« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

パンデミックレガシー2(9月下旬)ネタバレあり

とある日曜日(9月下旬)
最も遊べる日曜日、本来なら9月10月ぐらいをやる予定が、
1ゲーム90分は最低かかるので、今日は9月を終えるだけ。

とにかく、アジア偵察は済ませたい。
しかし、疫病ネズミの都市には入れないし、ホロウメンのいる都市にも入れないしで、厳しすぎる。
お助けカードは久々2枚投入で、それは2枚とも引けて結構お助けになったけど、
ラスト後1手番あればアジア偵察できるってとこでゲームオーバー。
同月2連敗で、8勝6敗。
今回、アジア偵察ができなかったことは痛恨!

またしてもアップデートでは人口回復のみ。
それでも人口減少方向。
今後、ホロウメンやネズミをどうにかできるルールが追加されないと、厳しい展開が続きそうな予感。
だから、そこに期待。
ただ、今回の戦いで新たなヘイブンは発見できたから補給品が増えたのだけが救い。
10月は勝てるのだろうか?
4連敗で開けるレガシールールはできれば最後まで開けず終わりたい。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(9月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(9月上旬)
前回、準備段階で9都市から補給品駒を取るのを忘れてた。
ここはレガシー1から永遠とやってて同じルールなのに・・・
だからぬるく勝てたのか。

で、今月はその冒頭の9都市のルールがより厳しく変更。
いきなり病原菌も置かれるし、ホロウメンも3都市に置かれる。
更にアジア偵察も必須条件として追加。
厳しすぎる!

案の定、この改変されたルールが厳しすぎて、全然追いつかない。
そもそも、アジア偵察するための補給線が全然できてないから、そのルートは作らなあかんし、
偵察するために、コルカタに供給施設も作らなあかんし、
ゲーム前から、目標設定が厳しすぎて敗戦ムード。
そこに追われてるから、探索も全然できないし。

そんな訳できっちり敗戦。
アップデートも人口減少都市をどうにかするので精一杯。
引き続き、9月下旬へ。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(8月上旬)ネタバレあり

とある土曜日(8月上旬)
もうJも始まって、Jブログに戻りたい気持ちが増えたのでスピードアップで出していくことに。

残念!俺たちのスピードよりも、ゲーム側のスピードが上回ってしまった。
中東を自分達で偵察できないまま、物語の進行上の都合で中東が発見された。

そしてリアル世界で緊急事態宣言が解除された為、ゲームをできる日が限られてきている。
となると、ほんま数日このゲームから離れると、ルールが意味不明なので、
始める前の確認作業が大変。
更に、今月増えたルールとして、的組織ホロウメンの集結。
1作目のゾンビコマのように、ホロウメン駒が大量に増加。
現状、このホロウメン達と、ネズミは駆除できないので、逃げるしかできない。
またこちらに有利なルールとしては、監視ってアクション。
電波塔でこれをすると、電波を傍受できて、何かしら良い事が起こる様子。
とにかく、ゲーム前にこれらの新ルール及び復習をすると、1時間弱かかる。

で、8月開始。今月はレガシー2初のお助けカード0枚スタート。
ただ、感想としては、色々とこちらに有利なルールも増えてるし、
ホロウメンの集結は面倒だけど、そのお陰で病原菌が置かれるケースは減ったので、
ゲームオーバーにはなりにくくなった印象。

各キャラクターに能力も増やしてるし、やる事、やれる事が多くて頭は相変わらず痛いけど、
勝敗って面では今までより楽に勝てたかも。
供給施設3個建設(すぐホロウメンに破壊されるんやけど)、新都市との補給線の確立、
この2つは、これらに特化した能力者の力で、それなりに安易。
なかなかできないのはカード運もあるスクラッチを削る探索やけど、どうにかこうにか。

いよいよアジアも遠くに見えてきた感じで終了。8勝4敗。
ゲーム後のアップデートは、人口回復4か所、キャラ能力アップ1、
それと唯一無かった青都市に電波塔を建てて、次は9月。

電波塔から発信されてるのが、味方か?敵か?
そこらへんが今んとこ謎って感じかな。多分、味方のはず。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(7月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(7月上旬)
久々にジリジリとした戦いでした。

今回は目標が1つ増えて、電波塔を建てる事が加わった。
それと同時に一方で、アフリカ大陸はネズミがウィルスをばらまいてる事も判明。
とりあえず必須の供給施設3つ建設、探索(スクラッチ削り)、新たな都市への補給線、
新大陸の偵察、この計5つの内の3つ。
できれば、中東、インドを偵察したい。
今までの所、どうにかこうにか、物語より先に偵察ができてる。
後は、折角見つかったアフリカ大陸を広げていきたい。
そういう目標を持ってゲームスタート。

ところが初期手札、配られる手札に中東エリアを偵察できる黒が無い。
結構、早い内に必須項目は達成できたものの、いつもながら後追いの展開で、
思うようには進まない。

なので、途中でやりたかった目標は諦めて、探索と電波塔作りをロックオン。
アウトブレイクは7回。後1回で敗戦。
そこでエピデミック発生!
ここを、エピデミック発生を1回無視できる1回こっきりのカードで回避。
ただ、それでも絶対助かるとは分からない・・・。
これで助からず負けたら、ただの強力カードの無駄使い。
1枚目・・・セーフ。2枚目・・・セーフ。
ほっ。
勝利!7勝4敗。少し勝ち星が増えてきた。
ただ次の8月は、レガシー2初のお助けカード0枚。
アップデートでは、都市人口回復1か所と、電波塔の確保2か所。

レガシー1と違って、この2は、ストーリーはほんまに進まない。
前作は物語に驚きの転換期が何回か訪れたけど、今回は特にそういうのが無い。
やっと電波塔関連の新情報で敵対組織のホロウメンに黒幕がいるかも的な事はあったけど、
ま、そんなもん。
だけど、世界の広がりが物語の広がりに感じるのか、それでも一緒か同じ以上に楽しい気がする。

ただ残念なのは、8月になってみないと分からないものの、
中東地域の偵察ができないまま、物語的に勝手にできてしまう予感。
ここまで、敗戦しながらもどうにか物語よりは先に進んでただけに、そうだったら嫌だな。


| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(6月下旬)ネタバレあり

とある日曜日(6月下旬)

前回から約1週間空くと、全然ルールを覚えてない。
人間ってなんてあほなんだろうと思う。
とりあえず、新たにできる事をサマリーを読み返し、
各キャラクターのできる事も再確認。
この準備だけで、結構時間を食う。
そう思えば、これを月1とかで集まって遊んでると、
もっとルールを忘れてるだろうから、大変なんだろうなと改めて感じた次第。

さておき、予防接種しまくり、お助けカードを使いまくりで、
まま余裕に勝てた。
そして、遂にと言うか、ずっと狙いながらできなかったアフリカ大陸の偵察も成功。

これで、壊れかけの通信施設が使える事が判明。
今回はレガシー1と違って、かなり勝率が悪いので、
もうアップデートする事が無くて、7ポイント全てを都市の人口回復に使う。
これで5勝4敗。また1つ勝ち越しも、次月はお助けカードがまた減って2枚。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(6月上旬)ネタバレあり

とある月曜日(6月上旬)
Jも始まったし、このパンデミックブログは終りたいけど、
ここまで書いたからには、完結まで。

さておき最初から厳しい戦いになるとは思ってはいた。
だけど予防接種もしながら、それなりの序盤戦。

それなのに、シーズン2になってから、どうしても後追い気味の展開になる。
とりあえず探索はすぐ終了。
後は、供給施設3つと偵察やけど、
こちらが、その目標に向けて形勢を整えようとしてると、
病原体が蔓延して敗戦。

どうやら俺がケチくさく、1回こっきりのカードを使いたがらないのが
敗戦の原因かもとの憶測があるので、次はきっちり危なければ使おうとは思う。
でも、まだ半年あるからなぁ~。

とにかく、これで4勝4敗。
結構、負け続けてる印象。

アップグレードで人口1の都市を上げて、デンバーにも供給施設を建てておしまい。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(5月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(5月上旬)
ここまで、敗戦しながらもストーリー的には順調に来てたけど、
5月開始時点で、新たなヘイブンは見つけることができてなくて、
初めてストーリーも後追いになってしまい、失われたヘイブンは勝手に見つけられてしまった・・・。
でも、そのお陰で減少していた補給品が一気に15個増加!素晴らしい!

更に、今月から予防接種ができるようになり、
人類はこの病原体も支配下におさめれるようになってきた気配。
ただ、この新ルールの予防接種には疑問が数点。
フリーアクションなので、何回でもアクションを使わずできる訳やけど、
同じ町が捨て札置き場に数枚あった場合、一気に幾つも取っていいのか?
手番中に1回とか書いてないから、全部取ってしまっても良さそうやけど、どうなんだろう?謎。
そして、これ結構、強力な気がするけど、後には倍返しされそうで怖さもある。

後、航路の方も、港から港に繋げれるのは理解してるけど、
ボードの海に当たる部分は水色の所だけなのか?それとも紺色の所も含まれるのか?
とりあえず、こちらは水色部分だけを海と言う理解にしといた。

そんなこんなで、5月はお助け4枚、エピデミック8枚で開幕。
現状、繋げれる都市は全都市、補給線を確立。
探索も数度、完成。今更ながら失われたヘイブンが見つかったりもあった。
5個病原体は置かれはしたけど、なんとか勝利。3連勝で4勝3敗と1つ勝ち越し。

今回のアップグレードでは6点全部を、人口回復に当てて終了。
人口に関しては、2~5の間でキープできてる。
だけど、なかなかアフリカ大陸と、中東・インド辺りが偵察できず、新たな土地を見つけられていないのは問題。
毎月思ってるけど、次月への課題。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(4月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(4月上旬)
お助けカード6枚。
こちらも強くなってきてるけど、病原菌側も都市が見つかるにつれ手強くなっていて、
今回からエピデミック7枚に増加。まじか?
どんどん都市が見つかるとカードも増えるので、凄い枚数。

で、今月の目標はアフリカ大陸の偵察。
しかし、思うようにそのカードが集まらない。
なので、目標を切り替えて、補給線を引くのと、都市の捜索で2つ達成。
今回はカード自体にスクラッチがある。
レガシーなので当然ながら、後戻りは絶対にできない使用。

病原菌が置かれる所には、供給施設を建設し、
人口増加も人口減少も無く、初めての連勝。
ただ、アフリカの偵察は次月に持ち越し。

しかし次はなんとエピデミック8枚入り!かなり厳しそう。
勝つと次は負けやすいようにできてるのがやらしい所。
とりあえず、空路ができた今、常設の供給施設は必要って事で、ワシントンにも建設。
後、手番が3回増えるお助けカードは便利だったけど、
次は4枚まで減少するので、それを入れれるかは不明なので、
農夫を5手番できるように強化。

やっと連勝できて、今度こそコツが掴めてきたかも。

| | コメント (0)

ヘレディタリー 継承

映画鑑賞3本

追想 5点
物語の3分の2は、初夜を上手く迎えれるか?ってだけのストーリーで、
やばい感じなものの、ラスト少し動きがある。

ヘレディタリー 継承 7点
終って見れば、西洋のよくあるホラーで、馴染みの無いキリスト教文化。
ただ、そこに至るまでが、よくあるパターンでは無く、変に幽霊とか出て来ず、
いかにもな子供もまさかの展開で、とにかく怖かった。

犬ヶ島 7点
ウェス・アンダーソンの世界観は、趣味的にバッチシでは無いけど、
まーそれでも良くできてるとは思う。
日本を背景にしてて、外国人から見た日本ではあるものの、それはアートとして気にならないのも良い。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(3月下旬)ネタバレあり

とある日曜日(3月下旬)
ここまで、今作では物語的に、前作のような急展開が無い。
失われた地球の各都市を見つけていく世界の広がりがメイン。
ホロウメンって言う敵対組織との抗争はあるけど、そこもそない大きく絡んでは来てない。
折角作った供給施設を、作った次月には壊されるぐらい。

で、やっぱお助け8枚は超楽。
チームブラボーが頼りがいあるし、1度捨てたお助けカードを再度使えるのも神。
チームブラボー連発なんて事も可能。
また、危険になれば、使える回数に制限のある補給品の生産も使って行こう!となってるので、
それで一気に補給品を全国配布。これも神業。

ヨーロッパ偵察完了。遂に花の都パリが見つかる。
そして飛行機も見つかる。これで供給施設と海上都市ヘイブンは空路で繋がった。
移動手段増えたのは、今後の戦略的にも助かる。
また航路も引けるようにもなった。
なんと病原菌は1つも置かれず無傷の完勝!

で、アップデートで、イスタンブールに常設の供給施設を建設。
新しく見つかった人口1の崩壊寸前の都市3か所を人口2へ回復させて、終了。
まだ2勝3敗と負け越してるけど、1月に続いての同月連敗は免れた!



| | コメント (0)

街コロ・レガシー(全10回分)ネタバレあり

とある日曜日。
コロナ後、初のボドゲ会。街コロレガシー完遂計画発動。
結論から言えば、有意義では無い12時間を過ごしました。

まず同じ4人でやらないと面白くないかもと思ってたけど、
パンデミックのようなストーリー重視では無いので、あんまりそこは気にせんでも良かった。
全然、途中で人が変わってもなんとかなるレベル。

1ゲーム約45分✕10回で計算してたけど、だいたい1ゲーム1時間ぐらいはかかり
終わってみれば12時間。これはしんどかったし、疲れ果てた。

更に問題のレガシー部分。
街コロ自体は軽くて楽しいゲーム。
ただ、肝心のストーリー部分が外国人が見た日本感って感じで、
西洋からしたら日本の不思議な雰囲気がワクワクしたりするのかもも、
日本人からしたら、へんてこな日本感になるので、うーむ。
また、回が進むに連れて出てくる新施設も、毎回少しだし、
新要素の鉄道や、航海もぼちぼち。

そんなこんなで、街コロってゲームは、ノーマル版や次の街コロ通を軽く1~2回遊んだりするのがベスト。
10回も同じものをやったらあかんかな。
でも、こんな感想ってやってみないと分からないし、
主催者として色々と反省もあるけど、何事も経験でした。


| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(3月上旬)ネタバレあり

とある土曜日(3月上旬)
そういえば、最近のブログ何を書いてるかさっぱり不明なんてご意見頂きましたが、
極僅かなパンデミックレガシーを経験した後の方に対してだけの文章なんで、
Jリーグが再開するまでは(再開した後も少しは)、こんな駄文が永遠と続くと思われます。あしからず。

初勝利で増えていたお助けカードが6枚に減少。
目標は3個に増加。また難しくなった気配。
でも、だいぶ慣れてもきたはず。

ところが、そうはいかないのがこのゲームの性。
このシーズン2から始まったボードにサインペンで直線を引くなんて新要素は
何度かできたものの、供給施設を思うように建てれず、
だいたい負ける時はずっと後追いで、あっと言う間に病原菌が8個置かれて敗戦。
今回の病原菌は取り除けないので質が悪い。

これで1勝3敗。シーズン1の敗戦数に早くも並んでしまった・・・。

農夫をアップデートで偵察を1枚減らして出来る様に強化。
カード1枚で2枚の役割をするのを残り全部作ってしまって、
とにかく供給施設を作りやすく改変。

また次回はお助けカード8枚に増加。


 

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(2月上旬)ネタバレあり

とある土曜日(2月上旬)
2連敗でお助けカード8枚入り。
今回のレガシー2では、使うと破棄するお助けカードが最初から8枚入っており、
これを序盤で使うのはいかがなものかと、温存してたけど、
危ない時は使っていかないとあかんかもと、方向転換。

面子はシーズン1と違って、よほどの事が無い限り、レギュラー4人で進みそうな気配。
今後、新キャラが出てきたらわからんけど、皆を使ってる余裕が無い。

で、2月は南米の偵察成功。病原菌も2か所置かれただけで勝利。
シーズン1では登場しなかったチームブラボーの活躍も大きな手助け。
なんやかんやとお助けカード8枚はでかい!

アップデート
講師が渡すだけでは無く貰えるようにしたのと、
作業員が補給品1個で、補給線を確立できるようにしたのと、
カード1枚で3枚分になるのを作ったのと。

そして、シーズン2初勝利!

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(1月下旬)ネタバレあり

とある金曜日(1月下旬)
同じ4人でスタート。
今回はお助けカード6枚入り。

とりあえず、また初期手札は悪い。
上旬に続いて後追いしながらも、お助けカードを積極的に使いながら、
供給施設を2つ建設。こちらは残す所、後1つ。

1月最大ミッションの北米の偵察も完了。
北米の地図が加わり、シカゴ発見。
しかし、その時には各都市で疫病が蔓延しだす。

もう1周できれば、最後の供給施設を作って勝利できる。
お助けカードで疫病を取り除く。更に、1回こっきりのお助けカードも使って疫病を取り除く。
なんとか延命を図る。
それでも農夫が傷を負う。
シーズン1では、こんなに序盤から負傷しなかったし、かなり辛い出足。
そうやって、必死に次の人にバトンを渡そうとするも、無情にもジャクソンビル連発疫病でゲームオーバー。
まさかの2連敗スタート。ゲーム初月完全敗戦。

今後ルールも2つ増え、今まででも全然足りてなかった補給品が減り、更に難しくなりそうなのに、辛すぎる。
唯一の助かった点は衰退都市が、人口増加していたジャクソンビルの人口が元に戻っただけで終えれた事。

今回のアップデートでは、
なんせ供給施設を作れてないので、作業員は3枚で作れるように改善。
カード1枚で2枚分にできる都市カードを1つ作って終了。
あかん、シーズン2難しい!




| | コメント (0)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

映画感想3本

ふたりの女王 メアリーとエリザベス 6点
イングランドとスコットランドの王室の話で、馴染みはないけど、
それよりも映画的に今をときめくシアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビー、旬の2人の共演が見所!
(ほぼシアーシャ・ローナンの方が主演扱いながら、
出番の少なさを感じさせないマーゴット・ロビーの貫禄もあって)
唯一の共通場面は、なんかアル・パチーノとデ・ニーロの「ヒート」のような雰囲気があった。
ま、物語は史実ベースなので、仕方なしな面も。

アクアマン 5点
凄い!全部ぶっこみ!海に舞台を変えたSF的宇宙戦争も、怪獣も、潜水艦アクションも、自然災害も、
恋愛も親子愛も兄弟愛&確執も旅ロマンスも師弟関係も海の生物を使ったアイデアも、
凄いとしか言いようがない。
だけど、個人的な意見としてはこれはマーベル。DCはもっとリアル路線を貫いて差別化を図って欲しい。
こんなんマーベルを見てるのと同じやし、正直ぶっこみすぎかな。

ハッピー・シェフ!恋するライバル 4点
普通にイタリアンなラブコメで好感も持てるんやけど、単純に主演俳優のアナキンに魅力がない。

| | コメント (0)

ダービーリモートマッチ&生観戦確定!

試合日程発表~!

7月4日(土)18:00 大阪ダービー
ご予約承り中!
そして明日か、明後日には、開幕みたいなもんやし、いつものあれ始めます!

でもって、以降の日程。
なんと日曜日、ホームゲーム無し。

7月26日(日)のアウェイ神戸戦は観戦可能も、まだ間引きだろうしチケット取れる気がしない。
以降は、土日どちらか分からない試合が複数あるものの、
とりあえず確定は11月3日(火祝)の大阪ダービー。
今年、ダービーは両方共に行けないスケジュールだったので、そこは良かったけど、
現状はそれだけ。
ちゅーか、こちらはリモートマッチで、向こうは祝日って、納得行かない。

仮に開幕戦のマリノス戦と、アウェイダービーだけだとすると、
今年ホーム観戦0の可能性も・・・。
うーむ、コロナで日曜観戦増えるかとも期待したけど、余り有利には働かなかったな。残念。




| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(1月上旬)ネタバレあり

とある水曜日(1月上旬)
キャラクター設定の話。
補給品を自由に渡せる通信士を二枚目キャラで主役設定。19歳。
供給施設を早く建設できる作業員をモヒカン男にして脇役設定。48歳
危険地帯に補給品を置いて回れる農夫が美人ながらも準ヒロイン。32歳
どこでも都市カードを渡せる講師の女の子がヒロイン。17歳。
後、他キャラを動かせる管理官の男性がサブスタート。(現在容姿・年齢未設定)

この4人が適正なのか分からないけど、主役やヒロインを設定してしまったので、
能力うんぬんじゃなく、見た目で判断。

1月、ゲーム開始は言うても練習の続きみたいなもので、簡単だと思えるし、
戦略も見えて来てるので、さっさと勝利しようと思う。

ところが、パンデミックあるあるなのか、上手い具合にカードが能力に応じた感じで配られない。
こうなるとどういう手を使えば良いのか最初から頭を使う展開。

そうこうしながらも供給施設を2か所建設。
もう1か所も目途は立ってきた。
ただ、本編から目標設定に加わる偵察イベントに必要なカードが全く出ない。
そうこうしてる内に世界は供給品不足。
どんどん病原菌で汚染されていき、山札が無くなり、8か所で都市が滅び、
しょっぱなから、まさかの大敗戦。
しかも、負けても次に達成を持ち越せる偵察イベントができなくて負けたから、ほんままた下旬は1から。

いきなり4都市は衰退し、主役設定の男の子は既に負傷。
シーズン1がかなり順調に進んでたので、この敗戦を直視できない。

ゲームなので、カード運はかなりある。
だけど、それが最初から来るか?これは後々も響きそうで恐ろしい。

ゲーム後のアップグレードは3点。
青を作りやすくする為に、1枚で2枚の役割カードを1つ作る。
モヒカンを8枚持てるようにする。
いきなり4都市衰退は厳しいかと思い、ロンドンの人口回復をする。1点。
シーズン2、ヤバい!

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(プロローグ)ネタバレあり

とある火曜日(プロローグ1回目)
あれだけ苦労して地球をゾンビから救ったのも束の間、
と言うか、日曜日にシーズン1を終えて、翌朝、シーズン2の荷物が届いたので、
本当の時間軸でもほんまに束の間。
ゲーム上では70年近く経ってるけど、中1日。
で、その届いた日は開封しただけで、翌日から新章の開幕!

なんと!シーズン2の設定は、地球が滅んだ後の世界観が舞台。
で、ゲーム性がだいぶ変わってる。
前作はパンデミックを知っていれば、なんとなくできたけど、
今作はルールが全改良されているので、初体験。
つまり、やり方を覚えないとあかん。

そういう訳で、今作はプロローグと言う名の練習ステージが最初から用意されている。
よく分からないまま、遊んでみる。
完敗。疫病が瞬く間に8か所に置かれゲームオーバー。

とある水曜日(プロローグ2回目)
1回遊んでるので、おぼろげには理解した所で、今度は説明書を隅々まで読んでパーぺキな状態へ。
要は前作は病原菌を取り除いてワクチンを作るのが基本的な目的だったけど、
今回は病原菌の治療薬は無くて、滅びた世界で供給品を配布して生き延びているので、
なんせ病原菌が発生しないようにするとの設定。
前作の真逆のルール。

また前作では世界中が舞台だったけど、
もう今や「ウォーターワールドの」様に海上都市で人類は細々と暮らしてるだけで、
陸地は海に繋がっている9都市しか見つかっていない。
キャラクターも「マッドマックス」や「北斗の拳」のような人々。世紀末。

そういった事をきっちり理解して2回目の練習をした所、3か所のダメージで無事に勝利。
OK。OK。では本編の1月を始めましょう!(今作も12か月間の長い戦い)

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(12月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(12月上旬)
遂にオーラス!最終指令を読む!
え?!もう遅かったの?
なんと手遅れらしく、新ゾンビウィルスが完成していたらしい。
今までの目標は全部消滅。
新たに2つのミッション。どちらも必須。

ゾンビ都市を全て予防接種して洗浄するのと、新ゾンビウィルスの捜索。
もう、物語はクライマックスで尻すぼみ的にゾンビの都市を倒してハッピーエンドかと思ってたから、
最後の最後で小さなどんでん返しなストーリー展開があった事は興奮した!

で、とりあえずまだ予防接種できていないゾンビ都市は11か所。
今回の捜索には結構カードが必要も、5回エピデミック出ない限り逃げ切られないので、
どちらもなんとかなるっしょ。

最後の面子は、12か月連続雇用の衛生兵、ゾンビワクチンのスペシャリスト免疫学者、
そして5手番は非常にでかいゼネラリスト。後1人どうする?
もう病原体ワクチンを作らなくて良いって事は、科学者いらなくない?
じゃあ、久々に他人を動かせる通信司令員にしよっかな。
いや、ここまで男性2名女性2名の4人で11か月間戦ってきたのに、
最後にこの黄金比率を変えるのは納得いかないって事で、1度失敗したウィルス学者を再起用。

スムーズに注射器マークで予防接種していく。頼りになる免疫学者さん。
ゼネラリストは多い5手番で予防接種に、病原体駆除に、捜索にとオールマイティに活躍。
衛生兵も病原体駆除を中心にいつも通り。
ウィルス学者は、捜索重視で戦う。

順調に行ってた所、1枚目のエピデミックの次カードが2枚目のエピデミック。
シャッフルしてるのに、なんでこうなるのか?
一気に情勢が悪化して、やっぱりこのゲーム、ギリギリの戦いに巻き込まれる。
4枚目のエピデミックが発生した時、確実に連鎖するので、
もう最後やし、傷跡を負っても大丈夫って事で、免疫学者が自己犠牲。
ただ、問題は捜索フェーズ。
5枚目のエピデミックが出るとゲームオーバー。
もう1回12月をやるの面倒やな~と思ったりしてると、免疫学者が6枚各2色ずつ持っていて、
一気に捜索3進み、更に双眼鏡で2進み、捜索成功。
アトランタの地下貯蔵庫が爆発を起こす中、落石の中、なんとか逃げ切って1ミッション達成。(映画のような情景が頭に浮かぶ)
後はもう残り2か所、予防接種するだけ。OKOK。2ミッション達成。
ゲーム終了!お疲れ様でした。

最後の極秘カードを裏返す。たった2行だけのエンディング。
これがこのゲーム中、ゾンビが発生した時よりも、軍関係者に裏切者が潜んでた時よりも、衝撃度MAXかも・・・。
こんな壮大な物語だった割に、想像を絶するほど味気ない結末。

そして、得点計算。859点だったかな。
チームブラボーが何かさっぱり分からないけど、失点も無し。
(捜索フェーズで失敗してたら助けてくれたチームだったらしい)
多少、アウトブレイクが起きた都市にシールを貼ってパニックレベルを上昇させるの忘れてたと思われるので、
もう少し本当は点数は低いだろうけど、それでも一番上の奇跡レベルで終えれたんじゃないかな。
11勝3敗。
俺たち英雄の銅像も建てられたらしい。

後は最後まで開かれなかった8番の機密書類と、4連敗した時だけ開封できる8番の小箱。
まず8番の小箱を開ける。
あほほど弱いチームは、なんと最大エピデミックカードを5枚から2枚に減らせる救済措置があった。
エピデミック2枚だったら、めっちゃ簡単やん。
でも4連敗するようなチームだったら、それぐらいなのかな?

あれ?機密書類の8番開けて無いけど?てっきり小箱と同じ数字だし、
8番の小箱を開けたら開かれるんだと思ったけど、そうじゃなかったらしい。
じゃあ、何?単に見落としで最後まで開けてなかっただけだったみたい。

そんなこんなで、思い出を走馬灯で。
1月~4月。ウィルスが変異したり、まさかのゾンビ化になったりと、レガシー体験に興奮!
4月~6月。ルールミスで容易に変換してたせいで無傷の6連勝。
7月。その反動が来たのか、ここで2連敗。
8月~10月。結構好きだった捜索ルールとか、裏切者とか、起承転結の転部分。
11月~12月。終わりに近づく喜びと淋しさを併せ持ちながら、エンディング。

衛生兵14回、科学者12回、研究員7回、通信司令員2回、
ゼネラリスト3回、検疫官4回、作戦エキスパート9回、大佐1回、
兵士(裏切者)1回、ウィルス学者2回、免疫学者3回、総勢11名全員起用して、
核を使うことも無く、地球を救いました。めでたしめでたし。
あー楽しかった。

・・・そして、パンデミックレガシー:シーズン2をポチっとしました。
勿論、シーズン1が青箱なので、ガンバ的にも黒箱!青と黒!これは最初から決めてました♩

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(11月下旬)ネタバレあり

とある日曜日(11月下旬)
あのメンバーでは無理、やっぱワクチン早期作成に科学者は必要!
全く役に立たなかったウィルス学者を科学者に戻して、
衛生兵、科学者、免疫学者、ゼネラリストの4人でリベンジ再戦。

まず、軍事基地を壊さないと、ゾンビワクチンを容易に打てないので、それを最初の目標設定に。
そして一巡目で2軍事基地の破壊に成功。
これで免疫学者がガンガン、ゾンビの都市を復興してくれる事に。
彼の力で大阪や東京、東南アジアなど4か所ほど、完全治療達成。

ワクチン工場も初期段階で既に2か所あるので、後1つ作れば2つ目のミッション完了。
やっぱ科学者はワクチン作るの簡単で、無事に3ミッションクリア!

1回上旬に負けてしまったけど、2回目は簡単に勝利。
とは言え、ソウルが衰退中の都市になったりはあったけど。

ラストは多分、ゾンビ退治したら終わるだろうから、ワクチン工場をもう1つ、
米国首都ワシントンに置いて、お助けカードになんか1枚シール貼って、いざ最終決戦へ!

| | コメント (0)

ロスト・マネー 偽りの報酬

映画鑑賞3本

マイル22 6点
いつもの監督と主演のコンビにインドネシアの「ザ・レイド」俳優を追加して作った
「ザ・レイド」のような作品。衝撃度だけで言えば最近の中では一番でした。

ロスト・マネー 偽りの報酬 7点
タイトルが悪すぎる。これではB級ビデオスルーな作品の匂いしかしない。
でも、これが実は犯罪映画としてめっちゃ面白い!丁寧に1歩ずつ進んでいく感覚。
主演は女優陣で豪華は男たちは皆脇役なのも、愉しい。

マイ・ブックショップ 5点
最初はディズニー映画みたいな感じで見てたけど、やっぱそうではなかった。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(11月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(11月上旬)
正直、もう殆どする事ない。
ゾンビワクチンを作っていく事と、軍事基地を壊す事、ワクチン工場3つ建設の内2つと、
いつも通り病原体のワクチン作成。
楽勝な予感。

なので、ここで今まで一度も使っていなかったキャラを投入する事に。
もう軍事基地は壊していくので、軍人さん達はいらないだろうしって事で、初登板一挙3人!
ここにきて最初に戻って全員、医療従事者。
ゾンビワクチンに強い新キャラの免疫学者、
ゾンビを倒せるウィルス学者、
そして最初からいたのに、ここで初任務ゼネラリスト。

ところが隔離の達人達がいないからゾンビを押さえつけれない、
なかなか同色のカードが集まらない、
ゾンビを倒せるウィルス学者にゾンビの赤カードが1枚も来ない、
軍事基地があるからゾンビワクチンに2手番かかり、免疫学者も能力を発揮できない、
誰でも一気に除去できるようになったのにヨーロッパには病原体が置かれない。
孤軍奮闘の衛生兵で病原体を取り除いても間に合わない連鎖。
アウトブレイク8回。

まさかの敗戦。
このメンバーでは無理だった。少し舐めすぎたのか?
ワクチン1つと軍事基地1個壊したのと、ワクチン工場1つ建設。
どれもこれも全然達成できず3敗目。
アップグレードで、もう1つホーチミンに2つ目のワクチン工場建設、
反省を込めて5アクションのゼネラリストに軍事基地は破壊しやすくする能力を足して終了。
ついでにゼネラリストに家族シール貼ったので出発時、なんと彼女は6アクション!

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(10月上旬)ネタバレあり

とある金曜日(10月上旬)
軍関係者に黒幕がおったと言う事で、軍事施設を建設しまくってたのに、
今度は軍事施設を破壊しろとの真逆のミッション追加。
こうなってくると基地間移動の軍人はいらなくなってくるので、新キャラのウィルス学者とかの参入を考えるも、
とは言え、まだゾンビは徘徊してるので、作戦エキスパートの一気隔離の能力はでかく、結局前回と同じ4人で開戦。
今回は途中でメンバーチェンジできるお助けカードを入れれないのが残念。

ついでに、初ゾンビになった男を感染源の東京で捜索せよ!との指令も。
この夏頃から始まった捜索フェーズ、実は推理小説好きなのが功を奏したのか、それは関係ないのか、
いつも結構簡単に探し出せてて、実際の所あんまり困ってない。

それでも初期手札にアジアカードが無くて捜索が難しそうだったりと、
面倒な序盤の様相も、なんかぬる~く始まる。
夜遅くしたので、思考回路も停滞気味な気がする。
そのぬるさもあってか、最初のエピデミックが出ても大した被害も無く、
これといって適当にケアしてると危険地帯も皆無。
ここまでの中で最もぬるぬるで進む。
こちらもそれほど最善手を打ててる気がしないのに、大した被害が出ない。
それどころか、感染源の東京カードを手に入れたりして、双眼鏡で捜索がガツンと進んだりで、
あっけなく簡単に発見。

今度はルール通り、ここでスクラッチを削る。
すると、機密書類が残り1枚だけ残して全部開封の儀!
遂にここまで来たのかと感慨もひとしお。
なんと、ゾンビワクチンの製造に成功!
しかし、ゾンビワクチンのルールが、一挙に来たから超ややこしい。

とにかく、捜索はできたけど、ここで新たに増えたゾンビワクチン関連の目標は、
こっから達成できそうにないので、軍事施設の破壊と、いつもの病原菌3種のワクチンの製造を目標に続ける。
ほんま、ぬるくて、2回目のエピデミックが全く出ないから、
手番余り気味なぐらいで、黒と青のワクチン作成。
軍事施設も破壊成功。
(軍事基地を破壊すると、作戦エキスパートの動きが鈍くなるジレンマも)
後は黄色ワクチンができたらあっけなく勝利。

3回目4回目はまま連続で感染爆発はして、アウトブレイクも最終的には4回起こったけど、
その時には衛生兵は黄色ワクチン製作できるだけの手札が揃っていて、手番待ち。
しいて言えば、最後の最後、初期スタートのアトランタで、調査基地が初めて燃えた事が誤算ぐらい。

なんかほんま呆気なく勝ってしまった。
次月はワクチンルールをちゃんとせなあかんけど、もうゾンビも怖くなくなってきたイメージ。
一度は落としてみたかった核爆弾も使わなくて良さげ。
わからんけど残りの2か月は簡単じゃないかな?
もうワクチン作ってゾンビを排除してたらOKっぽいし、機密書類の開封とか考えると、もう何も無い感じ。

青4回目の根絶で、遂にマックスのレベル4。
それとアトランタが燃えて北米に拠点が無くなったのでメキシコシティにワクチン工場初期配置。

週末でハッピーエンディングを見よう!


| | コメント (0)

めでたい話とめでたくない話

長年、愛用していた旅のしおりソフトの「行程さん」のサービスが終了した!
全旅行をこれで作っていた身としては、残念と言う言葉だけでは言い表せないショック。
現在でも6個ぐらい、作成したしおりが保存してあるけど、
これがまもなく消えてなくなりそうなので、紙媒体に慌ててプリントアウトしないと!

この行程さんは、シンプル過ぎてベストでした。
世の中のアプリと違って、何の機能も無い。ただただ単純にしおりを作るだけ。
それが良かったのに。

で、そのしおりで今回も作っていた日帰り旅へ!
通天閣も緑だし、商売人としてはステイホームよりもウィズコロナなんで、経済回復を願って行ってきました。
目的地は加太。友ヶ島って無人島がある。

ただ、しおりを作ってると、友ヶ島への船の本数が少なすぎて、そのメインを断念。
(実はGWやお盆だけの臨時便が出てたみたいで、行けない事もなかった)
グルメと温泉だけと言う自分にとっては、かなり珍しいのんびり旅。

和歌山市から加太へ行く道中の電車が、「めでたいでんしゃ」と言うかわいい車両。
男の子のかい君と女の子のさちちゃんに往復で乗車。
そう聞けば、少年少女のように思えるけど、最近子供のななちゃんが生まれたらしいので、
実は設定的には結構おっさんおばはんの男女の可能性も。
とにかく、かい君はくらげに交じって宇宙人おるし、さちちゃんは吊り革が1つだけハートだったりするしでハッピー。

で、旅の目的は、人気店の満幸商店。
ここのわさびスープや、しらす丼がグッド。満腹で堪能しました。
ついで、ユニバのホラーナイト「祟り」で有名になった人形供養の淡嶋神社参拝。
人形供養のついでに、ひっそりと女性下着も奉納できるという、変な場所。
で、最後はその隣にある大阪屋って旅館で日帰り入浴。
この3か所の場所が全て徒歩1分以内。
加太まで行ったけど、旅先自体は凄く狭い範囲で終了。

通勤で電車に乗らないので、緊急事態宣言前以来、約2か月ぶりぐらいに電車に乗ったけど、
改めて、通常運転に戻れば幸せだな~と確認。
ウィズコロナと言いながら、やっぱNOコロナになるのが希望!
家でパンデミックを永遠とやってるのも幸せだけど、そればっかじゃダメ人間になる。
皆で頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(9月上旬)ネタバレあり

とある木曜(9月)
過去、最も楽しいひと時でした。
最初の頃は箱に書いてある60分ぐらいで1ゲームできてたけど、
この9月は有に倍以上の2時間半、それぐらいはかかった。

今月も勿論、捜索はあり。
このゾンビウィルスが人為的だ!と噂話を吹聴してる奴を見つけないと!
でも俺たちは、そっちこそが真実だと知ってきている。
後、探し出したウィルス学者が加入。
最近、軍隊化してきたメンバーに久々の医療関係者。
でも出発メンバーはやはり最近の4人。
たまたまやけど、ここまでずっと男性2人、女性2人のデートスタイル。
お助けカードは2枚減って2枚なので、役職の変更と、隔離2か所の設置を選択。

今月も開始直後から、エピデミックでアウトブレイク発生。
勿論、そういう危険都市をケアしていかないとあかんけど、噂話の男も探さないとあかん。
二兎を追っていると追いつかない!
そうこうしてると、すぐさま2回目のエピデミック。これはほぼ無理じゃないかな?

ただ、新ルールの自己犠牲を2連発で使い、未来を見据えない作戦を決行。
これにより、検疫官と科学者が遂に怪我人に。
そして、どうせ負けるとしても、無駄死にでは無く、捜索は成功させて負ける事にして、
危険都市は無視、一気に逃亡者確保作戦へ切り替え!
これで、負けたとしても、9月下旬はこいつは探さなくても良くなるので、幾分か楽。

3回目のエピデミックなどで、更に苦しい展開の中、奇跡の黒3回目の根絶。
気付いたら黒は最初から1ヵ所だけしか出て無くて、それを取ったら根絶できてしまった。
単に黒の出目に恵まれただけとは言え、根絶すると、もう今月は黒が出てもセーフ。
これは非常に大きかった!
なんせ世界中で大混乱の中、黒セーフは一筋の光。

だからと言って、ずっと追い込まれた展開は不変。
作戦エキスパートが、このままほっといたらまた傷を負うので、
メンバー変更でゾンビエリアでも傷を負わない兵士にチェンジしたり、
同じく装備品で、なんとか検疫官を助けたりとかしながら、
最終局面、後、どうにか黄色ワクチンを作らなあかんってとこまで辿り着いた。
後、2回のアウトブレイクで敗戦。連鎖する都市もある。

なのに、最大5回目のエピデミック。
検疫官はワクチン作成枚数集まってるけど、残り衛生兵と兵士の手番を終えないと、そこまで回らない。
ここで長考して、遂に衛生兵を2度目の負傷、死亡直前にまでなる自己犠牲を選択。
実は、ゲーム終了後、カードを確認すれば、自己犠牲しなくても勝ててたけども、
8枚の内4枚引かれると、連鎖する可能性は特大だったので、勝つには最善の方法だったはず。
ゾンビエリアでも生きれる兵士でソウルを隔離して、無事に検疫官にバトンを渡して9月勝利。

で、そこまでして勝ったのに、
兵士は世界征服しようとしている悪者の一味だった事が、勝利後に判明!
んな、あほな!
ストーリーがまた進んで、世界を救ってる気分になってる俺たちは、
騙されて動かされてたあろう事も分かってきた。

こんな試合だったけど、黒根絶はできていたので、アップグレードで、黒ワクチン作成をレベル3に。
もう一つは、後1つ負傷すると死んでしまう衛生兵をもう1回負傷できるようにするセーフティ作戦。
10月は、またお助けカード無し。勝てばより厳しい戦いになる理不尽。

で、またここでもルールミス発覚。
捜索者を見つけた場合、いつもゲーム終了時にスクラッチを削っていたけど、
本来のルールでは、見つかった瞬間に削らなあかんかったらしい。
なので実際には、実はゲーム途中に兵士が敵組織で裏切り者だった事が判明していたし、
目標条件も軍事基地の破壊って変更が、途中に追加されてないとダメでした。
仮にルール通りしていたら、途中で兵士をメンバーに加入させたりできてなかったので、
結果は違ってた可能性もあるけど、兵士を1度でも使えたから良かったかなとも思ったりしつつ、
兵士とは短い付き合いでおさらばになりました。
しかし、誕生日で裏切り者が発覚するとは!洒落たルール。



| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(8月上旬)ネタバレあり

とある木曜日(8月上旬)
お助けカードが4枚は嬉しい話。
役職の変更、予測、軍事基地の建設、遠隔隔離2か所設置を選ぶ。
自己犠牲なんて、ルールが追加。

今月も疫学者を探す捜索フェーズあり。
前月と同じく科学者、衛生兵の医療関係者と
検疫官、作戦エキスパートの軍関係者の4人で今月もスタート。
春先に活躍してくれてた研究員はこの夏場に来て、控えに回ってしまった。

序盤から、中東やインド周辺で病気が蔓延。
相変わらずアジアゾンビ群もうじゃうじゃ。
すげー厳しい攻防の中、新目標の疫学者を探すのを優先。
彼は逃げ足が速く、ぼーっとしてると見失う可能性が高い設定なので、必死の捜索。
無事、確保!

後は、お助けカードを使いまくり、初めてバリケードも作ったりもして、
更には途中で作戦エキスパートを大佐に代えてゾンビ退治とかしつつ、
ラストは予測カードで、難局を秒の差で乗り切り、
ワクチン作成成功と軍事基地6地域の建設で、アウトブレイク4回で目標3つ達成!
連敗脱出!
全てのお助けカードを使ったから、それが無ければ確実に負けてた。
つまり、前の2連敗が効いてる。
だけど、今回は遂にエースの衛生兵も負傷してしまった・・・。

しかし、ほんま、毎度毎度ギリギリ過ぎて、このゲーム凄すぎ!
よーこんな展開になるように作られてるな~と感心する。
流石、BGGで1位になった事があるだけのゲームだと思う。
だけど、何よりしんどい。(面白いけど)

とりあえず、今後の目標も見えてはきた。
どうにか人為的なこのゾンビウィルスをどうにかしなきゃ!

で、アップグレードは上海の軍事基地が陸路でも入りにくくなってきてるので、
近場ではあるけど、台北にもう1つ建設。
それから、インド周辺がいつも厳しいので、カラチに調査基地を建設。
2か所、拠点を追加して終了。

| | コメント (0)

サマーフェス2020

今年も暑くなってきました。
コロナ終息も近そう。
人間の距離感もじわりじわり接近中。

そんなこんなで、焼きそば道場は終りまして、冷やしうどんフェス。
今年は色んなフェスが中止になる中、うちはやります!

①明太マヨ 680円(+100円で温玉)
②キムラ君 680円
③やまかけ 780円(+100円で納豆)
④梅おろし 780円
⑤担々 780円(+100円で温玉)
⑥豚しゃぶゴマだれ 880円(+100円で温玉)
⑦冷やし中華 880円
⑧天ざる 980円

宜しくお願いします

| | コメント (0)

ベニスに死す

映画鑑賞5本

バルフィ!人生に唄えば 7点
喋れない主人公がチャップリンのようで、2人の女性と恋をする。
笑えて切なくていい映画。ただインド映画なので、それを言ったらおしまいかもも、長い。
特に後半、クライマックスがややダレる。

フットルース 夢に向かって 5点
リメイク作。あの音楽が流れる。王道の青春映画。

おしゃれキャット 5点
ディズニーアニメ。物語は101匹わんちゃんみたいな感じ。
ただ悪役は心底の悪では無いし、ネコの冒険も弱い。やや物足りなさも。

ロビン・フッド 5点
ロビンフッドの物語を擬動物化したディズニーアニメ。

ベニスに死す 7点
思ってたのと違った。タイトルからしてサスペンスかと思ってたら、
ガチゴチのヨーロピアンな芸術映画でした。
老い、病、才能の枯れを感じる主人公と正反対の美少年。
その美貌を見つめるじじい。言えばそれだけで、ラストが泣けるのか?笑えるのか?

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(7月下旬)ネタバレあり

とある水曜日(7月下旬)
今回は勝利ボーナス全獲得の為、絶対勝利を目標にモチベ高く挑戦。
青ウィルスがもう科学者なら3枚で完成できる事もあり、研究員を外し、
軍人の中から1名レギュラーへ昇格させる事に。
大佐も兵士も検疫官も一長一短。迷った末、遠隔で隔離できる検疫官をレギュラーに抜擢。
そして、捨て札を拾えるように、科学者と検疫官の人間関係をライバル関係に。

後、久しぶりの資金不要カード、通称お助けカードが2枚入れれるので、
遠隔で2か所を隔離できるのと、困った時に役職を代えれるのとを選択してゲームスタート。

完敗!大敗!
高いモチベ空しく、1枚目がエピデミック。
最初からアウトブレイク発生。
その流れで、序盤にエピデミック3連発。
こうなると、対策が後手後手に回るので、各都市のケアに追われるだけの人生。
しかも、これまでの中で最大に運が悪く、科学者は何も集まらない。
衛生兵は、危ない場所へ飛べたり行けたりするカードが来ない。
作戦エキスパートが隔離した途端、そこでゾンビ発生で隔離剥がされる。
遠隔で隔離できる検疫官の1手前にゾンビ発生。
ここまで運悪くカード引きができるかと言うぐらいの展開。

勿論、それでもどうにかしようと立ち回るものの、終わってみれば延命措置を続けてただけの戦いに終始。
結果、ワクチンは後1つ足りず、隔離は追いかけっこで中々達成せず、根絶は不可能レベル、
軍事基地を6地域に建てるのんは後1地域足らず、どれもこれも、次の手番でと思うと、
それをする暇が無く、悪夢が襲ってくるので、結果、負けた時は1つも目標を達成できないままジ・エンド。

しかもラストで上海を引いて終戦したけど、上海は初めて暴動を超えて衰退都市に。
ゾンビはアジアだけに留まらずインドやサンフランシスコにまで飛び火して、最悪の結末。

こんなに完敗するとは・・・。
とりあえず、次のアップデートは拠点の無い南米に軍事基地を建設と、
能力アップしていなかった検閲官に捨て札無しでの移動をプラス。
そして、開幕時以来、8月はお助けカード4枚からスタートできるのだけが朗報。
ここに来て、まさかの2連敗!

| | コメント (0)

パンデミックレガシー1(7月上旬)ネタバレあり

とある火曜日(7月上旬)
ウィルス学者が行方不明との情報。彼女の捜索と言う新たな目標が追加!
ゾンビのいる都市の調査基地で赤カードを捨てると捜索してるって事になるのはOKやけど、
それ以外にも、手番開始時にゾンビがおる都市におると傷を負うし、
バリケードや隔離もせなあかんし、各特殊能力や、装備品作成もあるし、
とにかく4手番でやる事考える事が多すぎる!
マジでルール増えすぎて、わけわかめ。
道中、頭こんがりまくり。

とりあえず勝利ボーナスで、カードにお助けシールを1枚貼って、いつもの4人でスタート。
なんと1手目で、科学者&研究員コンボで青ワクチン完成。

続いて今回から加わった捜索も中盤、彼女が行方不明で遠ざかる遥か前に無事に確保!
ワクチンを作った青の根絶にも成功。
これで3目標の内、2つ達成。後は南米黄色と中東黒のワクチンが完成したら勝利。
ここまではかなり順調。勝利目前。

また、ゾンビエリアもバリケードを未だ1つも置いた事がないまま、隔離でやり過ごすエブリディ。
そうこうしてると、南米黄色でアウトブレイク連鎖発生。
一気に5段階まで進む。黒はワクチン作成完了。

なので衛生兵を中心に、ゾンビ専門の作戦エキスパートにもアメリカ大陸に飛んできて貰って、
黄色エリア総動員で封じ込めに入ってると、ゾンビエリアがやばくなってきた!
でも後ほんま1枚・・・それさえ大丈夫なら科学者が黄色ワクチン作って7連勝!
なのに、そこでそれしか敗戦方法は無い北京を引き、上海、ソウルにゾンビ流出。
アウトブレイク連鎖で初敗戦。

ルールミスがあったとは言え、今まで全勝で来てただけに、これはこれで無念。
でも、ほんま後1手、後1枚ってとこで、敗戦するゲームバランスが、このパンデミックの面白さの極み。
これをレガシーで初体験できたのは、良しとしとこう。
12か月全勝だったら、それはそれでだいぶ物足りないだろうし。

とりあえず負けはしたものの、問題のウィルス学者は発見できたので、話を聞いてみる。
ゾンビ用のワクチンも開発できそうな気配。光明!
ただ、どうもこのゾンビ達、裏で人為的に生まれてるのでは?的な雰囲気が漂い始める。
ま、そうなるだろうと思ってた。

遂に上海は暴動が激しく衰退まで後1歩になってきたけど、次は7月をもう1回の下旬戦。
3回目の青根絶で、青を根絶レベルを初めての3にして、もう一つアジアに軍事基地を作るアップデート。
それから次は超久々のお助けカード2枚入り!
今まで、確実にゲットできていた勝利ボーナスを得るためにも絶対に負けられない戦いへ突入!

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »