カテゴリー「テレビ・芸能・演劇」の76件の記事

クイズ

ここ数日、と言っても3~4日、見てないんやけど、
初めてYouTubeにハマった日々を送ってる。

結構、聞き込みをしてると、皆さんYouTubeを日常的に見てるらしいんやけど、
個人的にはそこまででは無くて、へーと思ってたけど、
何のきっかけか、クイズノックと言うグループの動画を見たら、
止められない止まらない状態。
1本が10分そこそこなんもあって、気付けばスゲー時間が経ってたりする。

そんなクイズノックって集団。
要はカシコ達のクイズ番組。
何が面白いかと言うと、上手く説明できないけど、
そのカシコ力をクイズと絡めて見る感じ。

で、そんな折、そのクイズノック集団がQサマってクイズ番組に出演って情報が入った。
これは見ないと!
別に面白くなかった訳では無いし、番組的には仕方無い気もしたけど、
クイズノックがわざと負けてる感が残念でした。



| | コメント (0)

お盆休みの告知
11日(日)~14日(水)までお休み頂きます。 

最近、クイズ番組がちょっとだけ好き。
特に宇治原応援。カズレーザーを倒せ!と思って見るのが楽しい。
別にカズレーザーも嫌いとかそんなんは無いけど、
埼玉生まれで赤ってのは、やっぱ敵なんかも知れない。


| | コメント (0)

よーし!もっと!

子供の頃から吉本新喜劇や、漫才、深夜番組見て育ってきてるから、
今の話題は残念。個人的には大御所達の意見に同意。
さんま、紳助、巨人、松本=俺。

でもお客さんとかと話してると色んな意見があって面白い。

なんせ、丸く収まってほしいな。



| | コメント (0)

地下アイドル

あの地下アイドルが2ndシングルを発表していた!
総選挙もいつの間にかしていた。
1位はアスカらしい。

「SILVER LOVE~銀愛男子恋歌~」

デビュー曲の「ギンギラ銀山パラダイス」も良かったけど、
これもめっさええので是非!

| | コメント (0)

旅バラ

群馬県だったか、どこかで太川さん蛭子さんのロケに偶然出くわして知った2人の旅番組。
その縁で、路線バスの旅をフールで一気見。
面白い!
蛭子さんが高齢で歩けないって事になり、メンバーを変えて今もZとしてやってるけど、
そちらは面白みが分からないので見ず。

ところが、他の視聴者も俺と同意見が多いらしく、太川蛭子コンビで毎週番組として再開!
これは見ないと!って事で毎週録画で楽しんでる日々。
やっぱ、蛭子さんの無茶苦茶具合を太川さんが叱りたしなめるって構図が魅力だから、
この2人がゴールデンコンビなんだと思う。

で、現番組は3つの旅で構成されてる。
一つは3泊4日から縮小して1泊2日での路線バスの旅。
縮小した分、ややスケール感には欠けるけど、まま安心の面白さ。
ただ、ゲストがマドンナ1人(もしくは男性でも良いけど1人)だけでいいような気はする。
なんか無意味に大物ゲストが加わったりするのは、特にいらない。
鉄道の方でも同じ意見。

それと蛭子さんの1人でできるかな?的なやつ。
これは蛭子さんが10万持って、ゴールに向かい余ったら残りを貰えるって企画。
だけど次から次へその蛭子さんの金にたかって来るゲストが現れる。
これは色んなゲストがいる事が逆に良い。
一応、2人の名前が付く番組なので太川さんはナレーションで参加してる。
3企画の中では一番面白みに欠ける気はするけど、よく練られたシステムだとは思う。

最後にローカル鉄道の旅。
これがバス旅に慣れてた人からすると、名所をクリアできたかどうかの正解がスタッフの判断による面が多く、
いまいち感ありありのルールだった。
ところが、昨日の放送から、予め決められた名所と言うシンプルなルールになり、改善!

そんなこんなで楽しく見てます。以上。


| | コメント (0)

日本の歴史

三谷幸喜の舞台「日本の歴史」
これを見に行きたいと思い、チケット争奪に参加したけど瞬殺。
それがこの度、WOWOWで放送されたので、見ることができた。

概要は卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1700年間ぐらいの日本の歴史を
7人の役者が60名以上の人物に早変わりして駆け抜けるってミュージカル。
そして物語はテキサスの農家から始まる。
・・・なんじゃそれ!って話。

だけど、これが上手く構成されてる。
俺としては歴史にてんで疎いし、ざっくり早わかりできたらいいなとか思ったりしてたけど、
見てみると、日本の歴史は実はさほどでもない印象で、
どちらかと言えば、テキサス側の方がメイン?

要はテキサスで起きた出来事が、日本の歴史にリンクしていて、
より分かりやすく補完作業となっている。

とにかく、その物語構成も独特ながら、たった7人が色々と変身するのも面白いし、
中居喜一や香取慎吾と言った大物役者も出ているし、
INGA因果って歌も耳に残るしで、楽しく見ました。

| | コメント (0)

KEREN

まだ余り認知度がないように感じる大阪城にできた新しい小屋。
クールジャパンパーク大阪、そこの3つの小屋の中で最もでかいWWホールで開催中の
「KEREN」を見に行ってきた。

歌舞伎、虚無僧、忍者、水芸、舞妓、幽霊、富士山、寿司、ウォッシュレット、満員電車、影絵、
とにかく、外国人から見た日本って感じのステージを
どれだけ練習したんだろうかと思えるほど、踊りまくる。
凄いの一言。

ただ、苦言を言うなら、もう少しストーリー性があっても良かったような。
ターゲットが多分、インバウンドの外国人なので、セリフは無し。
それは良いけど、最後の方、ちょっと飽きが来るかな。

とりあえず、3月いっぱいは大阪府民は割引があるので、行くなら今がおススメ。

| | コメント (0)

コンパクト

年1イベント、アカデミー賞の放送を見ての雑感。

全米ではコンパクトな今回の催しが、視聴率的に見ても好意的に捉えられたみたいも、
個人的には司会者不在で、OPトークが無かったのは味気なかった。
その変わりにあったOPのクイーンの演奏は良かったけども。

主要賞では概ね、予想通りではあったけど、やはり一番の意外は主演女優賞で、
グレン・クローズに功労賞的な受賞をさせなかった事。
でも取ったオリヴィア・コールマンのスピーチはおばさんぽくて良かった。

また「ローマ」本命で迎えた作品賞は結局、「グリーンブック」になったけど、
これは脚本賞を「グリーンブック」が取った時点で、なんとなく見えた。
ただ、こちらはアメリカでは強烈なバッシングにあってるらしい。
白人目線での黒人差別映画なこれが取った事に対して、嫌悪感がある様子。

その他、サミュエル・L・ジャクソンが、スパイク・リーが脚色賞を受賞した時の喜び。
なんといっても、ブラッドリー・クーパーとレディ・ガガの歌。
ここらへんは見応えありでした。

噂では今日、日本のアカデミー賞らしいけど、こちらは興味ないのでスルー。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝、嵐のインタビューを見ている。
嵐は勿論、日本を代表するグループなので知ってるんやけど、基本は殆ど知らない。

桜井君がニュース番組をやっていて、父が政治家で賢い事、
大野君が怪物くんをしていた事、
ニノは「硫黄島の手紙」に出ていて、予告編で吉永小百合と出ている作品も
見たことがあるので、多分、演技派な事、
アイバ君って人がいる事、もう1名は誰?
今、これを書きながらネットで調べてあー!マツジュンか!
それぐらいの知識しか無い。

SMAPの時は、5人それぞれのキャラ立ちを知ってた。
キムタクはセンター、中居君は司会者、草薙君は韓国語、香取君は若手、稲垣は大人しい、
やっぱ子供時代に見てたから、数度はTVで見た事があった。

でも嵐はTVで見たことが多分、1度もない。
歌だって「嵐、嵐、オーイェー」ぐらいしか思い出さない。(SMAPはもっと沢山思い出す。)
紅白の司会、CM、映画、ドラマ、音楽、様々な事に活躍してるのは知ってるけど、
そのどれも見たことがないので、
今、初めて活動休止のインタビューを見て、すげーしっかりしてる5人なんだと、
改めて感動、感心した。

ただ、こんな俺でもここまで知ってるのは、嵐まで。
SMAP、TOKIO、キンキキッズ、嵐までは、大丈夫。顔写真と名前があれば線で結べる。
それ以外は、V6、関ジャニ、キスマイとかは、無理。
なので、逆説的になるけど、こんなに見てないのに、ここまで認知できてる嵐は凄い!
なんせ、石原さとみをこの正月初めて知った人なので♪

だから大きな出来事だと思うので、頑張ってほしいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮した!

初めてM1の3連単をズバリ当てた!
こんなしょーもない事なのに、異様に嬉しかった。

大まかな感想として、今年は概ね自分の評価と近かった。
トム・ブラウンがそない面白かったか?と感じたぐらい。
優勝に関しても和牛って意見が多いみたいで、それもわかるけど、
昨年のとろサーモンの時は俺もそう思ったけど、霜降りは面白かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧