カテゴリー「国内サッカー」の236件の記事

J1クライマックス2018

優勝は川崎の連覇で決まりでしょう。
シルバーコレクターだったのに、DAZNマネー後からの優勝で効率が良く羨ましい限り。
一方、問題は残留争い。

長崎28(頑張った!けれど力及ばず)
磐田●28鳥栖●28横浜M●28G大阪●29長崎○31

鳥栖30(監督交代の劇薬が効く)
仙台○33長崎○36神戸○39横浜M○42鹿島●42

名古屋31(外国人次第なのと、試合数の多さでセーフ)
柏●31札幌○34神戸●34C大阪○37清水○40広島○43湘南●43

磐田33(天王山の長崎戦に勝てたのが大きかった)
長崎○36湘南△37広島○40東京△41札幌△42川崎●42

柏33(最終節で9連勝中のG大阪に勝って残留決める奇跡)
名古屋○36川崎●36鹿島△37C大阪○40G大阪○43

湘南35(ルバンでタイトル獲得も、過密日程で苦しみつつもどうにか)
札幌△36磐田△37清水△38G大阪●38浦和△39名古屋○42

G大阪36(宮本監督ブラボーで、来季に期待!)
横浜M○39浦和○42湘南○45長崎○48柏●48

神戸37(イニエスタを落とす訳には行かない!三木谷号令で喝!)
川崎●37名古屋○40鳥栖●40清水●40仙台○43

横浜M38(勝ったり負けたり大味な1年)
G大阪●東京△39長崎○43鳥栖●43C大阪○46

清水40(最後、やや息切れ気味も若手も出てきた1年)
広島○43湘南△44名古屋●44神戸○47長崎●47

C大阪41(急遽、大熊監督にするも無念。そして町田3位で自動降格)
東京●41鹿島●41名古屋●41川崎●41柏●41横浜M●41

ざっくりシミュレーションしてみたら、こうなりました。
G大阪は最終節、負けちゃいましたが9連勝フィニッシュ!

今夜は代表戦!
ご来店、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2クライマックス2018

J2も佳境に入ってきた。
残り試合数にばらつきはあるものの、残りは僅か。

松本 69 岐阜、大分、東京V、栃木、徳島
大分 67 千葉、松本、横浜F、金沢、山形
町田 65 山口、岡山、新潟、讃岐、福岡、愛媛、東京V
福岡 64 山形、金沢、町田、熊本、岐阜
大宮 63 横浜F、京都、金沢、山形、岡山
横浜F 63 大宮、徳島、大分、岡山、甲府
東京V 63 徳島、愛媛、松本、讃岐、町田
徳島 54 甲府、東京V、横浜F、千葉、新潟、松本

直接対決も数多くあるので、まだまだ分からないけど、
松本、大分、町田の上位3クラブでの、自動昇格争いかな?と。
中でもJ1の残留争いの鍵を握っている町田の動向が気になる所。

店的に応援している徳島に関しては、ラストスパートが早すぎて、
ここに来て力尽きてしまった感が今はあるものの、
一応、直接対決もまだ多く残しているのと、横浜Fが残り試合が厳しめだと思うので、
頑張れば、そこは抜けるか!と贔屓目にシミュレーションしたけど、
よく考えれば、2クラブ抜かないとダメだと思えば、やはり厳しいか・・・。

どうなることやら。

明日は代表戦!ウルグアイ戦!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっとっと

この週末はJ2とJ3がやっていた。
結果しか見てないけど、今年は結構荒れてる気がする。
J2へ降格した3クラブが、安定して上位にいないし、
J3なんて昨年最下位の鳥取が首位にいる。(べべ2だったG大23も上位にいるけど・・・)

要は、totoがさっぱり。

明日はW杯メンバー発表前、最後の親善試合LIVE!
こちらも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまでキング?

DAZNのJリーグCMの真ん中がキングカズ。
両端がうっちーと槇野。

これって野球で言うなら、
真ん中に松坂、両端にムネリンとつつごうみたいな感じかな。

とりあえずJリーグ始まって25年。
未だに真ん中がキングって、スターいないにも程がある。
キングは凄いんやけどさ。

やっぱ新人をもっとフューチャーした方がいい気がする。
清宮的なの。中村なんか、そういう素材やけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜開幕!

これまで連日、氷が溶けるぐらいの熱戦を見てきてたけど、
昨日は午前中に予選の結果から期待値の高かったビッグエアー勢が、
最高4位に終わったのもあって、
かといってノルディック複合も実際問題、メダルは難しいと分かっていて、
なんか平昌五輪期間、初のぼんやり観戦の日でした。

一転、今日はフィギュアから、カーリングまで再加熱。
(そういえば、スピードスケートの新種目のマススタートはいつなんだろう?)

それと、もう1つ!
今夜より2018年Jリーグ開幕!

今夜の放送
19:30 カーリング 女子『日本×韓国』LIVE!
20:00 J1 『鳥栖×神戸』 LIVE!
※場合により、カーリング続行の可能性あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ1順位予想2018

いつの間にか、開幕1週間前を切っていた。
なので、恒例企画をサクッと。
今年はなんか何処もそれなりに強そうで弱そうで、予想困難ながらも、とりあえず。

1位:G大阪(混戦必須、予想家泣かせの優勝をビリーブ)
2位:柏(ACL早期敗退との条件混みながら、旬の気配)
3位:川崎(地味に毎年強く、遂に初タイトル。でもその安心感と大久保で優勝は逃す)
4位:鹿島(強さだけを求めた結果、上位は外さずも悲願のACLが足かせ)
5位:磐田(昨年が出来過ぎな気はしつつも、田口獲得は大きい気がする)
6位:東京(守備が安定すればそこそこ出来る首都クラブ)
7位:浦和(なんだか色々ありそうな1年。それでも選手層、サポ力あるのは脅威)
8位:仙台(徐々にチーム力をあげているご褒美として上昇)
9位:名古屋(普通に考えて、昇格クラブ最上位の実力と実績)
10位:鳥栖(なんやかんやと鳥栖はやる。でも二桁予想になっちゃいごめんなさい)
11位:湘南(湘南スタイルは昇格初年度は走りきれる)
12位:横浜M(昨年下位予想して大打撃くらったけど、今年こそは当たるかな?)
13位:清水(ヨンソン監督の現実的な戦い方で残留)
14位:広島(城福さんのラストチャンスは楽しみに見てるけど、どうかな~)
15位:札幌(小野がフル稼働しないとミシャは無理。そう思う)
16位:神戸(一時期の優勝も期待できるような時が過ぎたポドルスキー)
17位:長崎(申し訳ないけど、初昇格に沸く観客動員に勝点6も付けて欲しいジャパネット)
18位:C大阪(あぁ無情)

一応、7位まで上位。10位まで中位。17位まで下位。そういう予想。
昨年の酷い予想結果もあるし、あんまり自信無いJ1予想でした。

★新商品情報★
平昌五輪限定商品第2弾 みぞれうどんハーフ 480円

今夜の放送
17:00 フリースタイル 女子ハーフパイプ
20:00 カーリング 女子『日本×スウェーデン』 LIVE!(セカンドテレビ)

20:20 スピードスケート 女子団体パシュート LIVE!
21:55 ジャンプ 男子団体




| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ2順位予想2018

今年は降格してきた3クラブ含め、稀に見る混戦模様な気配のJ2。
昨年のJ2はそれなりにいい感じの予想ができたので、今年の信ぴょう性にも期待!?
そんな訳で、予想。

1位:甲府(色気を出さず、山梨である事を謙虚に戦えば、混戦を制すのは地味なとこ)
2位:徳島(GKとFW、この芯の部分に期待してる。つまりは呉屋次第。)
3位:千葉(最も走る可能性はある。でも入替戦には強いとこが出て欲しいよね!)
4位:大宮(昨年の名古屋が3位だった訳で、本命もそう簡単では無いJ2)
5位:松本(最後まで迷ったけど、やっぱ反町監督はPO圏内には入れてくる気がする)
6位:大分(迷い所。昨年よりは上な気はするけど、ここまで上か?)
7位:東京V(尻上がりに上昇してきてのプレーオフ圏内へ届くかどうか?)
8位:山形(いわゆるノーマークの中の頑張り)
9位:新潟(まさかの9位。予想にはそういうクラブが必要)
10位:横浜F(キングと松井。話題性はある。でも中位)
11位:福岡(井原監督時代の一つのサイクルの終焉の予感)
12位:栃木(昨年の大分が9位。そこまでは上ではないかなと・・・)
13位:岡山(多分、期待値は高そう。つまり、落差で今年一番辛い昨年のガンバ風)
14位:金沢(日本地図で書き忘れの無い県。ちょい上昇)
15位:熊本(近年、震災など暗いニュースの中、徐々に復興気配)
16位:京都(今年は無理。だけど降格争いまでは落ちない財政力はある)

17位:山口(もう少し上に予想したい所も、ひとまずここが限界)
18位:町田(最後に決めたクラブ。つまり、空きがここしか無かった・・・)
19位:岐阜(相変わらず苦しい予感。だけど、ラモス魂はクラブに根付いてる?)
20位:水戸(J2ベテランだが、今年はもう幾度目かの立て直しのシーズン)
21位:愛媛(愛媛のみかんは日本一。でもJ2では下の方かな~)
22位:讃岐(四国3クラブ目としてJ2を戦ってきたが、J3に四国勢無しは淋しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこよりも早いJ3順位予想2018

栃木と草津が入れ替わっただけの、変わり映えの無いJ3。

1位:G大23(昨年、試練の経験を積んだ宮本監督の頭脳なら、可)
2位:鹿児島(今年の大河ドラマが西郷どん。時代が後押しする予感)
3位:秋田(良い子ばっかで、主力が連れて行かれなかったとの噂)
4位:群馬(最近のごたごたを拭き取るのは、布監督)
5位:長野(やはり、上位定着でJ3門番の気がする)
6位:富山(まだ球根。チューリップの花が咲くのは来年以降)
7位:福島(フラダンスを踊るのは来年以降)
8位:琉球(三線で踊るのは来年以降)
9位:北九州(まだ新スタの喜び、海ぽちゃのレア感で楽しめる1年)

10位:藤枝(一応、ここから下が昇格争いに加われないBクラスとの予想)
11位:沼津(昨年の鹿児島でもそう予想したけど、昇格2年目は苦戦するはず。)
12位:F東23(セカンドクラブはここらへん)
13位:YS横浜(神奈川県の最下位を脱出)
14位:相模原(なんとなく、影が薄く、空いた場所にはめ込む予想)
15位:鳥取(お金が厳しそう。野人の俊足が夜逃げに使われない事を祈って)
16位:盛岡(キヅールが話題の今がピーク)
17位:C大23(定位置確保)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年の事ながら、一気に出して欲しい

昨年は土日の連休が数回あったけど、
今年は1日ずれの日月連休しか無いので、
基本、土曜開催のJリーグと、自分のスケジュールは合わせずらいと思われる。

それでも気になる日程発表。
なんで、開幕戦だけ早く発表するのだろうか?
もっと一気出しは出来ないのか?

とりあえず、お慰め程度に本日、開幕発表。
ま、初戦は漏れてて名古屋っぽいけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯調査

Jクラブのみで天皇杯を調べてみた。
どうやら、データとしては基本、社会人時代の記録も合算するようで、
そうなると広島が66回が最多出場で、マリノスの7回が最多優勝になる。

コンサドーレ札幌 37回
グルージャ盛岡 11回
ベガルタ仙台 24回
ブラウブリッツ秋田 24回
モンテディオ山形 26回
福島ユナイテッド 9回
鹿島アントラーズ 34回(5回優勝)
水戸ホーリーホック 22回
栃木SC 18回
ザスパクサツ群馬 15回
浦和レッズ 53回(6回優勝、三菱重工の4回含む)
大宮アルディージャ 23回
ジェフ千葉 53回(3回優勝、古河電工のみ)
柏レイソル 50回(3回優勝、日立製作所の2回含む)
FC東京 24回(1回優勝)
東京ヴェルディ 43回(5回優勝、読売クラブの3回含む)
町田ゼルビア 6回
川崎フロンターレ 34回
横浜F・マリノス 40回(7回優勝、日産自動車の5回含む)
横浜FC 19回
YSCC横浜 7回
SC相模原 0回
湘南ベルマーレ 46回(3回優勝、フジタ工業の2回含む)
ヴァンフォーレ甲府 26回
長野パルセイロ 7回
松本山雅 12回
アルビレックス新潟 26回
カターレ富山 9回
ツエーゲン金沢 14回
清水エスパルス 26回(1回優勝)
藤枝MYFC 3回
アスルクラロ沼津 1回
ジュビロ磐田 41回(2回優勝、ヤマハ発動機の1回含む)
名古屋グランパス 41回(2回優勝)
FC岐阜 12回
京都サンガ 35回(1回優勝)
ガンバ大阪 37回(5回優勝、松下電器の1回含む)
セレッソ大阪 49回(3回優勝、ヤンマーのみ)
ヴィッセル神戸 31回
ガイナーレ鳥取 20回
ファジアーノ岡山 10回
サンフレッチェ広島 66回(3回優勝、東洋工業(現マツダ)のみ)
レノファ山口 14回
カマタマーレ讃岐 19回
徳島ヴォルティス 29回
愛媛FC 19回
ギラヴァンツ北九州 10回
アビスパ福岡 26回
サガン鳥栖 26回
V・ファーレン長崎
ロアッソ熊本 18回 11回
大分トリニータ 22回
鹿児島ユナイテッド 4回
FC琉球 11回

思うに、天皇杯88チーム出場は多すぎる気がする。
と言うか、88出るのは良いけれど、88から32の所は2次予選扱いにして、
天皇杯本戦は32クラブからにすれば、出場回数とかも変化して楽しいのにと感じた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧