カテゴリー「ガンバ大阪」の911件の記事

前半終了

まだ0-0。
勝つか?負けるのか?はたまた引き分けか?
結果は3分の1!

と、当たり前の事を書いたところで、今夜も宜しくです。

| | コメント (0)

ニフレル

今季初ホーム観戦、ついでにニフレルに行こうかと迷ったけど、結局やめてガンバ戦に集中。
結果、勝利に触れる叶わず。更に言えば、ニフレルだけに行っていた方が、癒された気がする日曜日。

とりあえず、コロナ禍の試合初体験って事で、その感想。
誰も喋ってない、声出ししてない、ソーシャルディスタンスも取ってる状況で、
マスクは必須なのだろうか?形や白い目対策だけ?とか少し思う。
パーテーションもそうやけど、マスクしてパーテーションは、コート着てダウン着てる感じじゃね?とか
日常で思ったりもしてるので、少し神経質過ぎやしないかと。
ただ、こういう試合を見るだけに特化した雰囲気は嫌いではないかな。
拍手で後押ししてるのも感じたし。
その他、スタグルとかは可愛そう。やっぱ客数制限してるし、アルコール販売無いしで、
こちら側からしたら空いてるから便利やけど、あれじゃあやっていけないっしょ。
この週末から緩和されるとの事なので、耐えて頑張ってください。
因みに、自分はいつものクンテープを晩飯にしました。

で、試合はと言うと最悪の一言。
60分ぐらいまで見所無し。眠い試合。
そこで一瞬、ガンバの時間が訪れたものの、そこに至るまで選手交代での変化は無し。
相手との力量を考えても、アデをベンチに置いてる事を考えても普通、もう少し早く動くよね。

そんな采配してるから、点を取られてから、慌ただしく攻撃の駒ばっか入れて、
なんとかしようとしても、正直、例えばゴール奪ってたとしても、最下位相手にホームでドローで終わり。
結論、引き分けでも一緒の感想やで!と思う。

いつか遠藤はお役御免になるから、矢島にしても、山本にしても、取って代わって欲しいけど、
今日の山本のアイデアでは、まだ物足りない。
どうすれば良いのか具体的には物申せないけれど、これだけの面子がいて、
攻撃に迫力が無いのは、ヤバい。

もう上に負けて、下に勝つなんて事も終わった訳で、優勝とか諦めたので、
腹くくって、楽しい攻撃サッカーの構築を今年はしたらどうよ?
宮本監督はレジェンド枠なので、かなり援護派なんやけど、面白くない=つまらないは最悪。
長谷川監督は面白くない=手堅く強い。
これを目指すのをやめたからのガンバイズムってスローガンなら、守備は個人の能力に任せて、
横から後ろから真ん中からの多彩な攻めを落とし込んでいこうよ。
湘南に3点取られたなら、4点取ったらええやん。
だからと言って守備をないがしろにしろとは言うてなくて、時には鹿島戦のように90分守る試合をしてもええけど、
湘南相手に腰引けたサッカーはあかんっしょ!

今年の初ホーム観戦、最近で最も最悪の試合を生で見さされたので、激おこです。
ただ、帰り道、エキスポシティ駅のトイレ前で、豚が水死体になってる様な絵が飾ってあって、
近づいてみたら、その絵画のタイトルが「ピンク」ってあって、
これは明らかに狙ってるよねとなったのだけが、にやけポイントでした。

| | コメント (0)

来季を見据える?

術中にはまって大敗。
相変わらず、順位表の上位に負け、下位には取りこぼさないって展開が続く今シーズン。
強かった時代って、真逆だったのにと郷愁。

その他、昨日、当店で議題に上がった内容としては、
ターンオーバーの必要性。
宇佐美はミドルからも決めれる力があるだけに、下がりがち。
本当はもっと前で勝負してくれた方が、ゴール確率は上がるはず。
昌子が持ち込んだ鹿島イズムは今までのガンバには無かった厳しさやマリーシアがあるはずなのに、
あんまり勝利には繋がっていない。なぜ?
選手のネームバリューで考えると、宮本監督の采配能力に関して、疑問符をつけだす時期に入ってきた。

そんなこんな、ゲストのお陰で、試合後は試合自体無かった事になり盛り上がりました♩
皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

秋でんな~。

ここで勝点を落としたら、優勝は絶望的かなと思って見た試合で、
いきなり先制点を許すOHMYGODな序盤。

ただ、ピンボールのようなヘディングでアデ同点。
初陣山本の落ち着いたミドルで逆転。
そんな良い展開の中でのPK。
これを止めて、ほぼほぼ勝利を確信した。

案の定、倉田弾で勝負あり。
個人的には、小野より倉田の方が良いんでは?と思っているので、
小野もファイターな独自の良さはあるものの、
ここまで結構、控えスタートだった倉田が決めたのは、チームのライバル的にもあり。
矢島と山本も同じく。
遠藤が3番手になってきてるのも、いきなり感はあるものの感慨深い。

そんなこんなで勝利はほぼ安泰ってとこで、井手口押し込んで、久々の得失点差もゲット。
なんにせよ良かった。

ここまで、やや上位陣には分が悪く、下位勢からは星を落としていないって流れで、
次節は上位勢に分類されるであろう柏戦。
また気を引き締めて、連勝街道に入っていきたい9月。

| | コメント (0)

円陣

五輪でオウンゴールしてから、なんか藤春、お祓いいるな~。
献身的に犬ったり、戻ったりしてて体力減少が激しいからか、
なんか試合を決めるようなミスが目立ってまう。
今のガンバで、在籍年数的にも遠藤に次いでやから、貢献度はハンパないだけに、
見てるこちらとしても、あー藤春か~ドンマイって気持ちもあって、
なんか行き場のないやるせなさがある。

さておき、そもそも全代表クラスの3バック+GKの割に凡ミスでやられてるのと、
宇佐美にしても、井手口にしても、スーパーゴールは気持ちいいけど、
負け試合でのスーパーなんで、手放しで喜べない。

更に、そもそも敵将の長谷川監督に、
「宮本監督は自分の色が出せるようになってきた」なんて、
上から目線でのコメントをされてる時点で、試合前から負けてる感もある。
それと同時に審判の判定もあった。

なんにせよ、実力通りの中位に落ち着いてきてる今、立て直し大事。
現状、昌子はずっと見ていて気持ちいい。これが鹿島イズムかって自チームに来て分かる熱さと冷静さ。
そう思えば、守備の方はもう昌子に任せて、
宮本監督は攻撃に頭脳を使って欲しい。
残念ながら、宇佐美はそっち派じゃないと思うし・・・?





| | コメント (0)

最初からパト頼み

内田の引退試合、昌子の古巣戦と試合前から見所のあった試合。
でも、内容は先制するも防戦一方。
そして、鹿島にラストプレイで決められてのドロー。
なんとも後味の悪い結末。

ただ、スタメンはここ最近の調子を加味した布陣だったし、
遠藤、遂にベンチ外も、これまたここ最近は途中交代で入っても、
そこまで劇的な変化を持たされてなかった事を思えば、良い競争。
ここまでは試合前の感想。

結局、あの戦いを選択するなら、前節浦和にやられたみたいに、
カウンターで2点目を決めとかないと、サッカーってこうなるよね~みたいなあるある。
それに、なんぼなんでも守る時間が長すぎる。
後、パトリックを使う=パト頼みの試合になるんだとしたら、
少しアイデアが足りなさすぎる印象も。

守備陣は合格だと思うので、作戦なのかどうかは分からないけど、
攻撃の流動性が失われたのが問題かな。
また次節、少し勝点を重ねられていない最近を受けて、どうテコ入れしてくるか、
修正に期待。


| | コメント (0)

道すがら

今年はここまで、チーム状態が良くない中、ロースコアで勝点を拾い、
チーム状態が上向いてきてるにも関わらず、ロースコアで勝点を拾い、
なんか強豪って雰囲気は無いながらも、なんやかんやと上にいる、
そんな状況で迎えた宿敵レッズ戦。
本当の強豪、いわゆる今の川崎になるには、まだまだ道すがら。

そんな中で迎えた試合。
サッカーって当たり順とかもあるので、今回はそうだったのかなとの感想も少し。
大敗後、守備を整備した浦和ってのは、面倒臭い。
つまり、ガンバ自体の入りのパフォーマンスは相手を凌駕するような展開だったものの、
ミスは絡んだとは言え、固い守備とカウンターの相手、
弱者のサッカーを強者のレッズにやられ、しかも先制されると、一筋縄では行かないなと。
なので、勝負の分け目は序盤の宇佐美のミドルが入ったか入らなかったかだった気がする。

不運なハンドとかもあったけど、今年のガンバは劇的なガンバでもあるので、
1点返せたら流れも変わって、劇的連発!のイメージも持ったけど、3失点目でゲームーオーバー。
喜びは井手口のミドルを見れた事やけど、時すでに遅し感は正直あった。
(もう1つの喜びは、浦和のシュートが全枠内ですげーって中、多分最初に枠外に蹴ったあほが杉本だった事)

当たり順と言えば、お次は鹿島。まだ死んでるのか?復調気配なのか?
微妙な位置づけ。なので、ここできっちりこちらが今は上だと示せるのか、また次も上位維持に大事な一戦。






| | コメント (0)

早期敗退

試合自体は、日本代表や全盛期のガンバで見たような、
引いてる相手をどう崩すかに終始した試合で、面白くなかった訳では無いけど、
結果として、レギュレーション変化があったとしても、GL敗退。
最後の試合は消化試合と言う、結構キツイ結末。

その中でもポイントは色々あって、なんといっても昌子ガンバデビュー。
サイズがでかい。ベッドからはみ出て寝てるであろう貫禄は、代表クラス。
ミスもあったものの、トータル流石って感想。
ここから彼を、どうDFラインに組み込んで、どの構成がベストかと言うのを探すって事が始まりそう。
まさに中心的存在になりそうな存在感。

一方、遠藤はよくなかった。
今、矢島の控えで、それは年齢的にもそうなってもらわないと困るんやけど、
こうして出てきたときに、遠藤は遠藤らしい存在感を示してくれると嬉しいけど、
この試合に関してはそうではなかったかなと。

後は松田はぼちぼちやったけど、福田や山本はいいものを見せてくれた気がする。
若手も競争に入ってくるのは素晴らしい。

しかし、冒頭通り、ここで敗退。
今年のL杯の日程を見ると、ACL組はほぼ勝ち抜き不可能なハードスケジュールなので、
GL突破組にとっては、だいぶチャンスでかい年。
それだけに、非常に残念。

この前の川崎戦しかり、この大分戦しかり、後1点を取れるかどうか、
ここがガンバイズム復活への一歩なんだろうなと思った次第。

それから、本日より20時閉店になります。
宜しくお願いします。

| | コメント (0)

先制点が大事

負けたし、後半は息切れしたけど質の高い試合でした。
終わってみれば殆どチャンスも無かったし、
交代選手も機能したとは言えないけど、意図は分かったし、
それを押さえ込んだ川崎が、単純に今は上だった。
こういう試合ができた事が、とりあえず強豪へ戻る一歩なのかなと。
ま、挑戦者的な立場になった事は、淋しさもあるけども、
近年、結果が出てなかったので、致し方なし。

結局、あんまり差の無いJリーグなので、
ここからの東組との対戦は、ガンバの立ち位置を図る上でも大事だなと。

柏や浦和や東京、鹿島との対戦結果がどうなるのか?
勿論、他クラブも侮れないけど、そこらへんは楽しみやな~って感想。

| | コメント (0)

東と西の横綱対決へ!

イニエスタ上手いね~、井手口とか全然ボール取れないし、
これがワールドクラスなんだとか思ってまうテクニック。
神戸って、イニエスタの脇の選手も一時代に比べたら粒が揃ってきてる気はするので、
もう弱いクラブってイメージでは無くなったかも。
ただ、イニエスタありきなので、彼がいなくなるとわからんけど。

そうは言っても、昨年がホームアウェイ両方共に神戸サポが楽しい試合をしちゃって、
ひとつはドローとは言え、気分的には両方負けたような感覚だったので、
今年もそれが続くのは避けたい。つまりはリベンジ必須。

で、結果、イニエスタは上手かったけど、宇佐美の方が凄かった。
そういう試合でリベンジ成功。

しかし、遠藤も徐々にベンチ要員になってきて、しかも出れないまま終了とかも普通になってきたとか、
逆に松田や黒川や福田や山本や、まだガンバのスターとは言えない若手達が頑張ってるとか、
倉田が結構スタメン落ちしてる率が高いのが少し気になるとか、
そういうのもあるけど、なんにせよ4連勝。

次はいつ以来か分からんけど、東西対抗が始まって首位攻防戦。
これも日程君、地味にやるよね。

後、最終的に優勝は西のガンバやけど、2位から10位まで東のクラブで、そこから下が西クラブ的な
セパの交流戦みたいにならんかも少し心配。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧