« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

あの名刑事

一番、最近に見たドラマが古畑任三郎で、
それが今、三谷幸喜のコラムで1話(全4回)で復活してる。
今作の犯人は多分、三谷幸喜自身。

こんなご時世だから、こんな企画みたいで、
まだ第1回が終わっただけやけど、楽しみ。

| | コメント (0)

ウーバー

なんか街中にウーバーイーツが溢れてる。
帰路、自転車に乗ってるの、俺とウーバーだけだったりする。

コロナな日々。

| | コメント (0)

時流

全くおもんないと思ってた。
そして、コロナが終息した後も流行るとか聞いて、
そうなると飲食店的には辛いけど、ま、そんな事は無いだろうと。
更に、電話で飲みながら話すのと何がちゃうねん!とも思ってた。

でも案外、楽しかったオンライン飲み会。
とは言え、こんなんが主流になったら困るけど、
遠い人とやる分にはいいかもね。

どちらにせよ、飲食店的には反対ではあるけど。

| | コメント (0)

共同戦線

世の中、多種多様な職種があり、
内90%ぐらいの職種が困ってるイメージ。
ただ、やっぱ中には、この時にお得な職種もあったりして、
仕方ないけど、そういうのを耳にすると
共同戦線してる身としては、心が乱れる。

これまた、だからどうしたって話。




| | コメント (0)

先に老後

今、皆さんの話を聞いていると、休みだったり在宅勤務だったりしてる。
これっていわゆる定年後の生活みたいなもんでは?

要は今、有意義に自宅生活をエンジョイ出来てる人や、
旦那が毎日家におってゴロゴロしててもストレスを感じない女性とかは
老後も大丈夫なんちゃうかな。
逆に暇で耐えられない人は、もっと長い老後は大変かも。

だからどうしたって話やけど、ふと思いついたので。

| | コメント (0)

自粛で夜食

自粛営業で、はよ帰れてるから、
家に帰ると、おつまみ的な夜食がある。
これはこれで、自粛の良い面。
こうやって、皆何かしら楽しんでるのかな?なんて思うこの頃。

| | コメント (0)

クレイジー・リッチ!

映画鑑賞5本 

くるみ割り人形と秘密の王国 5点
ディズニーらしい安心作品。昔のより、よりファンタジー色強めかな?
アリスとそない変わらない気もするけど、結構コケた。

クレイジー・リッチ! 6点
ミシェル・ヨーの存在感!もさることながら、とにかくアジア人だけのキャストの
王道ラブコメで米国大ヒット、何故?続編も当然、作られる様子。

スモールフット 5点
逆転の発想のアニメ。ビッグフット側はスモールフット(人間)の存在を信じていなかった。
終わり方がアニメ過ぎたかな~。所々、笑えもした。

君のいないサマーデイズ 5点
この年フランスNO1ヒットとの触れ込みも、なんてことのない群像劇。
こちらも所々、笑えた。

ヒトラーと戦った22日間 6点
アウシュビッツが有名やけど、他にも収容所はあって、そこも大変だったと言う史実。
脱出劇の形と言うか、そういう歴史を描いてるけど、全くカタルシスは無し。
事実ってのはこういうもんだと、全編を通して描かれていて、ある意味怖ろしすぎる。

 

| | コメント (0)

任天堂スイッチのようなものをゲット!

GW、4連休とは言え、ステイホームでする事がない。
巷ではゲーム機を買ったり、買えなかったりとあたふたしてるみたいも、
こちらは押し入れからプレステ2を引っ張り出してきた!

もう何年も起動させてないので、ディスクと共に入ってる四角い物が何かすら覚えてない。
どうやらセーブデータ用の物らしい。

TVとの繋げ方や、その他もろもろがよくわからなかったりしつつも、無事に復旧。
GWはどうやらプレステ2で遊んで暮らす事になりそう。
しかし、画像は今見たらだいぶ汚い。

| | コメント (0)

2020GWの休暇のお知らせ(未定)

今年は色々ありまして、まだ流動的ですが、
暦通りの営業を予定してます。
営業したとしても、ランチは開けないかもですし、
夜も自粛営業になるとは思います。
とりあえず、暦通りにしようかなと、話し合い中。

29日(水祝)定休日
30日(木)~5月2日(土)営業
3日(日)~6日(水祝)定休日

まだ、ちゃんと決まってないから、少し書くの早かったかも。
とりあえずの報告でした。



| | コメント (0)

この機会に、ディズニー2

ステイホームの続き。

『大復活期』
30.美女と野獣(1991)80点 これで大復活!
31.アラジン(1992)80点 勢いそのままに連続ヒット!
32.ライオン・キング(1994)85点 少し盗作疑惑もあるけど、ド級ヒット!
この3作で見事に復活!

『隠密期』
33.ポカホンタス(1995)67点 バッファロー吾郎のギャグでは有名。
34.ノートルダムの鐘(1996)69点 またいまいちパッとしない時期。
35.ヘラクレス(1997)73点 迷ったら男の子とか、昔からしてるサイクル。
36.ムーラン(1998)76点 今、中国資本で日の目を浴びてる作品に。
37.ターザン(1999)73点 案外、最近のアニメだったんだって印象。
38.ファンタジア2000(1999)72点 最近のでは唯一、未見。
39.ダイナソー(2000)65点 CGアニメだったような記憶。
40.ラマになった王様(2000)73点 あんまり覚えてない。
41.アトランティス 失われた帝国(2001)69点 あんまり覚えてない。
42.リロ&スティッチ(2002)72点 キャラは未だに有名。
43.トレジャー・プラネット(2002)72点 当時、現代英語を使うのが議論に。
44.ブラザー・ベア(2003)68点 久々の動物物。
45.ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!(2004)53点 なんと日本未公開!
46.チキン・リトル(2005)57点 点数よりは面白かったけどね。
47.ルイスと未来泥棒(2007)68点 何故か映画館で見た。
48.ボルト(2008)68点 久々の犬。
また低迷してるように見えるけど、ここらへんはピクサーが引っ張てるから実は安泰。
トイ・ストーリーから、ニモ、モンスターズ・インクと向こうが凄い!

『混沌期』
49.プリンセスと魔法のキス(2009)71点 原点回帰の姫物。
50.塔の上のラプンツェル(2010)77点 やっぱ姫物は強い!
51.くまのプーさん(2011)72点 ここで人気キャラのプーさんを挟む。
52.シュガー・ラッシュ(2012)77点 実は姫物。王道路線で突き進む!
53.アナと雪の女王(2013)75点 そして最近の集大成!アナ雪!
54.ベイマックス(2014)78点 マーベル買収でなのか、ヒーロー物。
55.ズートピア(2016)80点 動物を扱いながらもテーマは重い。
56.モアナと伝説の海(2016)76点 強い女の子を主人公に。
57.シュガー・ラッシュ:オンライン(2018)71点 プリンセス総出演!
58.アナと雪の女王2(2019)70点 まだ見てない。
最近はまたヒット作多め。ピクサーが逆にやや落ち気味。また、シュレック辺りから
アニメと言えばディズニー一辺倒では無くなってきてて、カンフーパンダや、ミニオンズやと、
ライバル多数出現で、余りしてこなかった続編も増加傾向。
今後、どうなっていくのか?

 

| | コメント (0)

この機会に、ディズニー。

ステイホーム企画、第3弾。
この機会にディズニーアニメを一気見はいかがでしょう?

『創世期』
1.白雪姫(1937)76点 こんな昔にこんなレベルのアニメって!って思える記念作!
2.ピノキオ(1940)74点 キャラ音楽は知ってても、案外物語は知らない気がする。
3.ファンタジア(1940)78点 ミッキーマウスとクラシック。これは合う!
4.ダンボ(1941)72点 ピンク象の映像が凄い。最近のリメイクも記憶に新しい。
5.バンビ(1942)73点 結構ライオンキングと同じようなストーリー。
いきなり有名作品のオンパレード!改めて凄いと思う。

『戦争期』
6.ラテンアメリカの旅(1942)62点 ドナルド、グーフィーが出てるらしい。
7.三人の騎士(1944)65点 またしてもドナルドが出てるらしい。
8.メイク・マイン・ミュージック(1946)63点 多分、音楽物。
9.子ぐま物語(1947)66点 なんかここらへんはミッキーファミリー出演
10.メロディ・タイム(1948)64点 ポップ版ファンタジアとの説明。
11.イカボードとトード氏(1949)70点 一番無名?なので不明。
ここらへんの作品は全く未見。まず見れないのもあるかも。戦争の影響も。

『再生期』
12.シンデレラ(1950)73点 いわずもがなの名作。
13.ふしぎの国のアリス(1951)74点 前作からの方向転換は微妙もこれまた名作。
14.ピーター・パン(1953)73点 今度は男の子向けと畳みかけてくる名作の嵐。
15.わんわん物語(1955)73点 2匹がパスタを食べるシーンだけでロマンス。
16.眠れる森の美女(1959)72点 昼寝程度しかしてなかった事に衝撃を受けた作品。
17.101匹わんちゃん(1961)72点 悪役クルエラが良い味!
18.王様の剣(1963)72点 やや知名度的に落ちるもアーサー王の伝説がモチーフ。
19.ジャングル・ブック(1967)76点 こうやって見るとディズニーは実写でも稼ぐな~。
そして復活!これまた名作の列挙。知ってるのばっか。

『低迷期』
20.おしゃれキャット(1970)71点 徐々に知名度が無くなって来る最初の作品。
21.ロビン・フッド(1973)76点 有名な話を動物にしてアニメ化。
22.くまのプーさん(1977)80点 多分、単品の寄せ集め?原作はもっと古いと思う。
23.ビアンカの大冒険(1977)69点 低迷期を代表するような無名な作品のイメージ。
24.きつねと猟犬(1981)73点 困ったら動物?
25.コルドロン(1984)64点 今度は男の子物やけど、迷走感がある。
26.オリビアちゃんの大冒険(1986)探偵物で好きそうな題材も知らない。
27.オリバー ニューヨーク子猫ものがたり(1988)67点 猫を使うも復活ならず。
28.リトル・マーメイド(1989)76点 低迷期のスマッシュヒット!
29.ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!(1990)69点 初続編。
なんとディズニーは潰れそうだったらしく、カプコンに買収の噂があったそうな。日本バブル期?

長くなってきたから、続く。

| | コメント (0)

この機会に、ボンド。

ステイホーム特集。第2弾。
この機会に007の一気見のススメ。世界評価と共に。

『ショーン・コネリー』
1.007 ドクター・ノオ(1962)73点 記念の処女作にて全てのフォーマットの完成。
2.007 ロシアより愛をこめて(1963)74点 列車アクション、ボンドガール、傑作。
3.007 ゴールドフィンガー(1964)77点 テーマ曲秀逸。アストン・マーチン登場。傑作。
4.007 サンダーボール作戦(1965)70点 スペクターとか安定のマンネリ。
5.007は二度死ぬ(1967)69点 とんでも日本、そして、なんと宇宙。
ここで一旦、ショーン・コネリーは引退。

『ジョージ・レーゼンビー』
6.女王陛下の007(1969)67点 悪くは無くも主役交代でなんだか乗れないって声多数。
そんな訳で、やっぱり007はショーン・コネリーがいいらしい。

『ショーン・コネリー』
7.007 ダイヤモンドは永遠に(1971)66点 とりあえず胸毛のコネリー復活。
だけど、結局やめちゃう。役が固定されたりするのが嫌だったのかな?

『ロジャー・ムーア』
8.007 死ぬのは奴らだ(1973)68点 三代目就任。一番、年寄りのボンド。
9.007 黄金銃を持つ男(1974)68点 凄腕の殺し屋との対決。
10.007 私を愛したスパイ(1977)71点 鋼鉄の歯のジョーズが印象深い。
11.007 ムーンレイカー(1979)63点 引き続きジョーズ人気。
12.007 ユア・アイズ・オンリー(1980)68点 原点回帰を狙った作品。
13.007 オクトパシー(1983)66点 コメディ色が強かったムーア時代って雰囲気。
14.007 美しき獲物たち(1985)64点 クリストファー・ウォーケン悪役。
勿論、悪くはないけど、グッと来ないそんな感じのムーア時代。長い事お勤めしてくれました。

『ティモシー・ダルトン』
15.007 リビング・デイライツ(1987)67点 ボンドもマネーペニーも交代。
16.007 消されたライセンス(1989)66点 捻り加えるもマンネリ止まらず。
スパイ映画としての模索をしつつ、時代の変化と共にじり貧、どうなるのか?的な4代目。

『ピアース・ブロスナン』
17.007 ゴールデンアイ(1995)72点 6年ぶりに復活!新ボンド誕生!
18.007 トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)65点 ミシェル・ヨー大活躍。
19.007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)64点 今のアクション映画風。
20.007 ダイ・アナザー・デイ(2002)61点 20作目の集大成感。
決して悪くはなかった新ボンドだったと思うし、過去作より女性活躍で新鮮。だけど尻すぼみ。

『ダニエル・クレイグ』
21.007 カジノ・ロワイヤル(2006)80点 時間軸?原点回帰で大復活6代目!
22.007 慰めの報酬(2008)66点 前作からの続編。硬派路線。
23.007 スカイフォール(2012)77点 祝50周年。衝撃の展開で次作に期待も。
24.007 スペクター(2015)68点 原点回帰してスペクター登場。時間軸?
25.007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(2020)コロナの影響で現在公開延期中。
時間軸不明も1作目以前に戻って0からの再スタートで、いい感じ。ボンドも過去とは違うイメージ。





| | コメント (0)

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画鑑賞4本

アンダー・ザ・シルバーレイク 4点
ストーリー的には難しくも無いんやけど、伝えたいであろう事が理解不能。
後、よくよく考えたりすれば、おぼろげに思えたりするものの、
長尺だししんどさがあった。だから直観的な評価。

ANON アノン 4点
この監督のSFは、いつも目新しい。
今作もそんな感じで始まり、ドキドキしてたけど、終わってみれば物語が火サス程度。
SF描写はいいだけに残念。

ウトヤ島、7月22日 5点
ノルウェーで実際にあったテロで、単独犯としては最大の77人の命を奪った実話。
それをそこに巻き込まれた人をワンカットで描写。
リアリティは凄いけど、その分、起伏は無い!
こういう事があった事実を風化させないって意味では良い映画なのかも。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 8点
正直、アベンジャーズ3と4は連続でこちらは前編にあたるので、消化不良な面もあるけど、
続きが気になるって意味では素晴らしい。
また、そこまで盛り上がったかと言うと怪しかったりする感想なんやけど、
これだけのヒーローを平等に扱い、更にサノス側から描くと言う斬新さもあり、
そういう事をやってのけたって労力にブラボー。



| | コメント (0)

この機会に、マーベルを。

家で暇なら、うちに来るのもありやけど、
マーベル一気見もありでは?
そんな訳で、ざっくり順番に世界評価と合わせて紹介。

「フェイズ1」
1.アイアンマン(2008)79点 記念すべき1作目。
2.インクレディブル・ハルク(2008)67点 後に役者交代もとりあえず時系列で押さえたい。
3.アイアンマン2(2010)70点 復活を果たしたミッキー・ロークが悪役で登場。
4.マイティ・ソー(2011)70点 脇役のロキも今後、大活躍!
5.キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011)盾のヒーローの誕生譚。
6.アベンジャーズ(2012)80点 遂に勢揃い!で集大成!
ざっくり、ここまでが序章って感じ。マーベル作品はエンドロール後が熱いのでご注意を。

「フェーズ2」
7.アイアンマン3(2013)72点 またもや最初は鉄男から開幕。
8.マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013)69点 ややコメディ風もナタリー・ポートマン活躍。
9.キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014)77点 サスペンスな傑作。
10.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)80点 スペースオペラのこれまた傑作。
11.アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015)73点 集大成パート2。ヒーロー増殖。
12.アントマン(2015)73点 何故かフェーズ2のラストは蟻男。小粒になっても楽しい雰囲気。
新キャラも出てきて、盛り上がりが不動の物になってきた感のある時期。

「フェーズ3」
13.シビル・ウォー キャプテン・アメリカ(2016)78点 アベンジャーズの続編。賛否両論の新機軸。
14.ドクター・ストレンジ(2016)75点 魔法使い登場。映像が凄い。
15.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)76点 安定のスペースオペラ。
16.マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)79点 色彩豊か、今後の軸となる作品。
17.スパイダーマン ホームカミング(2017)74点 人気者が著作権の枠を超えて参戦!驚きの学園物。
18.ブラックパンサー(2018)73点 初黒人ヒーローで、キャストもほぼ黒人。
19.アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018)85点 全員集合!悪の親玉も大活躍。前編。
20.アントマン&ワスプ(2018)71点 ここで一旦、アントマンを挟む戦略。
21.キャプテン・マーベル(2019)69点 初女性ヒーロー単独作。きっと次に繋がる。
22.アベンジャーズ エンドゲーム(2019)84点 区切りの最終章。
23.スパイダーマン ファー・フロム・ホーム(2019)75点 権利関係で揉めてるのは解消?
長いフェーズ3。インフィニティ・ウォーまでしか見ていないので、それ以降は不明も、シリーズは最高潮。

「フェーズ4」
24.ブラック・ウィドウ(2020)古くからの女性ヒーローの単独作からと言う驚き。
25.エターナルズ(2020)100万年前の物語らしい。アンジェリーナ・ジョリー登場。
26.シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス(2021)アジア系ヒーロー。
27.ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(2021)ホラーらしい。
28.ソー ラブ・アンド・サンダー(2021)初の単独4作目。
29.ブラックパンサー2(2022)人気者の第2作。
30.ブレイド(未定)マハーシャラ・アリを主演に、リブートするとの話。
31.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol3(未定)監督問題で揉めてたけどどうなった?
ここらへんは未来の話なんで、どうなる事やら。とりあえずフェーズ3までは一気見できます!




| | コメント (0)

コーヒーロースター

今度、お客さんで定年退職される方にプレゼントしようか迷ってるボドゲ。

コーヒーロースター。
ボドゲには興味無いだろうけど、珈琲には興味あると思うので、迷い中。
コーヒー豆を焙煎して、程よいカップ1杯のコーヒーを作る一人用ゲーム。
なんせ渋い。

| | コメント (0)

ダイエット

ダイエット生活は飽きてやめたけど、
案外、以降も体重変わってない。
それはそれで納得いかない。

| | コメント (0)

アプリ版

不謹慎かもやけど、今、パンデミックってゲームをDLして遊んでる。
不謹慎な事に、このご時世に、大型アップロードしてきやがった!
一気に画面構成など、リアルになり、かっこよくなったのは良いんやけど、
慣れもあるけど、視認性、操作性は落ちた気がする。

このゲーム、元々はボードゲームの名作。
不謹慎な事に、今のウィルスの感染力とか、まるでそのままゲームに落とし込んでいて、
勿論、このゲーム自体はずっと昔のものやから、全く現実とは関係無いけど、
ただ世界中にウィルスが広がる様とが、今の実際を知ると、
マジでこんなんやん!ってなる。
だから、ゲームとしてはよく出来てはいる。

残念なことに、めっちゃ難しくて、ほぼ世界はウィルスまみれでゲームオーバーになる。
そこらへんはゲームなんで、良いとして、
俺たちは頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

ゴーストタウン

人がいない。
これまでは、仕事帰りの人が減っているのは感じてたけど、
昨日なんて、ホステスとか水商売の人もいなくなってる気がする。
ちょっと怖い。

| | コメント (0)

アナイアレイション 全滅領域

映画鑑賞4本

アナイアレイション 全滅領域 7点
『エクス・マキナ』を世に出した監督だな、と感心したSF。
よく分からない所もあるけど、この美しいけど、奇妙な色彩の造形美とかも見る価値あるし、
物理的に辻褄があってそうなストーリーも良い。
とにかく、ワニと熊が素晴らしい!

死霊館のシスター 5点
遂に日本未公開となったみたいも、ホラーとしては及第点。

シンプル・フェイバー 6点
軽いながら、しかも登場人物が3人しかいないのに、先読みが難しいサスペンス展開に拍手!
とは言え、こういうミステリー物でそれはあかん的なトリックhあるので、
そこは改善の余地ありかな?ま、結構、中盤でそこは出てくるので、ありと言えばあり。

デス・ウィッシュ 5点
『狼よさらば』のリメイクとの事。
イーライ・ロス監督らしさも出てるシーンもあったけど、もうちょっとらしさ全開でも良かったかな。
普通の映画に落ち着いてた感あり。

| | コメント (0)

焼きそばを食べよう!

今年も始まりました。

焼きそば道場

🍳昔ながらのソース焼きそば 600円
🍳海鮮塩焼きそば 680円
🍳カレー焼きそば 680円
オムソバ 780円
🍳そばめし 880円
すき焼きそば 980円

🍳マークは+100円で目玉焼き乗せれます。

| | コメント (0)

いつまで?

ミナミの街も、新世界もガラガラ。
特に天王寺動物園なんて、人より動物の数の方が多い状態。

ニュースでもやってるけど商売人的には、ほんま苦痛。
終息して、Jリーグ見ようよ!
・・・6月開幕だってさ。


| | コメント (0)

手話がある芸能人

よくニュースの記者会見などで、隣で手話で説明する画がある。
先日、夕刊のコラムで読んで面白かったし、感心したんやけど、
志村けんは、手話で表す事ができる数少ない芸能人らしい。
それは、あいーんのポーズとの事。

だから、本文に志村けんが数多く出てくる文章だと、
隣で手話の人が、あいーんをし続ける事になるみたい。
想像するとおかしい。

| | コメント (0)

情勢が分かる

時々、暇つぶしにオンラインでニムトを遊ぶ。
こうなる前は、同じ時差で生きているアジア人と対戦する事が多かったのに、
ここ最近は明らかに欧米人とマッチングされる事が多い。
世界の外出規制が、こんなとこからも見える。

| | コメント (0)

嘆きのミナミ

毎日、コロナのニュース。
皆、言うてると思うけど、これだけ封鎖しても増え続け。
欧米なんて、もっと封鎖してるのに、もっと増え続け。
効果が見えないけど、これが最善策なんだろうか?

どちらにしろ、近所の店の嘆きを聞くミナミの夜。

| | コメント (0)

デッドプール2

映画鑑賞7本

ビリーブ 未来への大逆転 6点
男女平等裁判で初の勝利を挙げた女性の伝記映画。
男性が差別されていると言う着目点で戦うなど、なかなかの策士。
しかし、あの米国でも数年前まで男女差別が酷かったんだなと思うと、
人間の歴史は浅い気がする。

ハイ・ライフ 3点
全く持って理解不能なSF。
性を描くSFと言う芸術性丸出しに、着いて行けず。

デッドプール2 8点
1作目で仰天した第3の壁を破ってくる異色ヒーロー物。
物語も楽しかったけど、細かに散りばめられたジョークの数々が秀逸。

僕たちのラストステージ 6点
トーキー時代のコメディアンを超温かい眼差しで見つめた感動伝記。
今の時代としては、彼らのギャグはそない笑えないけど、心は温まりました。

TAXi ダイヤモンド・ミッション 3点
もう続編はいらない。それなりにヒットするから作るのだろうか?
タクシーの5作目。軽く気軽に見れるって以外に優位性無し。

レッド・スパロー 7点
ジェニファー・ローレンスが実在する峰不二子的な役柄で、
体も国家の為というハニートラップなスパイ物で、今までと違うイメージに挑戦みたいな感じ。
物語はそこそこのサスペンスも、緊迫感はあるし、良かったのではないでしょうか。

ミスター・ガラス 6点
『アンブレイカブル』『スプリット』の続編を作ってくるとは!
とりあえず、今作に続く前作が個人的にいまいち過ぎたので、半信半疑だったものの、
想像よりよく出来てた。でもシャマランを何作か見ていないと面白くないだろうな~。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »