カテゴリー「映画感想」の304件の記事

フランシス・ハ

練習試合を3本終えて、ひとまずゴール、ひとまず勝利と、
それに伴ってスタメンの序列も見えてきた感じがあり、
ひとまず小さな期待を胸にコロンビア戦に挑めそうな雰囲気にはなりました。

GKは、西野監督の直感が東口と閃く事を祈って。
DFは酒井、吉田、槇野、長友でしょう。
ボランチに長谷部と柴崎?大島?
前は武藤と香川と乾でFWが大迫なのかな。
なんにせよ、応援している宇佐美は序列も下がって、現状、使い道が乏しそう・・・。


映画鑑賞6本

ブルー 初めての空へ 7点
「アイス・エイジ」のスタッフが作った鳥が主人公のアニメ。
この鳥、なんちゃらインコがブラジル出身って事で、サンバと町並みとでカラフルなのが良い。

チェンジ・アップ オレはどっちで、アイツもどっち!? 4点
友人の人生の方がいいなと念じたら入れ替わってしまった話。
片方は自由人、片方は家族持ち、結局、お互いの善し悪しが分かる的なありきたり。

サプライズ 5点
主人公の女性のキャラ設定と、殺人鬼達のマスクは秀逸!
突如、平和な家庭に殺人鬼達が襲ってくるホラー。

プレミアム・ラッシュ 7点
自転車の危険運転を危惧してか日本未公開も、自転車版「スピード」って趣で面白い!
ただ、ストーリー自体はこれといってない。

40歳からの家族ケーカク 5点
また無名の「無ケーカクの童貞男」からのスピンオフ作品。
これといった山場は無いものの、40歳の夫婦のあるあるがくすっと面白いコメディ。

フランシス・ハ 7点
27歳の女性を主人公にした青春映画。
仕事、友人、恋人などなどの出来事を白黒でおちゃめに表現。ラストが凄くいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトルプリンス 星の王子さまと私

今夜は代表戦
19:25 親善『日本×ガーナ』 LIVE!

映画鑑賞5本

リトルプリンス 星の王子さまと私 7点
星の王子さまも、カレーの王子さまも聞いた事はあるけど、よく考えれば知らない。
そんな星の王子さまをストップモーションアニメで表現し、
現実世界の方を通常アニメで描いた、なかなかよく出来た一挙両得作品。

メアリー&マックス 6点
豪州の大人向けアニメ。
友達のいない少女と、アスペルガー症候群の中年男性との文通の物語。
心に染みる話だとは思えど、大人向け過ぎるのと、アニメも独特。

ぼくたちの奉仕活動 5点
下ネタと感動とがある、ごく一般的な米国コメディ。

ダーク・プレイス 4点
『ゴーン・ガール』が傑作だったので、その作者の作品って事で期待したけど、
だいぶ、そうでも無かったサスペンス。

THE WAVE ウェイヴ 7点
ドイツはナチスの反省をし続けている事がよく分かる。
「独裁」をテーマに授業をした所、あれよあれよと1つの思想の集団になっていく
大衆の怖さ。ま、流石にここまで簡単にはならんだろうけども・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オデッセイ

映画鑑賞7本

サバイバー 4点
テンポの良い巻き込まれ型アクション映画。
ビアース・ブロスナンが悪役で意外。軽い作品。

お!バカんす家族 4点
これも軽い家族旅行コメディ。予告編以上の事は無い。

完全なるチェックメイト 6点
実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの伝記。
チェスとは言え、米ソの代理戦争の側面も。
今だと将棋の藤井君と少し重なる?
それと、少しアイスランドが出てきて、自分的に旬でした。

ランペイジ 巨獣大乱闘 5点
「ジュマンジ」に続き、今年2本目のドゥエイン・ジョンソンの大作を劇場にて。
ゴリラとの交流を軸に、悪徳企業が生み出した巨大化する動物を描く!
ただ、最後の方はキングコングっぽくて、新鮮味が薄かった。

オデッセイ 8点
火星でサバイバルするリアルなフィクション。
これが実話かと思えるぐらいよく出来ている。
でも、本当は人類は火星に降り立った事はないらしい。

帰ってきたヒトラー 7点
想像とは違って、かなり現在のドイツ(移民問題など)の社会風刺な映画で、
もっとコメディ色が強い作りかと思ってたら、ドキュメンタリータッチでした。
でも、根本はヒトラーが現在に現れたら、最初はそっくりの芸人かと思ってた人々も、
その演説に魅了されていくと言うシュールな面は考えさせられる気がした。

ザ・ガンマン 4点
主人公が病気だったのは意味があったんだろうか?
そこが引っ掛かるし、盛り上がりにも欠けたように思うショーン・ペンのアクション映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンルーム

今夜
19:00より、L杯G大阪戦
21:00より、ACL鹿島戦

焼きそば道場2
あっさりポン酢焼きそば
焼きそばナポリタン
2商品追加

映画鑑賞5本

未来を花束にして 6点
100年ほど前、英国で女性に選挙権を!って戦った人々の伝記映画。
今ではサウジでも女性に選挙権できたんやっけ?感慨深いお話。

グランドフィナーレ 6点
アート系。映像は凝ってる。だから見入る。
物語自体は栄光を掴んだ人々の人生の終わらせ方。

エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方 4点
米国で今一番人気者の女性コメディアンのラブコメらしい。
ま、それだけ。

雨の日は会えない、晴れた日には君を想う 6点
詩的な邦題らしく、詩的な映画ではある。
ただ、この邦題で数分間ミスリードされてしまった・・・。
とにかく、最近どれを見ても平均点を超えているジェイク・ギレンホール主演で安心。

グリーンルーム 6点
楽屋の事をグリーンルームと呼ぶとは知らなんだ。
PUNXが楽屋で殺人事件を目撃、スキンズに囲まれ、そこから脱出するサスペンス。
結構、細かい部分まで気が効いてる印象。
残念な事に20代で亡くなったアントン・イェルチンの遺作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメンバー・ミー

本日より通常営業です。
そして、いきなりのガンバ戦ライブ!
19:00 L杯 『広島×G大阪』 LIVE!
ご来店お待ちしております。

このGW休暇中にガンバの試合が2試合あり、1勝1敗でした。
結果と文字での内容しか知らないですが、
クルピ監督は攻撃できる選手(パサー、ドリブラー)が好きだなとの印象と、
頑なに連携重視で、ターンオーバー的な事は好まないとの認識。
それの善し悪しは監督の思考として、
とりあえず後ろからボランチまでの布陣は今野復帰で固まった事は良かったなと。
ただ、それより前の布陣は、余るぐらいいる選手層の割に、連携重視の割に、
未だにベストを見つけれてない気がする。
現状は、そういう認識かな。

映画鑑賞11本

恋するポルノ・グラフティ 5点
全米大ヒット!のコメディだけに、下ネタ全快。
長年の友達同士の男女が金欠で、ポルノを製作して金を稼ごうとするも、
いざポルノを製作すると男女の恋愛関係が芽生えると言うあほなラブコメ。

フランティック 5点
サスペンスな割に、余りサスペンスが得れなかった巨匠ロマン・ポランスキー作品。

オールウェイズ 5点
スピルバーグ監督の『ゴースト』風映画でそれなりの感動。
オードリー・ヘプバーンの遺作との事。

エンバー 失われた光の物語 6点
自分は子供用ファンタジーとして、なかなか面白かったけど、世間の評価はせちがらい。

ボーダーライン 9点
メキシコの麻薬組織を潰す為に送り込まれた女捜査官の強烈サスペンス!
ベニチオ・デル・トロがいい!ジョシュ・ブローリンがいい!
そして、物語の展開も『ゼロ・ダーク・サーティ』系かと思いきや・・・。

リメンバー・ミー 9点
ディズニー・ピクサーはやっぱ凄い!本領発揮!
メキシコの文化を巧みに使って、泣かせる。音楽も相変わらず素晴らしい。
日本人的にもお盆の文化があるので、そない違和感無く見れると思う。

ピーターラビット 6点
最近の英国アニメの安定度って感じ。

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー 3点
レゴアニメ鑑賞は2本目やけど、やっぱ二番煎じ感ありなのと、
中国と日本がごっちゃが気にくわない。忍者は日本っしょ!
ジャッキー・チェンの安売りもどうよ!

トロールズ 5点
北欧旅行ってんで、機内で見たアニメ5作品の1本で、北欧文化のトロールを。
ちょっと、もやもやが残った終わり方やったけど、もしかしたら見逃しただけかも・・・。

ターボ 4点
スピードに憧れるカタツムリって着眼点だけかな。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 7点
2択なのが、どうかな?とは思うけれど、不変の問いに対して、
ずっと会議室から現場までサスペンフル!なのは映画としては上出来。
アラン・リックマンの遺作との事。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのエリ 200歳の少女

今夜はガンバ戦LIVE!
19:00 J1 『湘南×G大阪』
ご来店お待ちしております。

映画鑑賞6本

トリプル9 裏切りのコード 6点
999って、日本人的には「スリーナイン」な気もするけど、本来はトリプルナイン?
悪徳警官、マフィア、警察が入り乱れ、名脇役的な人材が集まった隠れた良作。
やや人物多すぎて訳わからんようになりつつも、渋かった!

リリーのすべて 7点
初めて性転換手術をした男性の実話。
これは作品賞って言うよりは、主演の2人の演技賞な映画。

山河ノスタルジア 6点
中国の時代の移り変わりと共に、3人の男女の人生を映す。
とても良い物語やったけど、ややセンスが違ったかなってのと、
未来は無くても良かった気も・・・。

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE 5点
「くまのプーさん」の時にも感じたけど、有名な作品って案外シュール。
それからスヌーピーって大人は一切出てこないって事も知らずで、新鮮でした。
所々、スヌーピー独自のシニカルな表現があり、風刺4コマな雰囲気は健在。

スモーキング・ハイ 5点
たまたま殺人現場を目撃してしまった事から巻き起こる騒動。
そこに麻薬でハイな主人公2人を添えたコメディ。

ぼくのエリ 200歳の少女 7点
リメイク版の「モールス」を先に見てしまっていたので、本来の良さは少し減してしまったかも。
どうしてもクロエちゃんの方がスター性がある。
ただ、そこはそれとして、こちらはリメイク版とは違う大きなぼかしがある!
それによって、イメージは違うし、こちらの方がもてはやされてる原因だと思うけど、
やっぱ、クロエちゃんの方が個人的にはいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鯨との闘い

今夜は水曜日に強いガンバ戦ライブ!
19:00 L杯 『G大阪×浦和』 LIVE!

週末ダービーに向けて、豚フェアも開催中!

映画鑑賞5本

白鯨との闘い 6点
鯨との死闘の映像はド迫力!ええとこ出の船長と対立する主人公との物語も激熱!
ただ、想像以上にハードな話でもあった。

モール・コップ ラスベガスも俺が守る! 4点
1作目はアイデア勝負な偽ダイ・ハードで、スマッシュしたけど、
今回は巻き込まれるまでも無駄に長いし、セグウェイもそない乗らないし、
要はもう知ってるだけに飽きてた。

アントマン 6点
地球を救ってたマーベルヒーロー物語、久々の新キャラで敵の規模も小さく一休みな1本。
それだけにこじんまりとしてる感もあるけど、これぐらいが丁度良いとも言えるかな。
なんにせよ、この蟻を操作するヒーローにはなりたくはない。

ブラックハット 5点

多分に中国資本が入っているであろうハリウッド映画。
中国の警官と、米国の犯罪者で天才ハッカーが手を組み、サイバーテロ犯を倒す!
ヒロインも中国娘。雑いけど、ぼちぼち。

エージェント・ウルトラ 5点

ボーンシリーズをポップに血まみれにしたような映画。
主役の2人のコンビを見て期待値上がってたのもあったのか、そこまで興奮はできずも、
ある意味では序章のような話だったので、続編があればまた期待してまうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーフバリ 伝説誕生

今夜は磐田戦。ご来店お待ちしております。

映画鑑賞6本

バーフバリ 伝説誕生 8点
最初は歌あり踊りありのいつものインド映画。
ところが後半は怒涛のアクション!
これまでの甲冑戦争のええとこどりを全部したぐらいの迫力!
ほんまボリウッド恐るべし。
続編の後半も早く見たい!でも自分は2年遅れぐらいでレンタルしてるから、まだまだ先。

ドラゴン×マッハ! 8点
乾いた暴力とカンフー。
こういうコラボ映画が今のカンフー映画の主流な気がしてきた。
タイのジャッキーことトニー・ジャーも久々に当たり役。
とは言え、軽めのジャッキーなカンフー映画も好きやけど・・・。

ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気 7点
泣けた。
米国の警察官、亡くなった場合、配偶者に年金が行くけど、
同性のパートナーの場合は、それが適応されない。
この法律を変えた女性の実話の物語で、最後の演説ぐっときた。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル 7点
多分、最初で最後の4DX体験。通常価格に+1400円。高い!
でも一度は体験してみたい!
そんな訳で糞なガンバ戦の前にエキスポシティで初体験。
映画も笑えるし、よく出来てるし、ロビン・ウィリアムズのそっくりさんも出てくるし、
素晴らしい出来栄えでした。

神様メール 6
旧約聖書、新約聖書の次に、新・新約聖書を作るキリスト教映画なので、馴染みは無い。
ただ、人類に余命を知らせるメールを送って、そこで巻き起こるてんやわんやは、
ブラックジョークと風刺に溢れてる。
知人の映画マイスターが2015年映画で一番って聞いてたので、期待しすぎたのもあるし、
自分には合わなかったのもある。

エクストラクション 3
ブルース・ウィリスが脇役のB級映画。低予算。
だから全体的にセットもアクションもしょぼい。最後のクライマックスもいまいち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・フライ

今夜、L杯ガンバ戦、ご来店宜しくお願いします。

映画鑑賞6本

寝取られ男のラブ・バカンス 6点
米国大ヒットのコメディだけに、下ネタも満載ながらも基本は通常ラブストーリー。
先日「ジュピター」で見たミラ・クニスも、こちらの方が合ってる気がした。

シャッター 5点
日本人監督による日本人らしい心霊写真なジャパン・ホラー。
とは言え、元はタイ映画。
奥菜恵を久々に見たのも印象深いし、それなりに頑張ったと思う。

プレデター 6点
面白かったけれど、個人的には宇宙人はエイリアンの方が造形含め好き。

ザ・フライ 8点
結構、恐かった。蝿と人間が融合していくSFXも当時としては斬新だと思うし、
それだけでなく、人間ドラマとしても見応えあり。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 5点
世界で1億部以上も売れた官能小説の映画化!
原作を読んでないけど、原作はもっとハードなエロ小説らしい。
イメージだけで言えば、日本で言う所の「失楽園」かなって思ったり。
とりあえず、映画はそこをソフトにした官能「トワイライト」の趣。
でも、酷評だらけ、ラジー賞総取りだったけど、これはフランス映画でも無いし、
あくまでハリウッド大作やし、こんなもんでOKな気はする。
ただ続編が、これからの展開も結構読める中、3本も作られるのはどうかな~?

スティーブ・ジョブズ 8点
2年感覚を開けただけで、同じ人物の同じタイトルの伝記映画を作るってどんなけ~!
ただ、こちらはその2013年版の伝記を見るなどして、
ある程度ジョブズを知っておかないと意味不明な切り口。
あの有名なジョブズの発表会を映さず、その前の楽屋裏に焦点を絞った手法で、
映画としての質はこちらが上だと思う。
だからと言って、伝記映画とすれば、どうなんだろう?とも思わなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーデター

映画鑑賞

クーデター 7点
とある東南アジアに転勤で行くと、そこで白人が襲われるクーデター勃発!
いきなりのサバイバル突入!興奮のアクション映画でした。

サウスポー 7点
ここまで完璧な展開だと逆に冷めるって面もあったものの、面白いのは確か。
ハードパンチャーの人気ボクサー、そして大きな挫折、名トレーナーの元で再起、
守備を憶える、そして…そんな物語。

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 6点
珍しい気がするオランダ映画。
自殺をしたい男が、ひょんな事から自殺を受け持ってくれる会社を知り、
そこで、いつ死が訪れるか分からないサプライズコースを頼む。
ところが、その後、恋に落ちてしまったから死にたくない!となるけど、解約は無理。
はて、どうなる?そんなコメディ。なかなか斬新で良かった。

チャッピー 7点
チャッピーは表情、デザイン含め最強にカワイイ。
実際のラッパーだと言うギャング団も味がある。
そして、冒頭からどんどん引き込まれる。だけど、最後の展開はいかがか?

ロード・トリップ パパは誰にも止められない! 3点
ディズニー製の子離れできない父親を描いたファミリーコメディ。

ホートン ふしぎな世界のダレダーレ 3点
児童文学のアニメ化との事。低学年対象かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧