« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

ハロウィン

今年も本日まで販売中。

「ハロウィン・ハッピー・プレート」
カボチャの豚肉巻き串カツ
カボチャサラダ
カボチャコロッケ
カボチャスープ

580円

| | コメント (0)

ロング、ロングバケーション

映画鑑賞6本

さよなら、僕のマンハッタン 5点
観終わればマーク・ウェブ監督らしいアオハルな物語に気付くけど、
哲学的な会話や、洒落た展開がちょっと鼻についた面もある。
要はちょっと個人趣味に走りすぎたかなと思った。

トランスフォーマー 最後の騎士王 3点
これは新三部作として、また再スタートをした訳やけど、もうほんまにいらない。
予告編でやってたオプティマス悪者も、友情でカムバックとかありきたり。
映像と破壊力は凄いけど、
我らの『ガンダム』が、こんなんになったら嫌だなとか思いながら見てた。

ロング、ロングバケーション 6点
認知症をほんまにボケとして、笑いに変えてるのはどうかと思うけど、
現代のアメリカン・ニューシネマとして見ると、感慨深い。

グレイテスト・ショーマン 6点
最近流行りの多様性、それを素敵な音楽に乗せて、って言う容易な発想が少し嫌。
また、歌やダンスは凄いけど物語がちょっと弱い気がした。

トリプルX 再起動 5点
シンプルに楽しいアクション映画。2作目のアイス・キューブ版がコケたから、
また1作目のヴィン・ディーゼルに戻して再起動かと思ったら、
きっちり2作目もあった事にしてる上に、ドニー・イェンも出てるから感心。

アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ 5点
レイプされるまでは退屈。そこから怒涛の復讐劇。
少し前にもこんなん見たけど、今回のは復習がホラーでえぐい。
まるで『ソウ』。ただ、復讐なのでスカッとはする…かな?

| | コメント (0)

旅博

寝て過ごす予定だった日曜日。
金曜日、偶然、新聞紙面で「ツーリズムEXPOジャパン2019」の広告を読む。
当日券1000円、前売券500円と2倍の差があるので、即決して、
これに行くことを決め前売購入。

それから、少し調べてみると結構、大掛かりなイベントである事を知る。
本来、東京で毎年行われているもので、今年と来年は、
東京五輪のプレスセンター改修の為、東京ビッグサイトが使えないので、
今年は大阪開催、来年は沖縄開催となった様子。
つまり、今年行かないと永遠に行かないとこだった。
流石に東京まで、これを見に行くとは思えないので。

また、芸能人も多数来る事も判明。
U字工事、ハイヒールモモコ、麒麟田村、ヤナギプソン、
また温泉ソムリエ西村知美とあったので、同姓同名かと思ったら、あの西村知美だった。
ガンバ大阪もガンバボーイとチアが出場していた。

それから噂話程度やけど、会場のインテックス大阪の全1号から6号館まで
全部使うようなイベントって稀らしい。
なんせ昨年とか2日間で13万人以上が来てるイベントとの事。

なので、朝10時開場前に行き、ほぼ1日楽しんだ。
各航空会社、旅行会社、都道府県、世界100か国以上のブースがあり、
抽選やクイズ大会の結果は散々やったけど、ボールペンとかクリアファイルとか
いっぱい貰って帰ってきた。

本当はモモコ姉さんとか見たかったけど、なんか時間が合わず結局、誰一人芸能人とは会えず。
一番見たかった、誰が興味あるねん!でお馴染みのヤナギブソンは見ようと思えば見れたんやけど、
そこまで会場におると、帰り道がばば混みかなと思って泣く泣く早退した。
西村知美は既に満席だった。

でも、旅行気分が味わえました。

| | コメント (0)

子豚にも

いよいよラグビーW杯が、準決勝まで終わった。
よく知識が無いながらも、ここまで見てきた流れや結果を考えても、
どちらが優勝するか分からない魅力ある決勝の対戦カードになったと思う。
一応、ややイングランドかなと思う。

それにしても、ガンバの話題を忘れるのに、ラグビーW杯にお世話になってる今年。
せちがらい2019年やな~。





| | コメント (0)

エレッセ

そういえば、水着を新調しました。
前回はアリーナを使ってたけど、今回はエレッセ。
特に意味は無くやけど、エレッセって、フィットネス用のイメージがあって、
ちょっと迷ったけど、やっぱアリーナかスピードが王道な感じなので、
でも、金銭的にそれしか選択肢が無かったから、それにしました。

で、そういえば、本日はルヴァン杯決勝。
どうでもええんやけどね。

| | コメント (0)

看板

偶然だと思うけど、ダービー前に当店の看板が割られた♪
なので、新調しました。
格好よくなりました。
また見に来てください。

| | コメント (0)

ラー

ボドゲ感想

はっきよいゲーム 7点
相撲と言う日本独自の文化をゲームにしてる所も好感ありやけど、
それよりも前半・後半にゲームが別れてて、
案外、そんな相撲って言うおかしさだけでは無くゲームとしても面白い所がいい。

アズール 8点
これは今回やってみたかったゲームの一番手。
途中からこういう手段で攻めようと思った時には遅かったけど、
流石によく練られたルール。

チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク 6点
名作で一度は遊んでみたかったゲームの簡易版。
だいたいのシステムは分かったし、インストも簡単で、でも奥深くいい感じ。
きっと簡易版じゃ無い方をやればまた違う面白さがあるのかも。

それはオレの牧場だ! 6点
「それはオレの魚だ!」の豪華な感じのゲーム。
このパターンは苦手。と思ったけど、案外どうにかなるのかもとも思った。
ただ、どちらにしても得意ではないと思う。

ラー 9点
オークションの名作やけど、手札が見えてるのは新しい。
だから、これで絶対に買えるとかがある所が戦略性が高くて良い。
テーマはボドゲをやり出して何回か出会ったエジプトなのは新しくないけど、
いつまでも色あせない雰囲気はある。

ウミガメの島 4点
人気ゲームと噂にしてたけど、さほど駆け引きもなく終わってしまった。
上に乗るタイプなら「キャメルアップ」だったし、単なる双六な感じがして残念。

ハイソサエティ 8点
「モダンアート」「ラー」をしたので、やってみたかったオークション3部作。
これは金を使いすぎると負けると言うのがいい塩梅。
少しカードの出目が偏ってしまって、シャッフルをちゃんとしとけばとは思ったけど、
簡単なルールで、しかも戦略もあってと、いい塩梅。

| | コメント (0)

アナベル 死霊人形の誕生

映画鑑賞

アナベル 死霊人形の誕生 6点
ホラー要素よりもストーリー要素を重視した作りが好印象。
正直、あんまり覚えてないんやけど、このシリーズのファンなら面白いと思う展開がいいね!

チャイルド・プレイ チャッキーの狂気病棟 2点
人形に襲われるのを続けて見たけど、もうこちらは過去の栄光感しかない。
リセットしないとどうしようもない所まで来てしまった。なんでもありは面白くない。
で、リセットするらしいので、次作は面白いかも。

フィストファイト 4点
所謂、アメリカのコメディ。

奇跡の絆 5点
所謂、宗教映画。
ただ、実話ベースなので、そういう意味では宗教関係なく感動できる面もある。

美女と野獣 6点
所謂、ディズニー作品。
それを超えてはこないかな。
実写化の精度は完璧だと思うけど、実写化するには月日が短い。
そこが『シンデレラ』とは違う。

| | コメント (0)

続投と退任と8強

宮本監督の続投が発表されたみたい。
ま、個人的にはそうだと思う。
そりゃ成績は正直言って物足りない。
だけど、火中の栗からの就任だったし、契約がまだ残ってるなら続投でしょう。
それに、宮本監督になった時点で成績は我慢すると思った。
とは言え、Bクラスでも我慢するって意味であって、降格は全然話は別。
仮にそういう事があれば、解任は絶対!
来年も同じ。
今年の結果があって、また来年も低空飛行が続けば途中解任は止む無し。
そうは思うけど、来年1年は我慢できる。

とりあえず、家でビデオを見続けてると思うので、試合前のスタメンに関しては、
前試合の反省を生かして組んできてる印象。
成功も失敗もあるけど、そこは及第点だと思う。
全とっかえした事もあったし。
ただ、試合中の修正がどうにもこうにも納得いかない事多し。
点を取られてから慌てるとか言うシーンが多くて、要はカードを切るのが遅い印象が強い。
なんか、試合が始まると、凄く臆病。もっと攻めの一手を打てないか?
ま、そこも踏まえて来年は勝負の年として開き直る采配を期待。

川崎戦は倉田秋の負傷が心配やけど、なんか引き分けでも順位が一桁に上がった不思議な現象。
でも、って事は負けたら一気やから、今後も厳しい戦いは続く。

宮本監督とは違って、さっさと変わって欲しかった西田局長が辞める事が発表された。
これは嬉しいニュース。18年間もやってたなんて信じられない起用のミス。
前局長の上岡龍太郎とのコメント力とか比べると話にならないレベル。
勿論、俳優さんだからそんなん無理だし、涙って言う独自色は出してたけど、
やっぱそれは元々あった本来のテイストとは違ってて違和感はずっとあった。
ずっと見てるんやけど。

後、ラグビーは残念でした。
普通に南アフリカが強かった。
試合前は勢いやホーム力などを踏まえて五分五分かそれ以上の可能性を期待してたけど、甘かった。
でも、ラグビーを初めてちゃんと見て、感動を与えてくれました。おおきに。


| | コメント (0)

運の悪い男

客人がバルサとレアルを見たいと言ってスペインに行ってる。
バルサもレアルも全部アウェイの日程。
しかも、バルサでデモ勃発。
運の悪さ、ハンパ無い♪
でも、楽しんできてください。

今夜は川崎戦後、スムーズに当店に来れます。
また、ラグビーやってます。
宜しくお願いします。

| | コメント (0)

キャプテン・リノ

仕事帰り、少しボドゲをした。

ボドゲ5本

ダンジョンオブマンダム 6点
装備をどれだけ外してダンジョンに挑めるか!そんなチキンレース。
ま、簡単で面白い。

ワード・バスケット 6点
日本語しりとりをゲーム化。
これはわいわいと楽しめるパーティゲーム。
意外と単語が出てこない。

赤ずきんは眠らない 5点
ブラフゲームやけど、なんか設定が微妙かな。
スカルの方がシンプルなのに、面白いと思う。

キャプテン・リノ 7点
子供向けのバランスゲームで、俺は不器用やから苦手なんやけど、
案外楽しかった。

おばけキャッチ 3点
一緒に遊んだ仲間に、空間認識能力なのか、凄すぎる人がいた。
単に彼がこの才能、凄かった。そういう感想。
でもそれが無かったとしても、そこまでタイプでは無い気がした。

| | コメント (0)

ガンバ戦士の風呂

パナソニックのショールームに行ってみた。

宮本監督、遠藤、東口の希望の風呂関係が展示されたいた。

宮本監督はシックな色合いの風呂。
風呂の中にモニターがあって戦術確認ができる仕様。
その戦術確認は意味があるのか、最近はやや不安。

遠藤は女の子がいるので、一緒に風呂には入れない。
でも家族団らんはしたいって事で、足湯スペース。
座布団が青と黒でうちの店の椅子と同じ発想。
家にあんな足湯の場所を取るスペースが普通は無いと思われる。

東口は家の中に岩盤浴。
疲れた体を癒したいとの希望。
常時、熱くしておくみたいなので、電気代がバカにならないと思う。

一般人からしたら夢のスペースやね、って感想でした。

| | コメント (0)

ライフ

映画鑑賞2本

BPM ビート・パー・ミニット 5点
昔、エイズの偏見と闘った組織の実話。
なんか、こういうジャンルがやたら高評価作品が多いのがひっかかるのと、
ドキュメンタリータッチな作風が好みでは無かったので、平均点で。

ライフ 5点
ほぼ『エイリアン』。
良い点もある。だけど今回のエイリアンの造形が、やはりあのエイリアンには及ばないのと、
本能と言う割に余りにも知識がありすぎる!読める展開だったのも、残念。

| | コメント (0)

ラグビーで気分一新

この連休は2回目のラグビー観戦と初めてグランフロントで過ごしました。

ラグビーワールドカップは、駅周辺の雰囲気が既に最高!
あー!ワールドカップが日本で開催されているんやな~って感じが随所に。
改修された聖地花園もラグビー専用なので見やすく、
試合自体は最下位争いながらも、ポロリも沢山ありつつも接戦で白熱。
そうこうして楽しんでるのに水を差すのが我がガンバ。
今年は少しも期待できない。それしかない一番最悪な0-1で敗戦。
ほんま最低。楽しい気分が台無し。

ところが、そんな気分を一新させてくれるのもまたラグビー。
日本代表。
アイルランド戦に続いて、スコットランドも撃破!
素晴らしい!試合をやりたっがてた相手を、ぎゃふんと言わしたったのも、気分爽快。
この攻めの姿勢が宮本監督にも欲しい。
守り切るなんて考えは、最後の最後で良い。

そんなこんなで、秘密の観戦会にご来店頂いた方々もありがとうございました。
皆で盛り上がれて最高でした。

| | コメント (0)

19号と玉子飯

連日、台風の猛威のニュース。
お気をつけて、ご来店ください。

ところで人気なので、種類を増やしました。

鶏そぼろ玉子飯 580円
焼豚そぼろ玉子飯 680円
牛そぼろ玉子飯 780円




| | コメント (0)

代表

代表戦はこんなもんでしょう。
まだ1次予選。
長い道のりの最初って感じかな。
とりあえず、ご来店頂き、おおきにでした。

今、代表と言えば、ややラグビーに傾いてるし。

| | コメント (0)

10番

劇的!
アウェーゴールは奪われたものの、これでドローでもOK。
地味にラグビー代表よりも、勝ち上がりの可能性は高いかも。

今夜はサッカー日本代表のW杯予選。

さておき、今年、倉田が良い気がする。
西野監督にも、もっとゴールを奪えとアドバイスされてたけど、
今年はそこを決めてるイメージが強い。
実際、何ゴールかと違って、2列目で決めてくれるイメージが強かったのは、
どちらかと言えば、小野瀬の方。
それが今年は10番の方になった気がする。

元々、献身的だったけど、パス出しが遅かったり、ゴールを余り決めなかったり、
特に前任者の10番がファンタジスタだっただけに、その壁が高かったけど、
倉田の10番時代が来た感じがした夜でした。

補足ですが、昨夜、当店では少し違う事でも盛り上がりました。
劇的勝利はそのおかげかも♪


| | コメント (0)

ブリグズビー・ベア

映画鑑賞5本

センチュリオン 4点
逃げるだけになるとは言え、後半もそれなり。
戦闘シーンも迫力はあり。ただ全体的にはもひとつ。

ゲティ家の身代金 6点
ケチ過ぎる♪孫が誘拐されたと言うのにビタ一文払わない大富豪。
また何故そうなのか?って所も含めて名優達が演じてるので説得力あり。
実話との事。またケビン・スペイシーが例の事件で俳優を差し替えたのも話題やけど、
これだけの出演時間を僅か9日間で取り直したと知ると凄すぎ!

ヒューマン・ハンター 3点
『ブレードランナー2049』を丸々パクったニコラス・ケイジのB級SF。
そこそこな低予算映画。

アメリカン・アサシン 5点
若手俳優主演のスパイ物。
結構、今の情勢ベースながら物語はM:Iを超えるぐらい
無茶苦茶。そこさえ目を瞑ればいいかな。

ブリグズビー・ベア 7点
実は25年前に誘拐されていて、その偽の両親が作った番組を見て育ったから、
いざ助けられても、その番組の続きが見たい!
それなら自分で作ろう!そんなオタク愛に満ちたほのぼのコメディ。掘り出し物!

| | コメント (0)

マジかよ、クルバ

世の中、空前のラグビーブーム!ほんのり世界陸上。今はほんのり阪神。
もしかすると大一番が台風で水を差されそうな気配。
ただ差された方が日本には得なんやけど・・・。

さておき、新商品情報続々!

ポテナゲ
ポテト+ナゲット3個 480円
ポテト大+ナゲット5個 680円

カレールー包み揚げ 180円
アジフライ 120円

鶏そぼろ玉子飯も好評発売中 580円




| | コメント (0)

ウィングスパン

本気のボドゲ会、2か月連続でたまたま参加できる日だったので、
挑んでみました。今回は違う意味でも挑んでみました。

ランペイジ 怪獣征服 5点
世界観は面白い。車を投げたり、ビルを壊したり、炎(息)を吹いたり、
ただアクション系のゲームは好みで言えば上の方では無いかも。

ウイングスパン 9点
これまた世界観が秀逸。鳥が本物データ。絵もセットも美しすぎる。
またゲーム展開も色々できるけど、ややこしくなくいい感じ。

バッドバニーズ 5点
カードゲームは簡単だから好きやけど、出したカードの数字の上か下かって単純さが
やや盛り上がりに欠けるかな。

セレンゲティBIG5 10点(参考記録)
作者のセンスが溢れてる。運と戦略のバランスも絶妙。
ただ、雑な作りなので、これが大手できちんと製品化されると、一家に一つのレベル。

スカルキング 8点
これぞトリテらしい。なんか俺はプロで、最初に自分の勝ち数を宣言して、
それを実行する為にカードを出していくけど、100%預言に成功。ナイスゲーム!

エル・グランデ 8点
評価が難しい。面白さはだいぶある。ただもう1回しても勝てる気がしない。
戦略が難しい。ま、そこが面白味なんやけど…。

炭鉱賛歌 7点
個人的にテーマがはっきりしてる方が好き。これは炭鉱!その方が入りやすい。
ワーカープレイスメントを初めてしたと思うけど、優しい部類らしく、
もっと複雑でも良いかも。










| | コメント (0)

アフォー

ダービーの借りはダービーでしか返せないのを思ったのと、
同時に気休めにはなった大勝でした。

宇佐美のゴールが、特に宇佐美らしくて良かった。
あれを毎試合してくれたら、ほんま代表なんやけど、それがな~。
かわいいやっちゃ。

とにかく、札幌3連戦、凄くマイナス思考で考えて、
仮に1勝しかできないとするならば、この試合とか思っていたので、
これでその責任は達成したし、ルヴァンもこうなれば2分けだろうと、1勝1敗だろうと
勝ち進んで決勝に行きたいなと思った次第。

後は、氣志團もサンキュー。
昨年のダパンプに続き、ハーフタイムショーの盛り上げと勝利をありがとう。

当店では来年はヤイコって事になりました。

勝利後、駆け付けてくれた方もおおきに!
今夜はラグビーで盛り上がりましょう!

| | コメント (0)

家具屋

ややこしい消費税。
とりあえず、10%になる前に、ソファを買おうと思ったりして、
家具屋巡り。

立花通り、オレンジストリートを散策するも、もう殆ど家具屋は無し。
それでも残り僅かな家具屋でええもんを見つけるも、予算オーバー甚だし。

で、メインの東京インテリアへ。
ここは、超高いのからお手軽なものまでって感じ。
初めて行ったけどなかなか。ただ店名は気に食わない。

そしてついでなので、勿論隣のイケヤへ。
こちらは2回目。ホットドッグを食べた。

そんでもって、アクタスも行ってみた。
お値段以上過ぎて、話にならない。

そんなこんな結局、気が付けば10%になってましたとさ。

| | コメント (0)

ラグビーW杯へー

サッカーだとイギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4協会。
ラグビーも一緒だと思ってたら、ラグビーはイングランド、スコットランド、ウェールズの3協会で、
アイルランドは北アイルランドと合同らしい。

へー。


| | コメント (0)

スリー・ビルボード

1週飛ばしたので多め。
映画感想11本

パワーレンジャー 3点
日本の戦隊物を米国風今風に作ってはいるけど、マーベルとかに比べるとグッと来ない。
戦闘も超短め。ただ1作目でまだ導入部なので、もし続編があるなら、もうちょい良くなりそう。

キング・アーサー 5点
ガイ・リッチーらしい作風のソードアクション。
基本コスチューム劇は好きではないし、『シャーロックホームズ』のようには行かず、そんな印象。

フィフティ・シェイズ・ダーカー 4点
世界ベストセラーのエロ小説の映画化2作目。
正直、何も起きない。けど、B級の匂いは無いのは凄い。

デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人 6点
コメディ俳優のイメージのヴィンス・ボーンがマッチョなおっさんになって大暴れ。
暴力満載で、見所あるけど、長いよ!

スリー・ビルボード 9点
一筋縄では全然いかない。
あの人がええもんと思ったらそうでも無いし、こうなると思ったらそうでも無いし、
そう思えば変わった作品。でもアカデミー賞受賞俳優を2人出したし、良作。

マザー! 6点
ダーレン・アロノフスキー監督で主演がジェニファー・ローレンスにも関わらず日本公開スルー。
と言うのも、宗教チックな上、それを省いても意味不明度が高い。
だけど、引き込まれる要素はある。意味不明やけど・・・。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生 6点
実話だと思えば嘘みたい。凄い!としか言いようがない。
視力5%なのに5つ星ホテルに受かっちゃう青年のサクセスストーリー。
物凄く王道なので、普通に笑えて感動できる。

ラスト・ソング 3点
これはアイドル映画でした。なのに主演の娘がタイプじゃ無くて乗れず。
青春映画としても、ありきたりな展開でちょっと滅入った。

ジャスティス・リーグ 5点
DCのヒーロー大集合。やけど、ほぼマーベル。
凄く大きな欠点として、スーパーマンが強すぎる。他誰もいらない。
もっとダークに独自路線を頑張って欲しい。

ルーザーズ 4点
これもヒーローとかは出てこないけど、DC関連との事。
大味なサスペンス&アクション。

王様の剣 4点
ディズニーの子供向けにしたキング・アーサーの物語。
アーサーが動物に変身して学んでいくんやけど、それとアーサー王になるのとが、
特に繋がっていないような。





| | コメント (0)

モダンアート

しまなみ海道で夜はボドゲ。
最近の旅は、これもセット。

モダンアート 7点
初オークションゲーム。なかなか難しい。
遊んだ仲間に市場価値を無視して高額で買い取りまくる人がいたので、
勝ち筋が掴めなかったけど、ケチ臭くしてた俺が買ったので、
きっと見極めが大事なんだとは思う。
ただ、勝った気はしなかった。

タイムボム 7点

招待隠匿系も地味にちゃんとするのは初かも。
これはわいわいがやがやと楽しい。
ただ、これもコツはよく分からないままだったかな。

藪の中 6点
犯人を当てる推理系といいつつ、他の人をハメる方が主体かも。
シンプルなルールでよく出来てるとは思う。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »