシーズ 8点
当時、女子の優勝賞金が男子の8分の1である事に不満を持つ女子のスター選手と、
この女子と対戦すれば注目されると目論む55歳の元男子テニスプレーヤーの実話のテニスバトル。
これをエマ・ストーンとスティーブ・カレルが好演。
その本題部分以外でも色んな要素があって、面白かった。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 7点
スピルバーグ、トム・ハンクス、メリル・ストリープの3人がちゃっちゃと作った政治ドラマ。
反トランプ政権な3人なので(多分)、このタイミングで仕上げて提出。
流石の出来ではあるけど、そういう面が透けてるし、ウォーターゲート事件に繋がるラストも
米国の歴史に疎く、調べないと意味不明だった。

gifted ギフテッド 9点
天才少女を普通の少女として育てたい父と、天才として育てたい祖母。
子役が抜群でまさに天才!また話が違う方面へ流れるストーリーも秀逸。

ローマンという名の男 信念の行方 6点
デンゼル・ワシントンの独り舞台みたいな作品。
アカデミーにノミネートされたのに日本未公開。
デンゼル・ワシントンもアクション映画しか日本に来ない・・・。
もっと信念を貫く真面目なドラマかと思ったら、ちょっと違ってびっくり。

|

« 超ハワイイ!! | トップページ | ジェソクと田中の流出について »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超ハワイイ!! | トップページ | ジェソクと田中の流出について »