« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

天下の険

興奮のマリノス戦後は、人生初箱根。
宿を押さえた段階ではキックオフ時間が分からず、行けるかどうかも分からなかったけど、
無事にデーゲームで、セーフ。
箱根湯本に移動して、祝勝会後、強羅で宿泊。

翌朝から本格的な観光。
強羅名物?のしゃくり豆腐の朝食1回目。
台風の影響でまだまだ復興していない中、代行バスで早雲山経由、
ロープウェイで大涌谷。
ここで観光客相手のぼったくりも甚だしい黒たまごの朝食2回目。
ただ、晴天で富士山のパノラマが北斎!
こんなにちゃんと富士山を見たの初めてかも。
びゅーてぃほるFUJIYAMA HA HA HA(♩米米CLUB)
キツイ硫黄の匂いも温泉情緒。

そこから桃源台へ降りて、箱根海賊船で元箱根港へ。
箱根神社参拝。
パンフレットなどで見かける芦ノ湖が間から見える鳥居が美しい。

そして箱根湯本にバスで戻るんやけど、ここでトラブル大渋滞。
予定より1時間ぐらい遅れて、昼飯時間が14時前に。
組んでたかまぼこ屋見学はパスする事に。
だけど、結論から言えば、ここでかまぼこも買い食いできたし、
スケジュール変更で小田原城サクッと見学も入れれて、良かったかも。

そんなこんなで、初箱根楽しんではきたけど、
あくまで東京の奥座敷って感じで、大阪人的には有馬で充分。
もう2度目とかは別にいいかな。
でも1回は行っておきたかったので満足してきました。



| | コメント (0)

大混乱

ニュースも話題もコロナばっかり。
マスク1つ取っても、色んな意見があるし、
小学生の子供おるとこも多事総論。



| | コメント (0)

J決断

サッカーって国際的なスポーツだからか、野球、大相撲とかと比べると、
Jリーグは国際感覚って言うのか、そういうのが早いと思う。
G大阪の差別問題の時は、その国際感覚がちょっと日本ではそこにそういう意識は薄いので、
そこまで?とも思ったけど、良くも悪くも決断力がある気がする。

今回の中止確定、1サッカーファンとしては、開幕して興奮して、
いよいよ毎週末Jの日々が始まったばっかで、感覚的にはまた1か月後ぐらいまで
開幕を待つ感じなので、物凄く残念ではあるけれど、
他のどのスポーツよりも早い決断は素晴らしいと思う。
それを遅い!って言うてる呟きとかも見て、意見は色々とも思ったけど・・・。

とにかく、周り含め遠征費とか飛んだり、大変そうやけど、
収束を待つしかないかな。

| | コメント (0)

ドント・ウォーリー

映画鑑賞3本

オーヴァーロード 5点
戦争映画とゾンビ映画の融合。
そんな設定ながら、ゾンビ描写より戦争描写の方が熱い少し不思議な感覚。

ドント・ウォーリー 6点
車椅子生活になるも、持ち前のユーモアで、漫画家として活躍した人の伝記。
今、話題のホアキン・フェニックス主演。ただ宗教の力が物語に置いて強め。

ダーケスト・マインド 3点
数ある青春SFの中で、設定的にも面子的にもB級感はありつつ、
でも昨今の多様性は押さえてると言う映画。

| | コメント (0)

現状、今年一の試合

マリノス強かった。だからこそ超楽しかった。
開幕戦である事、期待値が高い事、相手が昨年王者である事、初VAR体験、試合展開、
そういった諸々の条件が重なり合って、至極で濃密な90分。

ガンバ的にはPMだった柏戦の反省の中、前半からキャンプ中によく聞かれたハイプレスをお披露目。
それがきっちりはまって、2得点での折り返し。
相手のハイラインや、GKの行動範囲の広さも、上手く利用して
井手口のスーパーなゴールが決まるかも的なシーンもあり、大満足のハーフタイム。
ハイプレス、遠藤の新記録、両SB含むDF陣と、頑張りが痺れる。

ただ一転、後半は王者の攻撃に耐える防戦の展開。
だんだん相手の勢いが増す中、結果的に失点してからの交代となってしまうなど、
ちょっと運も相手の方へ傾く気配。
この失点はしゃーないとは思ったけど、それでも1点差に詰め寄られると恐ろしい。

嫌な予感を抱えながらの残り15分+AT。
やばいんじゃないの?
そこからは緊張感ハンパ無し。東口の出番も増加の一途。
しかもVARのお陰で守り切った後も、ハンド?とか、なんかファールしたん?とか、
やめてくれや~みたいなお祈りタイムもあり。
ただ、ベンチメンバーで守れる新里、奥野を使って逃げ切りを図るような采配では無く、
中盤より前にフレッシュな選手を入れる采配もあって、無事、終了の笛。

結論、マリノスはやっぱ強いんだなと思ったと同時に、
そこにアウェイで開幕で勝てたのは2020年、最高の遠征!
(多分、今年、最初で最後の遠征予定?)

この手強かった相手との再戦が最終節なので、
その時、お互いの状況、強さがこちらに良い様に変わっているかを想像しながら、箱根へ。
とにかく、仲間の興奮も含め俺だけで無く、ガンバサポ皆、笑顔でございました。

| | コメント (0)

ガンバ通信簿

Jリーグが開幕しました。VARも使われました。

さておき、ガンバ通信簿って番組がYouTubeにある。
これはJ1からJ3まで全クラブの2019年度の通信簿を
データを元に色々と考察してくれる番組で、
ガンバを贔屓したものでは無いけど、凄い情報量。
しかも、ガンバが強くなってる事が分かるので、嬉しい。
他サポも楽しめます。

| | コメント (0)

ガンバ大阪通信

YouTubeで芸人がやってる番組を教えて貰った。
芸人としての最終目標が「ガンバTV青と黒」に出る事というぐらい生粋のサポ。
ただ現在は東京在住らしいのと、
ある程度仕方ないとは言え、ガンバ愛に溢れてて面白い動画と、そうでもないのとは混在してる。

でもまだ始まったばかりっぽいし、今後リーグ戦が始まっていったりすると
ガンバネタも多くなるし、ガンバサポなら楽しめるのではと思います。

| | コメント (0)

勝手にガンバ会議

先日、新番組『勝手にガンバ会議』を当店で生放送してもらいました。
ぶっちゃけ、前番組との違いは殆ど無いものの、
番組名が変わって、第1回となると、なんか新鮮な感じも。

久々に自身も結構、参加したので、楽しかった。
皆さんも是非!

| | コメント (0)

ブラック・クランズマン

映画鑑賞3本

オレンジと太陽 5点
ケン・ローチの息子のデビュー作品。父のように社会派なテーマ。
悪くは無いけど、グッと来ない。こういう事があったんだなと知れたぐらいの感想。

ブラック・クランズマン 8点
アカデミー月間って事で、その関連作を視聴。
見事、スパイク・リーが監督賞を受賞した映画。
黒人刑事が、相棒と共謀して白人至上主義団体KKKに潜入捜査すると言う実話をベースに、
終始、恐ろしいぐらいハラハラドキドキ。
ただ、この監督らしく政治色が強めなのと、もう少しタランティーノの様な遊び心が欲しいかな。

ボヘミアン・ラプソディ 7点
こちらもラミ・マレックが主演男優賞を受賞した大ヒット作品。やっと見た。
すげー音楽映画の王道路線なので、確かに面白い。
またこれは映画館の音響で見た方が良いとは思う。
問題はクイーンをどこまで好きか?それによって点数は上昇するかなと。
とは言え、クイーンを殆ど知らない俺でも、知ってる歌多数なのは大物なんやなとは思った。

| | コメント (0)

どこよりも早いJ1順位予想2020

もうぼちぼちやっておかないと、シーズンが開幕してしまう!って事で。

1位:G大阪(オフの補強面ではぼちぼちも、宇佐美井手口復帰してる事を忘れがち)
2位:東京(長谷川監督の多分、絶頂期。来年以降は下降期の予定やけど、今年は必死)
3位:横浜M(攻撃サッカーで連覇はキツイはず。俺たちはそれを知ってる)
4位:名古屋(攻撃と守備がいい感じにまとまってきた。阿部が福の神的な運を持ってて優勝争い)
5位:柏(ネルシーニョは言うてもやるよ。時々落ちるのが意味不明なチーム)
6位:広島(いつも下位予想をするけど、案外上位にいる。なので今年はお詫びも兼ねて上位予想)
7位:川崎(主力流出で、依然上位も、一時代の終わりへ向かっていくかも)
8位:神戸(スゲー強くなりそうな予感はあるものの、なんとなくここらで終わるイメージも根強い)
9位:大分(守りそう。少ない失点でコツコツ勝点を。なので中位)
10位:鹿島(戦力充分!どんな事があっても鹿島!だからここは賭け予想)
11位:札幌(少し監督が長くなってダレが出てくる頃。社長の決断がシーズン途中でありそう)
12位:仙台(東北の雄として粘る予定。一応、ここから下が降格候補ではある)
13位:横浜F(案外残るのでは?個人的には横浜フリューゲルスだとまだ思っているのでプチ応援)
14位:鳥栖(ミョンヒ監督は鳥栖の名将らしい。シーズン最初から指揮を取ればギリギリ残留)
15位:清水(ここもヤバそう。来年はJ2にサッカー王国静岡のクラブが複数?それは避けたいと思う)
16位:浦和(ヤバい匂いがするビッグクラブ。サポの後押しで、ここまで下では無いかもやけど)
17位:湘南(やっぱカリスマ監督の後はしんどいと思う。戦力的にも厳しいはずだし)
18位:C大阪(世代交代に失敗しそう。よくある話。見応えのある悪循環が見れそう)

今年は当たるか?

| | コメント (0)

まずはルヴァン杯からの今年

ホーム開幕戦でガンバが勝つってのは無理なんでしょうか?
ただ、今年は実はこれはルバン杯で、来週がJリーグ開幕戦ってのを思い出せば、
それなりに収穫もあった試合だったのでは、と。

期待しまくってた小野瀬のFWは、案外そうでも無かった事があったりしたけど、
まだ1試合なので、宇佐美&小野瀬で50点ぐらいは期待できるはずとの希望は捨てず。
本当は60点ぐらい取ってくれる気がしてたけど、ひとまず10点マイナスの目標設定に下方修正。

また監督コメントにもあったように、遠藤、矢島、井手口は合体すればスーパーだと思うけど、
どの組み合わせでも一長一短なのかなと。
とりあえず、井手口はタイプは違うけど、矢島、初お披露目した山本とかが
遠藤を超える攻撃の組み立てをしてくれるようになればなと。
色んなタイプがいる事は良い事だと思う。

それと、びっくりしたのがDF新里。
にいざとなのか、しんさとなのか、結果しんざとだった訳やけど、
DFは三浦、ヨングォン、昌子に、菅沼が絡むスタメン争いかと思ったらニューカマーの登場。
心配としては、三浦が夏に欧州移籍するってのはあるものの、競争は大事。

とにかく、未だキャンプからJ1クラブには勝っていないというような恐怖はあるものの、
ひとまず公式戦をやった事で、2020年見えてくる事もあったでしょう。
いよいよ次はJリーグ開幕!

| | コメント (0)

あみだくじ

ラインにあみだくじ機能があることを知った。
初めて知ったから、喜んで使ってみてるけど、もうぼちぼち飽きる頃。

| | コメント (0)

グルメ・エクスプローラー

https://americamura.jp/ge.html

ここで、説明するよりも公式サイトを見てください。

で、やり方が分かったら、
アプリをダウンロードして、CURVAさかゑに来てください。
今月14日から29日までやってます!

| | コメント (0)

トリテ勉強会

初心でも分かるトリックテイキングの勉強会をしてきた。
ま、要はボドゲを飽きずにやってるだけやけど、テーマを持たせてみた。
それと、その他諸々。ン

121 ソクラテスラ キメラティック偉人バトル 4点
酔ってやる遊びでは無い。だから、面白さよく分からん。
ちゃんとすればもう少し楽しいパーティーゲームかも。

122 ウゴンゴ 6点
これは酔っていたけど、なんとなく楽しさは分かった。案外難しくて良いパズルゲーム。

123 たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ 4点
酔ってやる遊びでは無い。また男女同数、できればコンパとかでやりたい。
それ以外はいまいちではないかと。

124 クラッシュアイス 5点
3歳から遊べるキッズゲームって事で、酔っていても楽しいシンプル差。

125 どっちの始末SHOW 6点
「5本のキュウリ」の進化版。複数出し出来るタイミングが来るのが良い。
後はもう少し、早く終わればいいかな。トリテ勉強会1本目。

126 トランプ、トリックス、ゲーム! 6点
本当はこの間にマストフォローだけのゲームを挟むつもりも、予定してたのが無かったので、
マストフォロー、切り札ありに一気飛び。トリテ勉強会2本目。
次の手札を集めるって事で、最終ラウンドに向けての攻防が悩ましい。

127 スラフ・オフ! 7点
マストフォロー、切り札あり、ベットありと着々と進歩する勉強会3本目。
勝ち負け予想の色まで指定する縛りと、それを邪魔する者と、これは熱い!
いいトリテでした。

128 シュティッヒルン 5点

ごめんなさい。面白さがよく分からんかった。
ここで1回メイフォローの名作を入れてみたけど、戦略が不明。
また機会があれば再挑戦してみて、メイフォローのトリテも経験したい4本目。

129 ボトルインプ 7点
児童小説の名作と、カードゲームのルールが完璧に一致。世界観でやられる。
それに伴って、瓶の悪魔を取っていく、もしくは手放す感が考えさせられる。
これで、この日のトリテ勉強会の〆。ま、基礎は皆、完璧になったでしょう。

130 キャントストップ 5点

トリテは終わって後は適当に。止まれない!って事でダイスゲーム。
性格的にあかんかったのかな。一歩一歩確実に止まっていく方が正しいみたい。

131 ケルト 6点

前に「ケルトダイス」をやったけど、あれをやってると、こちらの本家の方が面倒くさい。
だから、あっちで充分。やる順番が逆なら良かった。

132 ドメモ 6点

数字当ての推理系。結構、分からん。手持ちの札の運にもよるし、負けたけど面白かった。

133 ノイ 6点

「UNO」みたいなもの。旅先とか、電車の中でわいわいやるには完璧。

134 王への請願 5点
ダイスを振って、能力カードを手に入れて、最終的に王への請願できたら勝ち。
最初は面白いけど、だんだんダイスの能力を考えるのが嫌になってきて、終息感がタイプでは無い。

135 ベガス 6点
ダイス振るなら、これぐらいシンプルなので良い。
ダイスなんやから運と戦略のバランスが単純だと、転がすのも気持ちいい。

| | コメント (0)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

映画鑑賞2本

晴れ、ときどきリリー 5点
姉妹を演じた女優さん達も良いけど、どこかこういう話の割には
青春映画っぽいニュアンスが微妙。でも、爽やかでもあった。

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 8点
ちょっと趣味得点も加味。ホームズでもポワロでも無い名探偵の登場作品として、単に嬉しい。
どうしても本格ミステリー好きとして気になるのは、主人公女性の特徴ではあるけど、
コメディ色も強いので許容。とにかく、シリーズ化希望!

| | コメント (0)

どこよりも早いJ2順位予想2020

全然、補強とか知らなかったけど、
ちょっと調べたら、見えてきた今年のJ2。
結構、簡単かも。なので、結構、自信あり!


1位:京都(あんまり1位のイメージ無いんやけど、新スタも出来たし、監督もサネさんやし)
2位:千葉(昨年の順位は置いとけば、今年の本命では?)
3位:徳島(常連さんの自信に敬意を表して、脳内変化で1位の京都と交換しといて下さい)
4位:福岡(逆襲!やっぱ都市圏はやる時はやる)
5位:長崎(なんか下から考えて行ってたら、ここが余ってた。ま、いっか)
6位:磐田(昨年の後半は良かったので、その継続だと思えば、プレーオフ圏内)
7位:大宮(戦力はありそうも、J2慣れしてきたら、なかなか難しいとの噂)
8位:新潟(新監督が外国人で外れるかもやけど、Aクラスかな~)
9位:岡山(上位なんやけど、後1歩、殻を破れない的な位置取り)
10位:町田(サイバー戦略の力はどんなもんだろう?とりあえず真ん中ぐらいまでは来ないと)
11位:山形(真ん中辺りは難しい。もっと上かもやけど、新監督やし、不透明)
12位:北九州(小林監督なんで、戦力以上、これぐらいまでは経験値で上げてこれる)
13位:金沢(正直よく分からんけど、真ん中やや下のイメージ)
14位:東京V(名門も苦労の時期が長い。いつの日かカズ体制で花開く)
15位:群馬(新監督の下、スタートダッシュ&失速でここぐらい)
16位:松本(やっぱ反町さんの力で頑張ってたんで、一旦小休止)
17位:水戸(昇格させて、茨城ダービーを見たいんやけど、上がったら取られるから仕方ない)
18位:栃木(最下位候補らしいけど、なんとかなる気がする)
19位:甲府(J2下の方って懐かしいっしょ?今年は懐古趣味に浸ってください。すみません)
20位:愛媛(時々、首位クラブを倒したりして、しぶとい感じで残る)
21位:琉球(面白味の無い予想やけど、J3経験クラブの2つが下位の予想)
22位:山口(サポの常連さんには申し訳無いけど、結局は小野瀬の穴が響いてきてる)

| | コメント (0)

ハピバ

ミナミの街は、中国人の方がいなくなって、なんかガラガラ。
心斎橋とかもめっさ空いてるらしい。
改めて、インバウンドを感じる大阪の繁華街。

さておき、本日は当店で、G大阪サポのお誕生日会。
それはそれとして、もうすぐ開幕やし、今年の展望とか雑談ができればいいなと。
そういう感じで、開幕直前親睦会です。宜しくお願いします。

| | コメント (0)

メガ

いつのまにか、totoの日程も発表されていた。
久々に公式サイトを見ると、メガBIGなるものが販売開始されていて、
これは12億当たるらしい。凄い時代だ。これは買わないけど…。

なんにせよ、toto発売と同時に遊び始めて、早20年。
今年はどうかな?



| | コメント (0)

オスカー#92

映画鑑賞2本

マイファミリー・ウェディング 4点
黒人家族とラテン系家族の息子娘が結婚する事になった大騒動。
ありがちな面白さ。

バークアンドヘア 4点
医学が発展しだしてる英国を舞台に、解剖の為の死体が足りない。
じゃぁ死体を売ろう!殺して死体を作ろう!そんなコメディ。ほんま、ぼちぼち。


今週は2本しか見てない。
なので、オスカー予想がメインで!

まずは助演女優賞。
ローラ・ダーンで固い。ネットフリックスやけど、ここ最近はブレイク期。
対抗の若手フローレンス・ピューでは弱いので、あるとしたらスカーレット・ヨハンソン。

助演男優賞。有無を言わさず、ブラピ。他は嫌。

主演女優賞。ま、レニー・ゼルウィガーでしょうな~。伝記物やし、多分大丈夫。
対抗がスカーレット・ヨハンソンなので、合わせ技的な事があれば、ひっくり返るかも。

主演男優賞は、ジョーカーでしょう。
ジョーカーを演じれば、賞が取れる的な雰囲気はいかがか?とは思うけど、
アダム・ドライヴァーよりは、痩せたりする必死さで、ジョーカーに軍配。
ただ、ここに来てのバンデラスが賞に絡むとか楽しい。
ディカプリオはやっと取ったし、傍観。

監督賞。
上の4つは多分、当たる。ここから先が難しい。
本命サム・メンデスの手法は、バードマンと一緒で二番煎じ。
かといって、ポン・ジュノに取らすか?スコセッシはマーベル批判。
丸く収まるのはタランティーノなんやけど、ありえないかな~。
でも期待も込めてタランティーノ。

で、作品賞。難しい!
若草物語とフォードフェラーリは絶対にない。
マリッジ・ストーリー、アイリッシュマンのネットフリックスもいい映画のはずも難しい。
ジョーカーはアメコミなので、しんどい。
ジョジョ・ラビットは昨年のグリーンブックと同じ感じでありやけど、本命ではない。
アジア系にメインをあげるだろうか?パラサイト。やっぱ、ないかな~。
結局、1917なんだろうけど、これまた戦争系でアカデミー的ジンクスでは無い。
そう思えば、これまたタランティーノのワンアポで丸くおさまるとは思うけど、
予想をガチでするなら、1917で。




| | コメント (0)

パンデミック:新たなる試練

流行と言えば、だいぶと語弊があるけども、
今、俺たちができる事!と言う事で、ウィルスが蔓延するのを科学者となり防ぐと言う
ゲームを遊ぶために集まった。ついでに他も遊んだので、その感想。

116:ロストシティ 7点
2人用で駆け引きは楽しめる。ただ得点計算がややこい。
冒険に出かけるとー20点。そこから始まるので、出かけない選択肢もあって、
また山札が尽きると終わるので、最後の方は捨て札から拾い続ける方と、
早く尽きさす方になるのは、ハラドキした。

117:パンデミック:新たなる試練 9点
1回目、ヨーロッパでアウトブレイクが連鎖して、地球滅亡させてしまった。
「もう1度!」となり、今度は上手く地球を守れた。
入門編でやったけど、それでも結構ギリギリの勝負なのがよく出来てる。
名作と言われるだけの事はあると思う。開始までが面倒だけど。

118:ヘックメック 6点
簡単なダイスゲーム。それなりに面白いし、時間潰しには最適。

119:バザリ 6点
単なる双六を、よくここまで戦略的に仕上げたなって感想はある。

120:マンハッタン 6点
高いビルを建てるのが目的では無いのに、しかもそれをしてると勝てないのに、
人よりも高いビルを建てたくなるのが、いいんだか悪いんだか。

| | コメント (0)

ダーツ

久々にダーツをした。
楽しかった。

また1週間、頑張りましょう。
宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

インスタグラム

一応、インスタしてるんやけど、
フォローしてるの何人かよー知らんものの、5人ぐらい。
もう少しはおるかな?
とりあえず、ほぼ毎日開けてるけど、
ふと思ったのは、俺1人のインスタしか見てない。
彼の為のインスタやな、インスタってそういうもん?

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »