カテゴリー「ガンバ大阪」の781件の記事

どうなる?ガンバ

W杯で意識的に忘れてはいるけど、ガンバの情報が入ってくる度に酷い。
熱狂と歓喜の裏で、何の良いニュースも入って来ない。
柿谷が来る(賛否両論)とか、監督が手倉森に変わる(賛否両論)とか、
話題はあってもどれも無し。
合宿してないとか、大学生に苦戦とか、そんなんはある。
また他クラブには派手なのや地味なのも含め、なんか補強話を聞く。
一体、どうなってんだ?

そこらへんを含め、今週末に徹底討論予定。

今夜の放送
17:00 D アイスランド×ナイジェリア
19:00 SF フランス×ベルギー
21:00 SF クロアチア×イングランド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフへ

カップ戦の選手の経験値で勝ち上がったイメージが残る磐田戦。
それでも、前半戦最後の試合を勝利で終えて、中断に入るのは気分的には良いガス抜き。

しかし、この中断期間、監督の交代が無いのだとすれば、戦力整備は必至!
ただ外国籍選手は余剰な訳で、これまた難しい状況。
日本人で主力級となると・・・。

とりあえず、放出の方では、泉澤と矢島が危険な兆候。
泉澤は千葉方面?なんて噂とか、矢島は岡山とかなのかな?と想像。
どちらにせよ、能力面と言うよりは、監督との相性なのかも知れず、
ここらへんは改めて難しい世界。

で、問題の男は、韓国人監督との相性が悪そうで、こちらに来るかもとの報道。
マテウスに続きクルピカラーな獲得だと思えば、ありでしょう。
禁断の移籍かどうかは、ま、正式決定すれば考えてみたい所。

一方、うちが生んだエースにもオファーなんて報道も。
こちらは単純に考えると難しく無い?
海外に渡ってから初めて成功への一歩を踏み出した所で、戻ってくるだろうか?
これは選手生活と言うよりは、家族の問題とか外部の要因が無ければ不可能な気がする。
クラブ愛だけで、戻ってくるのは難しいかな~なんて思う。

後は今野とアデの復帰が、いわゆる補強と言う感じかな。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半戦ラスト

今夜の放送
17:00 L杯PO 『磐田×G大阪』 追いかけ
19:00 J2 『山口×岡山』
21:00 親善 『スイス×日本』

ここまで、ポイントポイントで首回避な勝利をおさめてきてたクルピ。
大学生に負けた後の、この試合でどういう結果を出すのか?

もし今日負けたら、今年の無冠はW杯前に確定する史上最速レベル。
もし今日負けても、続投なのか?
ま、分からんけど勝てば続投なのかなって気はしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦の予定が空きました。

恥ずかしい敗戦。
ジャイキリを食らう事がこんなにも恥ずかしいとは・・・。

また同じ面子で行く事は、決して悪い事だけでは無いと好意的にも見てはいるけど、
もう固めたであろうスタメンで、何試合も戦って、一向に連携が向上しない。
それどころか、同じ失敗を繰り返してる。

監督に責任があるとは思うけど、
監督と遠藤が目指すサッカーと、所属する選手の質が違うってのが
最大の問題点なのかな?そう思う今日この頃。

仮にルバンで敗退しても、このまま続投なのだろうか?

93年 2回戦敗退 名古屋
94年 準決勝敗退 平塚
95年 準決勝敗退 広島
96年 準決勝敗退 広島
97年 準々決勝敗退 鹿島
98年 3回戦敗退(初戦) 山形
99年 4回戦敗退 横浜M
00年 準決勝敗退 鹿島
01年 準々決勝敗退 清水
02年 4回戦敗退 川崎
03年 4回戦敗退 C大阪
04年 準決勝敗退 東京V
05年 準々決勝敗退 C大阪
06年 準優勝 浦和
07年 準決勝敗退 広島
08年 優勝 柏
09年 優勝 名古屋
10年 準決勝敗退 清水
11年 3回戦敗退 水戸
12年 準優勝 柏
13年 3回戦敗退 大宮
14年 優勝 山形
15年 優勝 浦和
16年 準々決勝敗退 横浜M
17年 4回戦敗退 柏
18年 2回戦敗退(初戦) 関学

この歴史を見たら一目瞭然。
2回戦敗退は93年以来。初戦敗退は98年以来。Jクラブ以外に負けたのは初。
酷い!

ただ、関学って兵庫県なんだってさ。大阪首位の座はキープ♪
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウォーリアー

今夜の放送
19:00 天皇杯『G大阪×関学』 LIVE!

映画鑑賞6本

スプライス 4点
現代版「フランケンシュタイン」で、この奇形のデザインも生後から幼少期含め秀逸。
怖ろしくもあり、綺麗でもある女性。ただ、最後の方の展開や落ちはどうなんだろう?

伝説のロックスター再生計画! 5点
「寝取られ男のラブバカンス」と言う誰も見てないような映画があり、
更にそこからのスピンオフと言うかなりマニアな作品。そこそこのコメディ。

ウェイバック 脱出6500km 6
シベリアの強制収容所から、タイトル分だけ歩いてインドまで逃げたと言う実話。
想像を絶する話を、俳優達が熱演。

クレイジーズ 5点
ジョージ・A・ロメロの「ザ・クレイジーズ」のリメイクらしい。原作は見ておらず。
そんな訳で、いわゆるゾンビ映画。疑問は多く残るものの、スリリングな作品。

レギオン 3点
天使と堕天使の地球が滅亡するような大戦を、
砂漠のダイナーだけで完結させてしまうと言う大きいんだか小さいんだか不明な物語。
これは、こんな設定では無く、単にゾンビ映画とすれば良かったのに。

ウォーリアー 9点
凄い!格闘技映画と言う客を選びそうな作品だからか、
ニック・ノルティがアカデミー賞ノミネートなのに、日本未公開だった作品。
で、その格闘技部分もさることながら、何よりドラマ部分が熱い!
男優陣も勿論、文句無かったけれど、地味にジェニファー・モリソンも良かった。
要は全部良かった。10点でも良いぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実と未来と

まだバランスを探っとるんかいな!と、クルピコメントを読むと思わざるを得ない。
ただ、確かにまだバランスを探ってるようなチーム状況でもある。

なかなか思うようにいかないものの、最近の補強での成功は三浦、ファビオ。
だからか、守備に関してはある程度、同等以上に戦えているのは確か。
その守備をベースに攻撃陣が奮起しないとあかんのやろうけど、
そこは藤本や遠藤のベテラン頼みやし、若手も壁にぶつかってるしで、
勝っても負けても悩みの尽きない試合が続く。

とにかく、トップはホームでアウェイゴールを与えずに勝利。
次には繋がった。

一方、同日にあったセカンドダービー。
若武者達は苦労しながらも追い付き、追い付いた後は逆転までってシーンもあった。
全体的には子豚さんのゲームではあったけど、色んな要素を見ると及第点。
とは言え、ダービーなので、そうではないのもある。

後、妹尾がややシュート打ち過ぎ!ってのは、やや感じたけど、
積極性は良いでしょう。そんな感想。

★W杯串カツ、始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアへ1名確定

今年に関しては、ナショナルダービーとは言えない位置取りも、
GK対決と言う見所はあった。

しかし、今後のガンバはどうなるだろう?
監督解任するなら、W杯前だとは思うけど、
お客さんと喋ってると、続投するだろうな~って意見が多いかな。
後、補強はあるのだろうか?
外国籍選手を既にオーバーで持っているので、これもなかなか難しそう。
とりあえず、後半は今野が完全復活するとすれば、そこは戦力UP。

ロシアへ東口がほぼ確定なのは、良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷だらけの突破

主力組で連携を取り続けて、チームが良くなっていくのを待つ、
そういうスタイルでクルピはチームを作っていってるんだと思うんやけど、
ここまで来て、その手法は功を奏していない。
むしろ連戦による疲労などで、負の側面すらある。

そして、そこに割って入ろうかと言う期待の若手(中村と食野)も、
かなり重宝して使われているにも関わらず、なかなか結果が出ず、
希望の光としては、まだ薄暗い。

ところが、U23だけで挑むと、それなりに躍動。
じゃあ、宮本監督に引き継がしたらいいかと言うと、これはこれで大問題。
そういうスクランブルな就任は、ガンバとしても、サポとしても希望していない面がある。

つまらない長谷川監督から、攻撃のガンバを取り戻そうとクルピ招集だった訳で、
ここで、残留を目標とした守備的な監督を持ってくるのは、いかがなものか?
そんな側面もある。

要するにベストは、W杯中断前にクルピを切り、
更に攻撃的ガンバを復活させつつ、残留も果たす監督で、宮本以外。
誰か該当者はいるのだろうか?

今夜はEL決勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

策士だったのか?

策士の匂いがした。
そんなスタメン。
相手の布陣を見て、手を打ってきた。
これまで、そんな作戦的な事は微塵も無かったので、
期待と不安を持って試合開始を待った。

まさか、サンドバック状態で引き分けにするのがやっとの試合を見せられるとは・・・。

この結果をどう受け止めるべきなんだろうか?
降格圏内の中、現実的に最悪でも勝点1と言う守備的布陣だったのか?
それとも、本来ならこれがハマって、ファンタジーな攻撃サッカーが見れる予定が
計算外に終わってしまったのか?

どちらにしろ、スタートのシステムの失敗よりも、
選手交代による変化の無さが象徴的だったかも。
最後の方、全く得点が入る気配は無かった。
藤本のロングシュートが見れた事、それだけが見所。

まだまだ試練は続く。はぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U23パワー

試合前に画面が映らなくなるなんて、ハプニングにも見舞われながら、
どうにかこうにか復旧。
試合も2失点からのU23パワーでの逆転勝ち。
壁に当たってる中村がやや心配も、食野にもゴールが生まれたし、
L杯に関してはいい調子。

現在、恒例の今だけのサービスも行ってます。
今夜はCL準決勝とか、クラシコとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧