カテゴリー「国内サッカー」の214件の記事

ブルゾン

★告知★
13日(火) 21:25 W杯予選『イラク×日本』 LIVE!

代表ウィークの為、J1休憩中。
でも、今年のJ2は混戦で面白い。
1位の福岡から、6位の東京Vまでが勝点4差。
また、首位から10差以内になると、14位千葉まで入っている。
本命なきバトル・ロワイヤル。

「J1昇格」「福岡」「湘南」「withB」
毎週、違うチーム名で、ブルゾンちえみwithBごっこができちゃいます♪

でも今夜は各国W杯予選の放送です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

金つま

結局、浦和、鹿島、川崎が勝った金曜日。つまんね。

今夜
○19:00 J1 『G大阪×東京』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ1順位予想2017

もう予想しとかないと、Jが始まっちゃう。

1位:G大阪(昨年とスタイル変更。遠藤システムの出来次第やけど、あれよあれよと)
2位:鹿島(リーグとACL、両方狙える戦力なのが不安も今年の本命ではある)
3位:神戸(変わってネルシーニョ監督が流石の実績で、優勝争い。杯は何か獲るかも)
4位:浦和(ミシャ監督も長期政権になってきたし、昨年が年間1位でピーク)
5位:広島(なんやかんやと強いクラブ。マエケンが抜けても、黒田が抜けても・・・)
6位:柏(後ろがカンテラで前が助っ人。和製バルサらしい。そのフレーズが気に入った♪)
7位:川崎(やっぱACLあるのと、新監督なのとで、強い時は強いけど悩ましい1年)
8位:鳥栖(地方クラブなのに、いつも思ったより強いのよね~。そんな補正)
9位:東京(首都として、時々補強するけど、結果が出た所を見た事がない気がする)
10位:新潟(伝統的に外国籍選手が大当たりで、今年は残留争いの無い平和な1年)
11位:磐田(話題性の割にいまいちでは、とは思うけど・・・あえて横浜より上に予想)
12位:大宮(守備が堅いとは言え、点を奪えないとドロー祭り)
13位:横浜M(色々あった割にそこそこでは、とは思うけど・・・あえて磐田より下に予想)
14位:仙台(なんだか、これといってパッとしない。だからパッとしない順位)
15位:札幌(残留目標。本当にそれだけが目標で、言うても1位昇格)
16位:清水(小林監督がネックな気がする。昇格請負人のイメージ。)
17位:甲府(やっぱ実力的に今年はかなり辛そう。下手したら勝点6で終わる。)
18位:C大阪(猛練習→結果が出ない→チーム崩壊→監督解任→大熊就任→)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ2順位予想2017

ビッグクラブの名古屋がいるとは言え、なんだか混戦模様のJ2。
そして、22クラブあるとは言え、上6つにチャンスがあり、下2つ自動降格。
殆どのクラブが何かに絡む感じは、楽しさこの上ない♪
で、予想してみた。

1位:徳島(戦力充実!ただ本命不在の消去法での1位予想って面も・・・)
2位:名古屋(風間監督がやいの、戦力がやいのでは無く、1年復帰ノルマの必死度!)
3位:福岡(井原監督続投で、落ちてはきたけど継続感。隠れ1位候補。)
4位:東京V(守る。橋本の指示。カウンター。二川パス。1-0勝利。この連続。)
5位:岐阜(旋風を巻き起こすクラブ。今年のJ2は東海が熱い!)
6位:松本(正直、昨年の凹みから立て直すのは至難も、PO圏内は死守)
7位:京都(ぶれぶれな気がして好感持てず。ベテランやGKの力技がどこまで通じるか?)
8位:千葉(良いFWを獲得できた様子。そして京都との長旅は仲良く続く。)
9位:湘南(監督力で上位争いはするも、戦力的にここが限界。)
10位:大分(J3から復活してきてTOP10は、まずは立派!)
11位:横浜F(キングカズのラストイヤー?つまり11位。)
12位:愛媛(戦力をがっつり抜いた山形よりも上でフィニッシュ。ありがち~。)
13位:山形(木山監督の愛媛化も、劇的に結果は出ずの憤り。)
14位:町田(だいたいにおいて2年目のジンクスと言うものが存在する。)
15位:水戸(多分、最長J2。そのベテランクラブらしい立ち位置をキープ。)
16位:長崎(使途不明金問題発覚。これは厳しい1年。)
17位:岡山(なんだか赤嶺だけが残った印象。大分の高松と似た雰囲気。)
18位:讃岐(監督続投は吉なのか?昨年より1つ順位を上げてみた。)
19位:群馬(森下監督で、残留争いセーフ。でも下位な気がするので、ここら。)
20位:金沢(・・・柳下監督、どうだろう?あんまり変わらない気がする)
21位:熊本(武者返しに熊本自身が合ってしまい残念くまもん。)
22位:山口(J2の壁は高かった。でも攻撃的なDNAは維新伝心で、再出発!)

今夜は営業も、明日は祝日でお休みです。
お間違えのないようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ3順位予想2017

1クラブ増えての17。
奇数になったので、毎節1クラブは休憩。
そして、ますます切磋琢磨で、昇格が容易じゃ無くなってる気がするJ3。
どちらにせよ、順位予想に今年も挑戦!

1位:G大23(補強で宮本監督をクラブで後押し。実は順位よりも采配能力に注目)
2位:北九州(監督交代が未知数の不安はあるも、新スタ効果と戦力でJ2即復帰)
3位:秋田(現状に満足せず、更に攻めを感じる監督交代が吉と出れば、昇格)
4位:長野(浅野監督は期待も、「長野超えでJ2昇格」と言うJ3の門番として君臨)
5位:栃木(ある程度良く、何が足りないのかわからないジレンマに陥る上位)
6位:沼津(昇格クラブは旋風を起こすJ3ジンクス。深海魚パワー炸裂!)
7位:琉球(監督が北朝鮮代表コーチって事は、きっと厳しさを知っていて強くしていく)
8位:藤枝(とりあえず安定の中位)
9位:富山(昨年の上位勢から落ちるクラブを探したら、ここになった・・・)
10位:F東23(セカンドクラブはここらへんでしょう)
11位:鹿児島(昇格2年目って事で、桜島の噴火もいったん落ち着く頃)
12位:YS横浜(ずっと最下位だと可哀想。つまりは、そういう事)
13位:盛岡(毎年J3では応援してるクラブやけど、今年もまだまだ・・・かな?)
14位:鳥取(森岡監督がイメージ、良い気がしない。運もなさそう♪)
15位:福島(こちらももうちょい時間がかかる予感。田坂ではあかん気が)
16位:相模原(安永監督と心中。ま、途中解任だろうけど、後任もきっと川口)
17位:C大23(希望)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新企画 3年目のJ3

過去J3所属経験クラブは20!
それを平均順位と在籍年数で紐解いて順位付けしてみた。
現在、J3が最下層になるので、早く脱出したい所。
※太字は今年在籍したクラブ

→1:金沢 1.00位 1年(J3元年を首位突破。まずはJ2定着)
→1:山口 1.00位 1年(JFLから昇格、即首位突破。きっと大快挙!)
★1:大分 1.00位 1年(唯一、J1からJ3まで経験も、1年でJ2復帰)
★4:栃木 2.00位 1年(レギュレーション上、2位でJ2に戻れず・・・)
↓5:町田 2.50位 2年(落ちてから2年かかるも、一歩一歩上昇中)
↓6:長野 2.67位 3年(この平均順位だと昇格は悲願)
★7:鹿児島 5.00位 1年(昨年の山口に続け!も、5位フィニッシュ)
↓8:富山 5.50位 2年(結構、苦戦中)
↑9:秋田 6.67位 3年(J3の中でじわじわと順位を上げてる最中)
↓10:相模原 7.00位 3年(中位という印象も、予測不可能なクラブの1つ)
↓11:鳥取 8.33位 3年(J2経験クラブとしては辛い平均順位)
↓12:琉球 8.67位 3年(沖縄にJクラブを。そして次のステップへ)
★13:G大23 9.00位 1年(一生J3というルールはなんとかしてほしい所)
↓14:福島 9.33位 3年(震災の傷から立ち直る時、J2へ)
↓14:藤枝 9.33位 3年(静岡としての意地も、来季からは沼津も参戦)
↓16:盛岡 9.67位 3年(少し下降線)
★17:F東23 10.00位 1年(実験的に始まったセカンドクラブ、初年度は2番手)
↓18:J22 11.00位 2年(失敗に終わった選抜チーム。平均11位で消滅)
★19:C大23 12.00位 1年(残念、最下位ならず)
↓20:Y横浜 13.67位 3年(3年連続の最下位で、今は地ならし中)

今夜から1週間、クリバレ販売します。
そして、今夜の放送は、昨夜のCWC2試合!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新企画 18年目のJ2 下位編

過去J2所属経験クラブは41!
それを平均順位と在籍年数で紐解いて順位付けしてみた。
ただ、クラブ数が多いので、今回は下位編。
J2の場合、在籍年数が長ければ良いって訳でもなく、そこは目指す位置で変わるかな。
※太字は今年在籍したクラブ

↓21:山形 7.64位 14年(J2で長期滞在してはいるけど、J1経験もあり)
↓22:福岡 8.08位 12年(また戻ってきてしまった九州の最大都市)
↓23:大分 8.22位 9年(天国と地獄をもっとも体験しているクラブ)
↓24:東京V 9.20位 10年(今やこんな位置。なんとかJ2で一桁順位平均)
→25:横浜F 10.07位 15年(消滅し、復活するも、J2常連)
↓26:長崎 10.25位 4年(最近、下から上がって来た中では優秀な方)
↓27:徳島 10.27位 11年(J1昇格経験クラブの中では平均が最も低い)
↑28:岡山 11.63位 8年(毎年、最後に失速するのが風物詩。今年も惜しかった)
★29:山口 12.00位 1年(新規参入で12位は、合格点)
↓30:水戸 12.06位 17年(最長J2歴クラブ。いつの日か茨城ダービーを)
↓31:北九州 12.29位 7年(あらま。今年、落ちるとは思わなかった・・・)
↑32:愛媛 12.82位 11年(四国2番手。地味に楽しい四国の勢力図)
↓33:栃木 13.00位 7年(只今、J3参戦中)
↓34:熊本 13.22位 9年(今年は震災の影響も)
↓35:群馬 13.75位 12年(リアルサカつくと呼ばれ、J2まで来たものの・・・)
↑36:町田 14.50位 2年(2回目のJ2昇格で今年は上位まで)
↓37:金沢 16.50位 2年(危なかった!)
↓38:岐阜 17.56位 9年(ラモスで資金集めは成功?来季はライバル名古屋も)
↓39:富山 17.67位 6年(J3でも苦戦中)
↓40:讃岐 18.67位 3年(危なかった!)
↓41:鳥取 20.33位 3年(J3でも大苦戦中)

来週から、いよいよあれ始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規格 18年目のJ2 上位編

過去J2所属経験クラブは41!
それを平均順位と在籍年数で紐解いて順位付けしてみた。
ただ、J2はクラブ数が多いので、今回は上位編。
J2の場合、在籍年数が長ければ良いって訳でもなく、そこは目指す位置で変わるのかな。
※太字は今年在籍したクラブ

→1:G大阪 1.00位 1年(実は唯一無二。再訪しない限り、永遠のJ2首位)
→2:広島 1.50位 2年(2回落ちてる残念)
→2:柏 1.50位 2年(2回落ちてる残念)
→2:東京 1.50位 2年(J2オリジナル10のメンバーなので、降格は1度)
→5:浦和 2.00位 1年(1年復帰も2位通過)
★5:清水 2.00位 1年(1年復帰も2位通過)
↓7:神戸 2.50位 2年(2回落ちてるけど、案外すぐ戻れてる)
↓8:磐田 3.00位 2年(復帰まで2年かかった)
↓9:川崎 3.20位 5年(J2オリ10も最近はJ1常連)
↓10:C大阪 3.50位 6年(惜しくもプレーオフ勝利。また1年で戻ってきたい!)
↓11:新潟 3.80位 5年(言うても5年だけ)
↓12:大宮 4.29年 7年(こちらは足かけ7年)
↓13:仙台 4.33位 9年(行ったり来たりで9年)
→14:京都 5.40位 10年(ここ最近は惜しいとこまで行くも、定着中)
↑15:松本 6.00位 4年(凄い勢いでJ1まで!でも今年が最悪の結末)
↓16:千葉 6.14位 7年(唯一まだ昇格経験のないクラブに)
↓17:甲府 6.27位 11年(当初は弱かったのに、今では時々J1)
↓18:札幌 6.50位 14年(久々のJ1復帰の北の大地。しかも首位通過)
↓19:湘南 6.92位 13年(倒産から復帰傾向も、来季はまたJ2での戦いに)
→20:鳥栖 7.54位 13年(初昇格までは長い年月かかったけど、昇格後は上で安定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新企画 24年目のJ1

過去J1在籍クラブは全部で29クラブ。
それを平均順位と在籍年数で紐解いて順位にしてみた。
※優勝ではなく、あくまで年間順位で計算。なので、今年の首位は浦和、鹿島は3位
※この意図は、平均順位と在籍年数の関係は、なんか楽しいと思う暇つぶし。
※太字が今年のJ1クラブ

→1:鹿島 3.96位 24年(現10年連続首位な上、圧倒でまだ10年は安泰!)
→2:横浜M 5.83位 24年(案外平均すると2位。流石、落ちた経験のないオリ10)
→3:川崎 5.85位 13年(上り調子!近年は上位固定で、来季は2位浮上も?)
↑4:浦和 6.43位 23年(今年の首位で、ランクアップ。しかし鹿島の背中は遠い)
↓5:G大阪 6.52位 23年(浦和に抜かれ、1ランクダウン。悔しい!)
↓6:磐田 6.95位 21年(02年から06年まではJ首位も、近年降下気味)
→7:名古屋 7.33位 24年(ここでJ1平均順位も在籍年数も一度ストップ)
→8:清水 7.83位 23年(今年はいなかったけど、来季復活)
→9:広島 8.00位 22年(ぴったり平均8位。でも3度も優勝してる割に・・・)
↑10: 8.55位 20年(古参の柏はこれぐらいの位置)
→11:横浜F 8.57位 7年(フリューゲルスも含んでます。長い間、止まったまま)
↑12:東京 8.63位 16年(首都の割には・・・なので、もうちょい上に行きたい)
↓13:鳥栖 8.80位 5年(平均で一桁順位をキープ。新参の中では上位)
→14:東京V 9.21位 14年(あの栄光は?いつの日か復活あるのか?)
→15:千葉 9.71位 17年(近年、ここもJ1ではデータが止まったまま。)
→16:C大阪 10.19位 16年(来季は最下位で平均順位を下げたい所)
→17:仙台 11.22位 9年(来季はJ1で10年目の節目のシーズン)
→18:新潟 11.54位 13年(川崎と同じ年数をJ1で過ごしながら、やや辛い)
→19:湘南 12.10位 10年(チーム数が少ない時代にいたチームは平均で有利)
→20:大分 12.38位 8年(楽しかったJ1の思い出は覚えてるでしょうか?)
↑21:大宮 12.55位 11年(これから順位を上げていくかもなクラブその1)
↓22:神戸 12.67位 18年(同上その2。しかし18年在籍は素晴らしい)
→23:京都 13.82位 11年(暫く遠ざかってるクラブ)
→24:甲府 14.71位 7年(地方クラブで7年J1。ある意味凄い)
→25:札幌 15.40位 5年(来季は久々のJ1。平均順位を上げれるか?)
→26:福岡 15.78位 9位(この平均順位で9年はなかなか奇跡な気も)
→27:山形 16.00位 4年(ここも足かけ4年の在籍。頑張れ!東北!)
→28:松本 16.00位 1年(1度のJ1経験は16位でした)
→29:徳島 18.00位 1年(また上がってこない事には、最下位固定)

今夜はレアル登場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1順位予想解答編2016

今年はCSを含めての順位予想をしていたらしいので、それを踏まえて。

△1:鹿島(2位、+1)
△2:浦和(4位、+2)
△3:川崎(5位、+2)
●4:G大阪(1位、-3)
●5:大宮(14位、+9)
●6:広島(3位、-3)
△7:神戸(9位、+2)
●8:柏(16位、+8)
△9:東京(7位、-2)
△10:横浜M(8位、-2)
●11:鳥栖(6位、-5)
●12:仙台(18位、+6)
△13:磐田(12位、-1)
△14:甲府(13位、-1)
●15:新潟(11位、-4)
△16:名古屋(17位、+1)
●17:湘南(10位、-7)
●18:福岡(15位、-3)

誤差2以内を△にした結果、9分9敗。ガチ当選無しのニアピンだらけ。

感想
まず、大宮が強かった。柏と仙台には申し訳ないことをした。
鳥栖や湘南は監督力を評価しすぎたかも・・・。
でも、上位、中位、下位と分類すれば、なんとなく大まかには合ってる気もする。
それだけに、ズバリ!がひとつも無かったのは残念。

今夜の放送
○19:00 CWC 開幕戦 『鹿島×オークランドシティ』 LIVE!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧