カテゴリー「映画感想」の347件の記事

わたしは、ダニエル・ブレイク

映画鑑賞6本

わたしは、ダニエル・ブレイク 9点
低所得層をテーマにした巨匠ケン・ローチの本領発揮作品。
どこの国でも抱える問題は一緒なんだなと思うと同時に、
そんな暗い話なのに、どこか明るくどこか優しい作風が感涙。

ザ・ボディガード 3点
暇つぶしなアクション映画。サム・ワーシントン久々に見た気がした。

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より 4点
と思ったら、こちらもサム・ワーシントン。
米国の宗教映画ってジャンルは、あかん。
コメディとかも笑いが違ってあかん場合はあるけど、キリスト教の説教映画になるとてんで。

ソウル・キッチン 7点
タイトルから想像すると韓国料理の映画っぽいけど、これは普通に魂のソウルの方。
で、ドイツ映画。アクシデント連発する食堂を立て直すコメディで、よくできてた。

ゲスト 6点
これは明らかにどんでん返し系なホラーと思って見てたら、
え~!そのまんまなん!なんじゃこのしょーもない映画は、となった所から来た。
韓国映画「箪笥」のリメイクとの事。

アトミック・ブロンド 6点
スパイ物で物語がややこしい点もあるものの、アクションが最高。
女性主人公な事を存分に生かしてて、
勿論強いんやけど、やはり非力な女性って面もある戦闘シーンが素晴らしい。
やや凝りすぎてる画な気もしたけど、総じて渋かった。


| | コメント (0)

ゲット・アウト

映画鑑賞

ゲット・アウト 8点
ネタバレせずに超楽しみにしていた作品。
低予算作品なので、この年最も稼いだ映画らしい。
とにかく、ネタバレを知らずに見ると楽しいし、
アカデミーにも絡んでいるので、娯楽作ながら黒人差別なメタファーも沢山。

フラットライナーズ 4点
ジュリア・ロバーツやケビン・ベーコンが若かりし頃に出ていたホラーのリメイク。
青春ホラーとしてはそれなりの水準に思えるけど、まぁそれなり。
この中から将来のスターは誕生するんだろうか?

ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた 7点
あのボストンマラソンのテロで両足を失った普通の青年の物語。
このタイトル通り、ダメな男って所がミソで、だからこそ共感できる。
とりあえず、こういう実話系は感動しちゃうから、卑怯な気もするけど…。

ホース・ソルジャー 5点
9.11同時多発テロの翌日に米国が行った秘密の軍事作戦を描いた作品。
ベースは実話なんだろうけど、主役がヒーロー過ぎるのと、米国万歳感が鼻につく。

西遊記2 妖怪の逆襲 4点
前作は、え!これがどうあの西遊記に繋がるの?って言う
驚きに満ちた素晴らしい映画だったけど、この続編は単なる孫悟空。
チャウ・シンチーが監督から降りた事が痛い。

レゴ(R)バットマン ザ・ムービー 6点
オープニングからブラックジョーク満載で、ストーリーも練られてて、
更にヒーローもヴィランも総出演!他作品の悪役もワーナー作品を中心にオールキャスト。
ただ、個人的にこのレゴの世界観のアニメが肌に合わなくなってきた。

| | コメント (0)

ザ・スクエア 思いやりの聖域

映画鑑賞5本

お家をさがそう 6点
子供がまもなく産まれる男女がアメリカのどこに住もうかと家探し。
それぞれの場所に、様々な人がいてって言うほんわかしたコメディ。
結局はそこに行きつくのかって言う落ちは常套やけど、なんとなく優しい気持ちにはなれる。

ザ・スクエア 思いやりの聖域 7点
カンヌでパルムドール受賞作。気まずい空間を切り取りまくったこの監督らしい作風。
ただ前作の「フレンチアルプスでおきたこと」の方が、
同じテーマでも狭い範囲だったので、見易かった。

あなたの旅立ち、綴ります 4点
訃報記事って生前の良い面ばかりが書かれているのを見た主人公が、
まだ生きてる内に自分の訃報記事を読みたい!と無茶な要望を出すストーリー。
ま、シャーリー・マクレーンの為の映画。

リミット・オブ・アサシン 3点
設定も無理矢理感があるし、台詞も肌に合わず。
多分、中国資本が入ってるので、イーサン・ホークも小遣い稼ぎに出たのでは?

グッバイ・ゴダール! 5点
ジャン=リュック・ゴダールって昔の映画監督の一部を切り取った伝記。
残念ながらこの監督の作品を見た事が無いし、知識としても前情報が無く、
へーって感じにしかならなかった。
ただ、鑑賞後にウィキペディアとかで調べてみると、もう少しへーってなった。

今夜はL杯G大阪戦ライブです。
宜しくお願いします。

| | コメント (0)

バーフバリ 王の凱旋

映画鑑賞

ロープ 6点
当時は10分程度しか連続して撮れなかったらしいので、厳密には違うらしいけど、
要はワンカットで、時間軸も実際と同時進行という実験的なサスペンス。
ヒッチコックらしく、そのサスペンスな部分は緊張感があるけど、
動機や真相究明の単純なとこは、古い映画って感じ。

第三の男 7点
白黒の歴史に残る名作サスペンスと聞き、期待充分で見たけど、
そこまでの高評価の意味は見いだせず。やはりトリックも今では古い。
ただそこまでは分からないけど、影の使い方とかが凄いとの事。

ヴィクトリア女王 世紀の愛 6点
英国女王で最長を記録したヴィクトリア女王の大きくは恋愛物。
余り興味の無いジャンルだけに、こんなもんでしょう。

シンデレラ 7点
思ってたより動物達との絡み多し。
実写版の方がより細部に拘ってる面もある。
とは言え、多分シンデレラストーリーって言葉はこの映画からだと想像すると、
1950年としては名作アニメ。

不思議の国のアリス 6点
その翌年のディズニーアニメ。
タイトル通り不思議な世界観は面白いけど、やっぱ夢落ちは安易かな。

ダンケルク 7点
台詞殆ど無し、残酷な死体無し、敵のドイツ兵無しと、最近の戦争映画としては新機軸。
そして馴染みのないダンケルクの救出劇。(これは事前に少しは知っていないと厳しい)
更には陸の1週間、海の1日、空の1時間が同時並行で語られ、最後に収束する展開を
説明描写無し。クリストファー・ノーランで無ければ?って思う面もあるけど、
CGを極力廃止したり、新人を使ったり、トム・ハーディは最後ぐらいしか顔出し無かったりと、
トータルではなんかスゲー。

バーフバリ 王の凱旋 8点
壮絶な大河ドラマを前後編で描いたインド映画最大製作費の後編。
この理屈抜きに凄いアクションと、誰もがわかるメロドラマ的な要素。

| | コメント (0)

素晴らしき哉、人生

映画鑑賞5本

ウソから始まる恋と仕事の成功術 4点
嘘の無い世界で、突如、嘘が言えるようになった主人公の顛末。
際どいテーマも含んではいそうやけど、そこがさほど笑えず。

BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント 5点
スピルバーグとしては普通の出来。
タイトルがアルファベットだけで「ET」を思い出すけど、普通なファンタジー。

狼たちの処刑台 6点
渋い。復讐に燃える過程がしっかり描かれている上に、
元軍人とは言え老体なのでそんなに強くないのもリアリティ。

トライアングル 6点
海洋ホラーかと思ったら、一転ループ系ホラーに入る凝った作品。

素晴らしき哉、人生 9点
人情話でコメディで感動物なクリスマス映画。
伏線も上手く、名作中の名作として知られる映画史に残る1本。

| | コメント (0)

グリーンブック(20日掲載予定分)

映画鑑賞7本

ソーセージ・パーティー 5点
スーパーの中の商品を米国に見立て、LGBTや他民族問題を描くと言う
つまりは「ズートピア」と同テーマながら、スタッフを見れば分かる通り、
とにかく下品極まりなし。ただ驚愕のラストはそこを超越した感も。

ベン・ハー 4点
あの名作をリメイクして、大コケ。
ま、長時間の前作を半分ぐらいにしてくれてるので、わかり良いとも言える。

ありがとう、トニ・エルドマン 7点
ハリウッドリメイクの話は飛んだみたいも、欧州系のすかした笑い。
肩肘張らずに生きていこうと思える地味な1本。

ザ・コンサルタント 7点
案外、ベン・アフレックって良い映画に出演してる。
会計士が殺し屋って無茶な設定な気がするけど、これが良くできてるアクション映画。
続編あってもいいな。

グリーンブック 9点
第91回アカデミー賞受賞作。普通に面白かった。
黒人差別の物語ながら、監督がコメディ畑出身って事もあり、全く暗くなく珍道中でそれを見せる。
久々にTOHOシネマズで見たけど、満員でした。

フリー・ファイヤー 3点
お洒落な会話と密室での銃撃戦。豪華なキャスト。
だけど、その洒落た会話もぼちぼち、もうちょいなんとかなった気がする。残念。

エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に 6点
真っ当な青春映画。それ以上でも以下でもない。恥ずかしいぐらい青春でした。

| | コメント (0)

ズートピア

映画鑑賞7本

リベンジ・リスト 2点
折角、復活したトラボルタも今またB級アクション俳優に格落ち。
そういう作品。

ネオン・デーモン 6点
ニコラス・ウィンディング・レフン監督の独特な表現は、意味不明な部分はあるものの、
その色彩やホラー感な今作は、それでも惹きつけられる何かはある。

夜明けの祈り 6点
ポーランドの修道女達が終戦後、ソ連兵にレイプされ、妊娠してまうも、
その宗教観から口外する事も出来ずって実話。
まさに酷い話なのに、映画としては心に刺さる鋭さが弱かったような気がした。

ブラッド・ファーザー 6点
メル・ギブソンのB級アクションやけど、こちらは渋い。
少しマッドマックスな所もおまけ的にあり。

ズートピア 8点
正直、説教臭すぎる。そこはどうなのだろう?とは思うものの、
動物たちを使って、今の米国社会を映し出し、しかも子供映画で、
更に面白いストーリーに仕上げてるディズニーは凄い!

死霊館 エンフィールド事件 6点
このホラーシリーズは、最近のホラーの中では抜群の安定感。
「ソウ」と同監督ながら、こちらの方が痛みも無く、普遍的で好み。

マザーズ・デイ 3点
ジェニファー・アニストンの出てるとことかは、少し笑えたけど、小さくまとまった印象。
ジュリア・ロバーツまで出る必要は無かったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈黙 サイレンス

映画鑑賞5本

エグザム 5点
超高収入の会社の最終採用試験に集められた男女8人。
テスト用紙は白紙だった。ここから起こる密室での正解探しと、そそる幕開けにも関わらず、
展開に現実性が薄いのと、本当の正解が・・・。低予算アイデア勝負な所は買い。

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 8点
南北戦争を南部側から描く意欲作。
貧しい白人は結局、黒人と同じで、金持ちの白人の為に命を失っている事に気づき、
逃亡者の黒人奴隷達と共に南部から奴隷制度に対して立ち上がった男の実話。
重い映画でした。

それでも、愛してる 6点
メル・ギブソンとジョディ・フォスター、更にアントン・イェルチンにジェニファー・ローレンスと
とても豪華な顔ぶれで、監督のジョディ曰くキャリアベストと自画自賛な作品。
鬱になったメルギブが、ビーバーの人形を通して話すと立ち直る事ができるという、
見た目的には滑稽な話ながら、これまた家族をテーマに重い。

沈黙 サイレンス 8点

隠れキリスタンを弾圧してた長崎の話。
遠藤周作の小説が原本で、これをマーティン・スコセッシが監督して撮影。
要は信仰は心にあるって事なんやけど、162分間じっくり丁寧に描いていて三度重い。
でも、学校で習った踏み絵を知れて勉強になりました。日本人俳優も多数出演。
イッセー尾形が良かった。

愛とセックスとセレブリティ 3点
顔だけでセレブの女のヒモになる男の物語。これは薄い。
だけど、ロマコメにならなかったとこだけは評価。

ダーティ・グランパ 5点
デニーロがこんな映画に出るなんて!
全編下品のオンパレードなコメディ。最後の決め台詞も・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーンライト

映画鑑賞5本

アングリーバード 3点
確かフィンランド発のゲームキャラ。その映画化。
少しだけこのゲームをやった事があるので、よくもまぁこれを上手く映画化したな、
とは思うけど、でもしなくて良かったと思う。何故か、続編も決定したらしい。

ムーンライト 8点
当時、アカデミー賞ですったもんだあった挙句、「ララランド」では無く、こちらが選ばれ、
両方見た人の意見によると、普通に「ララランド」で良かったのでは?と聞いていたけど、
これも名作でした。黒人を美しく見せている技術はさておき、物語自体に感動。
少年、思春期、青年と3部構成で、いきなりワイルドになりすぎた青年時代には
たまげたけど、ラストシーンは素晴らしい。

メカニック ワールドミッション 5点
ジェイソン・ステイサムのPV。
でも強すぎるから、これはこれで良いんじゃないかな。

草食男子の落とし方 3点
青春時代の想い出女優ウィノナ・ライダーを見るためだけに観賞。
監督の伝記的な作品だからか、自分援護がきつい。

高慢と偏見とゾンビ 4点
脚本が前作ではゾンビ版ロミオとジュリエットで、今回は高慢と偏見の世界観にゾンビ。
その発想は凄くタイプなんやけど、映画としてはそれほど面白くない残念感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッセージ

映画鑑賞5本

ウォークラフト 4点
全世界大ヒットのゲームの映画化!と言われても日本版は無いらしく認知度も無し。
中国では大ヒットした模様も、そんなに乗れないファンタジー。
とりあえず、尻切れとんぼなので、続編に期待。

ダーティー・コップ 3点
B級俳優のニコラス・ケイジとイライジャ・ウッド共演のバディムービー。
それなりに後半は緊張感あるものの、前振りが雑なのと、結末が微妙。

アンダーカバー 5点
潜入捜査官物なので、いつばれるかってハラハラはある。
また、そう来たか!って点もある。なんか惜しい作品。
ただ、ダニエル・ラドクリフはハリポタ卒業後、多様な作品に出演して意欲的。

メッセージ 8点
宇宙人が地球にやってくるSFとしては、新しい切り口。
言語学者と宇宙人。これはネタバレを知らずに見ないとあかんやつ。
宇宙船のデザインは日本のお菓子「ばかうけ」から着想を得たとの事で渋い。
個人的には宇宙人のデザインはまたこれか!と思った。

バーニング・オーシャン 6点
米国最大の海上石油採掘所被害の実話で、爆発するとことかスゲー迫力。
だから映画館向けの作品。
こんな事を言ったらあかんし、それで素晴らしいんやけど、
鑑賞後、あれだけの事故で死者数は少なかったんやなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧