カテゴリー「ゲーム・ギャンブル」の63件の記事

ラー

ボドゲ感想

はっきよいゲーム 7点
相撲と言う日本独自の文化をゲームにしてる所も好感ありやけど、
それよりも前半・後半にゲームが別れてて、
案外、そんな相撲って言うおかしさだけでは無くゲームとしても面白い所がいい。

アズール 8点
これは今回やってみたかったゲームの一番手。
途中からこういう手段で攻めようと思った時には遅かったけど、
流石によく練られたルール。

チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク 6点
名作で一度は遊んでみたかったゲームの簡易版。
だいたいのシステムは分かったし、インストも簡単で、でも奥深くいい感じ。
きっと簡易版じゃ無い方をやればまた違う面白さがあるのかも。

それはオレの牧場だ! 6点
「それはオレの魚だ!」の豪華な感じのゲーム。
このパターンは苦手。と思ったけど、案外どうにかなるのかもとも思った。
ただ、どちらにしても得意ではないと思う。

ラー 9点
オークションの名作やけど、手札が見えてるのは新しい。
だから、これで絶対に買えるとかがある所が戦略性が高くて良い。
テーマはボドゲをやり出して何回か出会ったエジプトなのは新しくないけど、
いつまでも色あせない雰囲気はある。

ウミガメの島 4点
人気ゲームと噂にしてたけど、さほど駆け引きもなく終わってしまった。
上に乗るタイプなら「キャメルアップ」だったし、単なる双六な感じがして残念。

ハイソサエティ 8点
「モダンアート」「ラー」をしたので、やってみたかったオークション3部作。
これは金を使いすぎると負けると言うのがいい塩梅。
少しカードの出目が偏ってしまって、シャッフルをちゃんとしとけばとは思ったけど、
簡単なルールで、しかも戦略もあってと、いい塩梅。

| | コメント (0)

キャプテン・リノ

仕事帰り、少しボドゲをした。

ボドゲ5本

ダンジョンオブマンダム 6点
装備をどれだけ外してダンジョンに挑めるか!そんなチキンレース。
ま、簡単で面白い。

ワード・バスケット 6点
日本語しりとりをゲーム化。
これはわいわいと楽しめるパーティゲーム。
意外と単語が出てこない。

赤ずきんは眠らない 5点
ブラフゲームやけど、なんか設定が微妙かな。
スカルの方がシンプルなのに、面白いと思う。

キャプテン・リノ 7点
子供向けのバランスゲームで、俺は不器用やから苦手なんやけど、
案外楽しかった。

おばけキャッチ 3点
一緒に遊んだ仲間に、空間認識能力なのか、凄すぎる人がいた。
単に彼がこの才能、凄かった。そういう感想。
でもそれが無かったとしても、そこまでタイプでは無い気がした。

| | コメント (0)

ウィングスパン

本気のボドゲ会、2か月連続でたまたま参加できる日だったので、
挑んでみました。今回は違う意味でも挑んでみました。

ランペイジ 怪獣征服 5点
世界観は面白い。車を投げたり、ビルを壊したり、炎(息)を吹いたり、
ただアクション系のゲームは好みで言えば上の方では無いかも。

ウイングスパン 9点
これまた世界観が秀逸。鳥が本物データ。絵もセットも美しすぎる。
またゲーム展開も色々できるけど、ややこしくなくいい感じ。

バッドバニーズ 5点
カードゲームは簡単だから好きやけど、出したカードの数字の上か下かって単純さが
やや盛り上がりに欠けるかな。

セレンゲティBIG5 10点(参考記録)
作者のセンスが溢れてる。運と戦略のバランスも絶妙。
ただ、雑な作りなので、これが大手できちんと製品化されると、一家に一つのレベル。

スカルキング 8点
これぞトリテらしい。なんか俺はプロで、最初に自分の勝ち数を宣言して、
それを実行する為にカードを出していくけど、100%預言に成功。ナイスゲーム!

エル・グランデ 8点
評価が難しい。面白さはだいぶある。ただもう1回しても勝てる気がしない。
戦略が難しい。ま、そこが面白味なんやけど…。

炭鉱賛歌 7点
個人的にテーマがはっきりしてる方が好き。これは炭鉱!その方が入りやすい。
ワーカープレイスメントを初めてしたと思うけど、優しい部類らしく、
もっと複雑でも良いかも。










| | コメント (0)

モダンアート

しまなみ海道で夜はボドゲ。
最近の旅は、これもセット。

モダンアート 7点
初オークションゲーム。なかなか難しい。
遊んだ仲間に市場価値を無視して高額で買い取りまくる人がいたので、
勝ち筋が掴めなかったけど、ケチ臭くしてた俺が買ったので、
きっと見極めが大事なんだとは思う。
ただ、勝った気はしなかった。

タイムボム 7点

招待隠匿系も地味にちゃんとするのは初かも。
これはわいわいがやがやと楽しい。
ただ、これもコツはよく分からないままだったかな。

藪の中 6点
犯人を当てる推理系といいつつ、他の人をハメる方が主体かも。
シンプルなルールでよく出来てるとは思う。

| | コメント (0)

翡翠の商人

ボドゲにはまり、先日、本格的なボドゲ会に参加させて頂きました。
で、赤ちゃんのように今は吸収してる最中なので、色々と自分の中で消化中。
そんな事も踏まえて、今回遊んだゲームの寸評。

ギズモ 7点
名作「宝石の煌き」ってのを遊んだ事があるので、
あくまでそれを基本とすると、くじ引きみたいなシステムは目新しいし、連鎖も頭を使う。
つまりは、より単純な宝石よりも、一歩重いと思う。

ベガス・ショーダウン 7点
ゲームなので勝敗は面白さの基準になると思う。また対戦相手もしかり。
後は世界観。映画でもそうやけど、個人的に中世やファンタジーよりも現代系が好き。
だから、カジノを作るとか、今の大阪みたいで設定が好き。
それだけでも興味あり。また勝利できたのも、楽しかった。
後、これはアメリカのゲームらしく細かい所が適当らしく、ここもまた俺の性格に合ってる。

マスクメン 6点
あほやから、次に出さないといけないカードが瞬時に判断できない。
めっさ良いルールで面白いけど、ちょいむず。

トランスアメリカ&ジャパン 5点
これは設定がまさに好み。だから敷居が上がる。
上手い事言えないけど、もうちょっと自分が作った線路の活用法とか、
誰がどことどこを線路で繋げたいと思ってるとか分かった上で戦略を練れる方がいい気がした。
電車ゲーム他知らないけど、運要素より、もうちょい戦略ある方が好みかも。

チーム3・グリーン 4点
これは完全にタイプの問題。俺は面倒だったけど、よくできたゲーム。
・・・と言うか、どれも面白い。
結局は好みによるから、つまりは一応評価点は付けてるけど、余り意味は無いとも言える。
それを今回、改めて知った。

翡翠の商人 8点
シンプルですぐ決着の着くカードゲーム、軽いゲームはきっと好き。
その中でも戦略の幅があって、勝ったのもありGOOD。
タイトルとは裏腹に翡翠を一切集めず勝てたのもGOOD。

コロレット 7点
その流れでやった軽いカードゲーム。
これまた勝ったから楽しかった。
単純なカードゲームは面白いと言われてるものは、面白いと思う。

クリプティッド 6点
なんかたまたますぐ消去法で答えが出た。
本来はもっと時間がかかるゲームだと思うけど、運良く論理的にすぐ正解に辿り着けた。
(逆にそこが正解じゃなければ、泥沼にはまってはず)
だから、評価としてはよくわからねぇ。
ボドゲ側に本来の力を発揮させず。そんな印象。

世界の七不思議(拡張) 6点
名作として、よく名前が出てくるゲームの1つ。
多分、今回遊んだ中では一重いんでは?それでも中級っぽいけど。
ここまで来ると、ほんまに評価が迷う。
これは後数回はしないとあかん気がする。
きっとめっさ面白い。その片鱗はわかる。戦略も奥深い。
要は突き詰めれば、これが一番面白い気がする。そこまでたどり着けるのかどうかもあるのかな?





| | コメント (0)

街コロ

ここ最近、頻繁に書いてるようにボドゲに夢中。
直近の日曜日も4人で遊んできた。
覚書としての意味も含め、感想。

ぴっぐテン 4点
子供向けかな。足し算ができたらできる。出されてるカードを足して10にすれば獲得。
味付けは少しはあるけど単純すぎる。

街コロ 10点
絵のポップ差とか面白そうだけど、実際はそうでも無いんでは?なんて思ってたら、抜群でした。
ダイスなので運要素は高いけど、それもまた良し。
できれば拡張版を足して次回は遊びたい逸品。
まさに人生ゲームに飽きた初心者にはおススメなゲーム。
ただ自分自身は人生ゲームを一度もした事がない。

ブロックス 8点
4人でするパズル陣取りゲーム。多分、苦手。だけどよく出来てるのは判る。

ミステリウム 7点
盤の豪華差がハンパ無い。「ディクシット」よりストーリー性があるとの事。確かにそう。
幽霊とか霊媒師とか世界観がはっきりしてる。
初めての協力ゲームでもあった。簡単モードでやったからか、クリアできたけど、
豪華過ぎてしんどい。

ロイヤルターフ 8点
競馬ゲーム。競馬をここまで面白く再現できたら完璧。

5本のキュウリ 9点
7枚のカードの内、最初の6枚は無関係で7枚目だけで決着が着くという発想が素晴らしい。
ほんで、また接戦になったので盛り上がった面もある。

スカル 8点
これは最後の方で、髑髏が抜かれやや尻すぼみになったけど、よく出来たブラフゲームだと思う。
もう少し多人数でやった方がいいかも。

インフェルノ 5点
慌ただしく遊んだのもあったし、なんか2回とも圧勝者が出てどうなんだろう?となった。
でも人気のトリテなので楽しいんだと思われる。



| | コメント (0)

キャメルアップ

お盆休み、2回目のボドゲ部活動。
各ゲーム感想。

ラマ 8点
ボドゲを始めてみると、至る所でライナー・クニツィアと言う名前が出てくる。
これも彼の作品。カードゲームで良い感じのジレンマがある。

コンプレット 7点
1~100までをタイルをめくりながら昇順に並び替えるゲーム。
適度に悩ましい。後、ゲームの感想としては勝ったやつはやっぱ面白かった気がする。

キャメルアップ 9点
ラクダレース。サイコロの振り方ひとつにしても凝ってる。
今回は1頭が走ってしまって、ゲーム的には盛り上がりに欠けたんだと思うけど、
またやってみたいと思えたので、高評価。

ブラフ 8点
サイコロを使って、自分の出目から全体の出目を予想するハッタリゲーム。
どうなん?と思ってたけど、素晴らしい。よく出来てる名作。

カルカソンヌJ 7点
超殿堂入りのゲーム。ただ期待値が高すぎたかも。
面白いんやけど、不満はゲーム後の点数計算の面倒さ。
ま、詳しい方にやってもらったんやけど、面倒だな~と思った。
でもボドゲにハマったなら1度はやっておきたかった作品。

ペッパー 8点
シンプルなトリテゲーム。こういうシンプルな数分で終わるゲームは
時々入れると良い感じになる。

私の世界の見方 5点
大喜利ゲームは、面子と時間帯に左右されることが分かった。
きっと酒を飲みながらとか、旅先でとかなら爆笑できると思うけど、
じっくりボドゲ店で遊ぶには向かない事が分かった。

ファブフィブ 4点
ブラフゲームで評価を読むとよく出来てるはずなんやけど、
ルールが間違ってるのか、なんかちょっといまいちでした。

それから、もう1回短時間決戦で遊んだゲーム2本感想も追加。

ごきぶりポーカー 8点
害虫カードを押し付けあうと言う趣味の悪い内容ながら、
一人を攻めまくったりできるのが楽しい。ただその設定がなんだかな~ではある。

それは俺の魚だ。 8点
陣取りゲーム。ほどよく頭を使う。しかも軽めなのもいい。





| | コメント (0)

イムホテップ

これまで旅先でなど、数回に渡りボードゲームを遊んできたけど、
このお盆休み、満を持して部活動として発足しました。
その第1回ボドゲ部で遊んだゲームの感想。

ペンギンパーティー 6点
シンプルな七並び的なゲームで、大人から子供まで対応できそうな簡単なルール。
手札が出せなくなるジレンマとかあって、楽しい。
ただ、戦略が分からないまま、終了で大敗。

たのめナイン 3点
居酒屋を舞台にした設定は好みも、もうちょい短くても良い。
1晩に10件も梯子しないので、3回戦とかで終わると良いかも。
また、昼間に遊んだのもムード的にいまいち。飲んでるときにやりたい。

ニューヨーク・スライス 6点
世間一般は高評価ゲームだと思う。「もっとホイップ」をの新版との事。
よく出来てるシステムと、ピザと言う題材も面白い。
でも、ややアイテムカードなどごちゃごちゃしてる印象を持った。

イムホテップ 8点
まず世界観が好き。
ピラミッドや偶像などを作るゲームで、自分が得をするのか、相手に損をさせるのかの
バランスがいい塩梅。

宝石の煌き 8点
序盤は施設的な物を宝石で作る。そうしてると宝石が無くてもより良い施設を作れるようになり、
これまた運と戦略のバランスが良い。宝石商と言う仕事につけるのも楽しい。

ガイスター 7点
2人専用ゲーム。シンプル!超簡単!でも奥深い将棋のようなもの。

ディクシット 7点
笑いも起きるボードゲームで、気楽なパーティーには向いてる。

コードネーム 7点
やや長考時間がある。なんかそれを解決した続編もあるらしい。もしかしたらそちらの方が良いのかも。
ただ、チーム戦と言う所が目先が変わってよい。

いや~新しいブームが自分の中で来てる♩

| | コメント (0)

ニムト

旅の夜はカードゲーム大会。
本当は2つのゲームをして過ごす予定が、それぞれ内緒で追加して買ってきてたりがあったので、
慌ただしい事になり、1つずつ吟味できてないけど、感想を。結局5個遊びました。

犯人は踊る 7点
カードで、犯人捜し、推理ゲームを凄くシンプルにして数分で終わるゲーム。
目星を付けていた、犯人が動いたり、アリバイがあったりとババ抜き風でありながら奥深い。

狩歌 2点
これは人を選ぶ。同じアーティストを好きな者同士とかなら、盛り上がると思うけど、
多種多様な年齢層や好みが分かれていれば、うーむって感じ。

ニムト 10点
名作と言われるだけの事はある。勝ったと思ったら負け、あかん!と思ったら助かり、
展開が早いのに、かけひき、運、戦略とバランスが最高。何度も遊びたくなるゲーム。

ゲシェンク 6点
時間の関係で練習を兼ねた1回だけで終わっちゃったのが残念。
でもこれは後数度プレイできていればコツもなんとなく分かっただろうし、楽しいと思う。
感想を述べるには体験不足も、またやりたい部類。

ペチャリブレ 3点
「猫チョコ」のスタッフが作ったと言う大喜利ゲーム。
期待してたけど、これは面白味にかける。殆ど「猫チョコ」みたいな物なのに、
この差がでるのは、ほんとちょっとしたルールで、変わるんだなとゲームの奥深さを体感。

| | コメント (0)

コヨーテ

ここ最近、ボードゲーム(カードゲーム)にはまってる。
TVゲームよりも、仲間とわちゃわちゃできるし、アナログ感が心地よい。
そんな訳で、遊んでみたゲームの感想。

ブラックストーリーズ 4点
実際にあったブラックな事件をヒントを頼りに当てる推理物。
きっちりやれば楽しいし、好きなタイプのゲームながら、旅先には向いてなかった熟考系。

キャット&チョコレート 7点
大喜利バトルで、仲間同士だと身内ネタなんかも出てくるし、爆笑の連続。
噂ではきゃりーぱみゅぱみゅも絶賛との事。ただ、何度も繰り返し遊ぶと飽きるのが難点。

そっと、おやすみ 5点
これは厳密にはトランプで代用してやったから、ルール違反ではあるけれど、
カードが揃った人が勝利するのでは無く、そっとおやすみすると言う逆転の発想が楽しい。
飲みの席とかでは本領発揮だと思う。

ボブジテン 6点
もっと、辞典ぽく喋るルールにして遊んだ方が良かったかなと反省。
時々、出てくるトミーなどもいて、また遊んでみたい作品。続編も多数あるらしい。

ベルズ 3点
俺には向いてない。磁石で自分の色の鈴を集めるという手先器用系。
ジェンガとか好きな人なら良いかも。

ラブレター 9点
これもきっちり楽しむとこまで遊べてないけど、よく出来ている秀作だと思う。
シンプルイズベストなルールで個人的にはまた遊んでみたい。

海底探検 6点
2度ほど遊んだけど、コツが誰も分からず殆ど成功せず。
なのでまた遊んでみないと分からない面もあるけど、よく出来てると思う。

コヨーテ 10点
インディアンポーカーを使ったチキンレース。頭も使うし、はったりもするしで、奥が深い。
何人でも遊べそうやし、すばら!マイナスカードや倍カードなどあるのも良い。

チャオチャオ 4点
はったりをかます双六ゲーム。考え付きそうなルールで、そこまで心には響かず。

キャット&チョコレート冠婚葬祭編 8点
冠婚葬祭と言う限定空間で、しかもだいたい大人は誰もが経験してるので、大喜利パワーが増すと思う。
メインの日常編とこれしかやってないけど、多分猫チョコではこれが一番だと思うんやけど、
専門家曰く一番人気が無いのでは?なんて説明を受けて、首を傾げた。
実際、これが品切れなのは人気があるからか、無いからかは真相不明。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧