カテゴリー「映画感想」の284件の記事

キングスマン ゴールデン・サークル

映画鑑賞14本

ザ・シンプソンズ MOVIE 5点
米国では大人気らしいアニメの映画化作品。
雰囲気は全然違うけど、日本で言う所のサザエさん。
ダメ親父が起死回生する展開等、面白いけれど愛着が特に無い。

郵便配達は二度ベルを鳴らす 5点
昔の米国では訪問者では無くて、
俺は郵便配達員ですよ~って意味でベルを2回鳴らしてたらしい。
そんな秀逸なタイトルらしく、事件は全て2度起こる。
ただ、主演2人の頑張りの割に、そない優れたサスペンスでも無いような気もする。

エレファント・マン 7点
容姿が醜い怪物のような男よりも、そんなエレファント・マンを使って
金儲けだとか、名声を得ようとする普通の人間の心の方が醜いって名作。

アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン 3点
米国史上最年少でFBIが動いた事件の実話も、ただの短絡的な展開で茫然。
誘拐した→誘拐って終身刑らしい→バレルと困る→殺してしまおう。
なんだかな~。

モーテル 3点
泊まった部屋でビデオを見たら、その部屋で行われている殺人事件が録画されてた!
これは殺される!そんなホラー映画。ホラー度はやや軽め。

パラノーマル・アクティビティ2 2点
一攫千金の低予算の1作目の内容を忘れて見たからか、
特に何も起きないし、なんじゃこれ?となった2作目。

パラノーマル・アクティビティ3 3点
でも、案外ストーリーは繋がっている事に気付き、
シリーズどれも一緒の味付けながら、今回は扇風機カメラがGOODな3作目。

パラノーマル・アクティビティ4 3点
過去に戻っていってた展開から、やっと物語が進んだ。
ホラー映画オマージュが嬉しいけど、話はいまいちな4作目。

パラノーマル・アクティビティ5 3点
このシリーズを一気見。ただ番外編は飛ばした。
で、遂にトビ―が出てきたけど、裸のおっさんだった・・・。
興行的に、まだ続く?これでおしまい?

レヴェナント 蘇りし者 7点
素直な感想としては、ディカプリオ、アカデミー賞取れて良かったよねって作品。
それだけ過酷な撮影だったのは想像もできるけど、
所々に入るテレンス・マリック的な描写が少しだけ気に障った。

白い帽子の女 4点
ブラピとアンジーの当時夫婦共演ながら、酷評に終わった作品。
とは言え、やはりこの2人が銀幕に写ると華がある。
それに、これはこれで味がある面もあったように思う。

キングスマン ゴールデン・サークル 8点
こういう娯楽作としては140分はもうちょい短くして、もうちょいシンプルにした方が
良かったとは思うけれど、敵キャラ、残酷描写、冒頭アクション、
あの1作目からの続編としては合格ラインをクリアする快作!

クリムゾン・ピーク 5点
ギレルモ・デル・トロの独自のゴシック感は堪能できる微ホラーなロマンス映画。
後、トム・ヒドルストンが上手い!ジェスカ・チャスティンは言わずもがな。

奇蹟がくれた数式 5点

インドの天才数学者ラマヌジャンの伝記映画。へーって思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンデレラ

映画鑑賞4本

シンデレラ 6点
真正面からシンデレラ。誰もが知ってる物語。
それでも、なんかいい。

ディーン、君がいた瞬間 6点
ジェームズ・ディーン。若くして死んだカリスマ俳優。
彼の写真を撮ったカメラマンとの日々の伝記。
これも、なんかいい。
そして、エンディングに流れる実際の写真。知ってる!これって凄いよな~と思う。

ラブ&マーシー 終わらないメロディー 5点
ザ・ビーチ・ボーイズの天才作曲家の伝記。落ちぶれて復活するまで。
ただ、こちらは残念ながら、名曲も知らなかった。
のもあって、余り乗れず。2人の役者が若い時と、おっさんの時とを演じてたり、
映画自体の構成も凝ってたりして、いい映画だとは思うけど、個人的にはやっぱ余り乗れず。

ハロウィン 4点
前半部分を丁寧に描いた有名ホラーのリメイク。
原作は見て無くても、ブギーマンの名は知ってた。
だけど、後半は単なる殺人鬼。
・・・と言うよりも、レンタル時期を失敗した。


今年も残すところ4営業日。
もういくつ寝ると・・・そんな気分ですが、
今年も30日(土)まで営業!
年始は6日(土)からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

映画鑑賞6本

キャロル 8点
ケイト・ブランシェットは勿論の事、お人形の様なルーニー・マーラが上手い!
まだ厳しい差別があった時代のレズな物語で、特にこれといった事は無く、
単なる恋愛映画ながらも、ええ映画や~って思わせる雰囲気と演技力。

エベレスト 5点
実話ベースだけに、物語にありえないようなアクションは無いけれど、
雪山が寒い、空気が薄い、一生登らないと誓えるような迫力はあった。

カリフォルニア・ダウン 6点

地震予知、職権乱用とこちらは逆にメチャクチャな地震アクション!
日本人的には津波も起こるし、家屋やビルも倒壊するし、
見方によれば、まだまだ傷跡的にしんどい場合もあるかもやけど、
ここまで無茶苦茶なら逆に許せて、純粋にスゴイ映像を体感できるかも。

スター・ウォーズ 最後のジェダイ 8点
エピソード9に繋がると言うよりは、更にその先を見据えた雰囲気をどう思うか?
良い意味で期待を裏切る展開の数々に乗れるかどうか?
そんな細かな事はありつつも、スター・ウォーズなんで、
フォースを感じて見たらやっぱりすごい!えぐい!神!ゴッド!

アノマリサ 5点
大人アニメ。SEXシーン含め、これをストップモーションアニメで作っちゃうセンスが渋い。
ただ、結末部分に日本人だけに残る強烈な違和感。
そのせいで、下調べどうなの?的な疑問が・・・。
ま、映像だけでも楽しめるし、テーマも大人な感じで、いい映画でもありました。

ラスト・ナイツ 5点

日本人監督、ハリウッドで通用していない中、現れた紀里谷和明監督の忠臣蔵。
映像とかカッコいいシーンも多々あるし、武士を騎士に変えるセンスとかもあるけれど、
なんか暗い、セリフで説明しちゃう感、期待を込めてもうちょい頑張って欲しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アデライン、100年目の恋

映画鑑賞6本

コロニア 7点
カルトと国家の秘密警察が合体したような施設で行われていた残虐な史実を元に、
そこに囚われた彼氏を救い出すハーマイオニーの愛の物語。
ナチスの映画は何本もあるけど、このチリのコロニアを舞台にしたのは初めて見た。
そういう意味でも、勉強にもなった気がした。

ポルターガイスト 4点
スマホ、ドローンなど最新の機器を使用したリメイク作品。
やっぱ、なんでも映像化できるこのご時世、CG全快のゴーストはいらないかな。

クーパー家の晩餐会 4点
クリスマスの家族団欒を描いたコメディな粗筋を読んで、楽しみにして見たけど、
ハートフルがありきたりすぎて、乗れず・・・。

オリエント急行殺人事件 6点
アガサ女史の最大の名作をリメイク。
大きな髭、密室劇を飛び出すアクション、最後の晩餐の解決劇と、
新たな要素を加えてはいるけど、有名すぎる作品だけに落ちは知ってる。
とは言え、ミステリー好きとしては避けては通れないので、次作も楽しみではある。

トランスポーター イグニション 6点
主役を若返らして一新を目指したシリーズの新作。
これはこれで、スタイリッシュなアクション映画です。

アデライン、100年目の恋 8点
29歳から年を取らなくなった女性の恋愛ファンタジー。
道中の展開は見入ってたものの、自分が天の邪鬼なのか、
素敵なラストがタイプでは無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルカトラズからの脱出

今夜は昨夜、放送しなかったJアウォーズ予定。

映画鑑賞7本

ゴースト・ハウス 4点
若手時代のクリスティン・スチュアートが拝めるホラー。

ナイル殺人事件 6点
『オリエント急行殺人事件』のヒットにより、
こちらもリメイクが決まったクリスティ女史の傑作ミステリー。
今から新作のキャストが気になる。

アルカトラズからの脱出 7点
タイトルからして、脱出する事は分かっているのに、
ずっと緊張感があり、最後の最後まで脱出できるかが分からない。
それと驚きは実話ベースなんだ!って事。

ブルックリン 7点
故郷を出て、知らない街で頑張る女の子の物語ってだけながら、
なんとなくジッタリン・ジンの歌のような雰囲気がある。

霊幻道士 こちらキョンシー退治局 3点
久々の純粋キョンシー映画。懐かしさに1点。
ただ『ゴーストバスターズ』な下敷きに『ベストキッド』をスパイスして、
ストーリーは殆ど『ウォームボディーズ』。全然、キョンシーと戦わない。

ラスト・ウィッチ・ハンター 4点
魔女によって不死身にさせられた男が魔女ハンターとなって戦うと言う、
魔女側から見れば、ミイラ取りがミイラな話。
世界観はなかなか好きな部類も、お気楽アクション映画との趣。

グースバンプス モンスターと秘密の書 5点
ティーン向けモンスター特盛映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルド・スピード SKY MISSION

今夜
19:30 J1 『浦和×川崎』 LIVE!

映画鑑賞5本

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 6点
前作にリチャード・ギアが加わっての楽しい老人ホームPART2。

ワイルド・スピード SKY MISSION 8点
車でスカイダイビングとか、もう結構、行くとこまで行った感がありつつも、
今作はポール・ウォーカーの遺作って事で、違う意味での感動がある。
ラスト、そのポール・ウォーカーの名シーンを集めた所は泣ける。
ただ、そんな悲報によって、今後のシリーズを引っ張るのがハゲ3人に・・・。

無ケーカクの命中男 ノックトアップ 6点
一夜限りのはずが、妊娠しちゃってって言うラブコメ。
無難に面白い。

ストンプ・ザ・ヤード 6点
米国でちょいヒットな黒人のダンス映画。
青春映画の王道路線で、これまた無難に面白い。

サーフズ・アップ 7点
好きなタイプのアニメでした。
ペンギンとサーファーがこんなけ相性が良いとは知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリッジ・オブ・スパイ

映画鑑賞5本

ブリッジ・オブ・スパイ 8点
スピルバーグ&トム・ハンクス、更に助演のマーク・ライランス。
流石の面白さ。アクションの無いスパイ物で、緊張感もありつつ、緩急も。
しいて言えば、実話系なので、結末が分かる分、そこに緊張感が無い。

モンスター・ホテル2 3点
1は非常にハマった記憶があったけど、この2はタイプでは無かった。
理由は体調とかそういうのかも知れない。

ピッチ・パーフェクト2 6点
こちらは1作目を踏まえて、順当、妥当な2作目で、ほど良い感じ。

SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁 4点
そもそも、ドラマ版は、もしホームズが現代にいたら?
スマホも使うし、タクシーも使う。そこが最大の面白さ。
それなのに、舞台を当時にしてしまうとなれば、もう過去に腐るほどホームズはある。
納得いかないまま、見た結果、そこに関してはやられた。
ただ、これは映画にすべきではない。
残念ながら、シーズン2までしか見ていないこちらにしてみれば反則も甚だしいし、
もしこのシリーズをドラマで見ていなかったら最悪な感想になる。
とにかく、これはあかん!との感想。

虹蛇と眠る女 2点
オーストラリア特有の風土を踏まえた作品らしいけど、
それを知らなくてもある程度までは面白く作るべきだと思う。
こんな作品でニコール・キッドマンのフルヌードとは、残念極まりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出

今夜、日本代表戦!ベルギー撃破なるか!?

映画鑑賞6本

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 7点
実話では全く無いけど実在するエリザベス女王を使った、英国版『ローマの休日』な話。
かといって恋愛要素押しじゃ無い所も面白かった。

ロブスター 7点
45日以内に誰かと恋愛してパートナーを作らないと動物にされちゃう施設の話。
こういうシュールな笑いは苦手なんやけど、これは好みやった。
松本人志の笑いの雰囲気を感じる。

母の残像 6点
母の死に関して、父、長男、次男、それぞれの内面をじっくり描いた映画。
内面なんて表現できないものを丁寧に表に出してるとは思う。

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 5点
ホームズの老後を空想で描いた物語。
そもそもホームズが架空な事を考えると、ある意味凄い♪
映画自体3つぐらいのミステリーで構成されてて、結末が気になる系やけど、
ホームズで無かったとすると、普通の出来。

ロング・トレイル! 6点
老後、友とロングトレイルをして気付く家族や人生の事。

SPY スパイ 5点
これは正直、好みの問題レベルやけど、この監督の笑いがどうやら余り合わない。
でもいつもヒットしているし、面白いのは分かるんやけど、感覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サスぺリア

代表戦予約受付中です。
今夜はJ2ライブです。

映画鑑賞5本

サウルの息子 7点
強制収容所でガス室送りになった死体の山を掃除する為に、
他のユダヤ人よりも少し長く生かされている人々を描いた作品。
こういう事実があったと言う事を後世に伝えると言う意味では重要なんだろうけど、
単なる地獄絵図でもある。

キングコング 6点
ピーター・ジャクソン版のリメイクが最強だっただけに、
心配もあったけど、こちらもそれなりに面白かった。基本、一緒やけど。
でも、白黒版のオリジナルは見てない。

サスぺリア 7点
ホラーとは言え、そない怖くはないんやけど、
独特の色彩と、不安を煽りまくる音楽。これが斬新だと感じれば芸術。

ワイルドガン 4点
サザーランド親子にデミ・ムーアの西部劇。

セルフレス 覚醒した記憶 6点
余命僅かの大金持ちの爺が、若い体に自分の記憶を転送して不死を得るSF。
ところが、その若い体の持ち主はクローンとかでは無く、
実在している人間だったから、さぁ大変って流れ。
この設定を生かして、脚本は良く練られているとは思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリー・リンドン

映画鑑賞5本

ヒルズ・ハブ・アイズ2 3点
「今度は戦争だ!」と『エイリアン2』のようなコピーがついてある通り、
今回は奇形VS軍隊ではあるけど、1作目の悲しさもある雰囲気は無くなった。

ボクらのママに近づくな!2 3点
コメディで、ここまで退屈なのは致命的。
これも1作目は『ホームアローン』風だったのに、今度は子供達は添え物程度。

オリエント急行殺人事件 6点
年末、豪華キャストで新作が発表されるので、その前に見てみた。
これも当時の豪華キャスト!
知りすぎている話だけに驚きとかは無いけど、ミステリーの名作。

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ 6点
一風変わったホラーコメディ。アイデアとホラーあるあるネタで2塁打って感じ。

バリー・リンドン 7点
1人の男性の成り上がりと衰退を描いた大河ドラマで3時間。
ただ、スタンリー・キューブリックって事で、必要異常な高評価な気もしないではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧