« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

萌え萌えモエレ

次の目的地はモエレ沼公園。
当初は環状通東駅からバスに乗って、15時半到着で16時開始の海の噴水を見る予定。
しかし、そのルートはもはや不可能で、大通駅で下車、バスセンターへ徒歩、
15時55分着のプランに変更。
ところが、ここでもバスセンターに行ったはいいものの、そこは函館や釧路に行く長距離路線の所でミス、
バス出発まで残り4分、走る走る。無情にも間に合わず・・・。
殆ど、太川さん状態。

気を取り直して、海の噴水は諦め、環状通東駅から、1時間遅れのバスに乗って、モエレ沼へ。
折角、羊ヶ丘展望台で時短したのにも関わらず、結局は失敗。
初日、結構、失敗続き。

でもモエレ沼公園、ガラスのピラミッドとか、ルーブルっぽい建物含め、
公園自体が広く綺麗でグリーングリーンで、行って良かったと思う。

後は夜のジンギスカン屋を予約電話。満員。
ただ姉妹店を教えられて、そちらを予約。
昨年札幌で食べたジンギスカンは臭みとか全く無く、本場!と思ったけど、
今年の店はきっちり羊。だから、そうなんだ・・・と思ってはしまったものの、
そこらへんはタイプだし、良し悪しでも無いし、今回の店は色んな部位が食べられたので、満足。

本当はシメパフェ行くつもりだったけど、お腹の満腹度から考えても、
体験したいだけで、食べたいわけでは無いので中止。
代わりにコンビニでソフトカツゲンを購入して、ホテルチェックイン。
大浴場と階段を登り続ける露天風呂に浸かり、明日の予習をして就寝。(続く)


| | コメント (0)

search サーチ 

映画鑑賞4本


search サーチ 6点
アイデア勝負の1本。娘が行方不明、これを基本PC画面だけを使ってのサスペンス。
それを生かしてよく出来ているとは思うけど、超感動かと言われるとそうではないかな。

ホテル・エルロワイヤル 5点
タランティーノっぽい作品は、むさくさあって、その中の類似作品の中では面白いけど、
やっぱタランティーノは独特なのよね~と思う。

ルイスと不思議の時計 3点
で、そんなタランティーノファミリーでホラー畑のイーライ・ロス監督作のファミリー映画。
うーむ、味が出てない。ロドリゲスの「スパイキッズ」狙いなんやろうけど、
イーライ・ロスの良さは、やっぱB級色のホラー系かな、今んとこ。

MEG ザ・モンスター 5点
案外、いけた。メガトロンってでかい鮫VSジェイソン・ステイサム。
こんなあほみたいな設定の割に、きちんとラスト、タイマン勝負とか熱い。
後、仕方ないとは言え、まだ中国資本のハリウッド作品に慣れていない自分もいる。

| | コメント (0)

GOTO東京五輪

東京五輪の開会式前に行われる予定だった
札幌ドームでの男子サッカー予選のチケットが当選していたので、
それに行くつもりで、2月頃に宿泊と交通を申し込んでいたら、
なんか世界が色々あって、いつの間にかGOTOトラベルする事になっていた。

で、当初の予定では東京五輪に時間を取られるので、そない観光予定は無かったんやけど、
状況が変わったので、1泊2日きっちり遊ぶ計画。

朝5時起床、札幌駅に着いたのがだいたい11時前。
まずは前回の札幌で食べれなかったご当地グルメ、スープカレーを食す。
しかし道に迷いまくる。しかもソーシャルディスタンスで席数減少で少人数ながら並ぶ。
美味しかったけど、ふと壁のポスターを見ると、9月大阪グランフロントに新店オープン!とある。
今後、大阪で食べられると思えば少し残念。
昔、福岡で有名ラーメン店に行って帰ってきたら、その1週間後ぐらいに道頓堀にできた思い出が蘇った。

ただ、そんな訳で大幅に時間ロス。先の予定が狂う。
迷いつつも、当初決めてた予定通りに動くことにする。
何故なら既にバス1日切符と地下鉄1日切符を購入済みで、
予定を飛ばすと、損をするってのも1つ。

1時間押しで、羊ヶ丘展望台へ向かう。
なのに、これまたコロナ禍の影響でバス減便。またもや時間が押す。
どうにかこうにかクラーク象の前に到着。
帰りのバス時刻表を眺めると、10分後、もしくは1時間後。
迷いつつ10分後のバスで次の目的地へ行く事に決断。
羊ヶ丘展望台入場料530円、正味の滞在時間7~8分。

ただ、ここでルート検索し直した結果、ギリギリ次のメインイベントに間に合う可能性が出てきた。(続く)



| | コメント (0)

東と西の横綱対決へ!

イニエスタ上手いね~、井手口とか全然ボール取れないし、
これがワールドクラスなんだとか思ってまうテクニック。
神戸って、イニエスタの脇の選手も一時代に比べたら粒が揃ってきてる気はするので、
もう弱いクラブってイメージでは無くなったかも。
ただ、イニエスタありきなので、彼がいなくなるとわからんけど。

そうは言っても、昨年がホームアウェイ両方共に神戸サポが楽しい試合をしちゃって、
ひとつはドローとは言え、気分的には両方負けたような感覚だったので、
今年もそれが続くのは避けたい。つまりはリベンジ必須。

で、結果、イニエスタは上手かったけど、宇佐美の方が凄かった。
そういう試合でリベンジ成功。

しかし、遠藤も徐々にベンチ要員になってきて、しかも出れないまま終了とかも普通になってきたとか、
逆に松田や黒川や福田や山本や、まだガンバのスターとは言えない若手達が頑張ってるとか、
倉田が結構スタメン落ちしてる率が高いのが少し気になるとか、
そういうのもあるけど、なんにせよ4連勝。

次はいつ以来か分からんけど、東西対抗が始まって首位攻防戦。
これも日程君、地味にやるよね。

後、最終的に優勝は西のガンバやけど、2位から10位まで東のクラブで、そこから下が西クラブ的な
セパの交流戦みたいにならんかも少し心配。

| | コメント (0)

B級動物園

旅2日目、最終日も朝5時起き。朝風呂イン。
缶コーヒーを飲もうと自販機に行くと、リボンナポリンがあったので、それに変更。

今回のホテルは朝食バイキングが売りだったけど、この状況でビュッフェ形式は無理かもと危惧も、
人数制限や対面禁止などのコロナ対策ばっちりで、無事にあって良かった。
しかも、偶然とは言えGOTO対応も良かったし、限定のスマイルキャンペーンなんかのクーポンも貰えた。
ラッキー。良いホテル。

で、こんな早起きの理由は旅メインのノースサファリサッポロへ行く為。
自己責任、危険動物園!
到着すると、長蛇の列。こんな辺境なのに、人気あるんやな~って思う。

結論、むさんこ楽しい場所。
ほぼ全ての動物にエサをあげれる。草食は勿論、ミーアキャットに虫をあげたり、カワウソに手渡ししたり、
アザラシに魚を投げ込んだり、ライオンやハイエナにも肉をプレゼント。
餌代かかってしゃーない。

また、殆どの動物を触れる。ニフレルなんて目じゃない。
ただ鳥コーナーで、隣のおっさんがつつかれて「いてっ!」と叫んでいたのを見て、
鳥を触るのは止めた。

で、続いてデンジャラスの森へ移動。
こちらは入場する前に自己責任ノートに記帳して入館。
蛇の横を歩いたり、ヤマアラシに追いかけられたり、落ちたら死ぬと言うピラニア水槽、ワニの上を歩いたりと
スリル満点。

唯一、残念だったのはゲテモノを食べれなかった事。
カブトムシやヤモリ、ワームなどの姿焼きが食べれるのが売りながら、ここは11時オープン。
11時には帰るつもりだったので、1時間遅らせるか迷うも諦めて予定通りに、動物たちとさようなら。
しかし、その11時ごろはもっと長蛇の列になっていたので、朝一で行って正解だったなと思う。(続く)

| | コメント (0)

ハード過ぎた連休を終えて

この連休、連日朝5時起き、0時半帰宅。
店の隣で事件。
色々ありすぎて、疲れたので、とりあえず
もう今週末、ガンバ戦?!って感じではなく、
とうに1週間経ったような気もしてますが、
とにかく、連続ガンバ戦!
店は4連休では無く、土曜日は営業してますので、
宜しくお願いします。

| | コメント (0)

クワイエット・プレイス

映画鑑賞4本

大脱出2 3点
2大スター共演はほぼ嘘。殆ど中国映画。
スタローンも年やし、しゃーないけど詐欺みたいになる。
とにかく大雑把過ぎる。なんか脱出するとこが、もはや刑務所ではない。

クワイエット・プレイス 8点
素晴らしい!突っ込み所は多々あるけど、それよりも素晴らしさが勝ってる。
ジャンルがホラーなので、食わず嫌いはあるかもやけど、このアイデアは天才。
それに、そないホラーでは無いので、絶対に見た方が良い。
音を立てると死ぬ、これを映画館と言う空間を利用してエンタメに仕上げ、
新エイリアンの造形も耳に特化してて、まさに「エイリアン」1作目を見た時のような興奮があった。
続編は映画館かな?と思ったりしてる。

アントマン&ワスプ 7点
マーベル前作「インフィニティ・ウォー」でえらい事になった地球で、
一転、アントマンらしい全編に置いて軽い仕上がり。敵も悪くないので、展開も読める。
ギャグだらけで、永遠と軽いけど、話はそれなりに出来てて面白い。
で、ちゃんと前作の続き。個人的には「エンド・ゲーム」が早く見たいけど、その前にもう1本挟まないと・・・。

ビューティフル・ボーイ 6点
日本では有名人で馴染みはあるけど、一般人では余り馴染みのない覚せい剤中毒の話。
息子が中毒。それを更生させようとする家族。やめたいのにやめれない息子。すれ違い。
切なさも愛しさもある篠原涼子なんやけど、とりあえず主演のティモシー・シャラメの
スター候補な雰囲気を感じるだけでも、あり。

| | コメント (0)

営業許可

営業許可更新に行ってきた。
で、管理者を変えようと思うと、更新では無く、新規になるらしい。
ちょっと納得がいかない。

親父から俺にしようとすると、手数料が跳ね上がる。
なんでや?

本日は土用の丑の日。
例年通り、うなぎ料理します。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

流動的

ここ数試合の出来の悪さの割に勝点を拾っていた時と違って、流動的。
ガンバが支配しての内容の中、先制点を奪われるも、力勝ちって感じで、良か良か。
しいて言えば、先制すればもう少し楽だったとか、3-1にしてしまえばひやひやしなかったとかはあるけど、
総じて、曲者相手に完勝と言っていいんではないでしょうか?

更に、宇佐美とアデが決めたのも大きいはず。
是非、調子に乗ってもらいたい所。
それに攻撃も守備もまだまだ伸びしろを感じてはいるのも良い兆候。
初ホーム観客試合で勝ったのも純粋に嬉しい。

今年は連戦なので、流れ的にもそのまま行きたい。
でも、サポとしては心配は尽きないけど・・・。

ま、余り文句も無いので、とりあえず川崎目指して、ファイト!
東軍と当たる時期にパーフェクトガンバだったら、コロナ禍の記憶に残りやすい年に優勝できるでしょう。

| | コメント (0)

リニア

連日、話題の吉村知事。
当然ながら基本、コロナ関連の話が多いけど、
その中で、また違った側面から頼もしいと思われるような発言に拍手。

リニア、静岡と工事で揉めてるなら、
先に大阪・名古屋間の工事を始めんかい!と。
ごもっとも。理にかなってる気がする。

きっと、国は東京中心で、そんなんしないだろうから
実現性は薄い気がするけど、最近、大阪に勢いは感じる。
ええこっちゃ。

昨夜は大分バンデラッソお集まりいただきありがとうございました。
今夜、大分に勝って今季初連勝で、G大阪も勢いに乗りましょう。

| | コメント (0)

164個目から174個目まで

ボドゲ評価

『第32回レガシー会PART1』
164個目:パンデミック・レガシー シーズン1(2015)9点
冒頭から物語が楽しい。難しさも程良い。
体験するべきゲーム。自粛期間だったのも、頻繁にできて逆に良かった。

165個目:ザ・マインド(2018)5点
シンプル過ぎるルールが、何度もしたいってならないかな。
初プレイから、それなりにできたのもある。

『第33回レガシー会PART2』
166個目:パンデミック・レガシー シーズン2(2017)9点
ややシーズン1に劣る気はするけど、それでも達成感はある。
続編だけに1作目経験は必須。そして難しすぎるのも弱点かも。

『第34回レガシー会PART3』
167個目:ロビンソン漂流記(2011)6点
基本的にソロプレイよりは、複数プレイゲームの方が楽しい。
その中にあって、これは今んとこソロプレイでは一番やりごたえあるかも。

168個目:街コロ・レガシー(2019)5点
これは1日で完遂させた事が大失敗。楽しさより辛さが上回った。
ただ、街コロは軽いゲームなので、レガシーより普通にわいわい遊んだ方が素晴らしい。
どうしても、パンデミックと比べると物語も大した事がない。

169個目:ヤッツィー(1956)4点
これは古い!運要素強めのダイスゲーム。評価点は低いけど、それなり。

170個目:横濱神商伝デュエル(2018)7点
勝ち筋も複数あり悩ましい。ただ舞台が横浜。これだけで損。大阪なら8点。
結局、2人用プレイは結構難しい方が好みってのが分かってきたような気がする。

『第35回納涼ホラー会』
171個目:ヒット・ザ・ロード(2016)7点
わいわいとしたゾンビゲーム。設定が凝ってる。だけど、何回もするゲームでは無い。

172個目:逃げゾンビ(2014)4点
本当は他ゲームを考えてたけど、それが訳あってできなかったので急遽したのもあり、
ルールが厳密ではないかも。とりあえずゾンビがわさわさ湧くのは良いけど、
勝敗部分がいまいちな感じで終了。もう1度すれば違うかも。

173個目:ブラッディ・イン(2015)7点
これぞホラー。警察を殺せ!はよ埋めろ!とか会話だけでも不謹慎に盛り上がる。
宿屋経営なのに、普通に宿賃を貰うより殺した方が儲かるって内容もツボ。
それだけでなく、ゲーム内容も楽しい。

174個目:ワインと毒とゴブレット(2016)6点
他社に毒を飲ませて殺すパーティーゲーム。
急な来訪者が来ても、これを持ってれば飲み物も出せる6グラス付きなのも熱い!



| | コメント (0)

バハールの涙

映画鑑賞2本

バハールの涙 7点
弁護士として裕福な暮らしをしてたであろうバハールは、親、旦那は殺され、
自分含め女性陣は性奴隷として扱われ、息子は戦闘員として育成させられるために奪われ、
そんなISから命からがら逃亡し、女性軍を率いて、息子を取り戻すべく戦う姿を、
フランス人戦争カメラマンの視点から描いた重い作品。
でも、女性に殺されると天国に行けないと言うイスラムの教えとかあって、バハール頑張れ!とも思える。

サンセット 5点
作り方は前作「サウルの息子」と全く同じ手法。前作は超ヘビー級で、
周りがボケてないと死体だらけだったので、それを隠す意味でも画面のぼやけは良かったけど、
今作はどうなんだろうか?とも少し。この監督の味とも取れる。
また話も先が見えないし、謎が投げっぱなしで終わる。ほぼ意味不明。
だけど、面白くない訳では無いと言う変な映画。

| | コメント (0)

HOTMOT2020

今年もこの2種類のコースを進化してご用意!

HOTMOT2020~選べる夏の串カツ~

HOT9本コース 1580円
「カレーで食べるHOTな9本」
スパイシーカレーソース
かぼちゃ
ゴーヤ
ゴボウのかき揚げ
チョリソー
牛ロース
豚ロース
チキンカツ
イカゲソ
海老

MOT9本コース 1580円
「夏の食材をMOTな9本」
かぼちゃ
ゴーヤ
ゴボウのかき揚げ
チョリソー
アイスクリーム
豚キムチ
子持ちこんにゃく
ハモ
うなぎ

夏期間、宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

リモートでも劇的はいいもんだ

同じ時間に同じ人間のゴールだとしても、やはり同点弾と決勝弾では
喜びの度合いが違い過ぎる!
まず、それが一番の感想。

ただし、ゲーム内容ではずっと負けてる。
個の力と言ってしまえば、それまでやけど、それで勝点を加算してる今だからこそ、
ここで戦術や連携が噛み合ってきて、普通に強く勝てるようになるのか?
試合内容通りの結果に落ち着いていくのか、また次節が大事になる。
また次節も戦力よりは、連携や監督力で勝負してくる大分。
連戦、連戦で、練習をしてる暇とかよくわかんないけど、1週間空くのはきっと今年に限っては大きな期間。
守備陣も含め、もうちょっとピリっとした試合が見たい。

後、なんやかんや言うても俺はエースは宇佐美だと思ってるので、
宇佐美とパト、宇佐美と渡邊とか、もしくはアデとパト、なんかも少し見てみたい。
特に渡邊やパトはベテランで献身的だったりもできるので、
宇佐美とアデのような、アーティストコンビよりも、場合によっては上手くハーモニーできるのでは?とか思う。

同時にジェソクが移籍してしまった今、今年の目玉の昌子はいつ?
またその時の布陣はどう?なんてのも、今後の楽しみの一つ。
小野と昌子、ファイタータイプも大事だよね、と改めて。岩下兄貴のような。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(12月上旬)ネタバレあり

とある日曜日(12月上旬)
今までの流れで、絶対に上旬だけでは勝てないと分かっているので、
ラスト2回するつもりでスタート。

案の定、11月連敗で達成できなかったユートピアへの補給線は、
物語進行の都合上、勝手に繋がって、新たな目標として、大きな傷跡を負いながら、
体内にワクチンを入れて、ヨハネスブルクまで4人とも運べと。
(ただ3人で遊んでる人もいる訳で、もしかしたら1人だけ運んだらOKなのか?そこは少し疑問)

とりあえず、そういう事らしいので、上旬は下旬に勝つ為に、まずはアジア地区で海路を繋げていく事。
アジア地区を偵察する事。ヨハネスブルクに供給施設を建設する事。
この3つを優先して戦う事にして、体内輸送はひとまず無視する。

で、ここまで同じ4人で、彼らの能力アップをいっぱいしてきてるので、どれもが結構容易。
補給線、海路を繋げる時、補給品1つでできるようになってる主役のブルーが、マジックペンで線を引きまくる。
偵察を1枚少ないカードでできるピンクがアジアの偵察に成功。
供給施設を3枚で建てれるブラウンがヨハネスブルクに建設。
その補助に毎回5手番のヒロインのホワイトが動く。
そうこうしてると、更にピンクが今広げたアジアから新ヘイブンを偵察できて、
なんと最後の研究所トパーズを発見!

ここまで病原菌は一気に6個まで進んでいて敗戦濃厚だったのが、この研究所トパーズの能力が神!
感染都市と同じ色のカードを捨てると無感染でOK。
もう正直、どのカードもいらないので、捨てまくるからずっと感染0。
更にお助けカードで、ユートピアと、その1つ手前の上海にシェルター建設。
結果、殆ど無傷になった。

一気に形勢逆転。もう後は体内輸送をするだけ。
ホワイト、ブラウン、ピンクの順に運んで、後はブルーのみ。余裕。
髑髏マークが出ると死ぬから終わりやけど、ちゃんと全員傷跡で済んだし、
今までアップデートしてた能力が、そのせいで2つも削られるけど、もう12月だしいらないのばっかで大丈夫。
なんと上旬で勝っちゃった。(少しだけズルしました)

ただ、凄い大きな疑問と言うか、これでいいのか?ってエンディング。
俺達は実はゾンビだった事がわかり、ユートピアの人間たちは、透明の俺達の除去が目的だった。
つまり、俺達がワクチンを運んだおかげで、ゾンビと普通の人間の共存生活が始まって終了。
逆に運べてなかったら、ゾンビ(とは言え、透明なだけで普通の人間)は殺されて、普通の人間だけで地球は再生の道へ。
どっちがハッピーエンドなの?
そりゃ共存の方が良かったのかな。
ついでに、ゲームを始める前に、勝手に設定したブルーとホワイトの恋愛物語は、ハッピーエンドと言う事で。

とりあえず点数計算。721点だったかな。
こんなに負けて10勝8敗だったけど、結果上から2番目。

で、後は最終処理。探索できなかったカードを全部スクラッチ。これと言った新情報は無し。
4連敗した場合のスクラッチも削る。補給品が最大30も増えるので、これは助かっただろうと思う。

それでも開かれなかった機密書類が5か所。
どんなけ調べても、そこを開けって指令が見つからない。
しゃーないので、もう開けてみる。内4枚はおまけシールでした。
ただ1か所、フランクフルトが壊滅する骸骨シールがあったけど、これは不明のまま。

で、結論。
1作目の方がちゃんとパンデミックで、ストーリーが派手。驚きも沢山。
毎回パンデミックをしつつも各キャラの能力も1点集中型で全員を起用しやすく、思い出に残る良作。
こちらの2作目は一転、世紀末の雰囲気から始まったものの、物語が地味な印象。
驚きは最後の方で判明するまさかの自分達ゾンビぐらい!
だけど、ゲームとしての完成度は1作目同様高いし、勝率から考えても難易度もアップ。
なんぼ単作として遊べるとは言え、1作目を知ってるからこそ分かるネタもアトランタとか含めてあるので、
1作目が楽しければこちらもマストバイ。

とにかく、自粛期間から6月下旬までたっぷり2~3カ月、全24日間使って、楽しい時をありがとうございました。
噂では3作目のシーズン0も出るとか?

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(11月下旬)ネタバレあり

とある月曜日(11月下旬)
正直、この下旬も勝てる気は全くしていない。
そもそも赤のアジア都市を繋げ切れていないので、
赤カードの枚数が足りない。

それでも、なるたけ勝利できるようにしようとしてるのは良いのか悪いのか。
12月に勝てるように、1回しゃがんでおくべきだったかも知れない。
ま、それも後の祭り。

今回できたのは数都市の探索と、アジアに繋がるコルカタに供給施設を建てた事。
それぐらい。
本来なら、赤の偵察とか、大阪や東京にもっと早く繋げておかなければならなかったかも。
それをしていないので12月がまたしんどい可能性が・・・。

後、このレガシー2ではキャラは出てきても一切使わず、
最初の4人で頑張ってるけど、それが最善なのかどうかも不明。

とりあえず泣いても笑っても後、最多で2回。
多分、まだ未開のアジアが繋がったり、ユートピアに繋がったりはストーリー上、進むんだと思われる。
最後の方に来て、ストーリーも後追いなので、12月上旬は負ける覚悟はできてる。
なんか、最後も連敗して終わりそうやけど、ラストは勝ちたいな~。
今、9勝8敗。

| | コメント (0)

連敗しなかった事

試合の入りは良くて、先制点を挙げれたものの、
宇佐美は結局シュート0(多分)だと思われるし、
なんかそこの恐怖感が足りない気がする。
めっさ献身的になって、今のガンバのスターは宇佐美だと思うけど、
後半の渡邊を見ると、もう少しシュートを無理にでも打ってほしいとこはある。

で、ガンバのスターの座を死守する遠藤、まだまだ頼もしい。
先発で行って、後半に矢島とかでガッ!と押せ押せするのか、
控えで行って、後半に落ち着きを戻して知的プレーで行くのか、
どっちが正解か分からない感じは貫禄。

とりあえず試合自体は瀕死のドローではあったけど、
まだシーズン序盤、この展開で勝点1と、伸びしろを考えると悪くはないと思う。
前節の敗戦は根本的に最悪やけど、あれはJリーグでは無くてダービーなので別物。

DF陣営がもうちょっと、噂のジェソク含め、固定で戦えるようになれば、
もうちょっと安定するはずで、昌子が待たれる所はあるかな。

後、蛇足やけど、ガンバ戦、こんなけ見れたのは良し悪しなんで、
ライブ観戦、当店で一緒に戦いましょう!ってのもあった試合でした。






| | コメント (0)

ある女流作家の罪と罰

映画鑑賞6本

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 6点
最近ロヒンギャ問題で叩かれてるけど、あんまり知らないので見たかった伝記映画。
製作年が2011年なんで、タイトル通りひき裂かれた愛ってとこがメインになってるとこは、
少し物足りない気もしたけど、勉強になったという意味でも良かった。

イルカと少年 6点
正真正銘、イルカと少年の友情物語。丁寧に描いてて、感動。

バッドトリップ!消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張 3点
タイトルでもっと軽いコメディかと思ったけど、そうでもなかったし、コメディでも無かった。

天使の処刑人 バイオレット&デイジー 4点
シンプル過ぎる。物足りない感じ。でも最近では珍しいシアーシャ・ローナンの役柄。

移動都市 モータル・エンジン 4点
途中、ターミネーターやけど、最後はスター・ウォーズ。
とりあえず詰め込み過ぎ。そして、この年に最も大赤字の作品らしく、
シリーズ化したいってのはひしひしと感じたけど、180億とかの赤字らしいので、多分、無理。
もう少し丁寧に描いても良かったのかも・・・。

ある女流作家の罪と罰 7点
アカデミーノミネートながら、日本未公開。
その理由はなんとなく分かるけど、実話なのも重みがあり、
いつもはコメディ女優のメリッサ・マッカーシーも、スティーヴ・カレルになって良かった。

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(11月上旬)ネタバレあり

とある金曜日(11月上旬)
目標がゲーム開始前に絶望。100%勝てない目標が目の前に現れる。
と言う事は、今月の上旬は下旬に勝てる様に準備を進める事だけが目標と言う意識の低いゲーム。
とは言え、それをなるたけしたとしても、下旬も多分、勝利は無理。
本当にこれでルールあってるのか?

なんせできる事をしていく。
シェルターが作れるので危ないとこは、なんとか守れたりはするものの、
とにかくアジア地区の赤がそもそも無いので、どうしようもない。
今、できる事をするとしても、そうこうしてる内に病原体は萬栄してゲームオーバー。

半歩は進んだかもも、全然追いついてなくて、
きっと11月下旬も負ける。
それなのに、ゲームのクライマックス12月しか後は残っていなくて、
このままだと全くハッピーエンドで終われる気がしない。

とにかく絶望的な11月でした。
アップデートでは赤色カードを出来る限りは増やしたものの、焼け石に水。
ここに来て、ちょっと納得いかないレベルやけど、あっているのだろうか?
プレイヤーカードの方をもっと抜いておかないとあかんかったとか、
もっとスクラッチを削っておかなくちゃダメだったとか、今更分かっては来てるんやけど、
その時その時にできる事をしてきた結果なので、そないな事が今更分かった所で、
時間は逆戻りできないので、進むしか無いんやけど・・・
なんとなくラスト4連敗で終わりそうな予感しか今は無い。

| | コメント (0)

99年以来の連敗

共同通信さんの取材、ご来店頂いた方、ご協力おおきにでした。
いい歓喜の画が届けれなかったことは非常に心苦しいですが、そこは勝負なんでしゃーないね。
負け惜しみになるので、あんまいいたかないけど、リモートマッチ、
特にダービーだと損をした気は少し。ま、負け惜しみやけど。

で、まさかまさかの連敗を踏まえての大阪土地支配図。
20年●天王寺→(ハルカス展望台から長居が見える訳で、もう少しで本丸。一歩後退。残念)
23勝5分11敗、ダブルスコアはキープ。
とにかく、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

遠藤新記録

今夜はダービー。
リモートだろうがウイイレだろうが勝つっきゃない。

そんなこんなで、昨夜はバンデラッソ感謝。
今夜も宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

ダービー前夜:大阪土地支配図付き

ダービーの日まで絶賛発売中!
豚丼 580円 豚汁 380円 豚丼豚汁セット 880円

ダービー前日、取材入りました。
コロナ禍でスタジアムで見れないサポーターが、どう応援しているのかって取材みたいです。
ご来店頂ける方、ご協力お願いします。


で、ここ最近のダービーではだいたい書いてる大阪土地支配図は下記です。

江坂(START)
95年 ●鶴見緑地→〇江坂→●鶴見緑地→〇江坂(初年度は江坂のまま)
96年 〇東三国→〇新大阪(新幹線を獲得)
97年 〇西中島南方→〇中津(ぐいぐい南へ)
98年 ●西中島南方→●新大阪(新幹線まで戻される)
99年 ●東三国→●江坂(なんとスタート地点まで戻される)
00年 〇東三国→〇新大阪(また新幹線を取り戻す)
01年 〇西中島南方→●新大阪(新大阪の争奪戦)
03年 ●東三国→〇新大阪(新大阪の争奪戦)
04年 〇西中島南方→〇中津(再度、中津まで攻め入る)
05年 〇梅田→〇淀屋橋(キタの梅田を初めて取る。一気に淀屋橋へ)
06年 〇本町→〇心斎橋(ミナミ言うてる場所もガンバの支配下へ。当店の最寄り駅です)
10年 △心斎橋→〇難波(ミナミを完全征服)
11年 〇大国町→△大国町(少し南下)
12年 ●難波→△難波(向こうも難波を防波堤にしたい様子)
14年 △難波→〇大国町(再度、少し南下)
17年 △大国町→〇動物園前(通天閣を制圧)
18年 〇天王寺→〇昭和町(ハルカス獲得!正直、もう殆ど向こうがホームや言うてる所も支配下に)
19年 〇西田辺→●昭和町(今回、長居まで行けたのに、一歩後退。無念)

再度、西田辺に進行しましょう!

| | コメント (0)

パンデミックレガシー2(10月上旬)ネタバレあり

とある火曜日(10月上旬)
このパンレガ2のネタバレあり感想は、世の中みんな優しくて、
ネタバレ無し感想はそれなりにあるものの、ゲーム終了後、他の経験者の話も聞いてみたいと思った時に、
いっこも見当たらなかったので、自分で作成。
1作目だと結構あって、同じ経験をした方のを読むの楽しかったけど、
この2作目は殆ど見つからなかった印象。
ただ、完全ネタバレで書いてるので、やってない方が読むと、ゲームの醍醐味が99%程失われます。
今頃、そんな注意点を書いても遅いかもも、今月は特になんで改めて。

で、前月にアジアの偵察をできないまま敗戦したので、
予期していたとは言え、またしても物語の後追いでアジア地区が見つかった。
これはゲームの展開には関係ないんやけど、心理的に凄く残念感が広がる。
そんな訳で、自分達で見つけれなかったアジア地区が見つかった。
勿論、こういう悪循環で月が進むとマイナスもあって、
傷跡を負ったり、無償のお助けカードがいきなり使えなかったりはある。しゃーない。

で、毎月の恒例行事として、ルール追加!
電波塔を使ってホロウメンを移動させられる事と、シェルターの設置。
どちらもこちらに有利なルール改変。
今まで、敵のホロウメンはどうしようも無かった所が、少しでもどうにかできるようになった。
憎きホロウメンよ!お前達の好きにさせてなるものか!

で、その効果もあり、お助けカード4枚入りなのもあり、順調に進む。
正直、勝利自体はいともたやすかった感想。
新たな目標である敵のホロウメンを亡命させる事も、手札運もあり、手っ取り早く達成できた。

ただ、そうした圧勝の勝利後、衝撃の事実が!
なんと正義だと思ってた俺たちはゾンビだった!
厳密にいえば、1作目でゾンビになったものの、ワクチンによって助かった人々。
だから正確にはゾンビでは無いんやけど、俺たちスケスケでした。
なるほど、だから初期の人物シールは殆ど布で顔を覆っていたのか!スゲー!
要はホロウメン側としてみれば、こちらを敵と思ってた!

このレガシー2作目、これ自体単体で遊べるけど、ストーリー上は1作目からの繋がりがありますって
注意書きがあったんやけど、これは1作目から遊ぶこと必須!
ここまで、そんなにどんでん返しとか無かった2作目、この終盤に来て大盛り上がり!

アップデートではいつも通り、人口減退都市を回復するのと、シェルターを1つ作って、
いよいよ後2か月。クライマックスへ!

| | コメント (0)

イコライザー2

映画鑑賞3本

トレイン・ミッション 5点
いつもの監督主演コンビで贈る新作。やや「フライト・ゲーム」に似てる。
そして面白いけど、かなり勢いでごまかしてる感もある。

イコライザー2 6点
デンゼル・ワシントンのキャリアの中で初の続編。
1作目より爽快感的なものは減った気がするけど、真っ当な世直しの続編。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ! 6点
英国映画でサッカー映画なので、そこは愛ある楽しさ。
ラストの勝利シーンだけ、「カンフーサッカー」みたくなったのは、
もう少しアイデアが欲しかった気がする。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »