カテゴリー「ガンバ大阪」の747件の記事

案の定・・・

開幕カードを発表されても、個人的には何の意味もなかったけれど、
あれ、略称が吹田Sになってるけど、パナスタじゃないの?
って疑問はあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇佐美復帰!

ガンバからの情報が何もない。
超単純に言って、昨年10位の面子ー井手口+クルピ=X
Xが1位とかになる気がしない。

ただ、なんやかんやと代表はあほほどおるし、過小評価しすぎで、
実はそのままの面子でもやれる的な事も考えたりはできるけど、
どちらにせよオフのうきうき情報は乏しい。
今のとこの最大のビッグニュースはOB会発足だけ。

賛否はあるだろうけど、今からうきうき度を上げるのは宇佐美三度復帰しかない。
(宇佐美復帰したなら、柿谷とのコラボも見てもいいかな♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ10大ニュース2017 後編

今夜、2017ファイナル!
本年も誠にありがとうございました。
それでは10大ニュースの後編を。
※あくまで、記憶に頼ってるので、大事な事忘れてるかもですが、あしからず。

年末年始のお知らせ
今夜30日(土)まで営業します。
※本日のランチ営業はありません。
また年始は1月6日(土)から営業再開となります。
宜しくお願いします。

新商品(ラスト3日間限定・今夜まで)
年越しにしんそば 780円
年越し天ぷらそば 880円

では、お待たせしました。
いよいよベスト3の発表!

・・・と、その前に20位から11位をカウントダウン!

20位:エアビューイング
見てないのでよく分からないですが、なんか凄いビューイングをしたらしい。

19位:FW補強
赤崎に、ウィジョと途中から点取り屋を補強も、うーむ。
アデ、長沢、呉屋、高木とどれもズ抜けない感じが、今年の欠点でした。

18位:新加入選手
期待の新加入選手、泉澤、井出なども例年よりは小粒感。
セカンド使用の中原などに頼る展開になるなど、戦力がありそうで無かった今年。

17位:勝利!
思えば、これに尽きる。新体制発表でのスローガン逆さ出し。

16位:DOAN
最もJで変わったのは、DAZN効果。
優勝賞金が跳ね上がり、1シーズン制に戻りと、大改革。
終わってみれば、ガンバにとっては結局、意味は無かったものの、
この時代に波に乗らないと!
で、ガンバはDOAN。このゲーフラも秀逸ながら、堂安の輝きも嬉しい喜び。
若い内に巣立っていっちゃいましたが、飛躍に期待!

15位:丹羽、パト、ガンバサダー
意外に丹羽の流出が痛かった。3番手として丹羽は必要だったかも。
パトにしても、3冠選手が移り行くのは、仕方なしとしても、感謝です。
一方では、スパイ活動を終了して松波が戻ってきました。

14位:ACL出場
とりあえず、今年も出ました。来年は出ません。

13位:阿部流出
大森に続き、今年に入って阿部もライバルクラブへ流出。
ここらへんはフロント、おいおい、頼んまっせ!

12位:セカンド宮本監督
確実に過保護にステップアップしている宮本体制。
ただ、余りにも選手がいなくて、監督としての評価が難しい所。
しいて言えば、セカンドダービー1分1敗。初年度としては、いまいち。

11位:若手4人衆W杯へ
堂安、初瀬、市丸、高木がW杯へ行きました。
ユース上りはクラブの宝。ますますの成長を期待!

それでは満を持して、ベスト3の発表!

3位:長谷川監督終了
今年は最悪でした。
1年早く終わっていれば、WINWINの関係で終われたのに・・・とは思うものの、
それでもJ2優勝昇格、3冠+α、今年以外の成績に関しては満足でした。
ただ、それと同時に失った攻撃の二文字。
とりあえず守備力の土台はできたかもなので、次期監督の味付けにそこは期待して。
お疲れ様でした。

2位:何も無し。
今年ほど何も無かった年は、ほんとに無かった。
リーグは最初の貯金で生き、天皇杯はほどほどに、
ルバンはいる戦力で必至こいたけどダメ、
12試合勝ち無しのクラブワーストのままシーズン終了。
個人的にも生観戦で1度も勝利を見ずにおしまい。
まいったまいった島倉千代子。

1位:串カツ屋10年目
皆様の力添えで、東心斎橋でガンバを応援して10年目に突入。
本年もありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ10大ニュース2017 前編

今年もやります!ガンバ10大ニュース!
※あくまで、記憶だけに頼っているので、抜け等あるかと思いますが、あしからず。

年末年始は明日30日まで営業!
※30日(土)のランチ営業はありません。
年始は6日(土)より、営業再開します。

ラスト3DAYS限定商品
年越しにしんそば 780円
年越し天ぷらそば 880円
絶賛発売中!


では早速、10位から!

10位:鬼門突破!
辛いシーズンの中にも、喜びもあり。その1つが鬼門突破。
柏、鳥栖などこれまで勝てないと言われていた地で勝利連発。
これで味スタも突破していれば完璧でしたが、そこは来年へ持ち越し。
・・・と言うよりも、新たな鬼門はホームスタジアム!なんとかせい!

9位:SS問題
コンプライアンスの厳しい世の中。
日本人で「SS」をナチス親衛隊と知ってる人の数は?それでもM氏永久追放。
個々の不平不満は置いといて、ゴール裏が変わっていく事になるでしょう。
良く変わる事を願って!

8位:聖域、遠藤ベンチ
絶対的な存在では無くなってきたガンバの誇る超スター選手、遠藤。
今年はベンチスタートなんて事もありました。
淋しさもほんのり。

7位:井手口ベスト11
新スター井手口が、この順位にも関わらずベスト11選出!
ピッチを所狭しと走り回り、相手のボールを狩る姿はお金を払ってでも見たい所業。
でも見納め?なんにせよ、代表でも頑張れ!

6位:藤ヶ谷引退
良い時も悪い時もそこにいたGK。
殆どの失点がキーパーと1対1だった超攻撃時代も、
弾くボールが必ず敵の前に転がるパンチングも、あのPK合戦も、全てが良い思い出。
1度ガンバを去りつつも、また戻ってきての再びのお別れの今回は引退でした。

5位:倉田10番
この順位ではあったけれど、代表の数だけで言えば優勝クラブ。
ガンバの選手で代表未経験者を探す方が難しいぐらいの排出ぶり。スバラ!
その中でも新10番の倉田が代表で躍進!
(ガンバでもうちょい10番が似合って欲しい所。)
ただ、それは月日が解決する面もあると思うので、
来年も引き続きチームの顔として、引っ張っていってください。

4位:クルピ就任
ピッグクラブからビッグクラブへ。
今年だけの成績だと、のんきにそんな事を言える立場でもありませんが、
実績から考えると、いわゆるそんなステップアップ。
厳しい視線とサポートと、ガンバ印の復活をかけて、いざ2018年シーズンへ!

続いて、いよいよベスト3の発表!
と、言いたい所ですが、それは明日のブログで♪
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表色々

なんだか一気にガンバ関連のニュースが流れてきました。
これぞオフの醍醐味。

後は家長、ジェソク、アデミウソン、二川の去就かな?
特に外国籍選手に関しては、今後の補強にも影響するだけに、気になる所。

さておき、今夜の当店はクリスマスナイト!
バーレルでお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ担当主審ランキング2017

※リーグ戦のみ集計
※5試合以上担当した主審対象

→1位(1位)井上知大 6試合5勝1敗 勝率83% 無敗率83%

↑2位(3位)廣瀬格 14試合9勝2分3敗 勝率64% 無敗率79%

↑3位(4位)岡部拓人 11試合7勝2分2敗 勝率64% 無敗率82%(1勝)

↓4位(2位)東城穣 26試合15勝5分6敗 勝率58% 無敗率77%(1分2敗)

→5位(5位)西村雄一 30試合17勝8分5敗 勝率57% 無敗率83%(1勝1分1敗)

↑6位(7位)吉田寿光 34試合18勝7分9敗 勝率53% 無敗率74%

↑7位(8位)今村義朗 8試合4勝3分1敗 勝率50% 無敗率88%

↑8位(9位)家本政明 41試合20勝12分9敗 勝率49% 無敗率78%(1勝2分)

↑9位(10位)松尾一 25試合12勝8分5敗 勝率48% 無敗率80%(1勝1分)

↑10位(11位)村上伸次 19試合9勝7分3敗 勝率47% 無敗率84%(1勝)

↓11位(6位)木村博之 18試合8勝2分8敗 勝率44% 無敗率56%(1勝1分3敗)

★12位(初)福島孝一郎 7試合3勝2分2敗 勝率43% 無敗率71%(1勝1分1敗)

→13位(13位)榎本一慶 5試合2勝1分2敗 勝率40% 無敗率60%

↓14位(12位)飯田淳平 13試合5勝2分6敗 勝率39% 無敗率54%(1勝1分2敗)

↓15位(14位)佐藤隆治 22試合8勝9分5敗 勝率36% 無敗率77%

↓16位(15位)扇谷健司 21試合7勝6分8敗 勝率33% 無敗率62%

↓17位(16位)高山啓義 21試合7勝5分9敗 勝率33% 無敗率57%

↓18位(17位)山本雄大 9試合2勝4分3敗 勝率22% 無敗率67%(1敗)

その他、今年は上田益也(1分1敗)、池内明彦(1敗)三上正一郎(1分)、
上村篤史(1勝)、荒木友輔(1勝1敗)でした。

今年は上位2人が担当無し。
どちらにせよ成績がいまいちだったので、余り誰でも勝ってないかな。

今夜は日本代表戦!なでしこに続け!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主力2名の流出が全て

基本的に、どれだけ試合がつまらなくても、
それでも強ければ良いとも考えていたので、
基本、長谷川監督擁護派だったし、
昨年の今の段階では続投に全く反対してなかった。

だけど、今年起きた出来事は、最悪な日々の連続。
何よりも酷いのは、大森と阿部の流出に尽きると思う。
実はこれが発端であり、全てな気もする。

優勝争いをしているガンバからレギュラー格2名が他Jクラブへ移るなんて事は前代未聞。
特に大森に関しては、ユース育ちであるにも関わらず、発展を目指す神戸へ。
阿部に関しても、希望するサッカースタイルを求めてって側面があったであろうとしても、
あってはならないライバルクラブへの移籍。

こういう事が起きた時に、先見の明を持つ人がフロントにいて、
スパっと長谷川監督を見切っていれば・・・。
俺なら、それは無理だったけども、フロントもそうだったのは、残念。

もう今年の今の段階になれば、つまらない上に弱いと言う事で、
長谷川監督に対して不満しかなくなっている。
ここまで来ての解任は、やっぱ1年遅かったんだろうなと。
結果論でしか無いんやけど、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加地引退

もう行く前から、負けるとは思っていたけど、
それにしても糞弱い。

こうなると、本当にシーズン前半、勝ちを拾えていて良かったなと。
思い返せば、最初から別に強くなかった。
攻められまくり、それを凌ぎしていると、
何故かワンチャンスのクロスがピンポイントだったり、セットプレーだったりが決まり、
勝利していただけで、内容はいつも負けていた気がする。
ただ、その勝ち方を勝負強さと変換してはいたし、
そういう勝ち方が長谷川監督でもある気がしていた。

でも、それはガンバ自体が、自分達は強豪クラブなんだと言うプライド、
また相手さんも相手がガンバさんなんで的な要素、
こういう気持ち部分でどうにかこうにかだっただけで、
いざ、何のタイトルも無い、降格もない、監督も来年はいない、学校も試験もなんにもない、
こうなっちゃうとメッキが剥がれまくりの今。

崩壊ってのは恐ろしい。
でも、とりあえずどんなけ負けても降格は無いのは救いだし、
底辺まで落ちた訳で、なんぼなんでもここより下になる方が難しいと思われる来年。
最後にもう1つ、鬼門を突破しといて今年は締めくくったらいいんじゃないかと。

甲府△、浦和△、豚△、川崎△、磐田●、鹿島●、豚●、仙台△、札幌●
今年の観戦は勝利を1度も見ず。
正直、それこそ加地がいた時代、負けなんて見なかったし、無得点なんてもっと無かった。
時代は変わっていくんだな~と。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新監督報道

クルピになりそうですね。
空港で見送った隣のサポに言った冗談が本当になるなんて、まさに嘘から出たまこと。

さて、このクルピ報道によって、
ガンバサポは色んな感情や意見が出ているようですが、
個人的には気にならない。

今年の成績はあれなんでタイミングはいまいちですが・・・
基本、格が違うと思ってるので、
あちらからこちらに来るのはOKなスタンスです。
こちらからあちらは色々と複雑な感情があるけど、
逆は選手、監督として、ステップアップは良いんではと思ってる。

だから、その事自体はかまへんけど、
それとは別にやっぱ成績がいまいちなのは困るので、
そこは誰が新監督になろうとも、攻撃サッカーを復活させたり、
U23と融合したり、次期監督候補の宮本を一人前に鍛えたりと、
やる事が多くても、ガンバである限りはタイトルってのは目標の1番手。

一転、アギーレの方が歓迎やけどね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなる希望

台風の中、何のモチベも無く、スタジアムへ足を運んだ。
だから、先制した時は、ほんの小さな喜びと共に、
相手もモチベ無いから、今日はぼちぼち勝つのかと頭によぎった。
ところが、あっと言う間に失点して同点に。
あらら、今日も勝たないの?と、まるで他人事のような感覚。
要するに見てるこちらにも、やっぱモチベが無い訳で・・・。
近年のミランやインテルのサポも、こんなんだったんだろうなと、遠くミラノの空を想う。

さておき、ハーフタイムを挟んで、攻めるガンバを見る。
井手口は勿論、初瀬も頼もしくなってる。
てか、この2人がチームを引っ張っている様にさえ見える。
そう思えば、この時期の市丸の怪我は可哀そう。
なんせ、いつの間にか成長している若手がいてた。
ガンバの未来が見えた。

長谷川政権の中では、もう選手達もモチベは無いかも知れない。
だけど、2018年には繋がっている今と思うと、ちょっと心が晴れた。
またしても勝たなかったけれど。

今夜はその試合と、U17決勝を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧