« パワーアップ | トップページ | 次期監督決定 »

パディントン2

映画鑑賞8本

パディントン2 8点
こういったジャンルの中だと完璧だと思う。
1作目も完璧だったにも関わらず、2作目でも完璧とはディズニー超え。
悪役が今回はヒュー・グラントで配役も楽しい。
笑いも伏線もあるのに、ちゃんと移民問題的な深いテーマも添えてある。

エンター・ザ・ボイド 5点
ドラッグと輪廻転生と東京。
酔うような映像とラストのラブホ転生はどうかな?とも思うけど、
これが芸術と言うものなのかも知れない。

ハロウィンⅡ 4点
まぁ2作目でブギーマンからの変化球ならこれはこれでありかも。

ドリアン・グレイ 4点
文芸作品であるからまだ良い気がするけど、
オリジナル作品だとすれば、ちゃちいサスペンスホラーな雰囲気。

恋のロンドン狂騒曲 6点
ウディ・アレンの上から目線をどう思うか?やけど、
それぞれの登場人物がいとおかしで、人間ってこんなもんって群像劇。

ロリータ 6点
この当時、1961年だと画期的だったのかも知れない物語。
ただ、その表現の足かせが、このテーマの作品だと弱く感じる。
キューブリックよく頑張ったな!とは思うけど、もっとエロくしないと…。
ロリコンって言葉の生みの親だと思えば、破壊力はやっぱあったんだな。

ファントム・スレッド 8点
特に動きの無いラブストーリーながらぐいぐい引き込まれ、
ラストはまさかの毒キノコプレイとは、恐るべし!(ややネタバレ)
この作品で引退を決めたダニエル・デイ・ルイスの名優力も映画を面白くしてる気がする。

冷たい晩餐 3点
ラスト20分ぐらいまでは糞で、そこからやっと話が動くけど、
問いかけ的にあやふやに終わるし、結構時間の無駄。

|

« パワーアップ | トップページ | 次期監督決定 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パワーアップ | トップページ | 次期監督決定 »